フェアリー 対策 剣盾。 【ポケモン剣盾】ドヒドイデの対策

【ポケモン剣盾】フェアリータイプのポケモン一覧【ポケモンソードシールド】

フェアリー 対策 剣盾

トゲキッスの対策 「じゃくてんほけん」をケアしよう 現環境では弱点を受けると攻撃と特攻撃が2段階上昇する 「じゃくてんほけん」を採用したトゲキッスが非常に多いです。 トゲキッスは元々の防御や特防の種族値が高いうえに、ダイマックスによりHPを倍にすることができます。 並みのポケモンでは弱点技で攻撃したとしても1撃で倒すことができないので、こちら側がじり貧になってしまいます。 最悪の場合3タテということもあり得るので、安易に弱点技で攻撃するのは控えましょう。 基本的には 弱点技以外でダメージを与えて、ある程度HPを削ったら弱点技で一気に倒すという立ち回りが安定です。 より安定させたい場合はトゲキッスの攻撃を半減できるポケモンを編成しておきましょう。 「てんのめぐみ」に注意しよう じゃくてんほけんの他に、追加効果が出やすくなる特性の「てんのめぐみ」とひるみ効果のあるエアスラッシュを組み合わせた型のトゲキッスも多くみられます。 てんのめぐみを採用したトゲキッスは努力値や性格により 素早さに補正をかけている場合が多く、最速ドラパルトを抜く調整をしていることもあります。 素早さの高いトゲキッスを相手にする場合は積み技で素早さを上げるという戦法もありますが、ダイマックス状態のエアスラッシュには素早さアップの追加効果があるのであまり効果的ではありません。 最も安定なのはダイマックスさせてしまうことです。 ダイマックス中はひるみを無効化できるので一方的に殴られるという状況を避けることができます。 オーロンゲが出てきた場合は要注意 オーロンゲのいたずらごころを利用してひかりのかべとリフレクターの2つの壁を張り、後発のトゲキッスの耐久力をさらに上げるという戦法も存在します。 バリコオルであれば特性のバリアフリーで相手の壁の効果を消すことができます。 また、オーロンゲは耐久が低めなので、2つ目の壁を張られる前に足の速い特殊アタッカーで落としてしまうのも選択肢の一つです。 トゲキッスにおすすめのポケモン トゲキッスを対策する場合におすすめのポケモンを掲載しています。 ポケモン おすすめ理由 ヒートロトム ・飛行、フェアリー、鋼、炎技を半減できる ・でんき技でトゲキッスに弱点を突ける ストリンダー ドリュウズ ・スカーフ型なら素早さを上回ることができる ・飛行技を半減しつつ、鋼技で弱点を突ける ・大文字などの炎技に注意 バンギラス ・砂嵐状態で自身の特防御を1. 5倍にできる ・岩技で弱点を突ける バリコオル ・リフレクターや光の壁を無効化できる 水ロトム ・飛行技を半減できる ・スカーフ型なら素早さを上回ることができる ・電気技で弱点を突ける ドサイドン ・炎や飛行技を半減できる ・チョッキ型のトゲキッスに物理で攻めることができる サンダース ・飛行技を半減できる ・素早さで抜きやすい 関連スレッド.

