チームス。 Microsoft Teams(チームス)とは?感想&レビュー

チームスでエクセルの外部リンクを有効にしたい

チームス

デスクトップアプリは使わず、ブラウザバージョンを使う 基本的に各デジタルツールはすべてブラウザバージョンで利用する方が利便性が高い場合が多いです。 僕はOutlook、Notion、エクセル、ワードなど、全てブラウザで作業しています。 主な理由は各アプリの切り替えが楽なことと、その他にもいろいろなメリットがあります。 ちなみにチームスに関しては、デスクトップアプリは動作が重い (2019年12月時点)です。 返信は同じ質問のスレッドにする(1トピック1スレッド)+各スレッドにはタイトルを付ける 同じトピックの場合は一つのスレッドにまとめる、各スレッドにはタイトルを付けるというルールを徹底すると、タイムラインが綺麗になるのでおすすめです。 チームスがSlackやその他のチャットツールよりも優れている理由がこれです。 特にSlackに慣れている人は「タイトルを付ける」「同じスレッドに返信をする」というUXに慣れていないので注意する必要があります。 余計な人にCC(メンション)しない チームスのメリットとしては、自分宛てにメンションが付けられた時に分かりやすい通知が来ることです。 ただし自分宛てのメッセージではないのに通知が頻繁にくるようでは、チームスを使うメリットが少なくなります。 チームスはEメールと違って全てのコミュニケーションがタイムラインに残っていて、誰でもいつでも見ることが出来るので、余計なCCは不要です。 チャットはなるべく使わず、タイムラインに投稿する タイムラインを使わずにグループチャットでやりとりをしている人を見たことがあるのですが、これだと履歴が残らないし会話がプライベートになるので避けた方が良いです。 もちろん、他の人に知られるとまずい内容やものすごい雑多な用事であればチャットでも良いと思います。 文字は少なめに。 なるべく箇条書きを使ったり、スクショを貼り付ける。 長い文章の山を読むのが好きな人はあまりいないと思います。 文章はなるべく少なく、出来るだけビジュアルで説明した方が相手の消耗が少なく済みます。 今後はスマホで仕事を済ます人も多くなると思うので、出来るだけチャットみたいなコミュニケーションを心掛けるようにします。 「いつもお世話になります」「お疲れ様です」「よろしくお願いします」というような言葉も不要です。 所要時間3秒。 このショートカットは超絶便利なので、1日10回くらいは使っています。 メッセージにファイルを添付する時のコツ 僕は以下のような形でファイルを送ります。 ファイルをチャンネルのFileのにアップする• リンクを作成して、メモっておく• メッセージを投稿する時に、リンクを貼り付ける これだと相手はリンクをクリックするだけでファイルが閲覧できるので、楽です。 出来れば、アンカーテキストもしっかり考えてリンクを渡します。 悪い例:• 良い例: チーム、チャンネルは増やしすぎない チーム、チャンネルを増やしすぎると、探すのが大変になります。 おそらくこれはほとんどの組織で起きていると思いますが。。 チームを乱立させないコツは、部署毎にチームを作って、プロジェクト毎にチャンネルを作ることです。 ただ短期で完結しそうなプロジェクトで後から読み返す機会が少なそうなものについては、新規のチャンネルを作成せずに「General」内でやりとりした方が良いです。 余計な機能は使わない いろいろな外部サービス(Trelloなど)と連携できるのですが、基本的にはConversation、Filesのみで十分です。 デフォルトでWikiというタブがあるのですが、使いにくいので不要です。 共有ノートが必要であればタブを新規作成して、Wordで代用します。 あとPlannerというタスクマネージメントのツールがあるのですが、割と便利ですが個人的にはSharepointの「Project task list」を利用した方が利便性が良いです。 OneNoteも試しましたが、動作がものすごく遅いので辞めました。 その他にも一通り試しましたが、連携させるメリットを見出せませんでした。 まとめ まだまだ書ききれていませんが、一旦公開します。 関連記事.

