コロナ禍 読み方と意味。 「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ禍 読み方と意味

コロナ禍とは 「コロナ禍」という言葉は、 主に新聞で使われている印象があります。 なので知らなきゃ読めない! 日常ではほぼ使いませんから、なんて読むの?と思って当然です。 コロナ禍ってなんて読む??【読み方】 「コロナ禍」は「 ころなか」と読みます。 「コロナ鍋(なべ)」などと読んでる人もいるみたいですねw コロナ禍の意味 「禍(か)」とは、 わざわいや 不幸せを意味します。 音読みが『か』、 訓読みが『まが』、『わざわ(い)』です。 「福」の 対義語です(形が似てて分かりやすい!)。 つまり、 コロナ禍とは『 コロナによる災難』の意味ですね。 コロナ禍の使い方をわかりやすく説明! コロナ禍、読み方がわかっても、日常で使うわけでないので読めないし使いにくい言葉です。。 実際に使われている例をみながら使い方を説明します。 コロナウイルスの流行で人々の外出が減る、工場などの生産も休止される、経済全体が落ち込むので車など高価なものは特に購入を控える人が増えると予想されるなど、 新型コロナウイルスそのものだけでなく、『流行が原因で生じた現象』を含んだ表現と言えるでしょう。 この記事は面白くて、 ブラジルのジャイル・ボルソナロ()大統領は18日、閣僚2人と上院議長が新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表する中、 記者会見でマスクをもてあそび、新型ウイルスの パンデミック(世界的な大流行)をめぐる対応をまたもや「ヒステリー」と呼んだ。 極右のボルソナロ氏は、これまでも新型ウイルス危機に対する おざなりな対応を批判されてきたが、記者会見中にとんでもないやり方でマスクを使用し、 ネット上で嘲笑の的になった。 とあるんですが、ウイルスそのものの被害ももちろんあるのですが、このように 一国の大統領がコロナウイルスの流行という非常事態への対応があまりにひどくネットで批判を受けてしまう、という正に「コロナ禍」、 コロナによるわざわい・災難と言える内容です…。 何か天天災の時などに目にすることがあるかもしれませんね。 これらの言葉も新聞などでしか使用されないので読めないという人が多いはず。 まとめ コロナ禍の言葉についてだいぶ慣れていただけたでしょうか? 新聞などで使用される言葉なので、日常で使用することはあまりないと思われますが、残念ながらコロナウイルスの世界への広がりをみるとすぐに終息するとは言えない状況なので今後もニュースや新聞で目にすることが多いかと思います。 その度に間違った読み方をしていると、人前でふと声に出したときに恥ずかしいことがあるかも…(笑) 「 ころなか」です!覚えておきましょう!.

