マリスビリー アニム スフィア。 Fate/Grand Order

アニムスフィア家

マリスビリー アニム スフィア

概要 [ ] の名門アニムスフィア家の前当主であり、の初代所長。 略歴 2004年に日本の冬木で起きたに身を投じ、のとしてを召喚した。 彼の参加目的は疑似地球環境モデル・カルデアスを動かすための燃料を得ること、つまり「一つの国を賄うほどの発電所の半年間ほどの独占」を行うための国家予算規模の資金を得ることであった。 理由は不明だがその時点で彼に残された活動時間は十年しかなかったらしく、その期間の間にライバルである他のロード達に悟られないようにカルデアスを起動出来るほどの莫大な資金を手にするため、の指輪を用いて聖杯戦争に挑んだ。 そしてソロモンとともに他のマスターである六人の魔術師を殺して万能の願望機である聖杯を手にした彼は聖杯にカルデアス起動のための『巨万の富』を願ってカルデアスの起動に必要な資金を確保、その後彼は魔術師として大成し、ただの天文台でしかなかったカルデアを研究施設さながらの設備を有するものへと発展させた。 2011年、所長室へ呼び出した何者かに「カルデアスを止めろ」と拳銃で脅されたが、自分の命よりも人理の保証を優先して拳銃自殺。 その実情や背景は未だに不明。 ただ、の口ぶりによるとその死の一年前にあった融合実験の頓挫が何らかの関連を持っていると考えることもできる。 オルガマリーによると、自分を愛してなかったわけではないが、それ以上に研究中心の人であったという。 魔術師特有の危うさを持っており、道徳が欠けているのは他の魔術師とは変わらず、未来を見守るという大義を掲げて非人道的な行いも少なからず試みていたのも事実である。 しかし、その胸に秘めている熱意や人類愛は揺るぎないものであり、何を犠牲にしても人理を維持するための必要なカルデアスを起動させるという決意を持っていた模様。 のロードとして独自の方法で根源に至ることを目的としており、他の魔術師の理論に乗るなどと有り得ないとして、アインツベルンの大聖杯による根源への到達は拒否し、カルデアを設立した。 能力 としては間違いなく最強クラスであるソロモンと契約、更に他の六組を皆殺しにするという「正攻法」で聖杯戦争を制していることに加え、カルデアスを初めとした様々な機器の開発・実装など、戦闘力を含め魔術師としては卓越した物があったと思われる。 また上述の通り「stay night」世界においては冬木の聖杯の異常も見抜いており、洞察力も非常に高い。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] 既に故人として登場。 こちらの世界線ではまだ存命。 娘のオルガマリーに関連して、天体科の現学部長として言及される。 冬木の聖杯戦争で助手として連れていたと記録されていた人物。 その正体は、ソロモンが聖杯への願いによって人間として受肉して生まれ変わった存在。 マリスビリーが行っていた非人道的なデミ・サーヴァント実験を知ったことは彼女の心に大きな影を落としてしまった。 一番弟子。 「オルガマリーよりもロードらしい」と言われる程の傑物で、彼自身もマリスビリーの理想に共感している。 彼女のを知ってレイシフト計画の保険として目をつけ、カルデアスタッフとしてスカウトした。 「芥ヒナコ」の偽名と経歴も彼が与えたものであり、カルデアでの定期検診も直接行っていた(そしてデータを改竄していた)模様。 フリーの魔術師だった彼のことを理由は不明だがスカウトしたとのこと。 彼から得た情報によってマリスビリーは自身の目的には冬木の聖杯は役に立たないと判断した。 名台詞 [ ] 「飲めるのなら、別に水だって構わないさ。 」 アニメの「Episode 0 Initium Iter」で紅茶を飲んでいたマリスビリーに対し、ロマニが彼に紅茶の好みを聞いた時の返答。 乾きを癒すためなら、紅茶ではなく水でも良い。 目的のためなら、そこに至るまでにどんな手段を使っても構わないという彼の人格が現れている。 メモ [ ]• 『冠位時間神殿 ソロモン』においてソロモンの回想に登場したが、その際の立ち絵として表示されるのは汎用のもののシルエットとなっている。 詳細は未だ明らかになっていないがの1人であるはアニムスフィア家に対して「2000年ほど遅すぎたよ」と語っており、アニムスフィア家に含むところがあった模様。 召喚したのがソロモンという最強クラスのサーヴァントの一角だったとはいえ、本来では勝ち目が薄いとされているキャスターのマスターとして聖杯戦争を勝ち抜くという困難を成し遂げたすごい人。 さらに、開始前の触れ込み通りに「願望器を手にして望みを叶える」事に成功した貴重なマスターでもある。 「活動時間」という表現から、同様のデザインベビーではないかと言われている。 オルガマリーの父親というより兄と言った方が相応しいほど若々しい姿が視聴者を驚かせた。 が、個人名がはっきりしているキャラクターにも関わらず劇中誰も名前も愛称も呼ばない、エンドクレジットにおける役名が何故か「マリスビリー・アニムスフィア」ではなく「 カルデア前所長」、冬木の聖杯戦争終結時の回想シーンにおいて何故か台詞が口パクと字幕のみで表現され無音声である(最後の一言のみ音声付きだが、今度は逆に画面が暗転している)等、「 冬木の聖杯戦争当時のマリスビリーとカルデアで殺害されたと思しい前所長は別の人間である」とも取れる意味深な描写がいくつか散見される。 ただし、同episode 11においての6章のホームズ回想時に肖像画らしきものとともにマリスビリーの名前が出てきたため、少なくとも今の所は同一人物と思っても差し支えはないようだ。 誤解されがちだが、上記のようにマリスビリーの綴りは「Marisbury」であり、悪意を意味する「マリス」(malice)とは関係はない。 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の

