こんな 夜更け に バナナ かよ モデル。 こんな夜更けにバナナかよの実在モデルは鹿野靖明!現在や家族についても|たのしかおもしろか

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち

こんな 夜更け に バナナ かよ モデル

こんなことが書かれているよ• 「こんな夜更けにバナナかよ」の作品紹介 引用:「映画. 原作は渡辺一史の「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」で、実話を元にした映画なんだ。 監督は前田哲、脚本は橋下裕志で、主なキャストとして大泉洋、高畑充希、三浦春馬が出演しているよ〜。 こんな夜更けにバナナかよの主な登場人物 公開日 2018年12月28日 監督 前田哲 脚本 橋本裕志 主題歌 ポルノグラフィティ「フラワー」 【キャスト】 鹿野靖明(大泉洋) 重度の筋ジストロフィー患者。 体は不自由だけど、ボランティアに囲まれて幸せな自立生活を送っている。 叶えたい夢をたくさん持っている。 安堂美咲(高畑充希) 彼氏の田中に会いに来るはずが勘違いで鹿野のボラに。 教育大生を名乗っているけど、実はフリーター。 田中久(三浦春馬) 医学生で、鹿野ボラをしているが鹿野にはいつも怒られてばかり。 父の病院を継ぐために医大に通っているが、進路に迷ってしまう。 「こんな夜更けにバナナかよ」のあらすじ 舞台は北海道の札幌市。 主人公の鹿野靖明(大泉洋)は子供の頃から難病の筋ジストロフィーを患っていて、自分で動かすことができるのが首と手だけ。 24時間介助してくれる人がいないと生活することができないのに、医者の言うことを聞かずに病院を飛び出して、自分で集めたボランティアの人たちと自立生活を送っているんだ。 ここからはネタバレ注意! 鹿野を助けるボラ(ボランティアの略称)の中には、医大生の田中久(三浦春馬)がいたんだけど、その様子を見にきていた彼女の安堂美咲(高畑充希)も ボラ志願者の1人として勘違いされちゃうんだよ。 そんな勘違いから美咲も鹿野のボラとして家にくるようになったんだけど、鹿野のわがままな態度に一度は逃げ出してしまうんだよね。 それでも鹿野からの手紙を読んだり、他のボラと一緒に時間を過ごしていくことで、 次第に鹿野の魅力に気づかされていくんだ。 鹿野はそんな美咲に恋をして、だんだんと2人の距離も近づいていくんだけど、そんな2人に困惑してしまうのは美咲の彼氏である田中。 「同情心があればなんでもできるのか?」と美咲を問いただして、2人の関係は冷めていってしまう…。 しかも田中は医者になる志を疑い始めて、ついに医者になることを諦めてしまうんだ。 時間が流れるにつれて美咲との関係が良くなるのに対して、 鹿野の病状は悪化してしまう。 心臓の筋力が弱っていって、呼吸をするのもやっと。 いよいよ呼吸ができないとなって、彼は人工呼吸器を付けることを決心する。 だけど人工呼吸器を付けてしまうと声を出せなくなってしまうから、その後は口パクで会話することになるんだよね。 そんなある日、美咲がある論文を見つけて、人工呼吸器を付けていても声を出すことに成功した人の話を鹿野にしたんだ。 なんと!それから鹿野は声を出せるようになって、念願のカラオケもできるまでに回復したんだよ! 鹿野は自身の退院パーティで美咲にプロポーズするんだけど、美咲はそれを断っちゃった。 まだ田中のことが引っかかっていたみたいなんだよね。 