吉田 晴乃 さん。 G20閉幕翌日に急死…W20共同代表、吉田晴乃さんが伝えたかったこと(1/2ページ)

吉田晴乃

吉田 晴乃 さん

これからの日本や世界にとって、ジェンダーギャップの解消は大きなテーマのひとつ。 その流れをリードする「」でJapan 2019運営委員会の共同代表を務めるのが、 吉田晴乃さんだ。 W20とは、G7各国をはじめとする20か国が参加するG20のエンゲージメント・グループとして、G20に対して女性に関する政策を提言する組織。 吉田さんは、海外でシングルマザーとして働きながら、 「女性」「東洋人」という逆境に立ち向かってきた。 インタビューでは気さくに冗談を言いながらその場を和ませる。 それでいて、優美でピリッとした緊張感も併せ持つ。 これまでのキャリアや生きる上の軸とともに、次世代を担う女性たちへのメッセージを語ってもらった。 吉田晴乃(よしだ・はるの)さん 慶應義塾大学卒業後、カナダに移住し、その後アメリカ、日本、イギリスと4か国5社の情報通信技術系企業に従事。 2012年、BT社の日本法人初の女性CEOに就任(2018年まで)。 2015年に日本経済団体連合会(経団連)の審議員会副議長に就任。 同時に初の女性役員、女性活躍推進委員会委員長を務めた。 2016年、総理大臣の諮問機関、内閣府の規制改革推進会議委員。 2017年米国のフォーチュン誌のWorld's Greatest Leader50 の一人に選出される。 現在、W20の共同代表として活動するかたわら、英国オックスフォード大学院にて経営学を研究。 慶応義塾大学評議委員。 シングルワーキングマザーでもあり、国境を越え、幅広い人脈をもつ。 海外でシングルマザーに。 「生きるため」に働いた ——わたくしは男女雇用機会均等法の1年生だったの。 女性の募集要項には 「容姿端麗」「頭脳明晰」くらいしか書かれていない時代。 大学在籍中に就職は決まったけれど、大病をして卒業が遅れ、内定もお断りすることになったんです。 バイリンガルではあったから、病気を治してから外資系の通信会社で仕事が見つかったのね。 当時では珍しく、ひとり1台のアップルコンピューターが支給される最先端の仕事。 アメリカ人の幹部はわたくしを活用してくれた。 そこで見るアメリカのトップエグゼクティブの女性たちは、当時日本では見当たらなかったパイオニアだと感じた。 そこで、 わたくしの生きる道は海外にありそうだと直感しました。 結婚と共にカナダに移住して、ローカルの通信会社で働いた。 そこのマーケットで業績を上げて、社長賞などもいただいて。 経済界が素晴らしいのは、 「女性」「東洋人」というバイアスがかかっても、数字には勝てないところ。 営業成績という数値で自分の価値を示せること。 のちに離婚してシングルマザーになったから、娘と生きるために必死だった。 知恵を絞り、激しい競争の中で勝ち抜いていかなくてはならない。 逆に道はまっすぐに見えた。 まっしぐらに突き進むしかなかったから。 当時のことを思い返すと、 「あそこに地雷があるよ」「大丈夫、正しい選択よ」と教えてくれるような、女性の先輩がいたらどんなに楽だったかと思う。 自ら道を切り拓くしかなかったんです。 だから今こうしていろいろなところで話すようにしているんです。 ライフラインを提供するミッションと、日本への想い その後、娘とアメリカに渡り、それまでと同じ通信事業の会社に勤めたの。 生きるのに必死だったわたくしが、生きるミッションを感じたのは、 9. 11の事件。 NYPD(ニューヨーク市警察)が、「携帯電話を使わないで」「通信の帯域を空けて」と絶叫している。 わたくしたちが扱っているのは、ライフラインなんだと実感した。 そこで大きな使命感にかられたの。 同じ時期、グローバルに身を置きながら故郷の日本を見るに、 「日本にはいいものがあるのになぜ世界に出ないのか」「国際社会のエコシステム(業界の枠および国境を超えて、国や企業同士が共存していく仕組み)に日本が入らないのか」という気持ちも持っていた。 わたくしなりに日本に向けていろいろなメッセージを送っているつもりでいたけれど、なかなか届かない。 テクノロジーの世界にいて、日本のモノが世界に刺さっていない現状を見て、 日本が離れ小島になってはいけないと感じていたんです。 日本に戻ってきたのはやはりDNAに刻まれているものがあるのね。 