監査法人 将来性。 大手監査法人で大量退職→監査法人VS経理 どっちがいいの?

隠れ優良物件!?魅力多き監査法人アドバイザリー職について

監査法人 将来性

公認会計士の仕事内容 主な公認会計士のお仕事は以下の3つとなります。 監査 企業から学校法人、公益法人など幅広い対象について、独立した立場から監査意見を表明し、財務情報の信頼性を担保します。 監査業務には、法定監査と法定監査以外の監査があります。 ・・・いまいち分かりにくい解説なので、実際に監査業務に従事している 公認会計士クロが簡潔に解説します。 大前提として世の中の企業(主に上場企業)は3か月に1回又は年に1回程度、決算報告を行っております。 なぜでしょう。 答えは以下の通りです。 投資家や債権者(イメージはお金を貸している人)は儲かっている会社やお金をたくさん持っていて、倒産しなさそうな会社と取引をして、利益を上げたいと考えています。 投 資家や債権者はどのような会社が儲かっていて、お金をたくさん持っているか判断すると思いますか? それは企業が現時点でどれだけのお金(資産)を持っているか(貸借対照表)、1年間でどれだけ利益を上げたのか(損益計算書)という実績を見て判断します。 その実績が真っ赤なウソだった場合どうなるでしょうか? 例えば、いま儲かっている会社で勢いがあると投資家が判断し、株式の取得を通して投資をしたが、実際は倒産寸前の会社であることが、後々の 会計不正(真っ赤なウソ)発覚。 株価暴落。 投資家大損となってしまいます。 そこで公認会計士の登場です! 企業が自己申告(決算報告)している実績が間違っていないか?という目線で実績の監査を実施します。 企業とは独立した立場から監査を実施することで、投資家や債権者が理不尽に損をしてしまうことを防いでいるんです。 監査という仕事を知らない人たちの方が多い中で、上記のようなイメージを持っているだけでも、ビジネスの現場で有用だと思います。 税務 公認会計士登録しているものは税理士登録もすることが出来るため、税務業務を行うことも出来ます。 具体的には、税務申告、税務調査の立ち合い、グループ法人税制や連結納税などの難しい制度のアドバイザリー、海外現地法人で国際税務を支援など、様々なフィールドで会計士が活躍しております。 留意事項 大半の公認会計士は 独占業務である監査業務を経験してから、次のキャリアにステップアップする方が多いです。 監査業務のみをやっているうちは、税務スキルは身に付きにくく、税理士登録をしたからといっても、 直ぐに第一線で活躍している税理士の方たちと肩を並べて仕事ができるわけではないケースが多いみたいです。 コンサルティング 経営戦略の立案から組織再編、システムコンサルティングなど、経営全般にわたる相談・助言を行います。 コンサルティング業務の事例としては、次のようなものがあります。 相談業務(会社の経営戦略、長期経営計画を通じたトップ・マネジメント・コンサルティング) 実行支援業務(情報システム・生産管理システム等の開発と導入) 組織再編などに関する相談・助言・財務デューデリジェンス IFRSに関するコンサルティングや業務支援 公認会計士協会のHPでは上記のような例示がなされています。 コンサルティング業務に従事するにあたり、公認会計士である必要は無いので、新卒でコンサルティング会社に入社した人や専門家で転職してくる人などと一緒にお仕事をします。 会計監査のプロとして知見や経験を得たうえで、 次のステップアップとして会計アドバイザリーなどのコンサルティング業務をしている公認会計士が多い印象です。 例えば、BIG4(大手監査法人)に入所している会計士ならば、同じ系列のアドバイザリー部門やBIG4内のコンサルティング会社に出向・転職する方もいらっしゃいます。 個人的な見解としては、戦略系コンサルティングファームを目指している方は、公認会計士を目指さずに、コンサルティングファームで採用されるように尽力するほうが良いと考えております。 公認会計士という資格を持っていて、損は無いですが、会計監査のプロになったとしても、企業の直面している問題に対して解決策を提案するスキルは 最初からコンサルティングファームで働いている方が効率的と考えられます。 公認会計士 将来性・年収 公認会計士の平均年収は1,018百万円 厚生労働省、賃金構造基本統計調査 2016年~2018年より となっており、 給与所得者の平均年収の2倍以上あります。 実際は様々な分野で働いている公認会計士がいらっしゃるため、一概には言えません。 多くの公認会計士試験合格者(2次試験合格者)は試験合格後に監査法人に就職します。 監査法人の年収についてはイメージは以下の通りです。 1年目~4年目 スタッフ 500万円~600万円• 4年目~7年目 シニアスタッフ 750万円~900万円• 7年目~ マネージャー 950万円~1100万円• 11年目~シニアマネージャー 1150万円~1300万円• 15年目パートナー 1500万円~3000万円 監査法人の年収の詳細については以下の記事を参考にしてください! 公認会計士 AIによって消えるのか? 消えない可能性が高いです。 公認会計士のお仕事の中で独占業務といわれる監査(金融商品取引法及び会社法)の現場では、 既にAIやRPA( ロボティック・プロセス・オートメーション )を導入して、監査の効率化や働き方改革などを推進しております。 実は新人会計士がやっている仕事の中にはデータ加工やサンプル抽出などの単純作業があり、会計士ではないアシスタントに業務をお手伝いしていただく場合があります。 このような単純作業であったり、膨大な仕訳データの中から異常なものを検知するシステムがAIによって導入されることで、 会計士による単純作業などの仕事を削減し、その分、高度な会計処理や会計判断に対して重点的に監査を実施することが出来ます。 高度な会計処理や会計判断が求められる点やプロジェクトマネジメント、クライアントとのリレーション構築などの仕事については残り続ける可能性が高いという見解を当局や関係者は示しております。