その後田中は再び医学の道を志して、そして美咲も自分の夢を追いかけることに決めたんだ。 田中と美咲が付き合っていたことを知った鹿野も、 2人を心から応援するんだよね。 7年後、鹿野は亡くなってしまうんだけど、田中は医師、美咲は先生として、 天国にいる鹿野に見守られながら自分の未来を進んでいく姿は感動だね。 「こんな夜更けにバナナかよ」の見どころ 鹿野の優しさが垣間見えるラブレター 冒頭のシーンで鹿野はほんとにわがままで嫌な奴って感じで、周りの人にも気を遣わずにあれこれ指図してる。 ボラになったばかりの美咲も同じような扱いを受けて、それが気にくわなくて鹿野の家を出ていってしまうんだ。 そんな美咲を気遣って鹿野が書いたのは美咲へのラブレター。 鹿野が人を想う気持ちが垣間見えるシーンで、少し安心したよ〜。 人工呼吸器をつけながら声が出た瞬間 人工呼吸器をつけて声を出すなんて、って周りのみんなが思っていたんだけど、鹿野はそれをやり遂げたんだ。 彼の根気強さがとても心に刺さるし、何事も諦めずにやってみないと、と勇気が出る瞬間だね。 夢を持ち続ける鹿野 鹿野は終始自分の夢を捨てることはなかったんだ。 20歳までの命だと言われた時も、美咲が出ていってしまった時も、声が出せなくなると言われた時も。 どんな場面でも「〜をしたい」という気持ちを忘れることなく、小さなものから大きなものまで、夢を追いかけ続けんたんだよね。 それは今の自分に足りないことかもしれないなって、考えさせられたね。 ここから登録で2週間無料で体験できる! 「こんな夜更けにバナナかよ」の感想 正直見始めた時は鹿野の態度が悪すぎて嫌いになりかけたよ。 でも物語が進んでいくうちに彼なりの信念が見えてきて、生きることの苦しさも、喜びも、心から噛み締めているような鹿野の姿がグッときたんだよね。 ボランティアの人がたくさん集まる理由もよくわかった気がしたよ。 美咲と田中も、鹿野と出会って同じ時間を過ごすにつれて人生観が変わっていく様子が見てとれて、 観ている私も生きる勇気をもらえたんだ。 役者さんの演技もとてもキャラが立っていて、わがままに生きながらも憎めない性格でみんなから愛されているような鹿野にぴったりの大泉洋さん。 そして芯のぶれない可愛らしい性格の女の子、美咲に高畑充希さん。 自分に自信がないながらも必死に未来を模索する田中に三浦春馬さん。 全員が役柄にぴったり合っていて、ストーリー展開に違和感がまったくなかったよ。 映画の中ではみんなに愛される夢を捨てない鹿野がたくさん描かれていたんだけど、鹿野さんが抱いていた負の感情というか、みんなに見せていなかった葛藤とかが見られたらより深みが出たのかなーと思うね。 「こんな夜更けにバナナかよ」をオススメしたい人 自分の未来に不安を抱えてる人に見てほしい! 自分の思いに芯があってそれを貫いていれば、いつのまにか周りには手助けしてくれる人が集まってくる。 「生きることは人に迷惑をかけることだ。 」と割り切って生きる彼の姿には、きっと勇気付けられると思う。 鹿野の周りの人がそうだったように、自分が病気を抱えていなくても、病気をものともせずに強く生きる鹿野に突き動かされる人がたくさんいるんじゃないかなと思うんだ。 ちょっと元気が無くなった時、未来に希望が見えなくなってしまった時、鹿野の姿を見てクスッと笑って勇気をもらってみるのもひとつの方法なんじゃないかな。 ここから登録で2週間無料で体験できる!.

