季節 の 挨拶 9 月 下旬。 時候の挨拶「9月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

9月の時候の挨拶|ビジネス・結婚式・お手紙に使える例文【上旬・中旬・下旬】 | 時候の挨拶と季節の挨拶

季節 の 挨拶 9 月 下旬

スポンサードリンク 秋分の日について 毎年9月22日か23日あたりが秋分の日になります。 秋分の日は日にちが決まっておらず多少ずれます。 秋分の日の前後3日間はお彼岸と呼ばれ、お墓参りにも行かれる人も多いと思います。 じゃあどうして、秋分の日付近はお彼岸というのか? その由来や意味なども、実はしっかりとしたものがあります。 そのお彼岸について、春のお彼岸(春分の日)のことも含めてこちらでまとめているので、よかったらこちらもご覧になって下さい。 >> 中秋の名月について いわゆるお月見ですが、9月のイメージが強いと思います。 でも、実はかなりバラバラで10月の時もあったりします。 そんな中秋の名月についてはこちらで詳しくまとめているので、今年はいつなのか確認しておくといいですね。 ビジネスや上司、先生などに送る場合は失礼のないようにしたほうが良いと思います。 ただ、そうでない場合には色々な形があっていいと思うので、大きく相手に失礼が無いようにすれば気持ちは伝わると思います。 堅苦しい挨拶だけじゃつまらないですしね。 では、先ほど上で見てもらった9月の時候の挨拶を使ったりして、どういった言葉で書きだしていくのか? その例文を一挙に紹介しちゃいますね。 時候の挨拶「9月」の書き出しの例文• 初秋の候、ますますご壮健のこととお喜び申し上げます。 残暑厳しい今日この頃、皆様にはご清祥のこととお喜び申し上げます。 秋涼のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 9月になっても残暑厳しい毎日が続きますが、皆さんお元気でしょうか。 天高く馬肥ゆる秋となりました。 皆様お変わりございませんか。 朝夕はようやくしのぎやすくなりました。 お変わりございませんでしょうか。 爽涼の秋となりました。 ご一同様にはお元気でお過ごしのことと存じます。 9月も半ばを過ぎ、ようやく秋めいてまいりました。 皆様お元気でいらっしゃいますか。 いつまでも暑さが去りやらぬ毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。 実りの秋を迎え、お元気でご活躍のことと存じます。 しのぎよい季節となってまいりました。 いかがお過ごしですか。 日に日に秋の色が増してきましたね。 お元気でご活躍のことと存じます。 暑さ寒さも彼岸までと言います。 お元気でいらっしゃいますか。 風の快い季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 台風一過、野も山も秋の色に染まり、秋の深まりを実感しております。 秋らしい晴天が続いております。 このところめっきり涼しくなってまいりました。 爽涼の秋となり、虫の声が涼しげに聞こえる日々になりました。 すがすがしい秋晴れの毎日です。 どこかお出かけしたくなる好季節ですね。 秋風が心地よく、虫の合唱が賑やかな季節となってまいりました。 夕暮れの涼風が心地よい今日この頃です。 猛暑が嘘のようですね。 さわやかな季節ですが、近頃は肌に冷たく感じることがございます。 いかがお過ごしですか。 これらの時候の挨拶は、目上の人に送るケースの文と、気軽に友達に送るケースの文が混ざっているので、それぞれで送る人に失礼のないようにチョイスしてください。 では、次は、 最後にどのような言葉で締めるか? その結びの言葉について見ていきましょう。 未だに残暑が続いております。 くれぐれもご自愛ください。 まだまだ涼秋とは言いにくい残暑でございます。 一層のご自愛をお願い申し上げます。 気候不順の折から、お体十分にご自愛ください。 立秋とは名ばかりの残暑が続いております。 お風邪など召されぬようお祈り申し上げます。 めっきり涼しくなりました。 皆様のますますのご健康とご活躍を祈念いたします。 長雨の季節ですから、お風邪などひかれませんように。 過ごしやすい季節となりました。 お体をおいといください。 心地よい秋空の下、さわやかな秋をお健やかにお過ごしください。 台風の被害があちこちで聞かれます。 何卒ご用心ください。 季節の変わり目です。 体調をお崩しになりませんよう、おいたわりください。 朝夕は肌寒さを感じる日もあります。 ご家族の皆様にも健康には十分お気を付けください。 季節の変わり目で、天候が不順な日が続いております。 さわやかな秋を満喫されますよう。 朝晩は涼しくなってまいりました。 さわやかな秋を満喫されますことをお祈り申し上げます。 夏バテが出やすいのはこの時期です。 体調にご注意ください。 秋の長雨が続きます。 くれぐれもご自愛くださいませ。 心地よい季節を迎え、ご自愛のうえご活躍のほどお祈り申し上げます。 このようにたくさんの例文を用意したので、これをそのまま使ってもらってもいいし、アレンジしてあなたのオリジナルを作ってもらうのもいいと思います。 色んな文章作りの参考にしてくださいね。 暑さ寒さも彼岸までと言います。 お元気でいらっしゃいますか。 めっきりと涼しくなり過ごしやすい季節となりました。 この好季節もあって、連休中にはお彼岸のお墓参りを兼ねて帰省しておりました。 故郷には大きなススキ畑があり、黄金色の穂と緑のススキのコントラストがとてもキレイでした。 同封の写真がその時の様子です。 朝夕は肌寒さを感じる日もあります。 ご家族の皆様にも健康には十分お気を付けください。 あとがき 9月の時候の挨拶にはどういった言葉が使われるのか。 そして上旬・中旬・下旬で使う言葉のポイントとその書き出し、結びの言葉、そしてそれらを合わせた手紙の形を見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 9月は残暑のまだ感じられると思いますが、それが徐々に変化して涼しくなる季節です。 その気候の変化に体調を崩されないよう気遣う言葉や、本格的に秋に変わることで楽しめることなどを綴っていければいいのではないでしょうか。