次の

【ポケモン剣盾】サーナイトの育成論と対策【ポケモン界の魔法使い】

フェアリー 対策 剣盾

【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論と対策【瞑想歌姫!優秀なフェアリー】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はアシレーヌの育成論と対策を考えていきたいと思います。 今作から瞑想を覚えるようになったので新しい使い方ができるようになりましたね。 アシレーヌの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【アシレーヌの特徴1】特殊高火力高耐久 アシレーヌは特攻種族値が126もあり、HP種族値80と特防種族値も116あります。 これだけの種族値があればHPに努力値を振れば特殊方面には2発耐えられるほどの耐久を得ることができます。 一方で防御種族値は74と紙耐久といってもいいくらいなので、努力値を振らない場合は物理に非常に脆いと考えていいでしょう。 素早さ種族値についてはガオガエンと同様60族となり競合も多い素早さなので努力値4振りで1だけ素早さを上げておくとそれだけでも多少勝率アップに効果があるでしょう。 【アシレーヌの特徴2】鋼等倍のフェアリーという優秀なタイプ フェアリーはドラゴンの弱点をつけますし、半減タイプも少ない優秀なタイプですがミミッキュやトゲキッス対策でほぼ全てのパーティで採用される鋼タイプの技は環境に溢れているので、フェアリーをタイプ一致でうてて強くても鋼で返り討ちにされやすいです。 しかしアシレーヌは水の複合タイプのおかげでその鋼を等倍で受けることができます。 鋼を過度に警戒せずに選出できるフェアリー枠として非常に優秀です。 さらに、弱点は毒・電気・草の3タイプが2倍弱点ですが毒はほぼ環境におらず、草はドサイドン・ヌオー・トリトドン対策に専用のポケモンがピンポイントで採用されているに過ぎません。 電気もパッチラゴンのようなイカレタ超火力ポケモンがいるものの、それ以外はロトムくらいしか環境にいないので警戒対象は多くありません。 比較的警戒対象がわかりやすいポケモンなので、初心者でも扱いやすいでしょう。 【アシレーヌの特徴3】瞑想 アシレーヌが今作で取得した瞑想は特攻・特防ランクを1段階あげる技で、ニンフィアやマホイップが使うことで有名ですよね。 アシレーヌは素の種族値がどちらも高いため、1. 5倍したときの実数値上昇量も大きく強力な技です。 素早さが遅いですが、特防を上げることで一発耐えつつ切り返していくことができるでしょう。 【アシレーヌの特徴4】激流とうるおいボイス アシレーヌは通常特性が激流、夢特性がうるおいボイスです。 5倍になる特性、うるおいボイスは音系の技が水タイプになるという特性です。 型によって使い方が違いますが、どちらも強力な特性です。 アシレーヌの育成論と戦い方 前作からいるポケモンなので育成論はすでにたくさんありますが、今回瞑想を覚えたのでそれを活かす型を考えてみましょう。 【アシレーヌの育成論】瞑想アシレーヌ• 特性:げきりゅう• 個体値:A抜け5V(Aは逆V推奨)• もちもの:オボンのみ• という動きができるのが理想です。 物理方面は脆いので、1回瞑想を積んだらそのアドを活かして荒らすのがいいでしょう。 ダイマックス初手はダイストリームで雨をふらしておくと、HPが削られたとき激流圏内に入ればうたかたのアリアベースのダイストリームでとてつもないダメージが入ります。 (タイプ一致1. アシレーヌの対策 高火力物理アタッカーで対策するのがいいでしょう。 パッチラゴン• ナットレイ• ギャラドス これらのポケモンは高火力で弱点をつけるのでおすすめです。 パッチラゴンはムーンフォースで弱点をつかれてしまいますが、アシレーヌより素早さが高く最速調整が多い上に火力も言わずもがなぶっ壊れ性能なので対策としていいでしょう。 ナットレイは素早さが低いものの、基本的なアシレーヌが採用する技の打点をすべて半減で受けられるのでアシレーヌメタとして優秀です。 ギャラドスはパワーウィップ採用型だと弱点をつけるのと、意外と特殊耐久がある(特防種族値100)ので有利対面が作りやすいです。 特殊受けで受けるのもありです。 カビゴン• ラプラス 水を半減で受けられてアシレーヌにフリーズドライで弱点をつけるラプラスは特に強いでしょう。 アシレーヌがエナジーボール採用型、ラプラスが流行りの弱点保険キョダイラプラスならダイマックスを切ってエナジーボールを受け、弱点保険発動からの切り返しという動きもしやすいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論と対策【瞑想歌姫!優秀なフェアリー】 いかがでしたでしょうか。 過去作(サン・ムーン)から連れてくるか交換することで手に入るアシレーヌ、ガラル地方のポケモンと違って過去作をやっていない人からすると入手困難なポケモンですが、ぜひ入手して育ててみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】アシレーヌの対策