次の

大手監査法人への転職理由はやりがいとスキルアップ将来性で本音は?

監査法人 将来性

これから会計士資格を取ろうって思ってる人が、気を付けた方がいいポイントってあるの? ポイントは• 「監査がやりたい!」に、将来は無い• 就職浪人は避けた方が良い の3つです。 さきほど書いた通り、 監査業務そのものは、これからAIによる代替が進むお仕事だからです。 「会計の専門家を目指して会計士資格をとる」はアリだけど、「監査業務がしたいから会計士資格をとる」のはNG。 将来性があるとは言えません。 内部監査を行う、監査部• 税務調査を行う、税務署• 上場審査を行う、証券取引所・証券会社 など、別の働き先を検討した方が良いかもしれないですね。 次は、会計士資格取得後の注意点です。 最初の就職先に監査法人を選ぶのは、悪くはありません。 その後、 事業会社に転職したり、コンサルティング業務を行ったりする上で、役立つ知見を得られるからです。 けれども、 いつまでも監査業務を続けていくのは考えものです。 就職時点から、「〇年たったら転職する(異動願いを出す)」と決めておく方がよいでしょう。 はじめから転職・異動を視野にいれておくことで、監査業務への取り組み方も変わってくるはずです。 これは、あまりおすすめできない選択肢になりつつあります。 就職浪人期間が伸びた場合に、リカバリーが難しくなるからです。 何年も就職浪人したあとで会計士を取得しても• 監査法人には、求人減で入れず• 事業会社には、年齢がネックで入れない という可能性があります。 AIの利用がすすめば、監査業務にかかる人手が減り、監査法人の採用人数が減っていくのは必然です。 それ以降、 年齢の高い未経験人材は就職に苦労するハメになりかねません。

次の

将来予測・事業継続性を反映した債務者の信用リスク評価|金融|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