次の

「コロナ禍」は何て読むの?正しい読み方・意味・使い方とは

コロナ禍 読み方と意味

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説• 2020年6月30日• , , , , , , ,• この記事では「コロナ禍」の読み方や意味について解説いたします。 感染者や死者が増加の一途を辿る新型コロナウイルスは、その言葉を見聞きしない日がないくらい連日報じられているのは周知の通りです。 その報道の中で、「コロナ禍」という言葉が使われるようになりました。 しかしこの言葉の読み方や意味がよく分からないという人も少なからず見受けられます。 そこで今回は「コロナ禍」の読み方や意味、使い方や報じられ方などをピックアップしてまとめました。 この記事の内容が、コロナ関連のニュースを見聞きする上での参考になれば幸いです。 ・コロナ禍は学生の就職活動にも大きな悪影響を与えている。 新型コロナウイルスによる売上減などを理由に、内定取り消しや会社説明会の中止などが現実として起こっています。 この例の通り、「コロナ禍」は学生の就職活動に大きな悪影響を与えているといえるでしょう。 「禍」と「災」の違い 「禍」と似た意味を持つ言葉として「災」を思い浮かべる人も多いかもしれません。 どちらも同じ意味だと思われるかもしれませんが、厳密には以下のような違いがあります。 ・「災」は防ぎようのない天災 ・「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄 上記を踏まえて考えると、新型コロナウイルスは防ぎようのない天災ではなく、政府や医療などの連携や協力によって防ぐことができるものだと解釈できます。 また早期対策を適切に打ち出すことができていれば、これ程まで拡散するものではなかったという見方もできるかもしれません。 なお「口は災いの元」という言葉があるのように、人為的に防ぐことができるものであっても「災」を使うケースが少なからずあります。 したがって言葉の意味や使い分けに対して過度に神経質になる必要もないでしょう。 「コロナ禍」の影響を受けた業界 「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界といっても過言ではありません。 この項目では、その一例として4業界を取り上げました。 飲食業界 新型コロナウイルスは飛沫感染することが確認されているので、近距離で話したり他の人と飲食物を共有したりする飲食店では客足が遠のいている店舗が多く見られます。 中には前月の売上の半分以下になってしまったり、閉店に追い込まれたりした店舗もあるほどです。 採算度外視で破格のキャンペーンを企画したチェーン店もありますが、以前の水準まで客足を戻すまでには至っていないといえます。 特に所帯持ちのサラリーマンは、自身を経由して家族に感染させてしまうというリスクを恐れてまっすぐ帰路に着くという人が多いかもしれません。 宿泊業界 旅館やホテルといった宿泊業界では、海外観光客が大幅に減ったこともあり売上を落とした店舗が多いといえるでしょう。 特に海外観光客の依存度が高かった店舗では、廃業の憂き目にあったというケースも少なくありません。 またイベントやライブなどの自粛もあり、キャンセルが相次いだというケースも見られました。 イベント業界 人が密集したり近距離で接触したりすることから、中止を余儀なくされたイベントは多いでしょう。 チケットの返金対応やイベントに携わる人々の人件費など、関連する問題は山積みです。 そんな中でオンラインでイベントやライブを公開して収益を上げているアーティストやパフォーマーも現れるなど、業界のマネタイズ手段が多様化する一因にはなっているかもしれません。 小売業界 マスクや消毒用のアルコールなどを買い求め、ドラッグストアには毎日のように早朝から長蛇の列ができました。 スーパーでも生産停止による品薄を危惧してトイレットペーパーや食料を買い占めるというケースが多く見られます。 政府や店舗では注意喚起の情報を積極的に発信していますが、冷静さを取り戻させるには至っていないといえるかもしれません。 「コロナ禍」の影響による働き方の変化 「コロナ禍」をきっかけとして、働き方に変化があった例が少なからずあります。 この項目では、その事例として3つピックアップしました。 時差出勤 満員電車による従業員の新型コロナウイルス感染を防ぐことを意図して、出勤時間を前後にずらす「時差出勤」を導入した企業が多く見られました。 特に大都市圏では電車通勤がメインということもあり、より効果を発揮するとされています。 したがって満員電車の解消に一石を投じるきっかけになったといえるでしょう。 リモートワーク・テレワーク・在宅勤務 似た言葉ではありますが、それぞれ少しずつ意味が異なります。 まず「リモートワーク」は「働き方にかかわらず、オフィス外で働くこと」です。 場所は自宅やカフェなど、オフィス外である以外は特に限定されていません。 続いて「テレワーク」とは「離れたところで働くこと」を意味する造語です。 通勤したり会社で人と接したりすることなく、仕事を進めることができます。 そして「在宅勤務」は「自宅で働くこと」で、「テレワーク」の一つです。 インターネットを使ったオンライン会議やメールなどを使ったやり取りなどで仕事をすることで、家にいながら仕事をすることを指します。 オンライン配信 学習塾や英会話教室のように対面して行なっていた授業を、オンライン上で公開したり授業したりするようにしたケースが散見されます。 そうすることによって生徒は他の生徒や講師と近距離で接することなく授業を受けられるというわけです。 また先述のように、ライブやイベントをオンラインで公開することによって広告収入を得るというアーティストやイベンターも出現しました。 「コロナ禍」が収束しても、オンラインでの活動をメインにするという人もいるかもしれません。 まとめ この記事のおさらい ・「コロナ禍」は「ころなか」と読み、「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味がある ・「災」は防ぎようのない天災なのに対し、「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄であるという違いがある ・「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界 ・「コロナ禍」は働き方を変化させるきっかけになったという一面があり、その例として「時差出勤」や「リモートワーク」、「テレワーク」や「在宅勤務」などが挙げられる.

次の

コロナ禍の読み方や意味を解説!なんて読むの?コロナなべ?

コロナ禍 読み方と意味

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の