吉澤 靖之 東京 医科 歯科 大学。 吉澤靖之学長からのメッセージ

吉澤靖之学長からのメッセージ

吉澤 靖之 東京 医科 歯科 大学

医師や歯科医師をサポートし 国内外の医療の発展に貢献できる仕事です。 当医院は、1928年に設立され 医学と歯学の融合を通じて 先進的な医療の実践に従事する 医療系総合大学院大学 附属の病院として 医療の発展に貢献してきました。 今回、募集しているのは 医師事務作業補助者として 常に忙しい医師や歯科医師の サポートをして下さるメンバー。 当院で初めて募集する職種なので、 当院組織が発展していく様子を 肌で感じることができます。 産休や育休の取得実績もあるので、 結婚や出産など、ライフイベントを経験しながら 活躍できる職場です。 教育・研究・医療に取り組む 医療系総合大学の附属病院として 世界的にもトップクラスの評価を得ている当院で 私たち一緒に、医療に貢献していきませんか? 組織力の強化を目指し 新しい人材を募集しています。 雇用期間は、年度単位の契約です。 勤務成績・予算の状況・業務の必要性により判断し、 労使双方の合意があった場合、 年度ごとに契約を更新する場合があります。 更新の限度は最初に採用された日から通算して5年までとなります。 ・紹介状の返書作成 ・診断書の記載補助 ・依頼書の記載補助 ・検査説明など 書類作成が主な業務となります。 世界でも最先端の技術に仕事を通して触れることができるので 日々、成長し続けられる環境です。

次の

東京医科歯科大学、吉澤学長が批判派を粛清 | 週刊金曜日オンライン

吉澤 靖之 東京 医科 歯科 大学

田中雄二郎先生の定年退職に当り、お祝いを兼ねて先生との巡り合いを書くこととします。 私が20年間学外に勤務し、本学に戻って5年後に教授になって間も無く、田中雄二郎先生の名を知ることとなった。 それ迄は診療上も研究上も接点が無く、名目上の付き合いしか経験していなかった。 2000年医学部教育担当の教授選があり、その時候補の一人として浮上したので身近に感じるようになった。 2001年教授選の結果は、田中教授の誕生となった。 その後、医学部教育は佐藤達夫医学部長(当時)、麻生産婦人科教授(当時)、田中教授の尽力で医学教育の改革が次々と行われた。 次に一層私の身近な存在になったのは、宮坂病院長(当時)下で副院長、そして2013年病院長となってからである。 私が当時医療担当理事であった為、お互いに相談事が多くなり、頻繁に会って議論するようになった。 本学の医療上の問題点については、意見が一致することが多く、目的へ向かうプロセスの采配は見事な程であった。 この頃の一番の印象は物事を進めるのに、スムーズに余り障害もなく大きな成果を出す実務者としてであった。 さすが、親の血を引く能力と驚いた。 2014年、私が学長に就任するに当り、私の後任として先生を医療担当理事にお願いしたのは、それ迄の実行力を期待したからであった。 その後は医療問題に限らず人事面、教育面での活躍は目を見張るものがあり、特に医療関連については完全にお任せ状態で良かった。 私が不勉強で不出来の為、大学を卒業出来ないでいる間に、田中理事が定年退職となり、ハテ私の年齢はと自分の歳を改めて考えた次第である。 現役教授としての仕事と理事としての仕事の両者を、順調に着実に成果を上げるのは大変だったと思います。 まだまだ若いので、今後も大学の為に益々の活躍を願っています。