次の

僕が「こんな夜更けにバナナかよ」を書いたワケ

こんな 夜更け に バナナ かよ モデル

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」という映画が大泉洋主演で2018年冬に公開されます。 これは、筋肉が衰えていく筋ジストロフィーという難病と闘いながらも、多くのボランティアに支えられ、「王様のように」暮らした鹿野靖明(しかの やすあき)さんについての実話です。 🍌🍌主演:大泉洋!映画化決定!🍌🍌 \オール北海道ロケで贈る、笑って泣ける最高の感動作/ 映画『 愛しき実話』が、2018年冬に全国公開決定! さんが実在の人物を演じ、 さんと さんが共演します! 🍌 — 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 bananakayomovie 全編北海道ロケで、5月下旬にクランクインだそうです。 鹿野晴明さんの生き様やエピソード、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の原作について調べてみました。 スポンサーリンク 目次• 鹿野靖明さんはどんな人? 鹿野靖明さんの経歴は以下の通りです。 ・1959. 26札幌市生 p. 47 ・1972 国立療養所八雲病院に入院 15歳まで ・ 北海道立真駒内養護学校(札幌市)高等部卒業(p. 144) ・ 身体障害者職業訓練校経理事務科入学 1年間簿記、珠算、タイプなどを学ぶ。 ・1979. 北海道リハビリテーション・センターに訓練生として入所 施設に併設される寮の4人部屋で暮らす(p. 144) ・1982? に入会アパートで自立 ・1983. 23施設を出る(p. 179) ・1984 札幌市白石区のアパートに入居(p. 結婚 ・1992 離婚 ・1995 人工呼吸器装着 ・1995. 18「介助ノート」始まる 2002. 10まで95冊 (p. 439) ・2002. 12逝去 参考元: 筋ジストロフィーという病気は介護なしでは生きていくことができません。 しかし鹿野さんは施設ではなく、介護を受けられる実家ではなく、自立することを選んだのです。 親に自分の為だけに人生を費やしてほしくない、そして、自分も人として普通に生きていきたい、という希望を無償と有償のボランティアを組み合わせることで実現したのです。 ここに、彼の 「生きることを諦めない」 覚悟が表れていますね。 鹿野靖明さんの代表的なエピソード 筋ジストロフィーは全身の筋肉が徐々に衰えていきます。 呼吸器系の筋肉も衰えていった為、30代の頃から人工呼吸器を装着していました。 人工呼吸器を着けていると、器具と器官の間に痰が詰まることがあります。 この痰を特別な機械を使って吸引する為に、ボランティアが24時間必要なのですね。 しかし夜中に些細なことでボランティアを起こすのは気が引けますよね。 そこを鹿野さんは遠慮しませんでした。 遠慮せずにボランティアを起こして バナナを求めたのです。 鹿野さんはボランティアに 「介護とはどういうものか」ということを身をもって教えていました。 障碍者はかわいそうな存在ではなく、ボランティアは崇高な存在ではない。 どちらも普通の人間で、希望やわがまま、イラつき、怒り、そして尊敬があるものだと。 キレイごとではない介護を身をもって教えていたのが鹿野さんなのです。 そうしようと思ってしたわけではなく、自分の生を追求したらそうなった、という印象を受けました。 結婚相手と子供 鹿野さんは結婚を経験しています。 結婚するときに、彼女のお母さんから「娘をだまさないでくれ」と懇願されたそうですが、結婚。 お子さんはおられなかったようですね。 やりたいことを遠慮しなかった鹿野さんの生きざまだと感じました。 