次の

Microsoft Teams(チームス)とは?感想&レビュー

チームス

デスクトップアプリは使わず、ブラウザバージョンを使う 基本的に各デジタルツールはすべてブラウザバージョンで利用する方が利便性が高い場合が多いです。 僕はOutlook、Notion、エクセル、ワードなど、全てブラウザで作業しています。 主な理由は各アプリの切り替えが楽なことと、その他にもいろいろなメリットがあります。 ちなみにチームスに関しては、デスクトップアプリは動作が重い (2019年12月時点)です。 返信は同じ質問のスレッドにする(1トピック1スレッド)+各スレッドにはタイトルを付ける 同じトピックの場合は一つのスレッドにまとめる、各スレッドにはタイトルを付けるというルールを徹底すると、タイムラインが綺麗になるのでおすすめです。 チームスがSlackやその他のチャットツールよりも優れている理由がこれです。 特にSlackに慣れている人は「タイトルを付ける」「同じスレッドに返信をする」というUXに慣れていないので注意する必要があります。 余計な人にCC(メンション)しない チームスのメリットとしては、自分宛てにメンションが付けられた時に分かりやすい通知が来ることです。 ただし自分宛てのメッセージではないのに通知が頻繁にくるようでは、チームスを使うメリットが少なくなります。 チームスはEメールと違って全てのコミュニケーションがタイムラインに残っていて、誰でもいつでも見ることが出来るので、余計なCCは不要です。 チャットはなるべく使わず、タイムラインに投稿する タイムラインを使わずにグループチャットでやりとりをしている人を見たことがあるのですが、これだと履歴が残らないし会話がプライベートになるので避けた方が良いです。 もちろん、他の人に知られるとまずい内容やものすごい雑多な用事であればチャットでも良いと思います。 文字は少なめに。 なるべく箇条書きを使ったり、スクショを貼り付ける。 長い文章の山を読むのが好きな人はあまりいないと思います。 文章はなるべく少なく、出来るだけビジュアルで説明した方が相手の消耗が少なく済みます。 今後はスマホで仕事を済ます人も多くなると思うので、出来るだけチャットみたいなコミュニケーションを心掛けるようにします。 「いつもお世話になります」「お疲れ様です」「よろしくお願いします」というような言葉も不要です。 所要時間3秒。 このショートカットは超絶便利なので、1日10回くらいは使っています。 メッセージにファイルを添付する時のコツ 僕は以下のような形でファイルを送ります。 ファイルをチャンネルのFileのにアップする• リンクを作成して、メモっておく• メッセージを投稿する時に、リンクを貼り付ける これだと相手はリンクをクリックするだけでファイルが閲覧できるので、楽です。 出来れば、アンカーテキストもしっかり考えてリンクを渡します。 悪い例:• 良い例: チーム、チャンネルは増やしすぎない チーム、チャンネルを増やしすぎると、探すのが大変になります。 おそらくこれはほとんどの組織で起きていると思いますが。。 チームを乱立させないコツは、部署毎にチームを作って、プロジェクト毎にチャンネルを作ることです。 ただ短期で完結しそうなプロジェクトで後から読み返す機会が少なそうなものについては、新規のチャンネルを作成せずに「General」内でやりとりした方が良いです。 余計な機能は使わない いろいろな外部サービス(Trelloなど)と連携できるのですが、基本的にはConversation、Filesのみで十分です。 デフォルトでWikiというタブがあるのですが、使いにくいので不要です。 共有ノートが必要であればタブを新規作成して、Wordで代用します。 あとPlannerというタスクマネージメントのツールがあるのですが、割と便利ですが個人的にはSharepointの「Project task list」を利用した方が利便性が良いです。 OneNoteも試しましたが、動作がものすごく遅いので辞めました。 その他にも一通り試しましたが、連携させるメリットを見出せませんでした。 まとめ まだまだ書ききれていませんが、一旦公開します。 関連記事.

