きめ つの 刃 ネタバレ 205。 鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

鬼滅の刃205話ネタバレ考察!新章突入?炭治郎の意思を継ぐ者が現代に現れる?

きめ つの 刃 ネタバレ 205

G:講談社・攻殻機動隊2045製作委員会 驚いたのは物語の前半では、哲学的で難解なストーリーを極力排し、アクションエンターテイメントにふりきっていたところ。 1話の冒頭では荒野を疾走しながらの激しい銃撃戦を展開。 ガトリングガン、アルコール、荒野、命がけのミッション、アウトローな仲間たちなど、気分は完全に 西部劇である。 西部劇テイストの演出を取り入れ、視聴者に「このアニメは面白いぞ」というのをビジュアルで分からせてくる演出は見事だった。 今の時代に完全な西部劇を作っても流行らないが、西部劇の テイストを取り入れているところに、グルーバル志向のアクションエンターテイメントとしての意気込みを感じる。 G:講談社・攻殻機動隊2045製作委員会 そして前半最大の見せ場がやってくる。 5話での パトリック・ヒュージVS素子の格闘戦である。 電脳が超高性能CPUと化したパトリック・ヒュージはポスト・ヒューマンと呼ばれている。 映画『マトリックス』のネオのように、ヌルヌルと動くポストヒューマンの動きは3DCGならではの動きである。 柔術と総合格闘技を合わせたようなあの動きは(もし作画すると大変カロリーの高いものになりそうだ)3DCGとモーションキャプチャーを組み合わによって達成されているのだろう。 3DCGの特徴を活かした格闘シーンは、アクションとしてのエンターテイメント性をより高めていた。 G:講談社・攻殻機動隊2045製作委員会 10話以降はSACシリーズらしい哲学的なテーマが展開される。 その象徴となるのが、5人目のポストヒューマンの少年が持っていた 小説「1984年」だ。 小説「1984年」は、ジョージ・オーウェルが1948年に執筆した実在するディストピア小説である。 権力者たちに都合よく管理された社会(全体主義や共産主義)への痛烈な批判が描かれている。 ジョージ・オーウェルの「1984年」のテーマと、ポストヒューマンの行動原理が似ているのは、シーズン2以降の物語を読み解く鍵になるのだろう。 いずれにせよ、オーウェルの「1984年」の登場によって、SACシリーズらしい哲学的な雰囲気が一気にましてきた。 後半の13話以降の物語が大変楽しみだ。 まとめると、シーズン1は、前半ではがっつりとアクションで視聴者の気持ちを沸点までもっていき、後半にしっとりしたエピソードで落ち着かせるという構成になっていました。 まだ全体像がつかめませんが、シーズン2(13話以降)の物語が今から楽しみです。 また 「これはどういう意味なんだろう?」という解説系の内容は、次の記事にまとめて書いていますので、よければ読んでみて下さい。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 関連記事もチェック!.

次の

【鬼滅の刃】205話は「必勝」の木の下で…|全員集合花見ENDも?【きめつのやいば】最終回

きめ つの 刃 ネタバレ 205

「俺は信じるよ 絶対みんな 転生して幸せに 生きてるんだ 平和のために 鬼と戦って 命を落とした人たちは」 幾星霜(いくせいそう)とは、「多くの苦労や努力を重ねた結果としての長い年月」という意味です。 まさに鬼のいない世界で幸せに暮す姿を現した副題と言えます。 青い彼岸花とはなんだったのか 鬼滅の刃の伏線はほとんど回収されていますが、唯一残っている伏線が『青い彼岸花』です。 無惨を鬼にした際に用いられ、上弦を使って探させていた青い彼岸花。 無惨は最後まで見つけることができませんでした。 その理由は嘴平青葉による研究で、「昼間・日光の下でしか咲かない」ことが原因だったと解りました。 歴史に残る超名作だったと思います。 来週からの鬼滅ロスが辛いですが、ジャンプの発売や煉獄杏寿郎のスピンオフ短編「煉獄外伝」を楽しみに待ちましょう。 鬼滅の刃の最新刊を無料で読む方法 いまや大人気マンガとなった鬼滅の刃ですが、なんと 単行本最新刊を無料で読む方法があります。 それが U-NEXTの31日間無料体験を利用することです。 U-NEXTは大手の動画配信サービスですが、動画だけではなくマンガや雑誌も配信しています。 無料体験に加入することでマンガ1冊分のポイントをもらえます。 この ポイントを利用して鬼滅の刃の単行本を購入すれば無料で読むことができます。 もちろん動画配信サービスなので、動画も見放題作品が多々あります。 アニメ版鬼滅の刃も対象なので、映画「鬼滅の刃 無限列車編」の放送前に見直しておくのもいいですね。

