吉田 さん の 携帯 で 間違い ない です か。 間違いメールにご用心! 【なりすまし詐欺の手口】 (2018.2.7 追記しました) :ガラス工芸 松岡順子 [マイベストプロ福岡]

NGT48は「足の引っ張り合いが異常」? 吉田豪の“ネットの情報は嘘”発言に「説明がないせい」と批判(リアルライブ)

吉田 さん の 携帯 で 間違い ない です か

トークテーマ「間違い電話」 吉田 「この前、何かのリハのときになぎちゃんが『アカリンさん、携帯なくなった!』みたいな、言い出して。 」 石田 「うん。 」 吉田 「『携帯がない~!』って言うから、『かけてあげるわ』って言って。 なぎちゃんの電話番号を教えてもらって、かけたんですよ。 」 石田 「うん。 」 吉田 「ほんで、なぎちゃんは向こうのほうで『ない!ない!』って探してて。 ほんだら、電話に誰か出てん。 『もしもし』って言われて、全然知らん人が出て。 」 石田 「うん。 」 吉田 「えっ!?ってなって、凪咲!?ってなって、わたしもパニックになってんけど、『あっ、すいません。 間違いでした。 ごめんなさい』って言って切ってんやん。 」 石田 「うん。 」 吉田 「で、『凪咲~!携帯番号間違ってんで!』って言って 笑 」 石田 「うん。 」 吉田 「『違う人が出たで!』って言ってたら、『うそ~?』とか言ってて 笑。 『あっ、携帯ありました』とか言って戻ってきて 笑。 『机の上にありました~ 笑 』って。 机の上にあってんやんか 笑 」 石田 「あ~。 」 吉田 「で、『誰の携帯番号を教えたん?』って聞いたら、『あっ!ママや!』って言って 笑 」 石田 「お母さんかい! 笑 」 吉田 「そう、お母さんに間違い電話をしちゃってん 笑 」 石田 「めっちゃ面白いやん 笑 」 吉田 「なぎちゃんは本当にド天然なんですよ 笑 」 石田 「ド天然の中に可愛さがあるよね。 」 吉田 「そうそう。

次の

富士山の携帯電話事情

吉田 さん の 携帯 で 間違い ない です か

サンプドリアDF吉田麻也は、自身の去就について語るのは時期尚早だと主張した。 プレミアリーグのサウサンプトンで7シーズン半を過ごした吉田は、今冬の移籍市場でセリエAのサンプドリアに期限付きで加入。 3月に新天地デビューを飾ったが、その後新型コロナウイルスの影響でセリエAは中断され、今後の行方は不透明のまま無期延期の状態が続いている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で、移籍までの経緯について問われた吉田は「決めるまでに数時間しかありませんでした。 (サウサンプトン時代のチームメイト)マノーロ(ガッビアディーニ)と話をし、その後ガストン(ラミレス)と話しました」と明かすと、来シーズン以降の去就について自身の考えを示した。 「最初はこの移籍話を信じられませんでした。 でも僕はプレーしたかったですし、サンプがチャンスをくれました。 4年間日本代表チームで指揮を執った(アルベルト)ザッケローニは常に『君はイタリアで成功できる』と言っていました。 この一言が僕の頭の中に残っていたのかもしれないです」 「イタリアに留まるかについて答えるのは時期尚早です。 僕はこのチャンスを活かし、サンプドリアをセリエA残留に導くためにここに来ました。 まずは、この目標を達成しなければいけません」 そして、新型コロナウイルスの影響を受ける現状について「イタリアで状況が悪化し、イギリスもそれに続きました。 現状はさらに複雑です。 でも、イギリス政府の経済対策はファンタスティックです。 安全面が保証されればすべてが再開できると思います」と言及。 その一方で、すでにリーグ戦の打ち切りを決めたヨーロッパの2カ国については「警戒する必要はあります。 でも、オランダとフランスは決断を急ぎ過ぎたと思います」と語っている。

次の

「ザックの言葉が頭に残っていたかもしれない」吉田麻也がサンプ移籍や今後の去就に言及

吉田 さん の 携帯 で 間違い ない です か

サンプドリアDF吉田麻也は、自身の去就について語るのは時期尚早だと主張した。 プレミアリーグのサウサンプトンで7シーズン半を過ごした吉田は、今冬の移籍市場でセリエAのサンプドリアに期限付きで加入。 3月に新天地デビューを飾ったが、その後新型コロナウイルスの影響でセリエAは中断され、今後の行方は不透明のまま無期延期の状態が続いている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で、移籍までの経緯について問われた吉田は「決めるまでに数時間しかありませんでした。 (サウサンプトン時代のチームメイト)マノーロ(ガッビアディーニ)と話をし、その後ガストン(ラミレス)と話しました」と明かすと、来シーズン以降の去就について自身の考えを示した。 「最初はこの移籍話を信じられませんでした。 でも僕はプレーしたかったですし、サンプがチャンスをくれました。 4年間日本代表チームで指揮を執った(アルベルト)ザッケローニは常に『君はイタリアで成功できる』と言っていました。 この一言が僕の頭の中に残っていたのかもしれないです」 「イタリアに留まるかについて答えるのは時期尚早です。 僕はこのチャンスを活かし、サンプドリアをセリエA残留に導くためにここに来ました。 まずは、この目標を達成しなければいけません」 そして、新型コロナウイルスの影響を受ける現状について「イタリアで状況が悪化し、イギリスもそれに続きました。 現状はさらに複雑です。 でも、イギリス政府の経済対策はファンタスティックです。 安全面が保証されればすべてが再開できると思います」と言及。 その一方で、すでにリーグ戦の打ち切りを決めたヨーロッパの2カ国については「警戒する必要はあります。 でも、オランダとフランスは決断を急ぎ過ぎたと思います」と語っている。

次の