アクロバット。 アクロバットを難易度順に技ご紹介!種類別一覧とやり方を解説!

PDFファイルを自由自在に編集できるアドビ Acrobat [PDF作成・編集・変換] All About

アクロバット

Adobe Acrobatとは、米(Adobe Systems)社が開発・販売している、の文書ファイルの作成や編集を行うためのソフトウェア。 Windows版と(Mac OS X)版があり、PDFファイルの閲覧のみに機能を限定した「」は無償で配布されている。 PDF(Portable Document Format)は同社が開発した文書ファイルの形式の一つで、閲覧側のソフトウェア環境の違いに影響されずどこでも同じように表示・印刷できるのが大きな特徴。 コンピュータで作成した文書の配布形式として広く普及している。 Adobe Acrobatは同社によるPDF作成などのためのソフトで、のようにOSに組み込まれ他のアプリケーションソフトの印刷機能を利用してPDFファイルを出力することができる。 PDFファイルの編集機能もあり、文章などを表示されたのまま編集したり、文書本体の上に注釈を書き入れたりすることもできる。 2015年からはAdobe Document Cloud(Adobe DC)製品群の一環として「Adobe Acrobat DC」が正式名称となっているが、現在でも慣用的にAdobe AcrobatあるいはAcrobatと呼ばれることが多い。 他の辞典の解説 (外部サイト)• 〜 『 ウィキペディア』 による解説• 〜 『 ASCII. jpデジタル用語辞典』 による解説• 〜 『 Insider's Computer Dictionary』 による解説• 〜 『 吉田印刷所 DTP・印刷用語集』 による解説• 〜 『 IT用語辞典バイナリ』 による解説• 〜 『 PC Magazine』 英語 による解説• 〜 『 Techopedia』 英語 による解説• 〜 『 Computer Hope』 英語 による解説• 〜 『 WhatIs. com』 英語 による解説 関連リンク (外部サイト)• - Adobe社による製品紹介 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

アクロバット★少年 Official web site

アクロバット

綱渡り アクロバット(acrobatics)とは、常人には行いがたい身軽な身体運動や熟練の身体運動のこと。 またそれを行う人物。 および競技として行われるアクロバットということばは、の akros(高い)と bat(歩行)からきている。 では 軽業や 曲芸とも言い、これを行う人物を 軽業師、 曲芸師と言う。 バランス、機敏さ、コーディネートの高度な技を要する全身運動(特に短時間に爆発的な動作を伴うもの)を用いた舞台芸術やスポーツはいずれもアクロバットとみなすことができ、、およびなどの各種スポーツ、時には宗教行為にも含まれる。 また、ここから転じて秒刻みで多数の用件をこなすスケジュールといったものをアクロバット的(またはアクロバティックな)と表現することがある。 「郊外の軽業師」アクロバット 1877年 アクロバットの伝統は多くの文化に存在する。 西洋では、のの遺跡では、雄牛の背に乗って行われているアクロバットの描写が見られ、何かのであった可能性が指摘されている。 の宮廷では、その他を伴ったアクロバットの実演がしばしば行われていた。 初め、この言葉は綱渡りに対して用いられていたが、には、やなどの芸に対しても用いられるようになった。 19世紀後半には、を含むアクロバティックな体操がヨーロッパで競技になった。 東洋におけるアクロバットの歴史 [ ] では、アクロバット(百劇)は2500年以上前の以来の文化の一部である。 当時、アクロバットは村のの一部として行われた。 時代には、ヨーロッパ中世の宮廷におけるからの発展とよく似て、宮廷を中心に散楽というアクロバットが発展した。 日本においては、が盛んだったに多くの軽業師が活躍した。 出身のは特に人気があり、に描かれ、にいち早く海外公演も行なっている。 それに続いてで日本の風物が紹介されのをきっかけに、日本の軽業公演の要請が増え、から時代にかけて、数多くの軽業師が渡欧し、好評を得た。 日本の軽業は在留の外国人を驚かし、その中の一人である商人のバンクスは、慶応2 1866 年、足芸の浜碇定吉一座、手品の一座らをアメリカ人のサーカス曲芸師リズリー(1864年に来日し、西洋式曲芸を日本で初めて披露した)の帰国に合わせて渡米させ、リズリーをマネージャーに「帝国日本一座(Imperial Japanese Troupe)」として巡業させた。 一行は各地で絶賛され、にまで謁見し、にも出演、をはじめ各地を回り、ジャパニーズ・アクロバット・ブームを引き起こした。 定吉は明治17 1884 年に帰国した。 競技アクロバット [ ] アクロバットという言葉をスポーツとして最初に用いたのはのである。 には最初のが開催された。 かつては「スポーツアクロバット」や「スポーツアクロバティクス」と呼ばれていたが、現在の公式名称は「アクロバティック体操」(Acrobatic Gymnastics)であり、その他「アクロ体操」(Acro-gymnastics)とも略称される。 競技アクロバットは5つのカテゴリに分けて行われる。 男子ペア• 女子ペア• 混合ペア(ミックス)• 女子団体(トリオ)• 男子団体(メンズフォー) いずれもにあわせてられる。 競技の構成にはダンス、タンブリング、連携技術、バランス技、動き技などが含まれる。 動き技には空中での運動が含まれ、バランス技にはポーズや静止が含まれる。 スポーツアクロ体操は、体操競技の床演技で使用するフロアと同じフロアで演技を行う。 それぞれチームで演技を行い、組の技と床運動とダンスなどの要素で競技が行われる。 各種目は3競技あり、静止技を中心としたバランス演技、宙返り系を中心としたテンポ演技、静止技、宙返り技を複合したコンビネーション演技(ミックス演技)に分かれている。 一つの演技で使用する音は2分30秒で声の入ってない曲とされる。 それぞれの演技で特別要求があり、組の技、個人技に分かれ、特別要求不足や演技構成失敗、静止時間の不足、キャッチミスなどで減点されていく。 (マット上の回転運動)もかつては含まれていたが、の世界選手権にて廃止となった。 ただし、タンブリング競技を継続している競技アクロバット団体も多い。 タンブリングでは一般に、助走、、の3つの動きの連続技を競う。 脚注 [ ]• [ ]• Schodt, Stone Bridge Press, Dec 4, 2012• Yuki Allyson Honjo, Routledge, Dec 19, 2013• 日本の軽業を真似たトリック・フィルム• [ ]• 参考文献 [ ]• 『海を渡った幕末の曲芸団(高野広八の米欧漫遊記)』、中公新書、1999年• 『大世紀サーカス』、朝日新聞社、1984年(高野広八日記をもとにした小説)• 、洛陽堂、1913年(曲芸団の座員として幕末期に海を渡った男の数奇な人生を描いた小説)• 『ロンドン日本人村を作った男』小山騰、藤原書店、2015年(幕末・明治の日本の軽業曲芸の海外公演を仕掛けたオランダ人興行師の足跡)• 『海外公演事始』倉田喜弘、東京書籍、1994年 ギャラリー [ ]•

