オタク に 恋 は 難しい 実写 化。 映画『ヲタクに恋は難しい』公式サイト

【映画】ヲタクに恋は難しいのあらすじネタバレと感想!見どころも紹介!

オタク に 恋 は 難しい 実写 化

原作ファンからすると、実写化されることで変にイメージがその役者さんで固定されちゃうから嫌やったりするよな〜。 今回はなんで、そんなに批判されてるん?? 「二次元だから良い」と言う意見が多数 ヲタ恋実写化はほんとダメだって。 高畑充希さんは 女子ーズで福田作品に出演してますね。 女子ーズは 有村架純・山本美月・桐谷美玲・藤井美菜・高畑充希の5人が出演した特撮ヒーロー映画なんですが、ハンパないメンツですよね。 福田作品では、普通ではありえないキャスティングも観れるので、今回のヲタ恋でもサプライズがあるかも知れません。 そんな高畑充希さんが演じる桃瀬成海は 職場では一般人を演じるあざといタイプで自身がヲタクであることを隠してます。 二藤宏嵩とは幼少期からの付き合いで、 唯一ヲタクであることをさらけ出せる存在なんですね。 そんな二人が付き合うことでストーリーが進んでいきます。 福田組の常連である、佐藤二朗・ムロツヨシ・賀来賢人さんの3名の出演も確定しました。 映画オリジナルキャラクターということですが、予告映像では 「三大神、降臨!? ヲタク大ピンチ!! 」というタイトルでしたね。 映画ヲタ恋ではミュージカル調の演出もあるそうなので、何とも賑やかな映画になりそうです。 福田組作品ということで原作を超える展開を期待したいですね。 映画『ヲタクに恋は難しい』は2020年に上映予定!! いかがでしたでしょうか? 映画『ヲタクに恋は難しい』は 2020年2月7日に上映予定とされてます。 追加キャストの発表があると思うので、その時にまた情報を更新したいと思います。 ちなみには現在7巻まで発売されており、11月ごろに8巻が発売される予定です。 最新刊を実質無料で読む方法も紹介してるので、ぜひそちらの記事もチェックしてみてください。

次の

内田真礼:映画「ヲタクに恋は難しい」で本人役 賀来賢人が熱狂する声優アイドルに オリジナル楽曲披露

オタク に 恋 は 難しい 実写 化

原作はイラスト投稿サイトで連載されたWEB漫画で、ブックマーク歴代1位、次にくるマンガ大賞「本にして欲しいWebマンガ」部門1位を受賞。 待望のコミカライズ後は「このマンガがすごい!オンナ編」第一位を獲得し、2018年にはテレビアニメもオンエア。 オタク文化を尊重しながらその生態と恋愛模様を微笑ましく描き、当事者と観察者の両方から指示を得ることに成功しました。 メインとなるのはBL(ボーイズラブ)を愛するもヲタバレを怖れる隠れ腐女子のOL桃瀬成海と、廃人レベルのゲームヲタクながら仕事もデキるイケメン二藤宏嵩のカップル。 本作は、恋愛不適合な二人の不器用な恋が、ヲタクあるあるを紹介しながら少しずつ進展していくハッピーコメディです。 人を傷つけない限り楽しんだ者勝ち 興味深いヲタクの世界はネタの宝庫ではありますが、物語の本質は必ずしも彼らのような趣味人でなくとも通じるものがあります。 幼馴染みの再会、同質の人間同士でコンビを組む事のリスクとメリット、似ているようでも厳然としてある個体差、性差、我慢、妥協、歩み寄り、好きな人の好きなものを好きになろうとする努力について。 そしてありのままに生きることと、ありのままを愛すること。 ピュアで前向き、個性的な登場人物が次々と現れ、生き辛さを感じている現代人の背中を「人を傷つけない限り楽しんだ者勝ちだ」と押してくれそうです。 福田監督のノウハウが生きたキャスティング 特筆すべきは、「銀魂」シリーズで成功した福田監督のノウハウが生きたキャスティング。 二次元のキャラクターを三次元に具現化する中で、これほどメジャーな役者たちが主要キャストとしてハマることは珍しい現象と言えるでしょう。 小柄な腐女子をヒロインとするミュージカル調コメディに高畑充希以上の適任者は考えられませんし、実写化請負い人であり福田組も二度目となる山﨑賢人も歌やダンスなど新境地を開拓。 映画化が決まる前から原作ファンの間でレイヤーの小柳花子役に切望されていた菜々緒はコミックから抜け出したような完璧な花子ぶりを発揮しています。 また自身も映画監督として活躍中の斎藤工は、トータルバランスを憂慮しながらも樺倉太郎を菜々緒と釣り合う男として大胆に表現。 原作のテイストを忠実に守る主張キャスト陣と、福田組の常連であるムロツヨシ、佐藤二朗、賀来賢人らの強烈なコメディパワーとが化学反応を見せ、歌とダンスで弾けます。 かつては日陰者の総称だったヲタク達も、今はメディアや言論を牽引し、より堂々と自己表現をする時代。 夢に生きる喜びを伝える、究極の娯楽超大作です! マンガ.