監査法人 将来性

人生を変える1年にするLECの合理的カリキュラム「短答式1年合格」。 公認会計士を目指すあなたに、過不足のない知識・情報の提供、そして最適な学習環境をご用意しています。 公認会計士試験一発合格者の学習ノウハウが凝縮された、『会計士試験必勝本』が無料でプレゼントされています。 公式サイト: Contents• 公認会計士資格の基本概要 まず、公認会計士資格の概要について説明します。 会計士資格の取得に年齢制限はない 公認会計士資格は、年齢制限がありません。 平成30年の公認会計士資格の最年少合格者は平成30年の公認会計士資格の最年少合格者は20歳未満でも21人が合格していますし、 55歳以上でも2人が合格しています。 過去には60代で合格する人もいました。 参考書などを自分で選び独学で勉強することも可能ですが、さまざまな専門学校で公認会計士向けの講座を開講しているので、大学とダブルスクールで通う人も多いようです。 会計大学院という会計に特化した大学院もあり、こちらに通うことにより短答式試験の財務会計論、管理会計論、監査論の3科目が免除になります。 公認会計士になりたいと心に決めている人は、監査法人などに就職した後も役に立つ勉強ができるので、メリットが大きいです。 また、経理部や財務部などで会計の知識がある人にとっては勉強しやすい内容と言えるのではないでしょうか。 会計や監査業務に7年以上携わっていた人は、短答式試験の財務会計論の科目が免除となります。 その他の教科については、社会人の場合仕事の後や休日に集中して勉強しなくてはいけませんが、公認会計士になったあかつきには事業会社などの経験を生かすことができるでしょう。 参照: 資格試験はマークシートと論述式の2種類 公認会計士資格は短答式試験 マークシート 試験と論文式試験に受かる必要があります。 短答式試験科目は、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の4教科です。 財務会計論は簿記と財務諸表の勉強をする必要があります。 短答式試験は、一度合格すると、2年間短答式試験は免除してもらえます。 そのため、短答式試験に合格してから、1年を論文式試験の勉強期間に充てる方が多いようです。 論文式試験は会計学、監査論、企業法、租税法と、選択科目である経営学、経済学、民法、統計の中から1教科選び全部で5教科の受験が必要です。 論文式試験は毎年8月の1回しか受験のチャンスがないので、短答試験合格後の猶予が2年しかないことを考えると集中して勉強する必要があります。 しかし、論文式試験は科目合格制導入され、すべてに合格できなくても2年間の猶予があるので、教科を絞って受験するのも一つです。 参照: 資格取得に必要な勉強時間 公認会計士資格合格のための勉強時間は、 一般的に3,000時間〜5,000時間と言われています。 そのため、大学在学中に公認会計士を志した人は、2年ほど集中して勉強すれば合格することができます。 社会人が働きながら勉強する場合、平日の夜と休日に集中して勉強すれば3〜5年で合格することも不可能ではありません。 公認会計士資格の合格率 公認会計士の合格率は、 令和1年試験は10. 7%、平成30年試験は11. 1%で、近年では毎年10パーセント前後となっています。 実はリーマンショック前までは公認会計士資格の合格率は右肩上がりに上がっていました。 しかし、公認会計士の合格者が増えていたことと、リーマンショック後の不況により、公認会計士が資格を取っても多くの人が監査法人などに就職ができない事態に陥りました。 そのため、国として試験の難易度を上げて合格者を減らす方針を取っていたのです。 しかし、景気の回復に伴い監査法人も採用人数を増やしていることもあり、合格率は回復傾向にあります。 参照: 公認会計士と名乗るには実務と修了考査合格が必要 実は、公認会計士と名乗るには公認会計士資格を合格しただけではできません。 監査法人などに就職して、2年間の実務経験 「業務補助」もしくは「実務従事」 と3年間の実務補修が必要になります。 これらの経験を経て修了考査を受け合格することができると、晴れて公認会計士として登録できるのです。 人生を変える1年にするLECの合理的カリキュラム「短答式1年合格」。 公認会計士を目指すあなたに、過不足のない知識・情報の提供、そして最適な学習環境をご用意しています。 公認会計士試験一発合格者の学習ノウハウが凝縮された、『会計士試験必勝本』が無料でプレゼントされています。 公式サイト: 公認会計士の就職先は? 次に、公認会計士就職先にはどんなところがあるかを紹介します。 4大監査法人 BIG4 公認会計士の就職先として人気なのは、4大監査法人 BIG4 と呼ばれる大手監査法人です。 4大監査法人は、• 有限責任あずさ監査法人• 新日本有限責任監査法人• 有限責任監査法人トーマツ• PwCあらた有限責任監査法人 ほとんどの公認会計士がこの中での就職を目指します。 