【FGO】【考察】前編・マリスビリー・アニムスフィアってどんな人?【まとめてみた】

マリスビリー アニム スフィア

非魔術師の家系でありながら魔術回路の保有を確認。 何よりも天然の聖人体質である事をここに追記する」 歯は噛み合わずカチカチと音を鳴らし、手術台に縛り付けられた両手足は自由が存在せず、恐怖で体を震わせようとしても体がそれさえ表現することを拒否して、動く事はなかった。 自由に動かないのに痛覚も、視覚も、聴覚もそのままだった。 喉が恐怖で乾いてちりちりとした感覚を訴えてくる。 主張したくて口を開きたくても、喉の奥からは不自然に声が漏れなかった。 まるで音そのものが堰き止められているかのようだった。 レコーダーの様なものに向かってローブ姿の男が話し続ける。 ライトの逆光が当たり、その姿が良く見えない。 だが淡々とした、感情を排したような声はしっかりと聞こえてきていた。 「聖人体質。 それはかつて歴史に名を遺した聖人、あるいは聖者達と同じ類の体質の持ち主である事を意味する。 聖人体質の者は神の秘跡、そしてその奇跡の恩恵を受けやすくなる他、かつての聖人が辿ったその道をその身で再現する事が出来る可能性を秘めている。 しかしその声はまるで届かず、喉を通る事もなく掻き消されてしまった。 心が完全に恐怖で支配されてしまった。 これから自分が一体何を成されるのか、その周りにおいてあるものを見てその大凡を理解してしまったからだ。 正気じゃない。 この連中はたったの一人として正気じゃない。 助けてくれ、誰か、お願いだから助けてくれと喉を枯らす勢いで叫んでも、 慟哭は空しく、どこにも響かない。 「秘跡や奇跡は信用がならないし、おそらく人が保有できる能力のキャパシティを大きく占領するだろう。 故に難行の部分だけを残し、ほかの部分をオミットする方向性で進めたい。 聖人体質は世界を探しても片手で数えられる程しか見つからない為、ヴァチカンに感づかれずに手を出せるのは検体171ぐらいだけであろう。 「 死 ・ な ・ な ・ い ・ 様 ・ に ・ 最 ・ 初 ・ に ・ 人 ・ 体 ・ 改 ・ 造 ・ を ・ 行 ・ う ・。 発狂して死なない様にまずは脳内の価値観を変質させ、次に衰弱死しないように肉体の増強に入る。 骨格をより強固な物へと置換し、神経全てをより効率よく伝達できるエーテライトと交換する。 また筋肉ももっと良質な、戦闘用ホムンクルスに利用するものを使用する事とする。 人間という形を保ったまま、英霊やそれに類する神秘と戦える戦士を我々の手で生み出す。 デミサーヴァントの実験経過が芳しくない現在、カルデアはそれに代わる最上級の戦力を用意しなくてはならない。 それでは、と恐怖に震え、涙すら流せない此方を名前でも人でもなく、検体という道具としてのみ、マリスビリー・アニムスフィアは呟きながら視線を向けた。 体は動かない。 どうしようもない絶望感と恐怖の中、此方へと向かってくる手が見えた。 ここに経過報告を行う。 声が出ない事はもう既に、痛みを忘却する程に理解してしまった為に。 もはや熱いのか寒いのか、それさえも解らない。 ただ理解できるのは頭の中でぐるぐると駆け巡る知りもしない光景、情景、風景、知識の数々だった。 「検体171の人体改造の進みは非常に良好である。 とはいえ、これも何度も繰り返せば耐性が出来上がってしまう他、中毒化してしまう。 なるべく早く施術を完全に終わらせるべきだと判断されている」 「……」 声が聞こえる。 だがどこか、言葉が歯抜けして聞こえる。 死にたい。 ひたすら死にたい。 何も考えず、ただ従うだけの人形となればこれから解放されるのだろうか? いや、無理だろう。 そもそも何に従えばいいのか、何が脳みその中を巡っているのかさえ解らない。 そもそも、自分の名前が何だったのか、なぜ逃げ出そうとしたいのか、生きたいのかさえも解らない。 それを殺す為にこんなことをされているのだという。 解らない、なぜ自分がそんな事をしなければいけないのか。 だが同時になぜ、どういう存在か、その知識を求めようとすると頭に慣れた激痛が走り、そして同時にその答えが出現し始める。 まるでネットのライブラリーを調べているような、そんな感覚だった。 サーチエンジンそのものが脳に搭載されている様な。 しかし、それとともに際限なく溢れ出す知識が脳に過負荷を与え、激痛を脳を通して全身に与えてくる。 考えることを放棄すればそれもすぐさま消える。 もはや涙さえ枯れ果てた。 考える事さえ許されない。 精神だけが死なないように、ギリギリのラインで家畜の様に維持されていた。 麻酔がなく、痛みによる絶叫を求めるような手術が、実験が、地獄が。 再び死へと至る様な激痛を死なないように浴びせながら、その一歩手前の綱渡りを繰り返させられるのか。 もう頼む、いっそのこと殺してくれ、と願っても願ってもそれは届かない。 頼む、だれか、俺を、 殺してくれ。 直後、激痛を感じた。 