いつの間に やら 日付 は 変わっ て。 『いつの間にやらお店が変わってた』by 吹田のどらお : 創作居酒屋 GOEN

HAPPY BIRTHDAY 歌詞 Back Number( バック・ナンバー ) ※ www.internetwondersezine.com

いつの間に やら 日付 は 変わっ て

もくじ• 私が会社を辞めた後に職業として選んだピアノ演奏も、今ちょっとこういう気持ちに陥っています。 結構長いスランプ。 今書いているブログも、正直「毎日更新する」という目標が結構キツいな、と感じることが多くなりました。 自分が変わっていく軌跡を書き残すためにやっていることなのに、いつの間にか記事を書くこと自体が目的になっているような・・・(いわゆる手段の目的化) 別にピアノを弾くのが嫌いになったわけじゃないし、文章を書くのが嫌いになったわけでもない。 に本当によくみられる心理らしいです。 (そしてこういう性格の人は総じて抑うつに陥りやすいというのもポイント) 『やりたいこと』から、『やらねばならぬ』ことになっていくと、義務と役割という感覚が育っていきます。 この義務と役割の感覚で、何かをしていると、最初はやりたいことだったことが徐々にやらねばならぬ仕事のようになっていきます。 そうすると、楽しさや、喜びの感覚が無くなっていき、ひどくなると燃え尽きてしまうこともあるのです。 自立傾向が強い方や、まじめなタイプの方は、特にこの感覚にはまりやすいようです。 自立傾向が強い方や、まじめなタイプの方は、頑張ったり、まじめに取り組むという、とても良い面を持っています。 しかし行き過ぎると、楽しむことを忘れ、楽しめるはずであるやりたいことを仕事に変えてしまうのです。 そうして義務と役割の感覚にはまっていきます。 でもね、それが上手く出来ないから何度も何度も同じループにはまってしまうんだよなぁ・・・とウンウン唸っておりました。 そしてふと、あることを思ったんです。 これもやっぱり紐解いていくと育ってきた環境が影響しているんですが・・・ たとえば今回のような義務感に苛まれる人というのは、子供の頃から従順であると褒められた、真面目でいると褒められた、それが嬉しかったから頑張った、という経験をしている人が多いと思います。 これはあたかも自主的な意志のように見えますが(実際本人もそのように思いこんでいる)、裏を返せばこれは 「周りの言う事を聞いていないと私は認められない」「真面目でいないと周りにがっかりされてしまう、疎外されてしまう」という見えない恐怖に根差しているので、よくよく見るとやっぱり義務感発信なんです。 こういう環境で長く過ごしていると、次第に「人に褒められることならばやってもいい」「意味のあることならばやってもいい」「何か利益になるようなことならばやってもいい」という思考が知らぬ間に染みついていきます。 それはイコール、「意味のないことはやってはいけない」ということでもあります。 つまり生きる上で起こる物事すべて、この基準でジャッジすることになる。 生きる上で起こる物事すべてが義務感発信になるんです。 基準がそこなので、本来物事を続けていくために必要な「楽しむ」という感情がここですっぽり抜け落ちてしまっています。 だって「ただ楽しいだけ」なんて何も意味がないことだから。 何の実利もないから。 そう染みついてしまっているんです。 だから、純粋に楽しむという感覚がイマイチよくわからなかったりする。 それをモチベーションにして何かをする、ということを今までやってこなかったから。 実際それが、自分の本来の「やりたい」の気持ちや感覚を取り戻す方法でもあります。 でもここで一つ大きな障害となるのが、さっきも書いた 「周りの言う事を聞いていないと私は認められない」「真面目でいないと周りにがっかりされてしまう、疎外されてしまう」という見えない恐怖なんですね。 つまり、「そうでないと私はダメだ」という認識が生きる上での戒律レベルにまで厳格化してしまっているんです。 だってそうじゃないと周りの人から爪弾きにされますから。 特に子供の頃なんかは親や先生に嫌われてしまったら「生きる」ということ自体がハードモードになりますし。 あとは実際にちょっとだけ自分の気持ち(本当に好きなコト・弱音・ちょっとしたワガママなど)を出してみたら非難された経験があるとかね。 そんな感じで、 「常に自分の楽しみは後回しにして立派な人間であらねばならない」というのを拠り所として生きてきて、ついにそれが限界に達してポキッと折れてしまうのがうつ状態なんだと思います。 ほぼほぼ自分の経験したこと、考えたこと、ではありますが、結構分かる人には通じるんじゃないかなーと思っています。 私自身もまだここから早く抜け出したい・・・!!とジタバタしている段階ですが、 もうこれはさっきの「恐怖」に打ち勝つ 勇気が自分の中で熟成されるのを待つしかないですね。 やっぱり最後の一手はそこしかないんだろうなーというのは感じています。 いうこと聞かずに認められなくてもいい、周りにがっかりされてもいい、という勇気、ね。