次の

鬼滅の刃ネタバレ205話最終回|漫画ネタバレ考察|note

きめ つの 刃 ネタバレ 205

2020年の 5 月11日(月曜)発売の 週刊少年ジャンプからの情報です! まずは、前回の203話の内容を振り返ってみたいと思います。 203話は、炭治郎の心の中での 葛藤を描いた物語となっていました! 炭治郎の心の中で涙を流す禰󠄀豆子 『お兄ちゃん』 『帰ろう』 『家に帰ろう』 その思いに対し 『帰りたい』 『俺も家に帰りたいよ禰󠄀豆子』 『本当にもう疲れたんだ』 『お願いします神様』 『家に返してください』 と涙を流し天を仰ぐ炭治郎。 そんな炭治郎に 『帰ってどうなる』 と言う声! それは、天に向かい手を差し伸べる 炭治郎の手に付いている無惨の肉片でした! 『無意味なことをするのはよせ』 『禰󠄀豆子は死んだ』 『お前が殺したんだ』 無惨は、炭治郎に対し 負の感情を与えていました。 そんな中、炭治郎の背中を押す複数の手が現れました。 『嘘だ!』 『禰󠄀豆子は生きている』 『お前は嘘つきだ』 無惨 『余計な真似をするな亡者共!』 と言い、無惨は再び炭治郎に語りかける 『血の匂いがするだろう仲間達の』 『お前がやったのだ』 『誰もお前が戻ることを望んでいない』 それに対し、炭治郎は何度も反発しました。 すると、炭治郎に付いていた 無惨の肉片は無惨の人間型の姿に変化し 『黙れ!』 『お前は私の意思を継ぐ者!』 無惨 『自分のことだけを考えろ』 『目の前にある無限の命を掴み取れ』 炭治郎 『嫌だ。 俺は人間として死ぬんだ』 『無限の命なんか少しもほしくないいらない』 『みんなの所に帰りたい』 無惨 『お前だけ生き残るのか?』 『大勢の者が死んだというのに』 『お前だけが何も失わずのうのうと生き残るのか?』 と言い、無惨は炭治郎を肉片で覆い始めました。 炭治郎は涙を流し諦めかけていましたが その炭治郎の背中を強く押し上げてくれる手が出てきました! それ手の正体は、共に戦った柱達の手でした! 無惨 『こんなものお前の妄想だ』 『恥をしれ!やめろ!!』 と焦る無惨。 しのぶさんの匂いがすると感じる炭治郎。 そんな炭治郎の目の前に 藤の花が満開に咲いていました。 そして、藤の花の中から出てくる 炭治郎を迎え入れる手! 『お兄ちゃん帰ろう!』 これは、禰󠄀豆子の手でした! その手をしっかりと握りしめ涙を流す炭治郎 その光景をして焦り出す無惨! 『手を放せ!』 『こっちに戻れ』 『太陽すら克服したというのに』 無惨の必死に行動の中 炭治郎は禰󠄀豆子の手によって 上空へと導かれていました。 炭治郎にしがみつく無惨 『炭治郎待て!!』 『 待ってくれ頼む!!』 『私の意思を思いを継いでくれお前が!』 『お前にしかできない』 『お前は神に選ばれし者だというのがわからないのか』 『お前ならなれる!完璧な…』 『究極の生物に!』 そんな無惨の想いとは反し 藤の花からは多くの手が出てきており 炭治郎を引き上げ始めました! そして、花に包まれた炭治郎は 眠ったような顔になり 目を覚ますと禰󠄀豆子達のいる人間の世界に戻ってきました! 目を覚ました炭治郎をみて泣き出す禰󠄀豆子 「お兄ちゃん!」 