滋賀 県 コロナ ウイルス 最新 情報。 滋賀県 新型コロナ関連情報

滋賀で初の死者、大津の60代男性 新型コロナ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

滋賀 県 コロナ ウイルス 最新 情報

[2020年6月29日]• [2020年5月29日]• [2020年5月15日]• [2020年5月15日]• [2020年4月22日]• [2020年4月17日]• [2020年4月16日]• [2020年4月16日]• [2020年4月9日]• [2020年5月11日]• [2020年5月1日]• [2020年4月30日]• [2020年4月23日]• [2020年4月16日]• [2020年4月13日]• [2020年6月17日]• [2020年6月10日]• [2020年5月1日]• [2020年4月27日]• [2020年4月27日]• [2020年6月23日]• [2020年6月18日]• [2020年6月12日]• [2020年6月10日]• [2020年5月18日]• [2020年5月17日]• [2020年5月15日]• [2020年5月15日]• [2020年5月11日]• [2020年5月7日]• [2020年5月1日]• [2020年4月30日]• [2020年4月27日]• [2020年4月27日]• [2020年4月22日]• [2020年3月30日]• [2020年6月23日]• [2020年6月18日]• [2020年6月16日]• [2020年5月25日]• [2020年5月25日]• [2020年5月25日]• [2020年5月25日]• [2020年5月25日]• [2020年5月25日]• [2020年5月25日]• [2020年5月21日]• [2020年5月13日]• [2020年6月9日]• [2020年6月4日]• [2020年6月2日]• [2020年6月2日]• [2020年6月2日]• [2020年6月1日]• [2020年5月29日]• [2020年5月16日]• [2020年5月8日]• [2020年6月15日]• [2020年6月10日]• [2020年4月1日]• [2020年6月26日]• [2020年5月18日]• [2020年5月8日]• [2020年4月21日]• [2020年4月16日]• [2020年4月10日]• [2020年4月10日]• [2020年6月29日]• [2020年6月22日]• [2020年6月1日]• [2020年5月18日]• [2020年5月15日]• [2020年5月8日]• [2020年4月30日]• [2020年4月23日]• [2020年4月17日]• [2020年4月16日]• [2020年4月13日]• [2020年4月10日]• [2020年4月9日].

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(30日6時時点)

滋賀 県 コロナ ウイルス 最新 情報

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 滋賀県は15日、新型コロナウイルスの感染で入院していた大津市の会社経営の60代男性1人が死亡、同市の40代男性1人が新たに感染していることを確認したと発表した。 県内での死者は初めて。 県内で確認された感染者は計52人になった。 県によると、亡くなった男性は3月29日に発熱後に医療機関を受診し、今月7日のPCR検査で陽性を確認。 その後容体が悪化した。 基礎疾患はなかったという。 60代の妻と30代の息子も入院中。 大津市の40代男性は、クラスター(感染者集団)が発生している草津市にある電子部品メーカー「ニチコン草津」の従業員。 15日までに県内の同社従業員と関係者、家族の感染者は計17人となった。 (鈴木洋和).

次の

滋賀で初の死者、大津の60代男性 新型コロナ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

滋賀 県 コロナ ウイルス 最新 情報

県民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザと同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。 「密閉、密集、密接」した環境を避ける とともに、感染症対策に引き続き努めていただくようお願いします。 また、 海外からの帰国者、帰国者を受け入れる皆様、就職や進学に伴い県外に転出される皆様 におかれては、以下の点にも注意していただくようお願いします。 ・ ・ 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者や医療従事者、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。 誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。 自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。 ・ なお、次の症状がある場合は、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐ相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。

次の