ビッバー速報。 キャロウェイ ビッグバーサ アルファ 816 フェアウェイウッドの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

総合トップページ|スポーツくじオフィシャルサイト

ビッバー速報

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• キャロウェイ「グレートビッグバーサ」FW コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 ツイッター kazkawata 2015年11月24日0時00分 キャロウェイ「グレートビッグバーサ」FW どーもです。 今日紹介するのは、キャロウェイのニューモデル「GREAT BIG BERTHA」(グレートビッグバーサ)のFWです。 現代に甦ったグレートビッグバーサ(以下GBB)ドライバーはオートマチックにつかまるぶっ飛びモデルでしたが、果たしてFWはいかに。 キャロウェイといえば攻撃的なFWの印象が強いですが、このGBB FWも同様なのかを確認してきましたので、早速いっていましょう。 まずは見た目から。 ドライバーに採用されていた「ペリメーター・ウエイティング」ですが、さすがにFWには採用されていませんでした。 でも、フェース後部のウエートは配置されているということは、これはやや浅重心を意識したモデルなのかな!? だとしたら、「X HOT」「X2 HOT」あたりも意識したモデルですかね。 フェースはシャローフェースです。 GBB FWのフォージドカップフェースを採用のようですね。 ってことは、やっぱりぶっ飛びFWかもしれませんな! シャローボディで後部にも長め。 で、フェース後部にウエートって。 ん~、どっちやねん!! 後ろ姿です。 構えてみるとこんな感じ。 クラウンの投影面積は適度な大きさがありますね。 形状的には三角形っぽいのがやはり懐かしい形状でした。 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「BIG BARTHA」Sフレックス装着モデル。 スペックは、ロフト角15度、ライ角56度、長さ43インチ、総重量323g、バランスD2。 ヘッド体積未発表。 シャフトスペックは、重量51g、トルク5. 5、中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。 試打時のアジャスタブルホーゼルのポジションは「N」「S」でした。 重量的にはいい感じですが、やはり、気持ち軽め。 素振りしてみた感覚ですが、ドライバーに比較するとやや手元のしっかり感があるような感じで、ドライバーよりは切り返しでしっかり振って行けそうな気配を感じました。 実際に打ってみると、スピン量少なめの弾丸ライナー系の強弾道を連発!! ぶっちゃけ、なんじゃこりゃ~状態! 今現在ボクはX HOT FW(300yスプーン)を使用ですが、この300yスプーンに出会ったときのような衝撃でしたね。 しかも、300yスプーンよりもオートマチックにつかまって、球が上がりますわ~!! こりゃ~すげぇ~なぁ~! しかも、スカイトラックデータではたまたまの1球ですが、とてつもない飛距離をマーク!! レンジでちょっと興奮してしまいましたわ! GST-3Bの3球平均データは、HS43. 45で、ベストは写真の通りでした。 スカイトラックの弾道データはこんな感じで、 その各球データがこちら。 【3球平均】 HS46. 2度、バックスピン量3172. 6rpm、サイドスピン-27. 7rpm、飛距離239. 8y 【ベスト】 HS46. 8度、バックスピン量3214rpm、サイドスピン-45. 9rpm、飛距離245. 6y(!! ) 打感はソリッド系。 柔らかめの打感の中にしっかりした打ち抜き感があって、感覚は300yスプーンに似た感じでしたね。 音は中音系で、ドライバーとほぼ一緒でした。 弾道はこんな感じ。 そのスカイトラックデータがこちらでした。 弾道的には、やや高めの中弾道。 ドライバー同様スピン量少なめの弾丸ライナー系ですね。 前述していますが、300yスプーンに似たモデルですが、300yスプーンよりもオートマチックにつかまるモデルですね。 そして、サイドスピンがめちゃめちゃ少なく、直進性が高く、とにかく攻撃的なモデルですね! 出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。 ドライバーよりも手元のしっかり感があって、より振っていける印象でしたが、やはり右に抜ける感じがあったのはボクのスイングの問題ですね。 振り感ですが、手元のしっかり感がドライバーよりあるので、気持ち振っていけるイメージでした。 とはいえ、シャフト自体はSでも柔らかなめなので、振れる人にとってはその辺を意識する必要はあるかもしれません。 まぁ、ヒッタータイプにはリシャフトがオススメですけどね。 基本性格的には、ドライバー同様オートマチックにつかまえてくれるモデルです。 直打ちでもしっかり球をあげてくれる安心感は、ボクレベルのアマチュアゴルファーにとってはメチャクチャ信頼感のあるクラブだといえるでしょう。 しかも、ぶっ飛びな上にミスヒットにも強いって、もう、鬼に金棒状態!! これ、試してみる価値アリな1本ですぜぇ!! そうそう、今回試打できていませんが、同シリーズには「HEAVEN WOOD」「DIVINE NINE」なるウッドが設定されています。 「HEAVEN WOOD」はロフト角20度で長さ42. 75インチモデル、「DIVINE NINE」はロフト角24度で長さ41. 5インチとなっています。

