フェブリク 錠 20mg。 Sub Window

フェブリク錠10mg、20mg、40mg(フェブキソスタット)

フェブリク 錠 20mg

帝人ファーマのフェブリク錠20mgは 痛風や高尿酸血症の治療に用いられるお薬です。 体内で尿酸を作る酵素の働きを抑え 血液中の尿酸の量を低下させます。 効き目が長く続くので1日1回の服用で済みます。 今までの痛風の薬のように、毎食後に飲む必要はありません。 70錠の価格:12194円 フェブリク錠のジェネリック、フェブタズは値段が安くなります。 最初は少量から始めた方がいいと聞いたので、40mを4つに分けて1月服用し、2ヶ月目からは40mを半分にカットして20mで服用を続けました。 昨日尿酸値の検査をしたら、尿酸値が4. 3まで下がっていました! 僕は副作用もなく、効果も抜群でした! 薬のカテゴリ• 16 人気の薬ランキング• 36,267件のビュー• 31,929件のビュー• 22,694件のビュー• 18,685件のビュー• 16,443件のビュー• 16,391件のビュー• 15,966件のビュー• 15,904件のビュー• 14,279件のビュー• 13,322件のビュー.

次の

Sub Window

フェブリク 錠 20mg

jinzou また、高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第3版(2019年改訂)では高尿酸血症合併高血圧症患者に対して生命予後改善や心血管病発症リスク軽減の目的、および高尿酸血症合併心不全患者に対して生命予後改善の目的では、いずれも「実施しないことを条件付きで推奨する(積極的には推奨できない)」と記載されております。 その要因として、効果のエビデンスが非常に弱く、重篤な有害事象に関する情報があるため、安全面のも考慮して、エビデンスの度合いはD(非常に弱い)と記されております。 ただし、高尿酸血症合併高血圧症に関しては、降圧薬使用中の高血圧患者は痛風や腎障害を合併しやすことから、痛風・腎障害を目的として尿酸降下薬を投与することは推奨されています。 (国内報告) 被験者:血清尿酸値が7. 1mm以上の無症候性高尿酸血症患者を、フェブリク服用群(239例)と生活指導のみをおこなった群(244例)に振り分けて、動脈硬化の進展度合いを評価しています。 注:頸動脈の内膜中膜複合体厚とは、首を流れている動脈の血管壁の厚みのことです。 血管壁が厚みを増すと、血管が細くなりますので、脳血管障害などのリスクが高くなることが示されています。 この血管壁の厚みが1. 1mmを超えると動脈硬化が進展(悪化)しているという指標と考えられています。 フェブリク服用群:1日1回10mgから開始して、40mgを維持量とする。 可能であれば60mgまで増量する。 結果 調査開始から2年後(24か月後)の結果によると、内膜中膜複合体厚の変化は フェブリク服用群:1. 2% 生活指導群:1. 4% という結果となり動脈硬化抑制作用に関しては、有意差がないという結果となりました。 (フェブリク錠を飲んでも動脈硬化を抑える効果はない) さらに、複合心血管イベント(心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死的脳卒中)に関しても両群での有意差がないという結果となっています。 副作用 肝機能障害 フェブリク服用群:3. 7% 生活指導群:1. 2% 皮疹 フェブリク服用群:2. 1% 生活指導群:0. 0% (日本循環器学会2019年3月29-31日より) 以下は、フェブリクを飲んで厳格に尿酸値を低く保つことが、腎機能を保つことに効果があるという報告です。 (2019年3月14日) フェブリクを飲むと腎機能低下が抑制される 高尿酸血症を有する高齢者においてフェブリク40mgを飲むと腎機能の低下を抑制する効果があることを川崎医大などの研究チームが大規模臨床試験の結果としてデータを公開しています。 (European Heart Journalオンライン) 報告によると、尿酸値を4. 解釈はさまざまですので、何とも言えませんが、尿酸値は2. フェブリクによる腎機能低下抑制 被験者:65歳以上の脳心臓腎臓血管リスクを有する高尿酸血症(1070名) 期間:3年間 フェブリク服用群:537名 フェブリク10mgから開始して、4週目に20mgへ増量、8週目に40mgまで増量 エンドポイントにおける平均服用量:フェブリク29. 3mg (537名中362名がフェブリク40mgを服用、それ以外は尿酸値をみながら減量) 非フェブリク服用群:533名 血清尿酸値が高い場合はアロプリノール100mgの服用を検討する (533名中145名がアロプリノール100mgを服用) フェブリク群・非フェブリク群ともに尿酸値が2. (フェブリク40mgとアロプリノール100mgの服用比較ではあまりに、アロプリノールが足りません) 結果 フェブリク服用群の尿酸値:4. 5まで低下しています。 非服用群においても尿酸値が7以下まで抑えられています。 では65歳以上の高齢者で尿酸値を4. 5まで厳格に管理するとどのような利点があるかを確認してみました。 臨床結果 死亡人数・脳血管疾患・非致死性冠動脈疾患・心不全・動脈硬化・腎障害・心房細動などの複合的な主要評価項目の発生率 フェブリク服用群:23. 3% 非フェブリク服用群:28. 7% 腎機能障害リスク フェブリク服用群:16. 2% 非フェブリク服用群:20. 5% 尿酸値を4. 興味深い点として、フェブリク服用群・非服用群における年間平均eGFR(推定糸球体ろ過量)には有意差が示されませんでした。 (厳密なデータとしては、フェブリク服用群でGFRの低下率がー0. 37、非服用群でー0. 69となっており、フェブリクを服用したほうがGFRの低下率が少ないのですが、このデータについては有意差が示されなかったという意味です。 ) まとめ 今回報告された臨床試験はフェブリクを製造販売している帝人ファーマから資金調達を受けているため筆者らはまとめとして「フェブリクを服用することが尿酸値を低下させ、腎機能障害の進行を抑制させる。 日本人の13%慢性腎臓尿(CKD)とも予想されており、無症候性高尿酸血症の予防的治療としても有益なデータ」とまとめています。 2015年ころにSPRINT試験という臨床データが公開されたことを、今回の報告を見て思い出しました。 SPRINT試験とは、血圧を120以下に厳格に管理した群は血圧を140以下に管理した群と比較して心血管リスクを低く管理することができるという報告のことです。 今回の高尿酸血症患者さんのデータはこれに近い印象をうけました。 フェブリク40mgによって尿酸値を4. という解釈です。 フェブリク40mgの薬価が1錠で108. 7円ですので、費用対効果があるかどうかはわかりませんが、尿酸値の厳格管理を行うと、腎障害リスクが低下する意味合いは非常に有益なデータに感じました。