次の

株式会社 アクロバット

アクロバット

箇条書きや文字列の折り返しなど、WordやPower Pointといった元ファイルで設定された書式を保持したまま、テキストや画像の編集がより高精度に行えるようになりました。 カメラで撮影した画像の文字もPDF上でOCR認識し、さらにテキストとしてそのまま編集可能な「ドキュメントマジック」も新たに搭載しました。 「Adobe Acrobat Standard DC」と「Adobe Acrobat Pro DC」 「Adobe Acrobat DC」には、「Adobe Acrobat Standard DC」と「Adobe Acrobat Pro DC」の二つのエディションがあります。 それぞれの機能・環境・対応する旧バージョンの違いをご紹介します。 Adobe Document Cloud(Adobe DC) 新しい働き方というコンセプト、それがAdobe Document Cloud(Adobe DC)です。 Adobe DCサービスのAcrobat DCは、さまざまな文書業務を支援する強力なツールを備えているだけでなく、それらを時間や場所にとらわれずスムーズに実行できる環境を提供します。 刷新されたユーザーインターフェイス、Acrobatモバイルアプリ、そしてAdobe DCサービスとの連携により、Acrobatのパワーをデスクトップからモバイルにまで拡張できます。 ライセンス体系と料金 ライセンス体系別の料金については、価格ページにご紹介しています。 たよれーる Adobe Acrobat DC 「たよれーる Adobe Acrobat」は、「Adobe Acrobat DC」と、大塚商会の「たよれーる」サポート&サービスを組み合わせたサービスです。 サブスクリプション方式でのご提供なので、追加料金なく、常に最新機能やセキュリティのアップデートをご利用いただけます。 ライセンス管理の一元化、ライセンス数の増減のしやすさでコストダウンなどのメリットがあります。 サブスクリプション購入をお勧めする四つの特長 いつでも・どこでも作成・編集できる Creative Cloud グループ版と一緒に管理 Creative Cloud グループ版をご利用なら、同じ管理画面上でAcrobatも管理できます。 利用者を指名して運用できることでライセンス管理のコンプライアンス向上につながります。 コスト予測がしやすく、また低い初期投資額から始められます。 いつでも最新の機能を利用可能 ソフトウェアのバージョンアップに追加費用は発生しません。 タイムリーに新機能が通知され、各利用者は任意のタイミングにアップデート形式で入手できます。 異なる言語版も1ライセンスで対応可能 社内の標準PCには日本語ライセンスをセットアップし、出張用のモバイルPCには英語版をセットアップしておいても、サブスクリプションなら必要な購入数は1ライセンスです。 コスト削減につながります。 サブスクリプション版でのAcrobat導入を決めたお客様の声.

次の