体を切り刻まれて切開されてゆくグロテスクな感触、また自分が自分じゃない存在に作り変えられて行くという感覚、己という感覚がまた失われて行く消失感のなかで、その場違いな愛らしい声が聞こえた。 それは間違いなく、幼い少女の声だったのだろう。 今、自分が経験している、激痛の中で朦朧としながらも失う事を許さない意識の中で、それをすべて抜いて迫って来る様な、そんな声だった。 『何故貴方はそんなにも死にたいのかしら?』 まるで此方の様子が理解できないような、純粋に不思議がるような少女の声は絶叫を上げられない、潰れた喉から悲鳴を上げながらも、それを抜いて聞こえてきた。 それを聞いてあぁ、なるほど、と理解してしまった。 ついに己は狂ってしまったんだ。 やっと狂えたんだ。 これで漸く、正気から解放されるのだ。 やっと、死ねるのだ。 それでこの地獄から解放されるのだ。 『あぁ、成程。 貴方はそんなにも痛いのが嫌いなんだ。 ふーん、成程成程。 ふふ』 まるで面白いものを聞いたような童女の声が聞こえた。 狂人の生み出した幻聴なんだから、この状況で笑っていられるのも当然なのだろう。 『え? 違うわよ? だって貴方ったらとても可笑しな事を言うんだもの。 言うに事を欠いて死にたい、だなんて。 勿体ないわ、実に勿体ないわ! 貴方にはその両手と、両足と、そして今、与えられる全てがあるじゃない。 それを置いて死にたいだなんて本当に勿体ないわ』 童女、或いは少女の声には不思議な熱が籠っていた。 少女の声を聴いていると不思議と、自分の心の中に湧き上がってくるものを感じていた。 少女はそれを感じ取ってかそうそう、そうよ、と声をかけてくる。 嬉しそうに、そして同時に楽しそうに言葉を投げかけてくる。 『そうよ、何故恐れるの? 何故死にたいの? その前に抱くべきものがあるんじゃないのかしら? もっともっともーっと正しく、そして正当な感情があるはずよ。 だってそうでしょ? おかしいじゃない。 あぁ、どうして俺がこんな目にあっているんだ。 なぜこんな事をした。 許せるか、許せるものか。 殺してやる。 絶対に地獄に突き落としてやるからな、マリスビリー・アニムスフィア。 背後から抱きしめられるように、手が伸ばされる様に手が目を覆った。 『さあ、その眼を憎悪で曇らせましょう。 めいっぱい見開きましょう。 もう片目は視力を失って光を映さない筈であった。 その姿を見て、そして部屋の中にいる連中を全員、見た。 激痛を怒りと殺意で押し込み、そして口を開いた。 だが視線は、睨みは、殺意は通った。 心臓を穿つような殺意に、復讐対象達の動きが停止した。 怖くて怖くて鎖で何重にも雁字搦めにされた獣よ。 大丈夫。 安心して。 私が貴方を助けてあげるわ。 その牙を何時首筋に突き立てればいいのか、それを教えてあげる。 そして彼らに砥がせてあげるの、貴方の爪と牙を』 感じる、背後から抱き着かれる感覚はまるで冥府の女神にしがみ付かれているような、そんな感覚だった。 だが体温を失って久しく、その死の抱擁さえも愛おしく感じられた。 順調に自分が狂っていくことは理解できても、それでも死ぬという道を自分の中に見つけ出す事はできなかった。 ただただ目を見開いて、自分が人から違う モ ・ ノ ・ へと成り下がってゆくことを、殺意で突き刺しながら眺め続けた。 睨み、殺意を向け、殺してやると宣言しても改造は続いた。 抉り取られた眼光には新たに義眼が投入された。 人の目ではとらえられない霊体等を感知する為の優れた目が必要だったらしい。 体に擬似的なサーヴァント化を促すための霊基の基盤が追加された。 デミサーヴァント化実験の結果の一つであり、サーヴァントの持つ性質を肉体が耐えうる場合、それを追加するというものであった。 何度かに分けられて遂行される人体実験は肉体を段々と人の形をした人外の領域へと踏み入らせていた。 その影響によって少しずつ、少しずつ肉体は目標とされる、 英霊と戦い、そして勝利できる人類の 駒 ・ となりつつあった。 無人の実験室に入り込んでくる二つの姿があった。 一つは疲れたような笑顔を張り付けた優男で、もう一人は黄金律の肉体を誇る義腕の女だった。 今まで登場してきた他の者たちとは違い、彼と彼女は此方を見て嘆き、悲しみ、そして怒りを覚えていた。 そこで初めて理解するに至った。 助けは存在したのだ、と。 『さぁ、準備はいいかしら? ねぇ? 勿論準備は万端よね? だってずっと待ち望んでいたものね? この時を、この瞬間を、ずっとずっとずっと待っていたものね?』 笑顔のピエロと義腕の女によって漸く、日付さえも忘れ去り過ごした手術台から解放された。 存分に血肉に餓えるのよ』 漸く、漸くカルデアによって砥がれたこの爪と、そして牙を突き立てる時が来たのだ。 その思いと殺意が心を高揚させ、突き動かす中で、しかし、その思惑はこれから果たそうとする一歩で敢え無く頓挫する。 マリスビリー・アニムスフィア、及びその協力者達は既に死亡していた。

