屋根裏 フン。 家屋や畑に現れる害獣の種類と糞や足跡を使った見分け方について|アライグマ・イタチ捕獲・屋根裏ハクビシン駆除対策撃退|害獣駆除110番

ハクビシンの糞の特徴4つと画像!処理・消毒方法とふん対策を解説

屋根裏 フン

みなさんこんにちは。 みんなのコウモリ駆除屋さんの石田です。 日没ごろ、空を飛び回るコウモリ。 みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? コウモリは血を吸う不気味な動物としてのイメージがあるかもしれません。 ですが私たちがよく目にしているコウモリは、カやユスリカ、ガなど害虫を食べる益獣なんです。 しかし、民家の屋根裏などに好んで棲みつく習性があるため• 鳴き声や羽音などの 物音• 大量に発生するフンの ニオイや汚れ• コウモリについている ダニやノミの問題 などやっかいな生き物でもあるんです…。 そのうえ一度棲みつくと勝手に出ていくということはなく、繁殖力も強いため、気付くと 「100匹以上に増えていた!」なんてこともありました。 基本的に私たちの家に棲みつくコウモリは、 「アブラコウモリ(イエコウモリともいいます)」という種類だと思って間違いありません。 駆除前に、まずはアブラコウモリの特徴や生態を知り、賢く駆除しましょう! 特徴・生態 コウモリの生態や特徴をまとめました。 体長 5センチ前後 体重 5〜10グラム 色 黒褐色・灰褐色・こげ茶 性格 おとなしい。 積極的に人に噛み付くことはない。 生息地域 平野部・市街地 住む場所・ねぐら 人家の屋根裏・軒下・屋根瓦の下・戸袋・換気口 高層ビルの非常口裏、高架下、橋の下、倉庫内など 日の当たらない場所を好む 行動時間 夜行性。 昼は寝て、夕方から活動をはじめる 活動時期・季節 4月〜10月に活動。 とくに春に活発になる。 秋〜冬は冬眠。 食べ物・エサ 昆虫(ハエ・蚊、甲虫類など) 果物、野菜、花の蜜など 寿命 オス:1〜3年/メス:5年ほど 繁殖時期 出産:初夏 一度に1〜3匹産む 交尾:冬眠前の秋 アブラコウモリ(イエコウモリ)は気温25度以上の環境を好みます。 地球温暖化やヒートアイランド現象によって、アブラコウモリが繁殖しやすい状況になっているんです。 都市部にはエサとなる昆虫も多く、アブラコウモリの被害は増えています。 アブラコウモリは小さく、羽をたたむと、大人の手のひらに収まります。 そのため、 1〜2センチほどのわずかなスキマから家に侵入して、巣をつくってしまいます…! 屋根裏のほか、軒下、外壁のスキマ、戸袋(雨戸が収納されるところ)、あまり使われていない通気口やシャッターの隙間などにも棲みつきます。 コウモリのもたらす被害や悪影響は? コウモリが家にすみつくと、どんな被害や悪影響があるのでしょうか? 最初の方ですこしお話しましたが、あらためて少し詳しく見てみましょう。 フンや尿で家が傷む• 悪臭がひろがる• 鳴き声や羽音がうるさい• ダニやノミなどの害虫を家につれてくる• 病原菌に感染する可能性 ……。 正直、どれもイヤすぎますよね…。 「天井から、ポロポロと黒いモノがおちてきた」。 それがじつは、屋根裏のコウモリのフンだった…。 このような糞害に悩まされているお客様は、少なくありません。 海外ではコウモリが狂犬病やニパウイルス感染症、ヘンドラウイルス感染症などの病気を媒介する事例があります。 しかし幸いなことに、日本ではコウモリが原因となった病気は報告されていません。 (参照:) とはいえ、家に棲みつくコウモリがどんな病気を持っているか、現状でははっきりしていません。 そのため、むやみに触れることは避けましょう。 また、フンは雑菌や害虫の発生源となります。 コウモリに寄生しているダニやノミなどにも注意しましょう。 許可なく捕獲や殺傷することは禁じられている アブラコウモリ(イエコウモリ)は、わずかな隙間から潜り込み不衛生な環境をつくりだす厄介な存在です。 ですが、実は 「鳥獣保護管理法」という法律で守られているため、許可なく捕獲・殺傷することができないのです…。 たとえ保護のためであっても、触れるには自治体への許可と連絡が必要なんです。 したがって コウモリの駆除は「家から追い出す」という手法をとることになります。 飛べない子供がいる時期に駆除を行うと、子供を傷つけてしまう恐れがあります。 また冬眠の時期はコウモリが動かなくなってしまうため、追い出すことが困難になります。 コウモリの正しい駆除方法 コウモリの駆除は、カンタンではありません。 コウモリがどんな行動をするのか?• ほんとうに効果のある道具は何か?• 侵入口はどこで、どのようにふさげば再発しないのか? このような知識やノウハウがないと、コウモリの駆除はできません。 中途半端な知識では、• 鳥獣保護法に違反してしまう• 再発してまたコウモリに住みつかれる などの悪い事態になってしまいます。 