山梨未解決事件。 【閲覧注意】山梨キャンプ場小1女児行方不明事件!誘拐説が濃厚!?〇〇で女児の情報収集をしていた事実!?

【未解決事件】東京・山梨連続殺人事件 主犯格らは未だ逃亡中

山梨未解決事件

山梨市七日市場公会堂では、 台座の上にバレーボールぐらいの大きさの 丸い石を盛って、 その上にだいたい1mほどの大きな球形の自然石が置かれています。 台座に置かれている石はどれも 球のようにまんまるで、 川や海などで角が削れた石を見ても、 ここまで球に近いものは見たことがありません。 この球形の石は 山梨だけで見られる 丸石神(まるいしがみ)と言われる道祖神で、 山梨には丸石神が数百箇所も点在しています。 コスタリカのオルメカ文明や、 メキシコのシエラ・アメカ鉱山で 丸石神ど同じ球形の石がみられ、 これらは火山が長い時間をかけて 生み出したことがわかっています。 山梨と言うと日本一有名な火山富士山や、 温泉で知られています。 この 丸石神も球形に加工されたのではなく、 オルメカ文明やシエラ・アメカ鉱山同様に、 火山活動が生み出した自然石だと考えられています。 集落の中心部や境界・辻の近くにあることから 道祖神だと考えられていますが、 実は 丸石神が何なのかは記録や言い伝えが残っていません。 山梨を中心にしたとても 古い宗教の名残だと考えられるのですが、 残念ながらそれがどういうものかは失われてしまい、 今では 道祖神として丸石神は祀られています。 七日市場公会堂に県内最大の丸石神があるのですが、 山梨には大小様々な大きさの丸石神があり、 場所によっては文字や彫刻を施されたもの、 何気なく通った道にそっと置かれている小さな物もあります。 七日市場公会堂のように目立つものはいいのですが、 日常に溶け込んだ 丸石神を探すのは大変で、 ゴミ収集所の隣におかれているのを見た時は 「こんな所に」と驚いてしまます。 観光名所ではないのでガイドや案内はないのですが、 地図を片手に古代宗教の遺物をたどりながら 昔の集落の境界に思いを馳せていると、 まるで遺跡探索者になったような気分を味わえます。 年末年始にはしめ縄で飾り付けが行われるということなので、 丸石神めぐりは結構歩くことになるので、 暑い時期を避けて 丸石神を探しやすい時期に 訪れるのがよいと思います。 都道府県&カテゴリから探す• 386•

次の

山梨県ボストンバッグ遺体遺棄事件(2013年5月) 未解決事件X

山梨未解決事件

未解決事件ファイル 山梨県ボストンバッグ遺体遺棄事件 2013年5月 2013年5月24日午前11時10分頃、、山梨県上野原市上野原の民家で、ボストンバッグに入った白骨状態の遺体が見つかった。 上野原署はこの家に住んでいた秦英子さん(当時87歳)とみて、死体遺棄事件として捜査を始めた。 同居の夫(当時83歳)は数年前から都内の病院に入院。 この家の不在を不審に思った住民から連絡を受けた市が2010年12月、家に立ち入ったこともあったが、誰もおらず、異状は確認できなかったという。 遺体の入ったボストンバッグが見つかったのは、自宅の1階居間。 遺体は折り畳まれた状態だった。 4月に近所の住民から、「2~3年前から、住んでいるはずの女性を見かけない」と同署に相談があったという。 民家の隣には妻の弟夫婦が住んでおり、弟は「(姉を)見かけないなとは思っていた」と話しているという。 上野原市長寿健康課によると、2010年8月31日、「最近、夫婦を見ない」との住民からの情報が市に寄せられた。 同日、市職員2人がこの家を訪問したが、鍵がかかっており、呼びかけに反応しなかったという。 同年12月には、県外に住む息子が帰省した際、当時の民生委員が鍵を開けて息子と家に入ったが、誰もおらず、変わった様子はなかった。 同課には当時ボストンバッグがあったという記録も残されていない。 その後も民生委員が家を訪ねたが、不在で、同課は「様子を見よう」と判断したという。 同市は弟夫婦と面会できておらず、2013年4月、病状が重い夫からも話が聞けなかったため、上野原署に相談。 同署によると、夫婦の預金口座には年金が振り込まれていたが、公共料金のほかは引き出された形跡はないという。 遺体が発見され、周辺の住民は一様に驚いた様子だった。 夫婦は以前、毎日のように近所の畑に通う姿を見せていた。 妻と親しかった近所の女性(88歳)によると、「数年前、家を訪ねたけれど、明かりがついたまま、留守だった。 あまり家庭の事情に首を突っ込むのも良くないと思い、深入りしなかった」という。

次の

山梨県道志村での小倉美咲さん失踪事件は稲川会、CIAによる臓器売買か。

山梨未解決事件

未解決事件ファイル 山梨県ボストンバッグ遺体遺棄事件 2013年5月 2013年5月24日午前11時10分頃、、山梨県上野原市上野原の民家で、ボストンバッグに入った白骨状態の遺体が見つかった。 上野原署はこの家に住んでいた秦英子さん(当時87歳)とみて、死体遺棄事件として捜査を始めた。 同居の夫(当時83歳)は数年前から都内の病院に入院。 この家の不在を不審に思った住民から連絡を受けた市が2010年12月、家に立ち入ったこともあったが、誰もおらず、異状は確認できなかったという。 遺体の入ったボストンバッグが見つかったのは、自宅の1階居間。 遺体は折り畳まれた状態だった。 4月に近所の住民から、「2~3年前から、住んでいるはずの女性を見かけない」と同署に相談があったという。 民家の隣には妻の弟夫婦が住んでおり、弟は「(姉を)見かけないなとは思っていた」と話しているという。 上野原市長寿健康課によると、2010年8月31日、「最近、夫婦を見ない」との住民からの情報が市に寄せられた。 同日、市職員2人がこの家を訪問したが、鍵がかかっており、呼びかけに反応しなかったという。 同年12月には、県外に住む息子が帰省した際、当時の民生委員が鍵を開けて息子と家に入ったが、誰もおらず、変わった様子はなかった。 同課には当時ボストンバッグがあったという記録も残されていない。 その後も民生委員が家を訪ねたが、不在で、同課は「様子を見よう」と判断したという。 同市は弟夫婦と面会できておらず、2013年4月、病状が重い夫からも話が聞けなかったため、上野原署に相談。 同署によると、夫婦の預金口座には年金が振り込まれていたが、公共料金のほかは引き出された形跡はないという。 遺体が発見され、周辺の住民は一様に驚いた様子だった。 夫婦は以前、毎日のように近所の畑に通う姿を見せていた。 妻と親しかった近所の女性(88歳)によると、「数年前、家を訪ねたけれど、明かりがついたまま、留守だった。 あまり家庭の事情に首を突っ込むのも良くないと思い、深入りしなかった」という。

次の