次の

クラス会 « 東京医科歯科大学 医科同窓会

吉澤 靖之 東京 医科 歯科 大学

はじめに 国立大学法人「東京医科歯科大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、東京都文京区湯島にあり、1946年に設置された国立大学です。 国立大学法人「東京医科歯科大学」の入試の偏差値は、学部によって変わりますが、53~73程度のようです。 今回は国立大学法人「東京医科歯科大学」に関する基本的な情報について解説します。 国立大学法人「東京医科歯科大学」の沿革について 国立大学法人「東京医科歯科大学」は、昭和3年(1928年)に「東京高等歯科医学校」として設立、昭和5年に文京区湯島に移転、昭和21年(1946年)に旧制東京医科歯科大学が設立された後、昭和26年に新制東京医科歯科大学として設立されました。 国立大学法人「東京医科歯科大学」の理念・スローガンについて 国立大学法人「東京医科歯科大学」は、医療系総合大学院大学として、3つの教育理念「幅広い教養と豊かな感性を備えた人間性の涵養を目指す」、「自己問題提起、自己問題解決型の創造力豊かな人材を養成する」、「国際感覚と国際競争力に優れる人材を養成する」を掲げています。 国立大学法人「東京医科歯科大学」の学章・校歌について 学章について 国立大学法人「東京医科歯科大学」のシンボルマークは、命を癒やし、輝かせる梅の花を表しています。 梅の花言葉は「忍耐」「厳しい美しさ」であり、医療人として、使命をつらぬく勁(つよ)さが梅に託されています。 さらに、5枚の梅の花弁は、医学部・歯学部・教養部・生体材料工学研究所・難治疾患研究所の5部局を表し、力をあわせて人の命を癒し、輝かせることが象徴されています。 校歌について 国立大学法人「東京医科歯科大学」の校歌は、創立30周年記念行事記念歌である「我等が東京医科歯科大学」です。 この校歌は、「倉橋 高次」さんの作詞、「境 修」さんの作曲によって創作されました。 国立大学法人「東京医科歯科大学」の学長について 現在の国立大学法人「東京医科歯科大学」の学長は、「吉澤 靖之(よしざわ やすゆき)」さんです。 「吉澤 靖之」さんの経歴は、昭和55年に東京逓信病院医師に就任、平成5年に東京医科歯科大学医学部助教授に就任、平成10年同大学付属病院の教授に就任、平成14年に東京医科歯科大学保険管理センター長に就任しました。 さらに、平成20年に東京医科歯科大学理事・副学長に就任した後、平成26年に国立大学法人「東京医科歯科大学」の学長に就任しました。 なお、「吉澤 靖之」さんは、国立大学法人「東京医科歯科大学」の第12代目の学長です。 国立大学法人「東京医科歯科大学」の本拠地・キャンパスについて 国立大学法人「東京医科歯科大学」の本拠地(本部キャンパス)を含め、3つのキャンパス「湯島キャンパス」「国府台キャンパス」「駿河台キャンパス」があります。 湯島キャンパス 国立大学法人「東京医科歯科大学」の「湯島キャンパス」は、元々、「東京女子高等師範学校(現:お茶の水女子大学)」の敷地の一部を間借りしており、1930年に同校とこれに隣接した「東京高等師範学校(現:筑波大学)」が文京区大塚に移転した後、国立大学法人「東京医科歯科大学」の拡張が行われました。 特に、「湯島キャンパス」の研究棟は超高層で、国立の研究機関としては特異な外観を呈しています。 このような「湯島キャンパス」には、歯学部・医学部があります。 なお、「湯島キャンパス」は、東京都文京区にあり、最寄り駅は、「御茶ノ水駅」です。 国府台キャンパス 国立大学法人「東京医科歯科大学」の「国府台キャンパス」には、図書館、体育館、武道館、国際交流会館、シャン・ドゥ・コーズリーなどがあります。 この「国府台キャンパス」は、千葉県市川市にあり、最寄り駅は、「国府台駅」です。 駿河台キャンパス 国立大学法人「東京医科歯科大学」の「駿河台キャンパス」には、生体材料工学研究所や難治疾患研究所、看護師宿舎などが置かれています。 この「駿河台」キャンパスは、東京都文京区にあり、最寄り駅は、「御茶ノ水駅」です。 国立大学法人「東京医科歯科大学」の教職員数について 国立大学法人「東京医科歯科大学」の教職員数の総数は、約2,640人で、このうち職員数は、約1,760人で、教員数は、約880人です。 職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。 tmd. html 国立大学法人「東京医科歯科大学」の学生数について 国立大学法人「東京医科歯科大学」の学生数は、学部学生数は、約1,490名(外国人学生を含む)で、大学院学生数は、約1,720名(外国人学生を含む)です。 国立大学法人「東京医科歯科大学」の学部について 国立大学法人「東京医科歯科大学」には、2つの学部があります。 1)医学部 2)歯学部 国立大学法人「東京医科歯科大学」大学院について 国立大学法人「東京医科歯科大学」の大学院は、下記の通り、2つあります。 1)医歯学総合研究科 2)保険衛生学研究科 国立大学法人「東京医科歯科大学」の財務状況について 平成30年度の、国立大学法人「東京医科歯科大学」の収入は、約587億4,277万円でした。 その主な内訳は、附属病院収入、運営費交付金、受託事業等収入、学生納付金収入などです。 まとめ いかがでしたか? 国立大学法人「東京医科歯科大学」は、医療系総合大学院大学として幅広い教養と豊かな感性を育てた人材の育成し、全人的医療の実践を目指している国立大学です。 ちなみに、国立大学法人「東京医科歯科大学」出身の有名人には、高階 恵美子さん、鎌田 實さんなどがいらっしゃいます。 tmd. html そのほかの「国立大学法人」の基本情報はこちらです。

次の