結論から申し上げますと、経験と技術を持ったプロに頼むのが、いちばん確実で安全です。 ただし、悪い業者にひっかからないように注意が必要ですが…。 そこで、まずは一般の方でもできる方法を紹介していきますね。 コウモリ駆除に最適な時期は? コウモリ駆除は、どの時期にやるかも大切です。 ずばり、最適な時期とは…4月〜6月(春)。 そして9月〜10月(秋)。 コウモリの出産=子どもが生まれるのが、初夏。 その前の春に駆除すべきなのです。 「親コウモリを駆除したけど、家のなかや巣には子どもコウモリが残っている」 「まだ飛べない小さな子どもコウモリを傷つけてしまった」 こんな状態を避けるためです。 例えば親コウモリがエサを探しに外に出ます。 その後で出入り口=侵入口をふさいでしまうと、親は巣に戻れず子コウモリは餓死します。 子コウモリの死骸を放っておくと、カビや悪臭の原因になります。 逆に、11月〜3月は冬眠します。 冬はエサの昆虫が少なくなるので、体力温存のために冬眠するのです。 この時期に追い出すのは難しく、駆除には向きません。 このように、コウモリの駆除には時期がとても大切。 とはいえ、 「夏だけどコウモリを駆除して欲しい!」「冬だけど無理?」とお悩みの方も多くいらっしゃいます。 そのような方でも、ご安心ください。 みんなのコウモリ駆除屋さんでは、1年を通して駆除の相談を受け付けています。 コウモリの専門家として、どんな時期・季節であっても、安全で確実な駆除をご案内しています。 自分でコウモリを駆除する方法 コウモリは保護動物であるため万が一、殺したり傷つけてしまうと違法となります。 その点には注意をして、駆除は以下の方法で行いましょう!• 棲みついている場所から追い出す• 侵入口を見つけて、入って来ないようにふさぐ また駆除をする場所は、コウモリのフンや寄生しているダニやノミなどで、不衛生になっていることが考えられます。 そのため マスクや手袋、ゴーグルや帽子、汚れてもいい服装など完全防備でのぞみましょう。 忌避剤ではスプレータイプが一般的で、ホームセンターなどで手に入ります。 忌避剤(スプレータイプ) 忌避剤(くん煙タイプ) コウモリが苦手とする天然のハッカ油を使用しています。 非常に強いニオイなので、家具や服へのニオイ移りや、一度に大量に使用する場合は注意してください。 戸袋/外壁/シャッターの隙間/通気口/換気口など、狭い空間に適しています。 くん煙(燻煙)タイプは、ケムリ状の薬剤で追い払う道具です。 コウモリが棲みついている空間の広さに応じて、適切な量を使用しないと効果が出ません。 スプレータイプの忌避剤と同じハッカ油が含まれる、ネズミ用くん煙剤がオススメです。 屋根裏・天井裏など広い空間に適しています。 忌避剤、くん煙剤のどちらにも通じることですが、使用前に使用方法をよく読み、 製品ごとに定められた用法・用量を守って使用するようにしてください。 基本的には 広い空間はくん煙剤、せまい空間の場合は忌避スプレーが使いやすいです。 では、忌避剤の他の駆除グッズはどうなのでしょうか? 超音波や磁石なども使える、という説もありますよね。 結論からお伝えしますと、忌避剤以外は、ほぼ効果がありません。 それぞれの駆除グッズの効果を一覧表にしてみましたので、ご覧ください。 「結局のところ、どのグッズが効果あるの?」と疑問に思っている方へ、コウモリ駆除専門家の石田がお応えします…! 磁石 「コウモリが出している超音波を混乱させるので、コウモリが嫌がって、近付かなくなる」という説があります。 しかし、磁石が発する磁場とコウモリが利用している超音波は別物なので、撃退に繋がるとは考えにくいです。 超音波 コウモリの超音波を、一時的には乱すことができるかもしれません。 コウモリは、他の超音波をキャッチすると、混乱を防ぐために自分の発信する超音波を変えることができます。 また、超音波は直進するため、標的のコウモリに当てるのが難しいです。 蚊取り線香 煙の量が少ないので、効果が見込めません。 テグス コウモリは5センチ前後。 テグスをはっても、スキマをくぐりぬけてしまうでしょう。 スキマのない防鳥ネットの方が確実で、使い勝手はいいです。 衣類用の防虫剤 効果ありません。 CDやDVD 鳥よけとして用いられることはありますが、コウモリに対して効果があるかは不明確です。 少し邪魔にはなるかもしれません…。 超音波を乱すこともできませんし、見た目的によくありません。 獣よけ線香 唐辛子の主成分カプサイシンが配合されたグッズ。 コウモリはハッカの他に唐辛子も苦手、という説があります。 ただしこのグッズ、屋内で使うと、人間の目や喉が痛くなってしまいます。 ライト(光) コウモリは夜行性で、光には敏感。 光をあてると逃げ出すこともありますが…。 ただし、コウモリには学習能力があるので、すぐに慣れてしまうことが多いです。 虫取り網 コウモリを捕まえる道具。 使う時は、必ず軍手やゴム手袋をしましょう。 数が多い時は難しいです。 