コカコーラ 工場 見学 京都。 京都で「大人の為の社会科見学スポット」口コミ上位5選!

工場見学へ行こう③~コカコーラ京都工場編・下~

コカコーラ 工場 見学 京都

今回は、コカコーラ京都工場に行ってきました。 大阪ではないんですけど大阪から近いと言うことで! 近鉄大久保駅からバスにのり 3番 、新タマキで下車、 コカコーラ京都工場の横に着きます。 見学の30分前に行くとコカコーラ社のドリンクが無料で 飲み放題です。 館内前にはでっかい熊 ポーラーベア がお出迎え しているので受付の方に見学の方はあちらですと 言われる前からわかりました。 かわいいす。 写真取れるように手のところが椅子っぽくなってます。 ウェルカムゾーンではコカコーラグッツが販売されてました。 コカコーラの自動販売機も。 そして、折りたたみ自転車。 展示かと思えば販売品でした。 32000円。 2階ではドリンクを飲めるスペースが設けられており、 コカコーラ、爽健美茶、Qooなど飲み放題です。 ここにもポーラーベアー。 時間になるとファクトリーツアーのお姉さんが 案内してくれます。 制服がかわいかったです。 まずは3Dシアターでコカコーラの誕生秘話や歴史の 映像を見ます。 サンタクロースの赤い服はコカコーラから はじまったのだとか。 その後、近未来的なタイムトンネルで過去の販促グッツや 昔のコカコーラの瓶などを見る事ができます。 そのあとは実際の工場を見る事ができます。 ここは撮影禁止なのですが、丁度通路が円になって 缶をイメージしているそうです。 工場の外観写真の右の方にうつっていた缶のところに あたります。 この日はジョージアが製造されていました。 案内されている間にもかなりの数のジョージアが 出来上がってました。 さいごのチャレンジゾーンではコカコーラの社会貢献や Qooコーナーなど。 またもポーラーベアー。 お土産に水筒もらいましたー! ふたをあけるとストローがにゅっと出てきます。 バスが1時間に2本ぐらいしかないので時間をチェックする事を オススメします。 コチラで工場見学の映像を見る事ができます。

次の

夏休みの日記・自由研究にコカ・コーラの工場見学

コカコーラ 工場 見学 京都

豊かな自然に囲まれたコカ・コーラ工場 宝塚から高速で1時間弱。 京都の西部、「久御山町」というところにあるコカ・コーラボトラーズジャパン京都工場。 木津川の豊かな流れと山々に囲まれた場所にあります。 いきなり目に入ったのが コカ・コーラの缶を横に倒したような建物! 県学への期待が膨らみます。 赤い看板が目を引きます 見学は完全入れ替え制。 早めに着いたので、玄関前でしばし待ちます。 そこには、 インスタ映えするオブジェなどがたくさんあって飽きません。 また、BGMには歴代のCMソングが流れていて思わず口ずさんでしまいます。 ガイドツアーが始まるまで、ドリンクコーナーで ソフトドリンクをいただきます。 なんと飲み放題!コカコーラはもちろん、ジュース、コーヒーなどがあり、ついつい飲み過ぎてしまいそうになりますが、見学中はトイレに行けないので、ほどほどにします。 終わってからも飲めますしね。 豆を挽きたてのジョージアホットコーヒーもあります 紙コップもなにげにかわいい 見学ツアースタート PRキャラクターのエコラちゃん まず、「スタディゾーン]へ。 約10分間、コカ・コーラのの歴史や製造工程をお勉強。 3Dメガネをかけて立体映像で見ることができるので、楽しくてわかりやすいですよ。 コカ・コーラは保存料や合成香料を一切使わずに作られているんですね! 久御山町の歴史や名所も紹介してくれるので、帰りに立ち寄るスポットを知ることができます。 タイムトンネルへ シアターを出ると次はタイムトンネルへ。 コカ・コーラの長い歴史をビン、缶、やポスターなどで知ることができます。 小さいころによく飲んだジュースが展示されていて思わずはしゃいでしまいました。 ロゴのデザインは継承されています いよいよ製造ラインを見学 入場前に外から見えていた大きなコカ・コーラの缶。 それが製造ラインの見学場所でした!コーラの中に入ってるみたいでなんだかわくわく。 ここ京都工場では、缶コーヒージョージアの製造ラインを見学することができます。 まず、クイズに答えながら製造工程のポイントをおさらい。 1分間に約1600本もの製品を作りだす工場は、ほぼ無人、オートメーションです。 安心安全への配慮が徹底されていて、ここにも長い間世界中で飲み続けられる秘密がありました。 チャレンジゾーンへ 最後にアメリカの町のようなゾーンへ。 ここではタブレットで挑戦できる クイズやボールプールなどがあり、子どもたちが楽しんでいました。 簡単なクイズとアンケートに答えると毎月プレゼントが当たるという抽選に応募することもできますよ。 私ももちろん応募しました!当たるかな~ドキドキ! 古き良き時代のアメリカを感じます ボールの種類によって行き先が変わりますよ グッズもかわいい! 見学が終わると、ドリンクコーナーでコカ・コーラなどをいただくこともできますが、私は1階のグッズ販売コーナーへ! 来たときからずっと気になってたんです。 タオル、文房具など コカ・コーラグッズの数々。 ここでしか買えない限定品もあり、目移りします。 コカ・コーラの赤い色を見ているとなぜか元気が出ますね。 京都デザインの缶、お土産にぴったり! スタンプラリーもありました 見学は全部で約90分です。 アクセス、予約の方法などの詳細はホームページで確認してくださいね。 2019.

次の

『世界遺産・宇治平等院 & コカコーラ工場見学』宇治(京都)の旅行記・ブログ by ma

コカコーラ 工場 見学 京都

炭酸をイメージしたウォータースクリーンがお出迎え。 コカ・コーラのロゴの前でまずは記念写真を一枚。 この機会にコカ・コーラ社製品のいろんな味をチェックしてみよう。 思わず手を伸ばす子供の姿も。 過去の製品やコラボグッズがズラリ。 大量に流れてくる製品の多さに思わずびっくりすること間違いなし。 「大人も子供もなるほどと思えるコンテンツがいっぱい。 豆知識が詰まった工場で目指せコカ・コーラ博士」と、ツアーガイドの和田麻衣さん。 見どころはココ! <Q. コカ・コーラはいつからあるの? > <A. 薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が独特の甘い香りがするシロップを作ったのがきっかけだとか。 ボトルが緑なのはアトランタが緑豊かな土地だから。 世界中のどこで飲んでも同じ味?> <A. 水や原液シロップを混ぜている「調合タンク」。 コカ・コーラとサンタの関係は? > <A. チャレンジゾーンでは、サンタクロースが描かれたコカ・コーラグッズを展示。 ハイテンションで記念撮影しよう! 【写真を見る】昔懐かしい自販機もいっぱい。 実際に販売しているものもあるので要チェック。 商品と同じデザインの文房具やキャラグッズも豊富。 大人気のQooグッズもいっぱい。 中は真っ白の自由帳タイプ 200円。 Qooデザインのオレンジ色の定規もキュート。 細かい所にこだわったデザインを行って確かめて。

次の