炭治郎 「…ごめん、怪我」 「大丈夫…か…」 と涙を流す炭治郎。 それをみて炭治郎を囲んでいた鬼殺隊達は 「戻ったあぁぁあ!」 「炭治郎だあぁぁ!」 人間として生き返った炭治郎に 一同は歓喜しました! 人間として帰ってきた炭治郎に声を掛ける仲間達! 伊之助 「お前にやられた傷なんか…」 「たいしたこと…ねえぜ」 と言い息を切らしていました。 善逸 「俺は…」 「一生かけて…償ってもらうから…」 「妻の分も…」 と言い、禰󠄀豆子の方をみる善逸。 一安心する 義勇。 そして、最後に炭治郎に薬を打った カナヲも目を覚ましました。 皆がワイワイ騒ぐ中 部屋の中でその騒ぎを聞いていた 愈史郎は 「ふん、お前は死なないと思ってた」 そうつぶやいた愈史郎は 自分の懐から簪(かんざし)を取り出し 「珠世様」 「終わりましたよ」 と言い涙を流しました。 前回の話はここで終了しました。 愈史郎の想い 物語りは三か月後の産屋敷へ 炭治郎が見つめる先には桜が満開に咲いていました。 炭治郎はベッドの病室におり そこには、伊之助と善逸も横たわっていました。 禰󠄀豆子は傍のいすに座っていました。 禰󠄀豆子 「やっぱり手握ったりもできない?」 「こっちの手おじいちゃんみたいにしわしわになっちゃったね」 鬼化した代償で左手の肘から下は 感覚も無くなっている状態でした! さらに、右目も形が整っているだけで 機能を果たしていないようでした。 *戦いの代償は大きく残っています。 お兄ちゃんが人間に戻れてよかったと しみじみ思う禰󠄀豆子。 すると、炭治郎は 自分が鬼から人間に戻れた理由を言い始めました。 一番最初に噛んだのが 禰󠄀豆子だったことが幸いだったといいました。 無惨の細胞に対して免疫があったらしい *炭治郎の回想シーン 愈史郎 『しのぶの薬と禰󠄀豆子』 『もしどちらかが欠けていたら』 『お前は人間に戻れなかっただろう』 『つくづく運のいい奴だよ』 『そしてお前の鬼としての素質』 『一瞬で太陽を克服しているし』 『無惨より禰󠄀豆子より』 『お前には素質があったんだ』 『ギリギリまで自我が消えずにいたのも凄い事だ』 「本当によく頑張ったな。 」 「えらいよお前は」 と優しい顔で炭治郎に伝えました。 その言葉に涙を浮かべる炭治郎。 そして、病室を出る愈史郎に 炭治郎はその背中に何かを感じ 「愈史郎さん死なないでくださいね!」 「珠世さんのことずっと覚えていられるのは、愈史郎さんだけです。 」 と声を掛けました。 愈史郎もその炭治郎の言葉が響いたようで 何も言わずに部屋を出ていきました。 *今まで強い口調で炭治郎に接していた愈史郎が炭治郎のことを認めたのでしょう。 やはり、最後の鬼となった愈史郎は どこかで自分も消滅してしまおうと考えていたのかもしれませんね。 鬼殺隊の解散! 一方、柱である義勇は お館様の所に顔を出していました。 お館様 「来てくれてありがとう」 「今日が最後の柱合会議だ」 「実弥」 「義勇」 「柱は二人だけになってしまったね」 「他の子供たちも大勢いなくなってしまった」 「けれど私たちは鬼を滅ぼすことができた」 「鬼殺隊は今日で解散する」 義勇、実弥 「御意」 お館様 「産屋敷家一族一同」 「心より感謝申し上ます」 と言い、深々と頭を下げる。 