ただし、鳥獣保護法で捕獲は禁止されているので、もし捕まえてもすぐに逃しましょう。 繰り返しになりますが、忌避剤以外は「効果がない」と考えた方がいいです。 コウモリ駆除の専門家として正直にアドバイスさせていただくと…上記のコウモリよけグッズはオススメできません。 「いろいろ調べたりして、時間も手間もかかったのに、駆除できなかった…」 「駆除したと思ったのに、またコウモリが出た…」 私もこのようなお客様にお会いすることは多いです。 手間どっている間に、コウモリが繁殖して増えてしまい、駆除が大変になってしまうこともよくあります。 結局、コウモリ駆除のプロに依頼するのがいちばんの早道だった。 そんなケースが多いのも事実なんです。 どうせやるなら、手間をなるべくかけずに確実に追い出したいものですよね。 また、駆除の時間帯に関しては、コウモリの活動が活発になり出ていきやすい、日没頃がオススメです。 ただし、棲みついている場所によっては高所での作業になってしまいます。 日没の頃などうす暗い時間は、転落などの事故には十分注意しましょう。 駆除作業と同時に、巣の除去や糞尿の清掃、除菌を合わせて行います。 侵入口をしっかり塞がなければ、 再発する可能性が高いです。 侵入口をふさぐ場合は、ホームセンターなどで手に入る金網やシーリング材などを使いましょう。 通風口や戸袋のように、完全にふさぐと生活に支障がでる箇所は金網が最適です。 金網を設置する場合は、ずれて隙間ができないようにネジや接着剤などでしっかりと固定してください。 天井裏や屋根裏に通じる隙間、外壁やシャッターの隙間などを埋める場合は、隙間の大きさや形状に合わせて使える、シーリング材が適しています。 シーリング材がはがれないように、事前にホコリや汚れを取り除いておくのがポイントです。 コウモリはわずかな隙間があれば侵入してきます。 侵入口となりうる隙間は徹底的に探し、全て完璧にふさぐ意識で取り組んでください。 その後、ふさいだ侵入口周辺にさらに忌避剤を設置したり、防鳥ネットを取り付けるとより効果的です。 この時に設置する忌避剤は、スプレータイプよりも効果が持続しやすい、錠剤タイプやジェルタイプがオススメです。 また、素人の方には難易度が高いのですが…。 パンチングメタルという、小さな穴の空いた金属板で封鎖するのも確実です。 …と、ここまで侵入口の封鎖についてご説明してきました。 ですが、正直に申し上げて、わずかなスキマを発見するのはプロでも難しい仕事です。 「確実に侵入口をふさいで、再発してほしくない」という方は、 どんな小さな侵入経路も発見して、丁寧な施工で再発を予防します! 追い出した後のケアで、二次被害にさよなら コウモリを追い出すことができても…まだ安心してはいけません! フンの掃除と除菌をやりましょう。 コウモリのフンには、病原菌がついているかもしれません。 また、フンをそのままにしておくと、ダニやノミなどの害虫が発生してきます。 フンを掃除する時は、身体(とくに顔)がフンや菌に触れないよう、完全防備してください。 除菌はアルコールが基本。 次亜塩素酸には、さらに高い殺菌効果があります。 ただし、コウモリのフンが大量の場合は、掃除が大変です。 また、ある種の建材や家具などは、除菌剤や消毒剤が触れてはいけなかったり…。 つまり、完全防備して完全に除菌するのは、素人の方にはハードルが高いのも事実なんです。 なのでやはり、駆除とセットで除菌も、専門のプロにやってもらうと安心です。 みんなのコウモリ駆除屋さんでは、駆除はもちろんフンの清掃・除菌もプロがしっかり行います。 キレイな家にして、お客様に安心して生活していただきたいからです。 相談や現地調査は無料なので、お気軽にご相談くださいね。 駆除後に、山のように溜まったフンの清掃や消毒を行う手間も省けます。 また天井に点検口などがない場合は点検口の取り付け作業、フン被害がひどい場合は家屋の補修作業というような一般の方ではできない部分まで行ってくれる場合もあります。 専門の業者ではない便利屋などでもコウモリの駆除を行っているところがありますが、やはり専門家ではないため駆除の効果はまちまちです。 したがって、 専門業者に依頼することが無難と言えるでしょう。 「自分ではどうしようもない!」 そんな時は駆除業者へ依頼することも検討してみてくださいね! コウモリ駆除業者に依頼した場合の相場は? 「頼めば楽なのはわかったけど、実際いくらかかるんだろう…」 駆除業者に頼む場合、自分でやるよりお金はかかるため、やはり 気になるのはその料金。 多くの業者では、サイトにて 駆除にかかる最低金額を提示しています。 おおよその相場としては 20,000〜30,000円 前後から行なっている業者が多いです。 ただし、これは あくまでも目安の金額となります。 コウモリが棲みついている場所や被害の状況、広さや高さによっては 金額が上下するんです。 たとえば複数箇所にコウモリ被害があった場合、 被害箇所の数だけ料金が追加されます。 