ゴールドカード 還元率 マイル。 【ANAゴールドカード】裏技&メリットとは!?特典やマイル還元率1.648%のやり方を徹底解説!

最新2020年6月版|三井住友ANAゴールドカードのマイル還元率は1.35%+α|ANA航空券購入ならマイル還元率2.35%

ゴールドカード 還元率 マイル

クレジットカードを比較するときに、「利用金額に対するポイントの付与率」を見ることもありますが、これは正確ではありません。 クレジットカードのポイント制度はそれぞれのカードによって違うため、一概に「何ポイントもらえるか」だけでお得度を比較することはできないのです。 (例) Aカード…200円で1ポイント Bカード…1,000円で3ポイント これだけ見ると、Aカードの方が、ポイントがたくさんもらえるように感じられます。 ところが、実際にはAカードのポイントは1ポイント1円、Bカードのポイントは1ポイント3円で交換できるということがあるのです。 このようなとき、「還元率」を使えば、各クレジットカードのポイント制度が比較しやすくなります。 AカードとBカードの還元率を比較してみましょう。 9% 計算してみると、還元率はBカードの方が高いことがわかります。 クレジットカードでは、JALやANAのマイルを貯めることもできます。 JALやANAのマイルを貯めやすいカードは、やはりJALならJALカード、ANAならANAカード。 ポイントをマイルに交換できるカードはほかにもありますが、飛行機の搭乗時のボーナスがもらえるのは、それぞれのカードだけです。 JALカードの場合、ショッピングでマイルが貯まりやすくなるプログラムなどに入会していないと仮定して、ショッピングで付与されるのは200円につき1マイル(一般カードの場合)です。 これに加えて、飛行機に乗った際にもマイルを貯められます。 ANAカードは、100円で0. 5マイル相当(普通カードの場合)を貯めることができ、飛行機に搭乗した際にもマイルが貯まります。 JALカードとANAカードで還元率は大きく変わらないので、どちらの航空会社をよく使うのかによって選択するのがよいでしょう。 楽天カード 楽天カードは、一般カードであれば年会費無料で、還元率は1. 引き落とし口座を楽天銀行に設定すれば、さらに高い還元率も狙えます。 ヤフーカード ヤフーショッピングで利用することで3. それ以外の利用の場合は1. Yahoo! JAPAN関連サービスを利用することが多い人におすすめです。 リクルートカード 通常時のポイント還元率が1. ただし、特定の店舗で利用した場合のボーナス等はありません。 利用するサービスによって還元率が異なるカードがたくさんあります。 自分がよく使うサービスでの還元率がいいカードを選びましょう。

次の

スーパーフライヤーズカード(SFC)比較【2020年版】特典からオススメするメリットあるANAカードは?

ゴールドカード 還元率 マイル

通常ポイント 1200ポイント(=12000マイル• ステージV2ランク ボーナスポイント 360ポイント(=1620マイル)• マイ・ペイすリボ ボーナスポイント 1200ポイント(=4860マイル)• 年会費 1025円 実質• 更新時にもらえるマイル 1000マイル やっぱりANA VISAワイドゴールドカードがお得だった! ANA VISAワイドゴールドカードと、ANA VISA一般カードと比べると、ちょうど2倍のマイルが貯まります。 その差は 18480マイルとなる計算でした。 年会費の差額は、8475円。 1マイルの価値は、使い途にもよりますが、最低でも1マイル=2円はあります。 ハイシーズンの特典航空券に引き換えた場合、1マイル=3~5円程度の価値として利用することも可能。 そうなれば、 年会費差額の8475円で、18480マイルを買ったことになるので、1マイル=0. 45円で手に入れたことになり、大変お得にマイルを貯めた計算になります。 10マイルコースでも、マイル移行手数料の5000~6000円がかからないため、この差が生まれるのです。 さらに、ゴールドカードならではのサービスがあります。 例えば、旅行傷害保険5000万円まで付帯、カードラウンジ利用可能、などなど。

次の

スーパーフライヤーズカード(SFC)比較【2020年版】特典からオススメするメリットあるANAカードは?

ゴールドカード 還元率 マイル

通常ポイント 1200ポイント(=12000マイル• ステージV2ランク ボーナスポイント 360ポイント(=1620マイル)• マイ・ペイすリボ ボーナスポイント 1200ポイント(=4860マイル)• 年会費 1025円 実質• 更新時にもらえるマイル 1000マイル やっぱりANA VISAワイドゴールドカードがお得だった! ANA VISAワイドゴールドカードと、ANA VISA一般カードと比べると、ちょうど2倍のマイルが貯まります。 その差は 18480マイルとなる計算でした。 年会費の差額は、8475円。 1マイルの価値は、使い途にもよりますが、最低でも1マイル=2円はあります。 ハイシーズンの特典航空券に引き換えた場合、1マイル=3~5円程度の価値として利用することも可能。 そうなれば、 年会費差額の8475円で、18480マイルを買ったことになるので、1マイル=0. 45円で手に入れたことになり、大変お得にマイルを貯めた計算になります。 10マイルコースでも、マイル移行手数料の5000~6000円がかからないため、この差が生まれるのです。 さらに、ゴールドカードならではのサービスがあります。 例えば、旅行傷害保険5000万円まで付帯、カードラウンジ利用可能、などなど。

次の