それをみた義勇と実弥は 「顔を上げてくださいませ」 「礼など必要御座いません!」 そういって、義勇は 「輝利哉(きりや)様が立派に務めを果されたこと」 「御父上含め産屋敷家御先祖の皆様も」 「誇りに思っておられることでしょう」 それを聞いた輝利哉は 「ありがとうございます!」 と涙を流し感謝しました。 そんな中、炭治郎の病室には 音柱の 宇髄天元 (うずいてんげん)とその嫁達が見舞いに来ました。 皆、無惨との戦いに勝ったことを知っていたため 笑顔で炭治郎達を受け入れていました! 炭治郎の病室で大騒ぎしているなか 炎柱:杏寿郎の家族である 弟:千寿郎と父:槇寿郎も入ってきました。 槇寿郎は 「息子の…杏寿郎の鍔を付けて戦ってくれたそうだな」 「あの子もきっと喜んでいると思う」 と感謝の想いを伝えました。 受け継がれる想い 病室を出た炭治郎は 桜の木を眺めているカナヲを見つけました! カナヲは、 初代【花の呼吸】の剣士が植えた桜を見て 「叶ったよって教えてあげたい」と言っていました。 そんなカナヲは風柱から 伊黒さんの 鏑丸(かぶらまる)を貰っており それをみた炭治郎は 「わー!鏑丸!!」 「そうかそうか良かった」 と鏑丸から何か教えて貰ったようでした。 一方、禰󠄀豆子は風柱である 不死川 実弥(しなずがわ さねみ)と廊下で鉢合わせました。 禰󠄀豆子 「あー!こんにちわっ」 実弥 「ああ」 と何やら苦い顔をして応答する実弥。 すると、実弥が 「悪かったな色々…」 「無惨を倒した後も一悶着あったらしいが」 「俺はその間寝てたしよ…」 と申し訳なさそうな表情をしました。 実美の言葉に対し、禰󠄀豆子は 「私寝るのが好きです!」 と可愛い顔で答えていました! そして、それをみた実美は 自分の弟である 玄弥の面影を感じました。 玄弥 『寝るの好きだ』 『腹減らねぇから!』 そして、禰󠄀豆子の頭を優しくなでました。 実弥 「元気でな」 と言い、去っていく実弥。 この一連の流れに ドキドキしている禰󠄀豆子! それを見た善逸は 「はぁ?」 「何してんのアイツ」 「はああ?」 「はあーーー!?」 と髪と眉を逆立てながら怒る善逸! 鬼がいなくなり、平和になった今 炭治郎や伊之助、善逸達は 仲良く暮らしており義勇達と何気ない会話をしていました。 戦いで亡くなった人達の墓参りにも 炭治郎達は行っており平和に暮らしていました。 そして、時は流れ 時代は現代!! ビルが多く立つ まるで都会のような描写が描かれていました!! ここで、204話は終わりとなりました。 まとめ 今回の内容は、炭治郎達が無惨との決戦を終え 悪い鬼が居なくなった世界が描かれていました。 共に戦った仲間や柱のメンバー達と 多くの存在を失ってしまいましたが それでも生きて行かなくてはいけないと 改めて感じた炭治郎達! 平和を取り戻し何気ない会話を繰り広げている 幸せそうな皆の姿が描かれていました! 自分も気になっていた鬼として存在している愈史郎ですが やはり、消滅する事を考えていたようで それを察した炭治郎が止めるような言葉をかけていました。 今月はお金がなく買うのが苦しい。

次の