日本の国内上場会社の8割が4大監査法人を選んでおり、4大監査法人に就職すると日本を代用するような大手企業を取引先として仕事ができます。 しかし、クライアントが大きくなれば公認会計士がチェックすべき項目が多くなるので、チームを組んで仕事をすることになります。 たとえば監査業務、コンサルティング、M&Aなどによって担当者は異なりますし、監査業務の中でも項目ごとに分けて担当することになります。 そのため、専門的知識を身に付けるという点では良いかもしれませんが、将来的に独立を目指す場合は物足りなさを感じるかもしれません。 中小監査法人 中小監査法人では、大手監査法人のような大手企業が取引先になることは少ないですが、クライアントが小さくなれば自分一人に任される仕事の幅も広くなります。 そのため、将来独立を見据えてさまざまな業務を網羅したい、公認会計士として早く成長したいという場合に向いているのではないでしょうか。 しかし、大手監査法人に比べると給与水準が低い、福利厚生が少ないというデメリットもあります。 また、所属する公認会計士の数が少なければ、産休や育休など休みにくい環境ということもあるでしょう。 会計事務所 会計事務所は、法人・個人に代わり税務申告書類を作る仕事を行います。 出来上がった財務諸表などをチェックする監査法人とは異なり、顧客と共に節税などを考えながら税務申告書を作る役割です。 それだけではなく、公認会計士の専門知識を活かして事業承継や経営上のアドバイスもすることにも期待されており、幅広い活動ができます。 コンサルティング会社 公認会計士がコンサルティング会社へ就職するケースも増えています。 財務・会計のコンサルティングファームでは、公認会計士としての知識や経験を活かした財務デューデリジェンスや企業価値評価などが期待されます。 クライアントの会計面の不安を払しょくすることで事業拡大に繋がることもあるので、会計のエキスパートである公認会計士への需要は大きいのです。 事業会社の企業内公認会計士 公認会計士の中には、一般事業会社の中で企業内公認会計士として働く人もいます。 事業会社の特に上場企業では、監査で指摘されないようにきちんと会計処理をする必要があります。 そのため、監査をする立場の公認会計士の目で監査対応ができるという点で、一般事業会社としては公認会計士を雇うメリットがあるのです。 一般事業会社で働く場合は、その他の社員と同じくその会社の勤務体系や福利厚生などに合わせた働き方、給与体系になります。 残業が少なく産休・育休などの制度が整っている会社であれば、ワークライフバランスもとりやすいでしょう。 しかし、公認会計士が他にいない場合は、業務が集中しすぎたり、責任が大きくなりすぎたりする可能性も否めません。 その点は就職前にきちんと確認する必要があるといえるでしょう。 人生を変える1年にするLECの合理的カリキュラム「短答式1年合格」。 公認会計士を目指すあなたに、過不足のない知識・情報の提供、そして最適な学習環境をご用意しています。 公認会計士試験一発合格者の学習ノウハウが凝縮された、『会計士試験必勝本』が無料でプレゼントされています。 公式サイト: 4大監査法人 BIG4 に就職するにはどうすれば良い? 多くの公認会計士が就職先として目指す4大監査法人ですが、就職するためにはどうすれば良いのでしょうか。 併願する人がほとんど 4大監査法人は、それぞれ少しずつ特色が異なります。 しかし、多くの公認会計士が「この中のどこかに就職できれば良い」と考えるため、自分が行きたいところだけに絞るということはせず、すべてにエントリーする人が多いようです。 監査法人の特色の違いを理解する 4大監査法人 BIG4 は、有限責任あずさ監査法人、EY新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、PwCあらた有限責任監査法人の4社のことを指します。 監査業務を行う点では各社大きな差はありません。 志望動機で「ここで働きたい」という気持ちが強く伝わるように、面接までにそれぞれの監査法人の特色を理解する必要があります。 それぞれの監査法人に合わせた志望動機や自己PRを考える 上記のように4大監査法人には少しずつ特徴の差があります。 そのため、面接を受ける監査法人ごとに志望動機や自己PRを変えて、面接官に「この人はうちの監査法人で力を活かせそうだ」と感じてもらうことで内定を取ることができる可能性がアップします。 たとえば海外案件に強い監査法人の場合、「留学経験をして英語力には自信がある。 海外のM&Aに積極的な御社で自分の英語力を生かしながら公認会計士として成長したい。 」という内容ならば説得力が増すでしょう。 実際に働いている人の話を聞く 企業研究をするにあたり、ホームページの情報だけでは見えてこないこともあるので、実際に働いている人の話を聞いて企業分析や自分に合うかをジャッジすることをおすすめします。 実際にできる業務内容や仕事の規模・雰囲気などを知ることもできると、志望動機もより説得力がある内容にできます。 