次の

HAPPY BIRTHDAY 歌詞 back number ※ www.internetwondersezine.com

いつの間に やら 日付 は 変わっ て

『HAPPY BIRTHDAY ハッピーバースデイ 』MVは、「 誕生日の始まりから日付が変わって、誕生日が終わってしまう。 そんな1日の流れと時間を巻き戻したい」という願望を表しているとのこと。 back numberのメンバーで、作詞・作曲を担当している清水依与吏 しみずいより さんが、ドラマの台本を読んで書き下ろした楽曲です。 ドラマの中で流れる『HAPPY BIRTHDAY ハッピーバースデイ 』が、切ないシーンや感動的なシーンにマッチして、より感動を倍増させていました。 『HAPPY BIRTHDAY ハッピーバースデイ 』のシングルは、「 通常盤」と「 初回限定盤」の2種類。 好きな女性が側にいないと、その人のことを考えて苦しいと歌っているように思えます。 なかなか好きだということを伝えたいのに伝えられないもどかしい想いと、誕生日だからきっといいことがあると願う主人公の気持ちを歌っているのではないでしょうか。 『だけど、自分は結局「片思い」のままだろう』という諦めにも似た感情もこの歌詞からは受け取れます。 それと、少し今の状態が進展しても「片思い」が終わることはないという意味に思えます。 それだけ片思い中の彼女との距離は遠いということなんでしょうね。 その次の歌詞 「ハッピーバースデイ 君に言って欲しいだけ」は、恋愛に発展しなくても、ただ気にかけて欲しいという切ない歌詞に思えます。 ラストパートは、1番のサビの部分と同じ内容なので、省略します。 ドラマを観た方は分かると思いますが、八雲は20年も「片思い」を続け、順子にも気持ちを気づいてもらえないという男性でした。 「HAPPY BIRTHDAY ハッピーバースデイ 」も 「誕生日の日」に「片思い」をする彼女に想いを馳 は せる、そんな曲です。 歌詞の内容に共感出来る方や過去に片思いをしたことのある方は、すごく共感が出来る曲ではないかと思います。