次の

マシュの姉が逝く

マリスビリー アニム スフィア

マリスビリー・アニムスフィアとは、の登場人物。 人理保障フィニス・カルデアの設立者にして初代所長、の体科のであった人物。 作中では故人であり、彼の役職と地位は、のに引き継がれている。 : 概要 の最高権者たる、12人ののうちの一人で、体科(アニム)の。 技術を嫌うものが多いの中ではしく技術にも理解があり、カルデアにも一般の学者を多く招致している。 研究一筋の学者肌といった人物で、のく、自分をさなかったわけではないが、それ以上に研究中心の人物だったという。 アニムの(・オーダー)である、人障に忠実で、人類も良識もある人物ではあったが、としての冷酷さも多分に持ち合わせており、デミをはじめとする、非人的なも行っていた。 にアニムの悲願であった、・カルデをさせる。 が、動かすための燃料が足りず、これを補うために、木でなわれた、に参加。 し、を使い大な富を手にする。 これによって、カルデの起動のみならず、アニムの文台でしかなかった、カルデアを下の特務とすることに成功し、や各地から優れた人材を集めた。 その後も、カルデアは彼の揮のもと、英霊召喚式やフト技術など人障のとなる技術を発明していくが・・・。 、所長室を訪れた何者かにカルデの停止を要され、それを形で、自らした。 関連人物 科が付いているものは個別の記事あり。 その後、放浪のに出ていた彼を、カルデア医療部門として雇用する。 人並みにてはいたらしいが、別である『』においては、ある理由から、あっさりと切り捨てている。 体科の首席であり、その優秀さから、よりもアニムの後継者にふさわしいと言われている。 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ・チャンネル 関連項目•

次の