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」に原作はあった? スポンサーリンク 映画の「こんな夜更けにバナナかよ」には原作がありました。 渡辺一史さんが書いている 『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』という本が出版されています。 ノンフィクションです。 鹿野さんは無償、有償ボランティアを組み合わせて生活していましたが、原作を執筆した渡辺一史さんはその著書の中で複雑な思いを吐露しています。 どこまでも自分自分を押し出してくる鹿野さんを記述していて、これをどこに収束させていけばよいのか、しかしただの崇高な障碍者と介助するボランティアの話ではなく、その先に伝えなければならないことがあるのではないか。 時に鹿野さんに対するどす黒い思いを感じながらも取材を重ねて執筆した原作は、講談社ノンフィクション賞(2003年)、大宅壮一ノンフィクション賞(2004年)をダブル受賞しています。 鹿野さんの強烈な生き様を表していますよね。 鹿野さんの生きる力に引き寄せられてボランティアが集まり、そして己の人生を鑑みて成長していくさまが描かれています。 アマチュア写真家の高橋雅之さんが、鹿野さんの介助をしながら10年近くも撮影され続けてこられたようです。 このことは渡辺一史さんの「こんな夜更けにバナナかよ」のページに記述があり、写真も掲載していらっしゃいます。 鹿野さんの実際の風貌をこちらから見ることができます。 興味を持たれた方は訪れてみてはいかがでしょうか。 本当に筋ジストロフィーなの?と思えるような 衝撃的な写真でしたよ。 渡辺一史さんのホームページは 「こんな夜更けにバナナかよ」紹介ページは 主演大泉洋さんのコメント さて、この映画は主人公鹿野さんを大泉洋さんが演じます。 そして、鹿野さんが思いを寄せるボランティアを高畑充希さんが、高畑充希さんと付き合っている医学生を三浦春馬さんが演じます。 三角関係なんですね。 重い難病を抱えながらも、それを決してハンデとは捉えず、自らたくさんのボランティアを集め、自分のやりたいように「ワガママに」生き抜いた生涯。 「こんな夜更けにバナナかよ」のタイトルの通り、バナナが食べたいと思えば、深夜でも自ら集めたボランティアにそれをお願いするワガママ。 「障がいがあるから」と遠慮することなく、1人で生活して、仕事もして、けんかもして、恋もして、どこまでも対等に人と向き合い続けた鹿野さんの人生に強烈にひかれました。 どんなに「ワガママ」を言っても周りから愛された続けた鹿野さんを、その理由を考えながら真摯にコミカルに演じられたらと思ってます。 前田哲監督とは本当に久しぶりのお仕事で、人の心にズシリと響く作品作りを今からワクワクしながら待ってます。 また高畑充希さん、そして三浦春馬くんというキラキラした若いお2人との共演も楽しみにしています。 三浦くんの近くに居たら、イケメンが感染 うつ るんじゃないかと思うので、なるべく三浦くんの至近距離にいようと思ってます。 そしてこの物語の主人公である鹿野さん。 知れば知るほどそのパワーや色気、吸引力に翻弄され、一度でいいからお会いしてみたかったなぁ、、と。 でもでも、撮影がはじまれば大泉さんの鹿野さんにお会い出来るので、今から楽しみでワクワクしています。 そして、14歳の時、まだ少年のようだった私の映画デビューを見守ってくれた前田監督とまた作品創りが出来ることも、とても幸せに思っています。 1シーン1シーン、丁寧に、北海道でのびのびと。 そして、そんな作品で素晴らしいキャスト、スタッフの皆様とご一緒できて、とてもうれしく思います。 僕が演じるのは、医師を目指しながらも将来や自分の存在意義に悩む繊細な青年です。 この役を前田監督と丁寧に作っていくのが今から楽しみです。 yahoo. 強烈だったがどこか憎めないという鹿野さんにはまり役ですね! 公開が楽しみです! 映画「こんな夜更けにバナナかよ」主演の3人について書いてみました。