さらに危険がともなう高所作業が必要な場合、 高所作業費がかかることも。 しかし 状況によっては最低価格よりも安くなることもあり、 ケースバイケースです。 「思ったよりも高かった…」というケースもありますが、その分 コウモリを徹底的に駆除して、 再発を防ぐための対処ができます。 まずは駆除業者のサイトをよく確認して、実際に問い合わせてみることがオススメです。 みんなのコウモリ駆除屋さんでは、 無料現地調査・お見積もりを行なっております。 「実際にかかる費用はいくらなのか?」を作業前にお伝えしますのでご安心ください。 見積もりの時点で 「やっぱりちょっと高いかも…」と思った場合は、もちろんキャンセルも可能です。 不明点があれば、 コウモリ駆除でお悩みのあなたのために、誠実にご対応させていただきます。 コウモリ駆除業者を選ぶポイント 「手抜きの駆除をして、高い料金をぼったくる駆除業者もいるって聞くけど…」 残念ながら、そのような悪徳業者も存在しているようです。 お客様の立場としては、コウモリの被害で本当にツラい思いをして悩んでいるのに、そのような業者には 絶対に出会いたくないですよね。 そこで、失敗しない業者選びのポイントについても紹介します。 業者を選ぶポイントは以下の4つです。 実績は豊富か?• 駆除料金は適切か?• 駆除後の 保証期間はどれくらいか?• 相談サービスは充実しているか? 依頼する業者に多くの実績があれば、駆除ノウハウも蓄積されており、確実に作業を行ってくれます。 料金に関しては、実際に見積もりをもらった時に、必要ない作業まで変にゴリ押ししてくる業者は避けましょう。 一度決めた見積もりを後から変更しないかどうかも確認しておきます。 コウモリが戻ってきても対応してくれる、保証期間を設けているかも非常に重要です。 一度駆除してもまた戻ってきて、再び駆除費用がかかってしまうのではどうしようもありません。 また、コウモリ被害に悩んでいる方に寄り添って、親身に相談に乗ってくれるかどうかも大事なことです。 上記の4つの点を踏まえて、 信頼できる駆除業者を選ぶようにしてくださいね! 最後に いかがでしたか? コウモリの駆除方法、駆除業者に依頼した場合の相場や業者選びのポイントについて、おわかりいただけたでしょうか? 屋根裏などに棲みつくコウモリは、カなどを食べてくれる益獣ではあるものの、騒音や不衛生な環境をつくりだす やっかいな存在です。 放っておけばおくほど、被害は拡大していきます。 「自分で駆除したけど、無理だった…」 「とにかく早く駆除して欲しい!」 そんな時は、私たち駆除業者に一度ご相談くださいね。 きっとコウモリに悩まされている方のお力になれるはずです。 も行なっていますので、まずはください。

次の

天井裏から音がする原因~住み着いた害獣の見分け方~

屋根裏 フン

屋根裏に潜むカサカサ音の正体を解説!害獣の特徴をご紹介! 「カタッ・・」「ゴソッ・・、ゴソッ!ゴソッ!ゴソッ!」「ドン!」 「屋根裏から変な音が発生する!でも、どんな生物がいるか屋根裏まで見に行くことが怖い」 上記のような経験はございませんか?では屋根裏にはどのような害獣が生息しているのでしょうか。 そして害獣は私達にどのような被害を及ぼすのでしょうか。 今回はその被害状況も含めて確認していきましょう。 害獣が屋根裏に棲みつく理由は? 💁考えられる理由は、2つです。 そして、住宅なので残飯やゴミが多く出されるので、食べ物を欠かせないエサの宝庫となっていることが挙げられます。 屋根裏に害獣がすみつくことでの被害は? 💁野生動物(害獣)による被害で、考えられるのは4つあります。 屋根裏は害獣にとっての棲み家で糞尿も排泄される為、蓄積され、悪臭がします。 害獣の多くは夜行性の、寝静まっているときに活動を始めます。 数が増えるとドタバタと大きな物音を鳴らす為、私達の睡眠の妨げになるでしょう。 害獣の体毛にはダニやノミが付着している為、湿疹や喘息などのアレルギーの危険性があります。 ネズミの体長は22~25cmで、毛は灰褐色で腹面は白色。 ハクビシンの体長は50~75cm。 体の大部分が灰褐色で額から鼻先まで白い模様があります。 アライグマは、体は灰褐色で眼の周りから頬にかけて黒い斑紋がある、40~60cmの大きさ。 イタチの夏毛は黒ずんだ黄褐色、冬毛は黄褐色。 体長は30~40cm。 コウモリの体長は4~6cmで、背面の毛色は灰褐色です。 屋根裏に棲みつく害獣とは? では屋根裏に棲みつく害獣とはどのような生物がいるか確認してみましょう。 ネズミ 分類:ネズミ科 クマネズミ属 毛色:毛色は灰褐色で、腹面は白色です。 体長:一般的に22cmから25cmと言われています。 体重:一般的に200gから400gと言われています。 特徴:クマネズミと比較すると太っているように見えますが、耳は目まで届かないほど小さいのが特徴です。 