次の

映画【ヲタクに恋は難しい】あらすじキャスト見どころ!一生懸命な「ヲタク」の不器用な恋愛を描いたエンタメ映画

オタク に 恋 は 難しい 実写 化

実写映画『ヲタクに恋は難しい』が2019年に公開。 キャストと監督が発表された。 『ヲタクに恋は難しい』はpixivで2014年から連載された、ふじたによる同名ウェブ漫画をもとにした作品。 原作漫画は今年4月にアニメ化され、コミックスの累計発行部数は700万部を突破している。 発表されたキャストは、桃瀬成海役の高畑充希、二藤宏嵩役の山崎賢人。 監督は福田雄一が務める。 歌って踊るミュージカルシーンを交えた内容になるという。 『ヲタクに恋は難しい』は、「隠れ腐女子」のOL・桃瀬成海と幼馴染でゲームオタクの二藤宏嵩の恋模様を描いた作品。 恋人と別れたばかりの成海が、オタク同士で付き合うメリットを説く宏嵩と交際を始めるが、数々の試練や困難に遭遇するというあらすじだ。 高畑充希は「福田監督とは出会ってから10年程になりますが、監督と俳優、である前に、ミューヲタ仲間だと私は勝手に思っています。 お互い重度のミュージカルヲタクで、お肉を食らいながらミュージカル愛を語り合った夜は数知れず…。 ヲタ同士は深い絆で繋がるのだ!と、福田さんに教わったような気がします(笑)」とコメント。 山崎賢人は「歌うことは好きですが踊りはかなり苦手なので高畑充希さんと釣り合うかどうかとてもプレッシャーですが、同時にとっても心強くもあります」と語っている。 舞台『ヤングフランケンシュタイン』『ブロードウェイと銃弾』などでこれまでもミュージカルの演出を手掛けてきた福田監督は、「せっかくアニメ、コスプレというキーワードもあるので、ちょいと歌ったり踊ったりしようと思います。 ずっとミュージカルを演出してきたことが、やっとこここで活かせそうです」とコメントしている。 撮影は10月から11月に行なわれる予定。 高畑充希のコメント 福田監督とは出会ってから10年程になりますが、監督と俳優、である前に、ミューヲタ仲間だと私は勝手に思っています。 お互い重度のミュージカルヲタクで、お肉を食らいながらミュージカル愛を語り合った夜は数知れず…。 ヲタ同士は深い絆で繋がるのだ!と、福田さんに教わったような気がします(笑) その、普段私がミュージカルに注いでいるやや重めの偏愛を、今回は漫画やゲームやコスプレにたっぷり注いで、少しでも成海ちゃんに近づけるよう、真摯に一生懸命頑張りたいと思います。 共演の山崎さんとは、こんなに近いところでお仕事しているにも関わらず実は一度もお会いしたことがなく。 この作品で会うために今までとっておいたんだな!ご縁だな!と思っています。 とっても愛されキャラだと伺っているので、お会いできるのが楽しみです。 出来上がりが想像もつかないジェットコースターに乗ってしまいました。 頑張ります! 山崎賢人のコメント 僕は福田さんの事を笑いとミュージカルとご飯のヲタクだと思っています。 ご飯を残したときの福田さんはとても厳しかったです。 ミュージカルの演出をするときも厳しいそうです。 そして賀来賢人くんから福田組は2回目からが怖いとも言われています。 それだけ熱意のある福田監督とミュージカルラブコメディを作れることがとてもうれしいです。 歌うことは好きですが踊りはかなり苦手なので高畑充希さんと釣り合うかどうかとてもプレッシャーですが、同時にとっても心強くもあります。 みっちり練習して、福田組の皆さんと共に 最高に楽しい映画をお届けできるよう頑張ります。 福田雄一監督のコメント 僕は「ヲタク」という人達を心の底から尊敬しています。 ひとつのことにすべてを捧げて熱中出来る精神は素晴らしいものです。 おかげで僕の組のスタッフはヲタクが多いです。 僕もそんなスタッフとモノづくりをするのが楽しいのです。 今回はそんな魅力的なヲタクの男女が様々な障害?を乗り越えて恋をするコメディ原作を頂きました。 かねてからコメディをもう一度ご一緒したかった高畑充希ちゃん、山崎賢人くんにこの2人を託しました。 きっと尊敬に値する魅力的なヲタクを演じ切ってくれるに違いありません。 せっかくアニメ、コスプレというキーワードもあるので、ちょいと歌ったり踊ったりしようと思います。 ずっとミュージカルを演出してきたことが、やっとこここで活かせそうです。 ふじたのコメント 正直、嬉しい半面不安に思う気持ちもありました。 自分が描いた漫画が実写で映画化なんて当然初めての経験ですし、どういう形になるのかが未知数だったからです。 しかし、W主演の高畑充希さん・山崎賢人さんなど豪華なキャスティングや、福田監督によるミュージカルを交えた演出など、なにやらおもしろそうな仕掛けがたくさんで、これはいろんな意味でおもしろい、まったく新しい『ヲタ恋』になるんじゃないか!とワクワクしています。 私は、漫画をそのまま何も変えずに作ることだけが映像化における正解だとは思っておりません。 作る側も観る側も楽しんでくれる作品にしていただけたら、原作者としてこれ以上の喜びはありません。 完成がいまから楽しみです。

次の