次の

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のレビュー・感想・評価

こんな 夜更け に バナナ かよ モデル

本のタイトルが風変わりなので、いったい何の本なのかと聞かれることも多いが、「筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」という副題があるとおり、進行性筋ジストロフィーという難病を抱えた鹿野靖明(しかの・やすあき)さんと、鹿野さんを24時間体制でローテーションを組んで支えるボランティアたちとの交流を、私が取材して書いたノンフィクションである。 筋ジストロフィーは、全身の筋力が徐々に衰えていく難病で、今なお治療法が解明されていない。 筋ジス患者の多くが、一生を施設や病院で終えるケースが多い中、しかし、鹿野さんは、どんなに障害が重くても「地域で普通に生活したい」という主張を貫いた人だった。 とはいえ、「普通に生活したい」といっても、手が動かない、足も動かない鹿野さんは、介助者なしに生きていくことができない。 おまけに、30代の頃から呼吸筋の低下にともない、人工呼吸器という器具を装着することを余儀なくされた。 この器具を装着すると、呼吸器と気管の間に不定期に痰(たん)が詰まるようになり、その詰まった痰を、そばにいる介助者が「吸引器」という機械を使って取り除かなければ窒息してしまうおそれがある。 そんな大変な困難も背負っていた。 とにかく1日24時間、つねに他人がそばにいないと生きていけないという境遇を鹿野さんは生きていた。 ともあれ、鹿野さんは、病いや障害に攻め込まれれば攻め込まれるほど、異様に「しぶとさ」を増していった。 どんな困難に見舞われようと、どこかに可能性があるはずだと信じて、「こっちはどうだ、あっちはどうだ」と、もがき続ける。 そして、小さな可能性をこじ開けるようにして、どこまでも生きていく。 メゲない。 あきらめない。 それが、鹿野さんの「強さ」であり、「たくましさ」の根源だった。 鹿野さんは、強い面も弱い面も、ずるい面もみにくい面も、すべてを人目に晒(さら)すことでしか生きていけない。 ボランティアはボランティアで、そんな鹿野さんとの格闘を重ねながら、気づけば自らの生き方を見つめ直し、人間的にも大きな影響を受けてゆくのだった。 結局、自分の生きる意味や役割を与えてくれるのは、深く関わった他者でしかない。 「自分って何だろう?」と自分一人で考えていても結論は出ない。 鹿野さんとともに過ごし、格闘した日々は、そのことを肌身で実感させてくれる歳月でもあった。 私が、この本の取材に取り組もうと思ったもう一つのきっかけは、「ボランティア」に対する興味からだった。 そもそもボランティアをしている学生や主婦たちは、「いったい何を好きこのんでボランティアしているのだろう」という素朴な疑問があったからだ。 私はこの本を書く過程で、何十人ものボランティアにインタビューをすることになったが、たとえば、こんな学生ボランティアがいた。 大学に入学したものの、大学の授業はつまらないし、自分はどうして大学なんてところに入ったんだろう、自分の「生きる意味」とはいったい何だろう、というような問いにつまずいてしまう学生である。 そんなとき、大学の掲示板に貼られていた「ボランティア募集」のチラシを見て、「これだ!」と思ってやってくる。 鹿野さんのところには、他にも、マージャン三昧の怠惰な生活を「なんとかしたい」と思って来る学生や、あるいは、冷え切った夫婦関係の末に、「夫にとって私って何?」といった根源的な不安を抱えているような主婦もいた。 そして、「なぜボランティアをするのか?」という問いを重ねる途上で、一人の女性ボランティアがつぶやいた言葉にはドキリとさせられた。 《一人の不幸な人間は、もう一人の不幸な人間を見つけて幸せになる》という言葉だ。 ボランティアとは、ヒマと余裕があるからするものではない、という事実を知った。 むしろ、そこは、幸・不幸のパイをめぐって、食うか食われるかのシビアな争いが繰り広げられる戦場であった。 一方の鹿野さんもまた、少しも「不幸な人間」らしいところがなく、したたかにワガママに自己を主張する人だった。 頼りないボランティアには「帰れ!」と一喝し、生活上の「あれしろ、これしろ」を容赦なく突きつける。 彼の欲求は「普通に生きたい」という切実かつ正当な要求なのであり、その根底には、「障害者が介助者にものを頼むのは当然の権利」という思いがある。 ときに「弱者」であるはずの鹿野さんに押しつぶされるボランティアもいるなど、両者のやりとりは、鋭い対立や葛藤を生む。 「愛」と「憎」がない交ぜになった濃密な人間関係がそこにはあった。 私は取材しながら、いったいどちらが「障害者」でどちらが「健常者」なのか、どちらが「支える側」でどちらが「支えられる側」なのか、わからなくなることがしばしばだった。 asahi. com・本の達人「」(ノンフィクションライター・最相葉月氏評)/平成25年(2013)10月4日.

次の