冷凍倉庫に棲みつくほど低温に強いですが、床や床下を中心に移動しますが、高い所は登ることができません。 夜行性で1年中活動して、土の中に穴を掘って営巣します。 都市部では土壌設備など、環境が変化した影響もあり、生息数が年々減少しています。 一般的な平均寿命は約1年から3年だと言われています。 食性:雑種性ではありますが、魚介類や肉など動物が好きなものを好んで食べます。 運動神経:寒さに強く、泳ぎが得意です。 1分間に5mから8mの速さで泳ぐと言われています。 その反面、高い所は苦手です。 生息場所:下水のまわりや河川・湖畔・湿地など湿った土地に生息します。 市街地では、下水・台所・ゴミ捨て場・倉庫など、水が十分に摂取できる湿った場所を好みます。 巣の場所:植え込み・公園・土手/コンクリートなど野外を中心に巣を作ります。 フンの形:大きさは10mmから20mmで形は丸く、台所・水気がある場所に多く発見されます。 ハクビシン 分類:ジャコウネコ科 ハクビシン属 毛色:体は茶褐色で、額から鼻にかけて白い線があります。 体長:一般的に50cmから75cmと言われています。 体重:一般的に4kgから6kgと言われています。 特徴:体の大部分が灰褐色で額から鼻先まで白い模様があります。 食べ物は果物・とうもろこし・野菜・昆虫・卵・小動物などを食べます。 運動神経:バランス感覚はとても優れていて、木登りが得意です。 足で物をつかむことができるため、電線上でバランスをとりながら移動することができます。 生息場所:雑木林の穴、市街地、屋根裏などに生息しています。 フンの形:大きさは5cmから15cmほどで小型犬と同じくらいの大きさがあります。 アライグマ 分類:アライグマ科 アライグマ属 毛色:体は灰褐色で、眼のまわりから頬にかけて黒い斑紋があります。 体長:一般的には40cmから60cmと言われています。 体重:一般的には4kgから10kgと言われています。 特徴:夜行性だが昼でも行動し、糖度の高いものを好み様々なものを食べます。 また学習能力が高く、器用な指を使って獲物を取ることが得意です。 運動神経:運動神経が高く垂直移動ができるため、電線移動なども気軽にできます。 生息場所:基本的に水辺近くの森林に多く生息するが、湿気、農耕地、海岸、都市といった幅広い環境に適応することができます。 フンの形:大きさは5cmから18cmの長さで、食べる物によって形が変化していきます。 イタチ 分類:イタチ科 イタチ属 毛色:夏毛と冬毛で体色が異なり、夏毛は黒ずんだ黄褐色、冬毛は明るい黄褐色です。 体長:一般的にオスは30cmから40cmと言われています。 体重:一般的にはオスが450g、メスが150gと言われています。 特徴:屋根裏や床下に棲みつき、凶暴な性格をしています。 食べ物は小動物、魚類、昆虫などの動物性を好みます。 運動神経:昼夜に活動して、木登りが得意です。 生息場所:平地から低山の針葉樹林、広葉樹林、草地などに生息しています。 フンの形:細長く水分が多いものが多いです。 コウモリ 分類:脊椎動物亜門哺乳綱コウモリ目 毛色:背面の毛色は灰褐色です。 体長:一般的には4cmから6cmと言われております。 体重:一般的には10gだと言われています。 特徴:主に家屋に巣を作り、生息しています。 夜行性であるため、昼間は寝ていますが、日没から一斉に外出して蚊や蛾などを捕えて食べる習性があります。 運動神経:羽があり空を飛んで自由自在に飛ぶ回れるため、高い場所に飛び移ることが出来ます。 生息場所:夜行性で日没から活動を開始して、採食します。 昼は洞窟の壁や天井裏、屋根の下、木の枝などに 生息しています。 フンの形:大きさは5mmから10mmと言われています。 害獣が屋根裏に棲みつく理由 害獣は快適な環境を求めている では屋根裏に害獣が棲みつく理由はどのようなことが挙げられるでしょうか。 近年の戸建て住宅は高断熱・高気圧化によって断熱性が格段にアップしていることがわかります。 屋根裏に巣を作れば気温の激しい変化を感じることなく快適な環境で害獣が暮らしていけます。 害虫が行動しやすい夜間帯は人間が寝静まっていることが多いため、人間に駆除されるリスクを考えても住みやすい環境にとどまることが多いでしょう。 害獣は食料を求めている 気温が高い時期は野外でも多く捕獲できますが、11月ぐらいから気温が下がり始めるため、害獣のエサが減っていきます。 エサが減少することは害獣たちにとって死活問題となるため、冬でも温かい屋根裏に必然的に害獣が集まってきます。 また住宅なので残飯やゴミが多く出されるので、害獣にとって屋根裏周りは食べ物を欠かせないエサの宝庫となっていることが挙げられます。 屋根裏に棲みつく害獣による被害について 食べ物による被害 害獣の被害の中で最も深刻なものは食べ物を食い散らすことです。 苦労してせっかく育てた野菜も害獣にとってはただのエサとなるため、容赦なく食べ散らかします。 