秋篠宮 家 崩壊。 秋篠宮家を家庭崩壊させた「元凶」は誰だ 悪いのは本当に小室母子だけなのか (4ページ目)

小室圭さん問題、「うるさい!」と秋篠宮殿下が紀子さまにブチ切れ!? 迫り来る「家族崩壊」の足音!

秋篠宮 家 崩壊

秋篠宮家の教育失敗に妥当の声多数 秋篠宮家の教育失敗は 妥当と厳しい声が多数出ています。 子供を育てる親としてはこれ以上にショックな言葉はないのではないでしょうか。 なぜ秋篠宮家の教育が失敗したと言われているのでしょうか。 教育失敗は妥当と声が多数上がっている理由を考えていきましょう。 スポンサードリンク 秋篠宮家が教育失敗と言われる理由 秋篠宮家教育失敗ということは、 当然その子供たちに関することが原因ですよね。 その原因を煮てみれば、失敗は妥当と言われている理由も見えてくるはずです。 息子の教育失敗 悠仁さまの育ちについて まず悠仁さまに関していえば、育ち方について様々なことが言われたますよね。 発達障害があるのでは、性格異常では、など 悠仁さま自身の成長についてや、 お茶の水で大丈夫なのか、なぜ学習院でないの?など、 学力面を懸念する声と、 両方の面から悠仁さまに対して、心配する声が挙がっていました。 悠仁さま成長に関して >> >> この中学校進学についてもについても、 悠仁さまがお茶の水を希望されたのでそのまま中学も 本人の意思を尊重し、 お茶の水にされた らしいのですが、 将来天皇となる可能性が大いに高い悠仁さまに対して 本人の自主性を尊重しすぎる育て方は間違いだと、指摘する声が上がりました。 秋篠宮家の教育方針『 自主性を重んじる 』というのは、 世間から評価されていた時期もありました。 しかし、事態は一変。 眞子さまの連れてきた小室圭の登場により 秋篠宮家教育論を揺らがすことになるのでした。 娘の教育失敗 眞子さまの不可解な行動や言動 なぜ小室圭なのか? 先ほどの弟である悠仁さまに関して 自主性に重きを置きすぎるのはどうかという声が上がっているとお伝えしましたが、 自主性を重んじた結果、 眞子さまや佳子さまのように 皇室の人間をいうことをしばし忘れてしまっている言動を生み出したとされているからです。 いずれ降嫁される身だとしても、現実問題として皇室に身を置いている以上、 個人の意思を優先することがあってはならないはずです。 皇族でなくなってから自由に行動するには、なんの問題もないのですが。 しかし、まだ降嫁されていない眞子さまですが 不可解な行動を多数しているようです。 絶賛小室圭問題で炎上している最中にも関わらず、マスコミから避けるため、 小室圭を乗せた車を住居である赤坂御用地の『 東宮御所正門』から入らせたというのです。 この正門は、 天皇陛下などが使う最も格式の高い門として 秋篠宮殿下夫妻ですら滅多にしようしない門なのですが、 眞子さまはあろうことか独断で、小室圭をこの門から招き入れたとされています。 皇室に27年間もいてこの門の重要さを知らないわけがない眞子さま。 この両親の秋篠宮さま夫妻を裏切るような 不可解な行動には疑問が多く残ります。 さらには 小室圭の借金問題に関する反論した手紙が公表された時も、 眞子さまは両親には伝えていなかったらしく真っ向から両親である秋篠宮さま夫妻に反抗していると見えます。 このような部分においても 秋篠宮さまが眞子さまのコントロールが全くできていないことから、 教育失敗の声が多数上がっており、失敗は妥当とみられている理由になっているのでしょう。 最近ではほとんど親子間でも会話がないらしく、秋篠宮家の雰囲気は最悪のようですね。 不可解な行動の意味は、おそらく眞子さまの 早く皇室から出たいという意思が溢れ出てしまっているのではないでしょうか。 さらには佳子さまも眞子さま側につく意思表示をする始末。 >> 現状秋篠宮家は崩壊しているに近い状態と言えるのではないでしょうか。 まとめ ・ 秋篠宮家の教育失敗に妥当の声多数の理由を考えてみた ・ 悠仁さまの意思を尊重しすぎていたり、眞子さまは不可解な行動をしており、親として制御ができていないと見えるのも仕方がない ・ 秋篠宮家の状況はかなりまずいと見える 一般家庭においては 本人の意思を尊重するというのはとても誇られる方針だと思います。 しかし、こと皇族においては個人を優先しすぎると、 国民に迷惑がかかったり、国の代表として他国の偉い方々と会うこともある中で、 自由奔放すぎるのは好ましいとは言えません。 今後、どう秋篠宮さまが立て直していくのかに注目が集まります。 秋篠宮家に関するお噂 人気上昇率1番! 不動の人気NO. 1 Yahoo検索で長年謎に包まれていた「 秋篠宮家のお噂 5つの謎」 七不思議ならに五不思議! >> >> 秋篠宮家に多くの批判が発生。 その問題点とは。 >> 秋篠宮家悠仁さまにナイフ問題が発覚しました。 >> 愛子さまフィーバーが勢いを増しています。 >> 皇太子と秋篠宮の不仲理由!性格が真逆すぎる >> これからも色々と注目される記事を書いていきますので、引き続き宜しくお願い致します!.