フェアリー 対策 剣盾

トゲキッスとは トゲキッスは第6世代より登場した「フェアリー」タイプを手に入れたことによって、「ドラゴン」タイプを抑え込むための非常に優秀な枠として活躍してきました。 今作のランクマッチにおいてもシーズン1から常に採用率上位に位置している特殊アタッカーです。 その強さは、強力な2つの特性と広い技範囲、そしてそれらを活かせる種族値によるものであると考えられます。 トゲキッスは 高い耐久力を持ち合わせているにも関わらず特攻も高く、今作ではその高い特攻から強力なダイマックス技である「ダイジェット」をタイプ一致で打つことができるため非常に厄介です。 素早さを1段階上げることで最速ドラパルトを抜くことができる点も優秀であると言えます。 ランクマッチにいるトゲキッスの性格は ひかえめか おくびょうのどちらかの採用が主流で、努力値振りも CS振りであることが多いです。 しかし、中には 素早さを削ってHPに振り切っていたり、明確な役割を持たせるために 耐久調整をしている場合もあります。 いくつかの候補が存在する持ち物に注意し、トゲキッスをみることができるポケモンをパーティに1体は入れておくと良いかと思われます。 技構成 技構成は基本的に決まっていますが、持ち物が「こだわり」アイテムであるときに 「わるだくみ」が「トリック」に変わったり、パーティで重いポケモンに合わせて 「かえんほうしゃ」の枠を変えたりなどの多少の変化はあります。 基本的な技構成 その他の技候補 エアスラッシュ(確定枠) マジカルシャイン(確定枠) かえんほうしゃ or だいもんじ わるだくみ くさむすび げんしのちから トリック 持ち物 持ち物は豊富な選択肢があり初見で見分けることは難しいですが、持っている可能性のある道具を知っているだけでも判断しやすくなるので頭に入れておくと良いでしょう。 持ち物の候補 特性 こだわりスカーフ 「てんのめぐみ」での採用が多い こだわりメガネ 「てんのめぐみ」での採用が多い じゃくてんほけん 「てんのめぐみ」での採用が多い ピントレンズ 「きょううん」で採用 ラムのみ 「てんのめぐみ」での採用が多い するどいくちばし 「てんのめぐみ」での採用が多い 特性 てんのめぐみ 特性である「てんのめぐみ」は技を使った際の 追加効果の発生率が2倍になるというもので、主に「エアスラッシュ」と組み合わせて使われます。 もともと「エアスラッシュ」には30%で相手を怯ませるという効果がありますが、「てんのめぐみ」と組み合わせることで怯む確率を60%まであげることができます。 これを使って相手の上から攻撃することで怯ませて、不利な相手であっても無理やり突破することができてしまいます。 この特性の場合、 「こだわりスカーフ」や「ダイジェット」で素早さを上げて上からの攻撃で怯みを狙うといった戦法が主流となっています。 きょううん 特性である「きょううん」は急所ランクが常に1段階上がった状態となります。 急所ランクを上げて急所に当てることで、ダメージを1. 5倍にするだけでなく、相手の上がった能力ランクであったり「リフレクター」や「ひかりのかべ」といった壁を無視して攻撃することができます。 また、「 ピントレンズ」を持たせることで「きょううん」と合わせて急所ランクを2段階まであげることができるため、トゲキッスと対面して急所にあたる回数が多いと感じたら「ピントレンズ」を警戒しましょう。 特殊な型 ランクマッチシーズン7から HBに努力値を寄せたトゲキッスが数を増やしているため注意が必要です。 物理耐久に寄せることで物理ポケモンを起点に「わるだくみ」を積む型になっています。 また、「ダイバーン」によって晴れにしてからの「あさのひざし」で回復してくる動きが厄介であり、他のトゲキッスよりも場持ちがよくなっています。 「フェアリー」技を持っていないことが多いため、そこをうまく利用しましょう。 そのため、トゲキッスに上をとられていると何度も怯まされることがあります。 トゲキッス( 素早さ80族)よりも 早いポケモンで戦うかダイマックスをして怯まないようにしましょう。 ・「わるだくみ」の隙をみせないようにしよう トゲキッスは相手の交換を読んだり、他のポケモンで起点を作って「わるだくみ」を積んでくる場合があります。 「わるだくみ」を積まれてしまうと止めることが難しくなるため、なるべくトゲキッスに有利な盤面は作らず 常に「わるだくみ」を警戒して立ち回りましょう。 ・「じゃくてんほけん」を警戒しよう トゲキッスは「じゃくてんほけん」を持っている場合があり、ダイマックスでばつぐん技を無理やり耐えて切り返してくる動きをとってきます。 トゲキッスの 持ち物が分かっていない場合は、「じゃくてんほけん」を発動されても大丈夫かどうかを考えながら、なるべくばつぐん技を打つのを控えるように立ち回りましょう。 おすすめ対策ポケモン ストリンダー ・ひこう技、フェアリー技を半減で受けることができる ・でんき技、どく技でばつぐんをとれる ・「キョダイカンデン」でまひにすることができる ヒートロトム ・ひこう技、フェアリー技を半減で受けることができる ・でんき技でばつぐんをとれる ドサイドン ・ひこう技を半減で受けることができる ・いわ技でばつぐんをとれる バンギラス ・ひこう技を半減で受けることができる ・いわ技でばつぐんをとれる ・「すなおこし」による砂嵐で高い特殊耐久を得られる カビゴン ・耐久無振りでも「ダイジェット」で確2をとられない(41. 2~48. 9%) ・「あくび」でながすことができる.

次の