次の

Microsoft Teams(チームス)とは?感想&レビュー

チームス

自分宛てのメールを探すのに時間がかかる• 送信したメールを編集、取り消しできない• 正式な日本語を使わないといけないので、一通のメール作成に時間がかかる• 過去のメールが検索しにくい• 離職者が出ると、過去の情報が闇に葬られる• デザインがイケてない(テキストばかりで疲れる) そこで、今回はMicrosoft Teamsを利用することによってこのような問題点がどうやって改善されるのか、またその他Outlookには無い優れている点などを紹介していきます。 ちなみに僕はOutlookを10年以上、Teamsを2年くらい会社で使っています。 マイクロソフトの回し者では無いのですが、Teamsは将来Outlookに取って代わるツールだと考えているので、その理由を書いていきます。 ちなみに「チームス?何それ?」という方は以下の記事をご覧ください。 関連記事 目次• 引用: 思い当たるフシがあるのではないでしょうか。 SuperhumanというEメールを爆速にするソフトが流行している理由 EメールをTeams風に変身させる「Superhuman」というEメールソフトをご存知でしょうか? 現在ベンチャーキャピタルなどから33億円の出資を受けていて、評価額は260億円にも昇ると言われている超注目のスタートアップ企業です。 参考 Superhumanのサービスは、今アメリカのスタートアップやマーケッター界隈で話題になっている Eメールを爆速にするEメールソフトを提供しています。 しかも! 月額30ドルもするにも関わらず、現在世界中で注文が殺到しています。 購入は招待性で、 現在18万人の人が順番待ちのリストに名を連ねているそうです。 参考 特徴をさらっと見たのですが。。 たったそれだけのために10分毎にメールをチェックするとか。。 ええ加減にせぇよ! Eメールは、トピックに関連する可能性がある人物をかならず宛先またはCCに入れなければなりません。 なぜなら、含めなければ該当者はその情報を知る術が無くなるからです。 つまりメールの送信者は、リスクを避けるためにある程度関連性の薄い人に対してもCCに含めてメールを送信します。 結果として、多くの人が自分の業務に対して関連性の薄いメールを毎日大量に受信することになります。 Teamsを利用することによってどのように改善されるか 自分宛てにメッセージが送られた時は、上記のように分かりやすい形で通知があります。 また、PCにポップアップで表示されるので、見逃すことはほぼ無いです。 Teamsの方がフィルターが多い分、絞り込みが楽にできますな。 Teamsは検索性能がOutlookよりも圧倒的に優れているので、過去の会話内容をノウハウとして積み上げていく感覚を味わうことが出来ます。 離職者が出ると、過去の情報が闇に葬られる これも会社あるあるですね。 コミュニケーションが各個人のアカウントに収納されているので、アカウントが削除されると履歴が消えてしまいます。 Teamsは共有スペースで各個人がコミュニケーションしているので、共有スペースが消えないかぎり履歴は残り続けます。 デザインがイケてない(テキストばかりで疲れる) Eメールは昔からあるサービスなこともあってか、UIがテキスト中心なので異様に疲れますよね。 逆にTeamsやSlackはビジュアルがEメールよりは少し馴染みやすいと思います。 Outlookには無いチームスの特徴 会話をURLで共有することが出来る 個人的に、Webの一番の特権とは画面間の移行を一瞬で行うことが出来ることだと考えています。 各会話はすべてリンク生成が可能なので、以前の会話を参照する機会があればURLを貼り付けるだけで辿り着けるようになります。 ファイルを共有するフォルダーがある Teamsには共有フォルダーがあるので、誰かにファイルを送りたい時は以下の手順で行うことが出来ます。 ファイルを共有フォルダに保存する• ファイル、またはフォルダのリンクを生成する• メッセージでURLを共有する これによってメッセージを受けてる側は1クリックでファイルを閲覧することが可能になります。 チャット、電話、カレンダー機能、オンライン会議もある Jabber、Zoomなどの機能も兼ね備えているので、とりあえずTeamsを開けておけばそこから1クリックでいろいろな機能が利用できます。 PlannerやOneNoteと連携すれば、タスクマネージメント、ノート機能も利用できます。 まとめ この記事を読むといかにTeamsがEメールを上回っているのかが分かると思います。 まぁ考えてみれば当然のことで、基本的にWebサービスと言うのは後発有利です。 なぜかというと後発のサービスは既存のトップシェアのツールの問題点を研究、改善した上でコスパの良い料金で市場に投入してくることが多いからです。

次の