次の

あぱれる速報 : スニーカー買おうと思うんだがおしゃれなビッバー来てくれ

ビッバー速報

コメント一覧 15• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月23日 18:12• ルンゲ持ってるけど履き心地よすぎw• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月23日 18:29• マックスゼロはダンロップみたいでダサくね?• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月23日 19:30• オニツカ一択ですわ• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月23日 19:48• 結局ナイキに落ち着くんだよな• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月23日 19:51• ついにオニツカが流行るのか• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月23日 20:56• マジで早いとこm1400の次の流行決めてほしいわ スニーカーに大して思い入れない身としてはその時々の流行を後追いで買うだけだからなあ• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月24日 06:21• まずVIPで聞くのやめろや• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月24日 11:21• オニツカもう流行ってるよ 街や電車ですげー見る• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月24日 16:01• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月24日 18:45• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月24日 23:50• 95の復刻は店舗でも売るのかな• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月24日 23:53• こんなじーさんがはいてるウォーキングシューズでなにがファッションなのか メディアは恐ろしいわ• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月25日 09:35• 今年はエアハラチとオニツカとアディダススーパースターだろ あとNB1300JPが5年ぶりに再販• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月26日 22:55• 右を向いても左を向いてもNNNNNNNN 男はだまってスーパースター• 名無しのあぱ速さん• 2015年03月28日 22:30•

次の

キャロウェイ ビッグバーサ アルファ 816 フェアウェイウッドの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

ビッバー速報

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• キャロウェイ「グレートビッグバーサ」FW コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 ツイッター kazkawata 2015年11月24日0時00分 キャロウェイ「グレートビッグバーサ」FW どーもです。 今日紹介するのは、キャロウェイのニューモデル「GREAT BIG BERTHA」(グレートビッグバーサ)のFWです。 現代に甦ったグレートビッグバーサ(以下GBB)ドライバーはオートマチックにつかまるぶっ飛びモデルでしたが、果たしてFWはいかに。 キャロウェイといえば攻撃的なFWの印象が強いですが、このGBB FWも同様なのかを確認してきましたので、早速いっていましょう。 まずは見た目から。 ドライバーに採用されていた「ペリメーター・ウエイティング」ですが、さすがにFWには採用されていませんでした。 でも、フェース後部のウエートは配置されているということは、これはやや浅重心を意識したモデルなのかな!? だとしたら、「X HOT」「X2 HOT」あたりも意識したモデルですかね。 フェースはシャローフェースです。 GBB FWのフォージドカップフェースを採用のようですね。 ってことは、やっぱりぶっ飛びFWかもしれませんな! シャローボディで後部にも長め。 で、フェース後部にウエートって。 ん~、どっちやねん!! 後ろ姿です。 構えてみるとこんな感じ。 クラウンの投影面積は適度な大きさがありますね。 形状的には三角形っぽいのがやはり懐かしい形状でした。 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「BIG BARTHA」Sフレックス装着モデル。 スペックは、ロフト角15度、ライ角56度、長さ43インチ、総重量323g、バランスD2。 ヘッド体積未発表。 シャフトスペックは、重量51g、トルク5. 5、中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。 試打時のアジャスタブルホーゼルのポジションは「N」「S」でした。 重量的にはいい感じですが、やはり、気持ち軽め。 素振りしてみた感覚ですが、ドライバーに比較するとやや手元のしっかり感があるような感じで、ドライバーよりは切り返しでしっかり振って行けそうな気配を感じました。 実際に打ってみると、スピン量少なめの弾丸ライナー系の強弾道を連発!! ぶっちゃけ、なんじゃこりゃ~状態! 今現在ボクはX HOT FW(300yスプーン)を使用ですが、この300yスプーンに出会ったときのような衝撃でしたね。 しかも、300yスプーンよりもオートマチックにつかまって、球が上がりますわ~!! こりゃ~すげぇ~なぁ~! しかも、スカイトラックデータではたまたまの1球ですが、とてつもない飛距離をマーク!! レンジでちょっと興奮してしまいましたわ! GST-3Bの3球平均データは、HS43. 45で、ベストは写真の通りでした。 スカイトラックの弾道データはこんな感じで、 その各球データがこちら。 【3球平均】 HS46. 2度、バックスピン量3172. 6rpm、サイドスピン-27. 7rpm、飛距離239. 8y 【ベスト】 HS46. 8度、バックスピン量3214rpm、サイドスピン-45. 9rpm、飛距離245. 6y(!! ) 打感はソリッド系。 柔らかめの打感の中にしっかりした打ち抜き感があって、感覚は300yスプーンに似た感じでしたね。 音は中音系で、ドライバーとほぼ一緒でした。 弾道はこんな感じ。 そのスカイトラックデータがこちらでした。 弾道的には、やや高めの中弾道。 ドライバー同様スピン量少なめの弾丸ライナー系ですね。 前述していますが、300yスプーンに似たモデルですが、300yスプーンよりもオートマチックにつかまるモデルですね。 そして、サイドスピンがめちゃめちゃ少なく、直進性が高く、とにかく攻撃的なモデルですね! 出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。 ドライバーよりも手元のしっかり感があって、より振っていける印象でしたが、やはり右に抜ける感じがあったのはボクのスイングの問題ですね。 振り感ですが、手元のしっかり感がドライバーよりあるので、気持ち振っていけるイメージでした。 とはいえ、シャフト自体はSでも柔らかなめなので、振れる人にとってはその辺を意識する必要はあるかもしれません。 まぁ、ヒッタータイプにはリシャフトがオススメですけどね。 基本性格的には、ドライバー同様オートマチックにつかまえてくれるモデルです。 直打ちでもしっかり球をあげてくれる安心感は、ボクレベルのアマチュアゴルファーにとってはメチャクチャ信頼感のあるクラブだといえるでしょう。 しかも、ぶっ飛びな上にミスヒットにも強いって、もう、鬼に金棒状態!! これ、試してみる価値アリな1本ですぜぇ!! そうそう、今回試打できていませんが、同シリーズには「HEAVEN WOOD」「DIVINE NINE」なるウッドが設定されています。 「HEAVEN WOOD」はロフト角20度で長さ42. 75インチモデル、「DIVINE NINE」はロフト角24度で長さ41. 5インチとなっています。

次の