次の

9月(長月)の書き出しと結びの言葉

季節 の 挨拶 9 月 下旬

時候の挨拶で9月下旬の候と結び。 自筆の手紙やはがきは、書き手の人柄を表すと言っても過言ではありません。 季節を表す言葉なら? まずは、9月の下旬とはいつから?だいたいで区切ってしまうと、その時期に相応しくない季語を使ってしまう可能性もありますので、きちんと区切りたいと思います。 ここでの9月下旬は、24節気の一つ 「秋分」から9月の末日まで。 この「秋分」は、昼と夜の長さがほぼ同じになる季節を表し、秋の深まりを日に日に感じる時期です。 2018年の「秋分」は 9月23日。 よって、 2018年の9月下旬は9月23日から9月30日を言います。 さて、この9月下旬に相応しい季語には、 「秋分」、秋の深まりによる冷えを意味する 「秋冷(しゅうれい)」、秋の本格的な始まりを意味する 「孟秋(もうしゅう)」があります。 秋分は、国民の休日ともなっていますので、聞きなれた言葉ですが、秋冷や孟秋はなかなか耳にすることも少ない言葉ですね。 季語に使うのも、少し躊躇するかもしれません。 友人宛の手紙に使える書き出し文と結びの例文 友人宛に手紙を書く場合、書き出しや結びの挨拶は、あまりかしこまった表現も使いにくいもの。 親しい間柄の人に手紙を送る場合は、少しくだけた表現の方が、相手にも気持ちが伝わりやすいかもしれません。 私が友人に手紙を送る場合の、書き出しと結びの例文をご紹介します。 【 書き出し例文 】• 秋分の候、お変わりなくお過ごしでしょうか?• 秋の深まりとともに、過ごしやすい季節となりました。 お元気ですか?• 道端に咲いた真っ赤な彼岸花に秋を感じる今日この頃。 皆様いかがお過ごしでしょうか?• コスモスが可憐に咲く季節となりました。 お変わりないでしょうか?• 脂ののったサンマの美味しい季節となりました。 お元気ですか? 【 結びの例文 】• もうすぐ小学校の運動会です。 お時間あれば、是非息子の活躍を見に来てくださいね。 会えるのを楽しみにしています。 朝夕の冷え込みが秋の深まりを感じさせますが、くれぐれもお体ご自愛ください。 秋分の候、日中は暖かいものの朝晩は肌寒さを感じます。 風邪などひかれませぬよう、お気を付けください。 手紙やはがきを出す場合は、親しい友人にも文頭に「拝啓」、文末に「敬具」をお忘れなく。 梅雨から夏にかけてのこの時期、乳幼児で流行するのが夏風邪ですね。 特に今年は「手足口病」が流行の兆しを 桜の季節も過ぎ去り、新緑の眩しい季節になりました。 最近は日差しも強く、少し外を出歩くだけで汗ばんでし 年賀状を出しそびれてしまった方に寒中見舞いを出したという方や、喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出 節分の時期が近づいてきました。 節分といえば、一般的に豆まきを連想されると思います。 ですが、地域によっ みなさんは、北野天満宮をご存知でしょうか? 『「北野天満宮は、菅原道真公をご祭神と 毎年冬になると、インフルエンザの流行による学級閉鎖などのニュースを耳にしますね。 花粉症の症状って目が痛くなったり、鼻水が酷くなったり…と思いがちですが、実は、咳も症状の一つって、ご クリスマスが近づくと、イベントやパーティーなどに参加する機会も多くなりますね。 この時期になると気持ち お子さんのいる人にとって、自分の子どもの預かり先を幼稚園・保育園のどちらにするか本当に悩みどころだと 寒い冬になってくると乾いた風が頬を撫で、水分を奪っていってしまいますよね。 気をつけていても乾燥肌にな.