次の

HAPPY BIRTHDAY 歌詞 / back number

いつの間に やら 日付 は 変わっ て

もくじ• 私が会社を辞めた後に職業として選んだピアノ演奏も、今ちょっとこういう気持ちに陥っています。 結構長いスランプ。 今書いているブログも、正直「毎日更新する」という目標が結構キツいな、と感じることが多くなりました。 自分が変わっていく軌跡を書き残すためにやっていることなのに、いつの間にか記事を書くこと自体が目的になっているような・・・(いわゆる手段の目的化) 別にピアノを弾くのが嫌いになったわけじゃないし、文章を書くのが嫌いになったわけでもない。 に本当によくみられる心理らしいです。 (そしてこういう性格の人は総じて抑うつに陥りやすいというのもポイント) 『やりたいこと』から、『やらねばならぬ』ことになっていくと、義務と役割という感覚が育っていきます。 この義務と役割の感覚で、何かをしていると、最初はやりたいことだったことが徐々にやらねばならぬ仕事のようになっていきます。 そうすると、楽しさや、喜びの感覚が無くなっていき、ひどくなると燃え尽きてしまうこともあるのです。 自立傾向が強い方や、まじめなタイプの方は、特にこの感覚にはまりやすいようです。 自立傾向が強い方や、まじめなタイプの方は、頑張ったり、まじめに取り組むという、とても良い面を持っています。 しかし行き過ぎると、楽しむことを忘れ、楽しめるはずであるやりたいことを仕事に変えてしまうのです。 そうして義務と役割の感覚にはまっていきます。 でもね、それが上手く出来ないから何度も何度も同じループにはまってしまうんだよなぁ・・・とウンウン唸っておりました。 そしてふと、あることを思ったんです。 これもやっぱり紐解いていくと育ってきた環境が影響しているんですが・・・ たとえば今回のような義務感に苛まれる人というのは、子供の頃から従順であると褒められた、真面目でいると褒められた、それが嬉しかったから頑張った、という経験をしている人が多いと思います。 これはあたかも自主的な意志のように見えますが(実際本人もそのように思いこんでいる)、裏を返せばこれは 「周りの言う事を聞いていないと私は認められない」「真面目でいないと周りにがっかりされてしまう、疎外されてしまう」という見えない恐怖に根差しているので、よくよく見るとやっぱり義務感発信なんです。 こういう環境で長く過ごしていると、次第に「人に褒められることならばやってもいい」「意味のあることならばやってもいい」「何か利益になるようなことならばやってもいい」という思考が知らぬ間に染みついていきます。 それはイコール、「意味のないことはやってはいけない」ということでもあります。 つまり生きる上で起こる物事すべて、この基準でジャッジすることになる。 生きる上で起こる物事すべてが義務感発信になるんです。 基準がそこなので、本来物事を続けていくために必要な「楽しむ」という感情がここですっぽり抜け落ちてしまっています。 だって「ただ楽しいだけ」なんて何も意味がないことだから。 何の実利もないから。 そう染みついてしまっているんです。 だから、純粋に楽しむという感覚がイマイチよくわからなかったりする。 それをモチベーションにして何かをする、ということを今までやってこなかったから。 実際それが、自分の本来の「やりたい」の気持ちや感覚を取り戻す方法でもあります。 でもここで一つ大きな障害となるのが、さっきも書いた 「周りの言う事を聞いていないと私は認められない」「真面目でいないと周りにがっかりされてしまう、疎外されてしまう」という見えない恐怖なんですね。 つまり、「そうでないと私はダメだ」という認識が生きる上での戒律レベルにまで厳格化してしまっているんです。 だってそうじゃないと周りの人から爪弾きにされますから。 特に子供の頃なんかは親や先生に嫌われてしまったら「生きる」ということ自体がハードモードになりますし。 あとは実際にちょっとだけ自分の気持ち(本当に好きなコト・弱音・ちょっとしたワガママなど)を出してみたら非難された経験があるとかね。 そんな感じで、 「常に自分の楽しみは後回しにして立派な人間であらねばならない」というのを拠り所として生きてきて、ついにそれが限界に達してポキッと折れてしまうのがうつ状態なんだと思います。 ほぼほぼ自分の経験したこと、考えたこと、ではありますが、結構分かる人には通じるんじゃないかなーと思っています。 私自身もまだここから早く抜け出したい・・・!!とジタバタしている段階ですが、 もうこれはさっきの「恐怖」に打ち勝つ 勇気が自分の中で熟成されるのを待つしかないですね。 やっぱり最後の一手はそこしかないんだろうなーというのは感じています。 いうこと聞かずに認められなくてもいい、周りにがっかりされてもいい、という勇気、ね。

次の