害獣の多くは雑種性で農作物に限らず、幅広い食料に飢えています。 扉や窓を開けっ放しにしてしまうと被害が出やすいので、出かける前は必ず戸締まりすることを心がけていきましょう。 糞尿・悪臭の被害 屋根裏は害獣にとっての棲み家で糞尿も排泄されるため、どんどん蓄積されていきます。 染み程度にとどまらず天井が腐り落ちる危険性があるため、害獣の糞を見かけたら放置するのではなく、必ず取り除くようにしましょう。 騒音の被害 害獣の多くは夜行性のため、寝静まっているときに活動を始めます。 数が増えるとドタバタと大きな物音を鳴らすため、私達の睡眠の妨げになるでしょう。 うるさいだけならよいですが、騒音規模の被害を及ぼすと不眠症やノイローゼまで引き起こし、私達の生活に及んでくるため、害獣を見かけたら早めの駆除を心がけていきましょう。 健康の被害 害獣の体毛にはダニやノミが付着しているため、屋根裏で繁殖すると家中に影響を及ぼすため、湿疹や喘息などのアレルギーを引き起こす原因となります。 ウイルスや病原菌などが体内に付着してしまうと、死亡の恐れになる感染症に感染する危険性が高まりますので、十分に注意が必要です。 おわりに 屋根裏害獣の種類と被害について紹介しましたが、いかがでしたか?屋根裏害獣の被害に合わないようにするには事前の対策が大事になってきます。 そして、実際に屋根裏害獣の被害に遭ってしまった場合は早期発見がポイントになります。 屋根裏害獣を発見したら被害が拡大する前に業者に依頼して調査を行い、退治を行いましょう!弊社でも屋根裏害虫駆除の相談を承っておりますので、お気軽にお電話ください。 この情報がみなさんに役立つことができれば幸いです。 全国の幅広いエリアで蜂のトラブル出張業者が全国の幅広いエリアで蜂のお困りごとやご相談を承っております。 現地での お見積り・ご相談は一切無料 点検作業を伴う見積もりは有料 です。 緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。 ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。 休日・祝日、昼夜問わず受付中です。 出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。 コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。 いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。 安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。

次の

天井裏でカリカリ音がしています。1週間くらい前からです。 今日日中に天井裏に上がり確認しましたが、 糞等確認できませんでした。 断熱材やシートのようなものが置いてあるだけで生き物

屋根裏 フン

最近の夜、天井裏から 「ゴトッ…ガザガザッ…」と音がしていて「何だろう…」と思っていたんです。 それで、おそるおそる屋根裏にあがってみたら 信じられない量のフンがあって…でも結局、 何の動物のフンかわからなくて何からすればいいかわからないんです…。 こんにちは! みんなの害獣駆除屋さんの、木村です。 先日、私の元にこんな相談がありました。 屋根裏のフン…最初発見したときは本当に衝撃的ですし、 自分の家とは信じたくないですよね… 「糞尿の被害」は、ハクビシンやアライグマなどの害獣がもたらすなかでも トップレベルの被害。 放っておくと、 天井に尿の染みができたり、 腐った天井が抜け落ちてくるといった被害が実際に起きているんです…! でも、 何の動物のフンなのかが分からなければ対策のしようもないですよね。 実は、害獣のフンには特徴があって、何の動物か見分けることができるんです。 害獣の被害は、早めに気づいて即対策をとることが被害を拡大させない一番の方法です。 この記事では、 フンから動物を見分けるノウハウを紹介します。 また、 「家屋や人体にはどんな被害があるの?」 「私たち一般人にもできる対策ってあるの?」 といった疑問にもお答えしていきたいと思います。 屋根裏のフンが何の動物かわからなくて、なにから対策すればいいのかわからない… なんらかの糞尿のような異臭に困っている という方は必見です! 「いますぐにキレイな家に戻したい」という方は、にご相談ください。 専門知識をもった作業員がすぐに駆けつけ、 糞トラブルを解決します! アライグマのフンの特徴 大きさ:5〜18cmの長さ かたち:食べるものによって変化 特徴:動物の骨や昆虫の羽、種子が含まれている アライグマは雑食。 そのため、 食べるものによって色やかたちは変化します。 また、あまり咀嚼しないため、 動物の骨や昆虫の羽、種子が含まれていることがあります。 フンの大きさや形から、どの動物が屋根裏にひそんでいるか、確認できたでしょうか? 