次の

フェブリク錠20mgの効果・用法・副作用

フェブリク 錠 20mg

薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 ビダラビン 幻覚、振戦、神経障害等のビダラビンの副作用を増強する可能性がある。 ビダラビンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、ビダラビンの代謝を抑制し、作用を増強させることがアロプリノール 類薬 で知られている。 本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある。 ジダノシン ジダノシンの血中濃度が上昇する可能性がある。 本剤と併用する場合は、ジダノシンの投与量に注意すること。 ジダノシンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、健康成人及びHIV患者においてジダノシンのCmax及びAUCが上昇することがアロプリノール 類薬 で知られている。 本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある。 マウスでは膀胱にキサンチン結晶・結石が生成しない条件下で、膀胱移行上皮の過形成は認められなかった。 げっ歯類では、結晶・結石などによる機械的刺激が長時間持続することにより、膀胱粘膜の腫瘍性変化が誘発されるとの報告がある。 また、臨床試験において、キサンチン結晶・結石を疑わせる尿沈渣所見はなかった 2。 34[1. 03, 1. 73]。 心血管死の中では両群ともに心突然死が最も多かった フェブキソスタット群2. また、全死亡の発現割合についても、フェブキソスタット群及びアロプリノール群でそれぞれ7. 22[1. 01, 1. 47]。 薬物動態 軽度 5例 及び中等度 7例 の腎機能低下患者にフェブキソスタット20mgを1日1回朝食後に7日間反復経口投与したとき、投与後7日における軽度腎機能低下群のフェブキソスタットのCmaxは腎機能正常群 9例 と変わらなかったが、 AUC 0,24hrは腎機能正常群に比較して53%増加した。 中等度腎機能低下群のCmax及び AUC 0,24hrは腎機能正常群に比較して、それぞれ26及び68%増加した 7。 軽度 6例 、中等度 7例 及び重度 7例 の腎機能低下患者にフェブキソスタット80mgを1日1回朝食前に7日間反復経口投与したとき、投与後7日におけるフェブキソスタットのCmax及び AUC 0,24hrは、腎機能正常群 11例 に比較して軽度、中等度、重度腎機能低下群でそれぞれ41及び48%、2及び48%、4及び76%上昇した 外国人のデータ 8。 フェブキソスタットの主な代謝経路はグルクロン酸抱合反応であった。 また、その他に複数の酸化代謝物、それらの硫酸抱合体及びグルクロン酸抱合体に代謝された 12。 健康成人13例にフェブキソスタット120mgとワルファリンナトリウム 国内未承認 用量はINRを基準に設定 を1日1回14日間反復経口投与したとき、R-及びS-ワルファリンのCmax及び AUC 0,24hrの上昇は5%以内であった。 また、ワルファリンの薬力学の変化 INRmaxの上昇、 INR mean,24hの低下及び第VII因子活性平均値の上昇 は7%以内であった 外国人のデータ 18。 健康成人27例にフェブキソスタット80mgとワルファリンナトリウム 国内未承認 用量はINRを基準に設定 を1日1回14日間反復経口投与したとき、R-ワルファリンのCmax及び AUC 0,24hrの低下は2%以内であった。 また、S-ワルファリンのCmaxの低下及び AUC 0,24hrの上昇は1%以内であった。 また、ワルファリンの薬力学の変化 INRmaxと INR mean,24hの低下及び第VII因子活性平均値の上昇 は4%以内であった 外国人のデータ 18。 9 496. 0 6. 9 1. 9 1088. 9 6. 1 1. 2 2270. 7 7. 8 1. 3 3765. 3 6. 8 1. 0 痛風を含む高尿酸血症患者202例を対象としたプラセボ対照無作為化二重盲検用量反応比較試験を行った。 増量のタイミングは投与開始後2、6及び10週とし、これ以降16週まで用量を維持した。 投与開始後16週時 各群の維持用量まで用量を段階的に増量した期間を含む に、血清尿酸値が6. 痛風を含む高尿酸血症患者244例を対象としたアロプリノール対照無作為化二重盲検比較試験を行った。 001:非劣性マージンは5%。 また、投与開始後8週の血清尿酸値6. 0%であった。 各投与期間での痛風関節炎の発現割合は下表のとおりであった 23。 表7参照 表8参照 血清尿酸値9. 投与開始後10週目の血清尿酸値が6. 投与開始後18週、26週、52週で血清尿酸値が6. 5、91. 5、86. 4、71. 4、87. 5%であった 24。 表6 痛風関節炎の発現割合 投与群 0〜2週 以下 2週超 6週以下 6週超 10週以下 10週超 16週以下 プラセボ 38例 0. 0% 5. 3% 2. 6% 2.

次の