知り合いにいない場合は、通っている専門学校や大学のキャリア課で希望する監査法人へ就職した先輩がいないかを聞くなどしてツテを探してみましょう。 公認会計士資格を持っていても就職できないことはある? 過去にはリーマンショック後の不況により監査法人の採用が減ったことと、公認会計士の合格者数が増えていたことが相まって、公認会計士が資格を取っても就職できないという時代がありました。 そのため、国として公認会計士資格の難易度を上げて、合格者を絞る合格者削減方針を取り、公認会計士資格を取った人が就職できないということがないように調整したのです。 近年では、監査法人の採用数も増えてきて、公認会計士は売り手市場となっており、第一志望に受からなくてもすべて落ちるということはまずないようです。 4大監査法人 BIG4 に就職するには高学歴が必要? 公認会計士に人気の就職先である4大監査法人 BIG4 に就職したい場合、学歴は必要なのでしょうか。 学歴より公認会計士資格が必要 結論から言うと、4大監査法人に入社するために学歴はそこまで関係ありません。 学歴が低くても、公認会計士資格さえ取得できていれば、どこかには就職できる環境にあるようです。 実際に高卒でフリーターだったと言う人が猛勉強して公認会計士資格を取得し、4大監査法人に就職できたというケースもあります。 基本的には高学歴が多くなるので出世レースは厳しい しかし、公認会計士資格は医師・弁護士に並ぶ3大難関資格のため、合格できる人は総じて高学歴であることが多いのです。 いくら公認会計士資格が難関資格とはいえ、監査法人に入社してからは難関資格を突破してきた人同士なので、出世レースを争うとなると学歴も関係してくるでしょう。 もちろん、本人の努力や適性にもよりますが、学歴による派閥などがある可能性もあります。 若い方が就職しやすい 公認会計士資格を受験するにあたり、年齢制限はありません。 実際に50代・60代の合格者もいるので、やる気さえあれば誰でも取得を目指すことができるのです。 ただし、大手監査法人に就職したい場合は、就職はキャリア構築のために若い方が有利となります。 監査法人側としては、将来がある若い人材を育てたほうが扱いやすいですし、吸収力があり将来に期待できるからです。 30歳代を超えると就職しづらくなる可能性が高くなるので、遅くとも30代前半までには資格取得を目指したいところです。 4大監査法人 BIG4 で働く3つのメリット 最後に大監査法人 BIG4 で働くメリットについて説明します。 対大企業との大きな仕事に若いうちから携われる 4大監査法人 BIG4 は、上場企業がクライアントとなるため、若いうちから日本を代表するような大企業を相手に仕事ができます。 大企業の決算に不正があったり間違いがあったりした場合、株価に大きく影響し、日本経済にもインパクトを与える可能性があります。 そのため、監査では公認会計士が目を光らせて、誤った決算を公開しないようにきちんと確認する必要があるのです。 このように、公認会計士が行う監査の仕事は経済において非常に重要な役割を果たします。 英語力に自信があるならばその能力を活かしたいとアピールすることにより、中小監査法人や会計事務所では経験できないような、国際的でダイナミックな仕事に携われる可能性があります。 事業会社へ好条件で転職できる 最近では公認会計士を事業会社へ「企業内公認会計士」として雇うケースも増えています。 4大監査法人出身であると、上場企業の監査をしていた経験を生かして、事業会社における監査対応を任されることが多いでしょう。 4大監査法人出身であればしっかりした教育がされているだろうという信頼感もありますし、好条件で転職できる可能性が高いです。 まとめ かつては不況や公認会計士の合格者数が多すぎたことにより、難関の公認会計士資格を取得しても就職ができないと言う事態が発生しました。 しかし、国として公認会計士の合格者数を絞ったことと、景気の回復に伴い監査法人の採用が回復したことにより、足元では公認会計士の就職は売り手市場となっています。 そのため、国内上場企業の約8割の監査を担う大監査法人 BIG4 への就職も、公認会計士資格さえ取れていればしやすい環境にあるようです。 公認会計士資格を取得する人は高学歴であることが多いですが、就職活動自体に学歴はあまり影響しません。 ただし、公認会計士資格に合格したツワモノが集まる職場環境のため、入社後の出世レースを考えると高学歴の方が有利になる可能性もあります。 就職活動では、それぞれの監査法人の特徴を企業分析して、どんな自分の能力を生かすことができるのかをエピソードを交えながら具体的に話すことが大切です。 面接官に熱い気持ちをぶつけて、好印象を抱いてもらえれば、採用の可能性が高まるのではないでしょうか。 人生を変える1年にするLECの合理的カリキュラム「短答式1年合格」。 公認会計士を目指すあなたに、過不足のない知識・情報の提供、そして最適な学習環境をご用意しています。 公認会計士試験一発合格者の学習ノウハウが凝縮された、『会計士試験必勝本』が無料でプレゼントされています。 公式サイト:•

次の