「特定できたけど、今は被害もないし放っておこうかな…」 「屋根裏はふだん見えないし、今の所はこのままでもいいかな…」 ちょっと待ってください!その考えはとても危険です。 動物のフン被害は、見えないことろで ジワジワと着実にすすんでいるんですよ…! 次でくわしく糞尿被害について解説していきます。 「イマイチ、どの動物のものか分からなかったから見てほしい…」 「何でもいいから早く駆除してほしい!」 そんな方は、害獣専門家の私たちにおまかせください。 無料で現場を調査し、動物の特定をいたします! また 糞尿の清掃・消毒はもちろん、害獣の侵入対策など、今後 「害獣被害をどう予防していくか」についてもご説明いたします。 ぜひお気軽にご相談くださいね。 天井が抜け落ちる被害が実際に起きている!糞尿がもたらす被害とは 「えっ、天井が抜けるなんて本当にあるの?嘘でしょ?」 そう思った方もいるんじゃないでしょうか。 でも、 これは実際にある話なんです…恐ろしいですよね…。 糞尿をそのまま放っておくと、 ある日いきなり被害が目に見えます。 そうならないためにも、フンや尿によってもたらされる被害を学んでおきましょう! 腐れやシミの原因に?家屋への被害を解説 「糞尿が天井裏にある」って、かなりショックなことですよね。 たとえるなら、 「自分が生活している頭上が動物たちが糞や尿を溜めるトイレになっている」とでも言いましょうか…恐ろしいことです。 糞尿があるだけでも嫌ですが、このまま放置しているともっと恐ろしいことが起こるんです… 同じ場所に排泄されるので、天井は腐っていきます そうなんです。 天井が腐るんです。 というのも、家に侵入する害獣の習性が関係してきます。 ハクビシンやアライグマ、コウモリなどは 同じ場所に糞尿をまとめてする習性があります。 特にハクビシンは「溜めフン」といって、自分のすみかである 一箇所にずっと糞尿を溜め込むんです。 そのため、 ・天井から尿が染み出して水漏れのように部屋に落ちてくる ・糞尿によって天井が腐り、その重さに耐えきれず天井が落ちてくる ・尿によって、天井に染みができる といった被害がうまれるんです… まだ生活圏内には 被害が見えないうちに発見できたあなたは、すごくラッキーだと思います。 ハクビシンなどのフンを そのまま放置していると、「ある日いきなり天井が抜ける」ということも、十分にありえます。 被害をこれ以上拡大させないためにも、大量のフンを見つけたら プロに現地調査をお願いしましょう。 では、 無料で現地調査を行っています! 害獣の専門家である作業員が、害獣の種類や侵入口をつきとめ、迅速に対応いたします。 早い段階で追い出し、清掃・消毒できれば、 最小限の被害でおさえることできますよ。 フンには絶対触っちゃダメ!人体への被害を解説 フンによる人体の被害は、 ・ダニによる被害 ・寄生虫による被害 ・フンから発生する菌による被害 などが考えられます。 フンに触ってしまうと、これらの被害を受ける可能性があるんです。 それぞれの被害について、これから解説していきますね。 炎症だけではなくアトピーや喘息の原因にも!?ダニによる被害 フンを放置していると、チリダニというダニが繁殖します。 このチリダニは、 鼻炎やアトピー、喘息を発生させるアレルゲンを発生させる原因となります。 また、ネズミや小動物にはイエダニというダニも寄生しています。 このダニは人を刺すこともあり、 虫刺されのように肌がただれてしまう可能性があるんです。 重度の脳障害を引き起こす!アライグマの寄生虫に注意 アライグマのフンには 絶対に触ってはいけません。 というのも、アライグマのフンには回虫という寄生虫が潜んでいる可能性があるからです。 回虫は、 人が誤って口に入れた場合、重度の脳障害を引き起こすと言われています。 アライグマは、外国から輸入されてきた外来生物。 アメリカのアライグマには回虫が普通に寄生しており、厳重な注意体制が敷かれています。 日本のアライグマにも寄生している可能性は十分ありえるため、フンを見つけた場合は素手で除去することは避けてください。 ネズミのフンから発生するサルモネラ菌にご注意 ネズミは、フンと一緒にサルモネラ菌などの菌を排出します。 この菌は、 食中毒を引き起こす菌として知られています。 症状としては嘔吐、38〜40度の発熱。 回復するまでに4日ほどかかります。 小さいお子さんや年配の方は重症になる可能性もあるんです。 ネズミは天井だけではなく、キッチンにも現れて野菜などを食べる可能性があります。 その野菜を口にいれてしまい、食中毒を引きおこす可能性がありますので、十分な注意が必要です。 このように、動物のフンには ダニや寄生虫、病原菌がウジャウジャ住みついています。 危険なので、もし見かけても素手で掃除するのは絶対やめてくださいね。 「フンを見るのもイヤなのに、自分で掃除するなんてもっとイヤ!」 