ジャンプ 値段。 ジャンプ・コミックス

週刊少年ジャンプ

ジャンプ 値段

この節のが望まれています。 価格は税率も含め発売当時のもの。 のの導入後は税込み価格を「定価」・税抜き価格を「本体」として記載。 価格 期間 備考 240円 1969年11月(創刊時) - 1971年12月以降 250円 1972年4月以前 - 定価320円 1978年10月以前 - 1978年10月頃 定価340円 1978年11月頃 - 1980年6月以降 定価360円 1980年8月以前 - 1989年2月以降 定価370円、本体359円 1989年4月以前 - 1990年4月以降 の導入。 定価390円、本体379円 1990年7月以前 - 1995年8月以降 定価400円、本体388円 1996年2月以前 - 1997年2月以降 定価410円、本体390円 1997年4月以前 - 2008年8月以降• 他誌掲載の物は変更なし。 現在のようになったのは1992年7月から。 なお、1992年6月までは毎月10日発売だった。 初期には『』などが〈JC〉から直接発行されていた。 2019年現在連載中の作品で〈Vジャンプブックス〉より単行本が発行されているのは『』のみであり、その他の漫画単行本は〈JC〉から発行されている。 『』に移籍した『』・『』(続編の『』も)・『』など。 続編は『グランドジャンプ』にて連載中の『』や『』など。 『漫画ドリフターズ』(榎本有也)など。 ただし同月『ゴルゴ13』の111巻も発売され、すぐに追いつかれている。 (平成11年)2月発売の112巻以降は単独首位。 事実上、『』の第2巻。 の『』など。 レーベル名は「JC ヤングジャンプ」。 2019年11月7日. 2019年11月10日閲覧。 集英社AD NAVI• travelpress 2015年9月18日. 2016年7月9日閲覧。 まんたんウェブ 2012年8月3日. 2012年8月3日閲覧。 2013年9月30日. 2019年12月5日閲覧。 ORICON NEWS 2019年11月27日. 2019年12月5日閲覧。 朝日新聞デジタル 2016年9月12日 2016年9月17日観覧。 続編に『ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン』(全17巻)、『スティール・ボール・ラン』(全24巻)、『ジョジョリオン』(既刊22巻)がある。 ・『』23巻、2003年9月9日第1刷発行、• 2007年以前に開始した『WJ』連載作品のほとんどを除く。 ただし、デザイン自由化後も2008年以降に開始された作品(『』など)はロゴの設置場所が左下ではないところもある。 2015年4月発売分以降は、巻末に移動している。 『』5巻、1999年5月5日第1刷発行、、裏表紙に「定価410円、本体390円」と記載。 江口寿史『すすめ!! パイレーツ』7巻、1980年8月15日第1刷発行、、裏表紙に「定価360円」と記載。 『』16巻、1989年2月15日第1刷発行、、裏表紙に「定価360円」と記載。 ゆでたまご『』12巻、1989年4月15日第1刷発行 、裏表紙に「定価370円、本体359円」と記載。 鳥山明『ドラゴンボール』21巻、1990年4月15日第1刷発行、、裏表紙に「定価370円、本体359円」と記載。 鳥山明『ドラゴンボール』22巻、1990年7月15日第1刷発行、、裏表紙に「定価390円、本体379円」と記載。 鳥山明『ドラゴンボール』42巻、1995年8月9日第1刷発行、、裏表紙に「定価390円、本体379円」と記載。 『』北条司短編集3、1996年2月7日第1刷発行、、裏表紙に「定価400円、本体388円」と記載。 『』9巻、1997年2月9日第1刷発行、、裏表紙に「定価400円、本体388円」と記載。 にわのまこと『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!! 』10巻、1997年4月9日第1刷発行、、裏表紙に「定価410円、本体390円」と記載。 『』など。 『北条司 ILLUSTRATIONS』1991年3月13日第1刷発行、 など。

次の

ジャンプBOOKストア!