次の

時候のあいさつ文9月・季節の挨拶文9月・秋の季語(上旬・中旬・下旬)

季節 の 挨拶 9 月 下旬

Sponsored Links 9月下旬の時候の挨拶作成の注意点 9月下旬で使う時候の挨拶を選ぶときには、次のような点に注意しておくと失敗がありませんよ。 「秋涼の候」は9月下旬の時候の挨拶として適切? 時候の挨拶として、「秋涼の候」という言葉はよく使われますね。 秋涼の候は、9月中旬~10月下旬までに使うのが適している時候の挨拶になります。 仲秋の9月7日から使えますが、今の日本は9月上旬は夏の気温です。 その場合は、季節感にズレを感じてしまいますので、実際に涼しくなってきたなと感じてから使う方がいいでしょう。 「秋涼の候」の使い方についてまとめると、9月下旬でも暑い日が続くような年にはこの時候の挨拶は避けて、すっかり涼しくなっている年にはこの時期に使うのにぴったりな時候の挨拶といえるでしょう。 9月下旬にはどんな季語を使うべき? 「初秋」「新秋」「早秋」「新涼」「早涼」「涼風」「孟秋」「白露」「野分」「秋涼」「爽秋」「秋晴」「秋冷」「秋分」などが適切な季語となります。 9月下旬の手紙に使う季語• 初秋の候:夏が終わり、秋の気配が感じられる様子を表します• 新秋の候:旧暦でいう7月、現在でいう9月を指します• 孟秋の候:新秋同じ意味で使う言葉です(旧暦7月=現在の9月)• 早秋の候:秋の初めや初秋のことを指す言葉です• 新涼の候:秋の初め、残暑が和らいで涼しくなってきた様子を表します• 早涼の候:秋の涼しい風が肌に優しく感じられる様子を指します• 涼風の候:こちらも早涼の候と同じような意味で使えます• 白露の候:水のしずくが光って白く見える様子で、秋雨の時期等に使います• 野分の候:野分(のわけ)とは9月に発生する強風のことをいいます• 秋涼の候:夏が終わり、初秋のころの涼しさを感じさせる言葉です• 爽秋の候:さわやかで過ごしやすい気候になってきたことを感じさせます• 秋晴の候:秋晴れが続く時期などに最適な季語です• 秋冷の候:夜などには肌寒さを感じさせるようになってきた時期に使えます• 秋分の候:秋分とは二十四節気でいう9月23日のことで、9月の下旬に該当します ただし、季語はその時々のリアルタイムな気候に合わせた使うのがベストです。 「9月21日~9月30日は下旬だからこの季語」というようにあまり硬直的に考えるのではなく、手紙を書く時にあなたが感じた季節感をそのまま表現する季語を選ぶのが良いでしょう(上のそれぞれの季語の言葉の意味を参考にしてください) 気候や相手の方の状況など、色々と考慮しながら臨機応変に、季節感を表す言葉を使うことが大切です。 まだまだ暑さが残っているような天候が続く場合には、残暑が厳しいこと、また涼しい日が続くようになれば、涼しくなってきたことをうまく表現することがポイントとなります。 [ad co-2]• 9月も下旬となり、めっきり暑さが衰えてきましたね。 季節の変わり目に体調などくずされていらっしゃらないでしょうか。 ようやく過ごしやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 さわやかな秋風が吹く季節、皆様お変わりありませんか。 コスモスが秋風に揺れる頃となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。 などの表現は、季節の挨拶と共に、送り手への気づかいが伝わりますね。 親密度にもよりますが、〜の候では、少しよそよそしく感じますので、送る相手によって使い分けた方がいいでしょう。 [ad co-4] 9月下旬に使える結びの例文:ビジネス向け 手紙の書き出しで季節感を感じさせる時候の挨拶を使った場合、手紙の結びでも季節感を演出するのがベストです。 9月下旬の手紙に使う結びの分としては、次のような例文が考えられます。

次の