「うっかり体に入ったらどうしよう…」 自分で掃除するとなると、イヤでも糞尿が目につきますし、掃除中つい目をこすってしまって体内に入る…なんてことも考えられます。 どうしても心配になってしまいますよね…。 そんなときは、ぜひにご相談いただければと思います。 お問い合わせ項目は カンタンに入力できるのでお気軽にご相談くださいね。 また、お返事は 24時間以内にメール・または折返しのお電話を差し上げております。 一刻も早い駆除・清掃をご希望の方は、お電話にてご相談いただければと思います! (床下の通気口) 「えっ、こんなところから入ってこれるの!?」 という狭さのものもありますよね。 でも、これは 実際に駆除作業を行った際、侵入した場所を撮影したものなんです。 イタチやハクビシンなど、 一見大きそうな動物も、3〜4cmほどの隙間があれば侵入してきます。 アライグマも、 壁の隙間にピタっと入り込むことができるような、体を平べったくできる体質なんです。 どの害獣も、 狭いところが大得意なんですね。 家の外を見渡して隙間があるところがあれば、そこが侵入経路かもしれません。 侵入経路を塞ぐ方法って? 先ほど説明した 侵入経路を塞ぐ方法は、以下のような方法があります。 ・金タワシをまるめて隙間や穴に詰め込む ・金網を取り付ける ・屋根に登ることができるような庭木の枝は切り落とす ちょっとした隙間も、害獣にとっては住みかや餌場となりうる絶好のチャンスとなります。 「ここもかな?」と思うところは徹底的に塞ぐことが大切です。 害獣を寄せ付けない家にするために、私たちが普段の生活からできることって? 害獣が 住み付きやすい家には「理由」があるんです。 私たちが普段からできる、害獣を寄せ付けない方法を解説します。 近所の用水路は綺麗にしておくこと 侵入を防ぐために、 近所の用水路は定期的に掃除しておきましょう。 というのも、アライグマなどは水辺が好き。 用水路を通って侵入してくることもあります。 用水路を定期的に清掃しておくことで人の気配を感じ取り、 綺麗な場所には侵入しようとはしてきません。 庭の果実を取り残さないようにすること 果実は、ハクビシンなどの害獣にとっては大好物。 庭木に果実がなっていて、収穫せずにそのままにしていた…といった場合、被害にあうことが多いんです。 庭木の果実は時期になったら収穫し、綺麗にしておくことで害獣が寄り付かない環境をつくることができます。 そのほかにも、生ゴミやペットの餌など、「 害獣にとって貴重な餌となるもの」は基本的に残してはいけません。 家周りの環境を綺麗に保つことが、害獣を寄せ付けない予防になります。 害獣の駆除には自治体の許可が必要? 害獣によっては、 自治体の許可が必要なほか、駆除が禁止されている動物もいます。 ハクビシン 自治体に被害状況の写真を提出して駆除の許可をもらわないと駆除できません。 アライグマ アライグマのような外来生物として指定されている動物は、外来生物法といった法律でさまざまな規制があります。 (参考: 環境省より) そのため、法律に則った駆除が必要となるんです。 (運搬や野外への放出は3年以下の懲役または300万円以下の罰金といった罰則があります) イタチ イタチのオスは自治体への申請と許可が必要。 メスは鳥獣保護法により駆除が禁止されています。 コウモリ コウモリも鳥獣保護法により、飼育・捕獲・殺傷は禁止されています。 ルールに反しないで駆除するには…業者に依頼 法律で保護されている動物は多いという現状があります。 駆除までいかなくとも、 「ウッカリ傷つけてしまった…!」というだけでも、 法律・条例違反になってしまうこともあるんです… ルールを破ることなく、安全・確実に駆除するには、プロの害獣駆除業者に依頼するのがおすすめです。 「自治体の許可がいるのか…ちょっと面倒かも…。 」 そんな方は、ぜひ私たちにお気軽にご相談ください。 みんなの害獣駆除屋さんは、 豊富な知識と高い技術を持った害獣駆除のプロ集団であり、日本各地の害獣駆除屋さんが加盟する、害獣退治のネットワークです。 駆除する際は、 スタッフが自治体の許可を得てから行いますので安心してくださいね。 まとめ これまでの内容をまとめると、以下3つの通りになります。 フンの大きさや形で、屋根裏にひそむ動物を特定できる• 糞尿を放置して深刻な被害が出る前に、はやめの対策が重要• 侵入を防ぐためにすき間を塞ぎ、キレイな環境をたもつ 天井が抜け落ちたり、家族が病気になる前にフンを発見できたのはとてもラッキーです。 被害拡大を防ぐために、早めに 動物を特定し追い出し、侵入予防の手立てを打ちましょう! 「屋根裏のフン、何の動物かは分からないけど調査を頼んでいいのかな…」 「侵入口とか調べるのにも大変そう…」 そんな不安を抱えている方、多いと思います。 私たちでは、 害獣の特定から、 追い出し・侵入経路の封鎖、 消毒・清掃まで、徹底的に行います。 お気軽にご相談・ご質問などお聞かせください。 必ずお力になります!.

次の