ジャンプ 値段

製品によって電気容量・出力が異なるため、愛車の排気量に合った製品を選ぶことが重要。 電気容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で示され、数値が大きいほど多くの電気を蓄えられます。 電気容量が少ないと始動を繰り返して失敗した際に使えなくなることがあるので、容量が多い製品を選ぶと安心です。 「電流」は「 A(アンペア)」で表され、どれほどの大きさの電流を流せるかを示したもの。 大排気量な車ほど始動時にパワーが必要となります。 よって、エンジンを始動させられるだけの出力を持つ製品を選ぶのが重要。 軽自動車は「300A」、普通車は「400~700A」、大型車は「800A」以上がおすすめですよ。 「ボルト数」は自動車に設定された電圧のことで、「 V(ボルト)」で示されます。 普通車は「12V」、トラックやバスなどは「24V」が一般的。 合わない製品を使用すると故障の原因となりますので、確認をしてから購入しましょう。 驚異の大容量42000mAhで、ディーゼル・ガソリン車13000ccまで対応できるジャンプスターター。 12V・24V車にも対応しており、最大電流は1000Aとハイパワーなので、 ダンプカーや10tトラックも楽々クランキング!車種を選ばず何度も連続したエンジン始動ができます。 スマホ・タブレットなどのモバイルバッテリーやLEDライトとしてはもちろん、カー冷蔵庫などの給電も可能。 3cmの片手でも容易に持つことができるコンパクトさで13600mAhの大容量。 車の助手席にあるグローブボックスにも入る大きさです。 このコンパクトなサイズですが、緊急時に役立つ機能が詰まっています。 LEDの懐中電灯機能とともに警告灯を搭載。 事故などで車に閉じ込められた時用にサイドが緊急脱出ハンマーにも使える強靭な作りになっています。 さらに、シートベルトが外せなくなってしまった時のためにシートベルトカッターも搭載!万が一の緊急時に備えて、このジャンプスターターを持っていれば安心感抜群ですね。 電気容量 13600mAh 出力 - ボルト数 12V 電池タイプ - 防水性能 - 保護機能 - アフターサービス - 付加機能 モバイルバッテリー・LED ライト・警告灯・シートベルトカッター 重さ435gと軽量で持ち運びに便利、しかもデザインもクールなジャンプスターターです。 コンパクトながら12000mAhの大容量で、ディーゼル車にも対応。 USBポートからはスマホ・タブレット・PCなどの充電はもちろん緊急災害時の電源確保や懐中電灯としても役立ちます。 液晶ディスプレイがついているところもこの商品の強み。 バッテリー残量が細かいパーセンテージで表示されるので、安心感があります。 車に乗る時には常に満充電に近い状態で出かけたいですね。 専用ケースもついているところも嬉しいポイントです。 12800mAhという通常使用するには十分すぎる容量で、スマホ・パソコンも充電でき、USBのType-Cポートも搭載している最新バージョンです。 LEDライト機能もあり、アウトドアでも活躍の幅を広げられそうですね。 リーズナブルなので車の利用頻度がそこまで高くないライトユーザーも、ひとまず一つは持っておこう、と気軽に手が出しやすいはず。 しかも24ヶ月のメーカー保証付きでサポートもしっかりしているので、機器に弱い、という方でも安心です。 電気容量 12800mAh 出力 800A ボルト数 12V 電池タイプ - 防水性能 - 保護機能 〇 アフターサービス 〇 付加機能 モバイルバッテリー・LEDライト 1位となったこちらの製品は、なんといっても安心感が高く、高性能なことが魅力のジャンプスターター。 全ての車種をカバーできる性能と多機能性がポイントです。 20000mAhもの大容量で、万が一のときも安心して使用できるのも魅力の一つです。 また、 800Aと高出力であるため、軽自動車から大排気量車、スポーツカーまでも対応可能。 電気容量が非常に多く、余裕をもって作業をすることができます。 また、 防滴・防塵機能搭載であるため、アウトドアなどであってもタフに使えるのも魅力。 12ヶ月保証も付いていますので、長く使えるのも特徴です。

次の

ついに300円に突入!?『週刊少年ジャンプ』の値段推移を解説!

ジャンプ 値段

ジャンプ電子版の定期購読 1年間の金額 この記事の執筆時点でジャンプ電子版は月額900円 税込み です。 電子版定期購読の特典 電子版では単純にジャンプ本誌だけではなく、年6回発行される ジャンプNEXTも自動的に購読されます。 公式からは廃止等のアナウンスも特にありません。 ジャンプNEXTは昔の赤まるジャンプのようなものでで新人作家の読み切り作品を中心に様々なマンガが掲載されている少年ジャンプの増刊号です。 電子版定期購読で手に入らないもの 物理的な付録等は基本的に手に入りません。 私が思い出す限りの過去の付録は遊戯王カード、カレンダー、コミックカバー、ポスター、これぐらいでしょうか。 アンケートハガキも付きませんので、アンケートのプレゼントに応募することも出来ません。 その他の応募者全員プレゼント等の 応募用紙が必須の場合は応募出来ません。 アンケートについては電子版でも行われていますが、そちらはGoogle PlayギフトカードやiTunesカードが抽選でもらえます。 また通販等の広告は無いので、ジャンプの広告が好きな方は紙で購入しましょう 笑 紙のジャンプ ジャンプのみの場合とジャンプNEXTを含んだ形で2パターン計算します。 1年間の金額(ジャンプ本誌のみ) 2015年の実績で計算していきます。 集計してみた結果、2015年に発行されたジャンプは49冊で、価格が255円40冊、260円9冊という結果になりました。 そしてそれらの合計が 12,540円 ジャンプ本誌の購入と比べただけでも 1年間で 1,740円電子版定期購読の方がお得ですね! 1年間の金額(ジャンプNEXT含む) さて、ジャンプ本誌だけでもお得という事がわかったのですが、電子版の定期購読でついてくるジャンプNEXTを含めると更にどれぐらいお得なのか調べました。 ジャンプNEXTは2015年に6冊発行されていて各460円なので2,760円となり、ジャンプ本誌と合わせて合計 15,045円です。 ジャンプNEXTも含めると 1年間で 4,500円も電子版定期購読お得という結果になりました! 最後に 紙か電子書籍かの論争はジャンプに関わらず、電子書籍全てに言える問題です。 ひとまず価格では電子版での定期購読がお得という結果になりましたが、それぞれに良さがあるので、自分のスタイルに合った方を選べば良いかと思います。 最後まで読んでいただき、ありがうございました。

次の