次の

秋篠宮家を家庭崩壊させた「元凶」は誰だ 悪いのは本当に小室母子だけなのか (4ページ目)

秋篠宮 家 崩壊

お茶の水女子大付属中学校の入学式に臨まれる秋篠宮ご夫妻と悠仁さま=2019年4月8日、東京都文京区(写真=時事通信フォト) 次女の佳子さんが、大学を卒業するにあたって、記者団の質問に答えたが、そこには、姉の一途な思いを成就させてあげたいと、はっきり書かれていた。 メディアはこれを「佳子の乱」と呼び、この結婚に前向きではない両親に対する抗議文だと報じた。 特にその矛先は、母親の紀子さんへ向けられたと見る向きが多かったようだ。 だが、才色兼備、いつもたおやかでほほ笑みを欠かさない母親の紀子さんは、そのような噂に心を動かされることはないようで、いつもと同じように毅然と振る舞っている。 彼女と秋篠宮との結婚が決まるあたりのことを少し知っている私は、紀子さんという女性は芯のしっかりした人だと思う。 それに、かなりの野心家ではないかとも思っている。 彼女は、父親がペンシルベニア大学大学院に留学したため、6歳までアメリカで過ごしている。 その後、父親が学習院大学助教授に就任したため、帰国するが、再び、父親がウイーンの研究所に主任研究員として招かれたため、オーストリアに渡る。 紀子さんが11歳の時である。 そこでは英語はもちろんのこと、ドイツ語もマスターしたという。 2年後に帰国し、学習院女子中等科に編入、学習院女子高等科から、学習院大学文学部心理学科に入学して、1年先輩の秋篠宮と出会うことになる。 学内の書店で出会い、サークル活動を通して親交を深め、出会いからそれほどたたない頃に、秋篠宮から求婚されたという。

次の

秋篠宮夫妻が静岡に公務に行って住民に返れコールで追い返さ...

秋篠宮 家 崩壊

立場逆転だ。 皇后陛下となって評価急上昇中なのが 雅子さまだ。 これまで「適応障害」に苦しみ、週刊誌などでは皇族しての資質を問う声も上がっていたが、先日、国賓として来日した ドナルド・トランプ米大統領夫妻を歓待した姿に、手の平を返したかのような賞賛記事が並んでいるのだ。 例えば「女性セブン」(小学館)ではこう書かれている。 「驚かされたのは、その様子を見ていたメラニア夫人の名残惜しそうな表情だ。 その日の午前中、同じ宮殿南車寄せで初めて両陛下と顔を合わせた時のクールな顔つきとは打って変わって、親しみの表情を浮かべて、雅子さまに声をかけて歩みよった。 その瞬間、雅子さまは自ら夫人の手を握り、顔を寄せられた。 雅子さまは、そこまで察した上で親愛の情を示したのだという。 宮内庁担当記者の話。 「トランプ外交の鍵を握るのは、実はメラニア夫人。 世界各国を回っていますが、わずかな時間であそこまで夫人と打ち解けたのは 雅子さまが初。 メラニア夫人と談笑しながら歩く雅子さまの姿を 紀子さまがじっと眺める姿は印象的。 形勢逆転の元凶は秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題以外にない。 小室さんは年明けに実母・佳代さんの金銭スキャンダルについて〝解決済み文書〟を配布しただけで、音沙汰無し。 昨夏の米国留学以来、1度も帰国せず、肝心の借金問題も進展しているとは言い難い。 「この問題がくすぶり続けている以上、秋篠宮家には国民の厳しい目が向けられることになる。 ヘソを曲げた眞子さまは両親とは口も聞かない状況で、家庭崩壊の1歩手前。 一部では、秋篠宮殿下の酒量は日増しに増え、夜は睡眠導入剤なくして寝られないという報道もあった。 紀子さまも心労から肌荒れがひどく、静養を申し出ているという話もある」(前出担当記者) そんななか、ついに見かねた宮内庁関係者が渡米するという情報がまことしやかに流れている。 目的は小室さんに眞子さまとの結婚を諦めてもらうことに他ならない。 別の宮内庁関係者は「もうこれ以上、この問題を先延ばしにはできないということ。 2人の結婚の意志は堅いが、国民から信任されるとは思えない。 いくらか手切れ金を支払ってでもいいから、小室さんに身を引いてもらうしかない」と話す。 雅子さまに追いつくためには、まずは〝病巣〟を排除する必要があるようだ。 文=菱田智則.

次の