わたくしがこれまでしてきた経験はとても過酷ではあったけれど、それを伝えたい。 新しい生き方を提示していきたいのね。 怖くてたまらないのは、勇気を振り絞って挑んでいる証拠 日本で働きながら、女性では初めて経団連(日本経済団体連合会)の役員に選ばれたの。 メンバーはもう、そうそうたる面々よ。 日経新聞に出ている人、テレビのニュースに出ている人、そんな人ばかりが目の前にいる。 この人たちが世の中を変えていく。 その一人として座っているんだと思うと、とても怖かったわ。 初めて手をあげたとき、きっとその場にいる方たちは 「女性が何を発言するのか」と耳をそばだてていたと思う。 素知らぬ顔をしているけれど、その気配を強く感じた。 怖気づきそうになったけれど、わたくしは世界の何十億人の女性を代表しているんだと感じたの。 「がんばれ」という声が聞こえるようだった。 ジェット機も、抵抗する空気圧がないと飛べないでしょう。 わたくしたちも同じ。 抵抗がない時、怖れがない時は、前に進んでいないのよ。 怖い時こそ、正しいことをしている。 つまり、 勇気と無鉄砲は紙一重だということ。 無鉄砲なときは怖くないけど、勇気っていうのはリスクを覚悟で、それでも前に進む決意。 だからとても怖いものなのよ。 人生の美意識はひとことでは語れない。 自分に問うことで答えがわかる 仕事で大切にしていることは、人生における美意識みたいなもの。 どんなに得をすることでも、醜いことはしないわ。 だけど、迷うことはあります。 経営者として、消えてしまいたくなるような決断をすることも……。 日々、矛盾することに立ち向かわなくてはならないの。 そんなときには、 「これは吉田かな?」と自分に聞く。 「吉田らしくない」と思ったら、それは私の美意識にそぐわないってことよ。 そうしたら考えなおさなくてはならない。 そうやって、自分の美意識にそぐった生をデザインすることが大切だと思っています。 これからの時代を担う女性には、自分の価値に気づいてほしいと思う。 「あなたがそのままでそこにいるだけで、実はどれだけ人のためになっているか」と伝えたい。 自分の価値に気が付いた時に初めて、隣の人が輝いていると気が付くの。 だから、誰かの価値を見つけるために、まずは自分の価値を見出さなくてはなりません。 まず、自分が幸せになってから、人を幸せにしてあげられるということね。 人は誰しも、思い込みやバイアスの呪縛に生きている。 脳の活動を知るとね、まずは 「Belief(信念)」が自分の根幹としてある。 その周囲に 「Perception(認知)」があり、さらに外側に 「Behavior(行動)」があるの。 ボールが飛んできたら避ける、という動物的反応は、Beliefがそうさせている。 でも、もし自分をキャッチャーだというInputがあれば、野球のボールが飛んできてもキャッチするでしょう。 そうして Beliefを変えれば、Behaviorが変わるの。 これからもっと女性が自分自身の価値に気が付き、社会で輝いていくためには、Beliefを変えていく必要があるはず。 「Reshape the Belief」という言葉を、これを読んでいる方々に贈りたいと思います。 撮影/柳原久子 2019年9月22日(日)青山ファーマーズマーケットにて、ワークショップ開催!.

次の

故吉田晴乃さんお別れ会、しめやかに=女性初の経団連役員、繊細な一面も:時事ドットコム

吉田 晴乃 さん

BTジャパン 社長 吉田晴乃さん 30歳で日本を飛び出したんですが、海外生活が人生を変えました。 すごい開放的だったんですよ。 自分にめぐり合ったっていうんですか。 縁故でしか4大卒の女性は採ってもらえない時代ですから、大学4年の時に親の決めた某大企業に押し込んでもらいました。 私は3人姉妹の真ん中で、独立心が強く、個性的というか変わり者だったんですね。 幼いころから自己表現力にたけ、主張も人一倍。 あの時代の女の子としてはありえないわが子の将来を案じた母は、私をなんとか矯正し、時代の定型にはめようと、大変な葛藤をしたんですが、それでも個性は成長とともにさらに強くなってくる。 親は大変だったと思います。 ところが大学を卒業する寸前に、私は病で倒れ、生死の境をさまよいました。 運命の矯正力ってすごいですよね。 内定も白紙で、ここからまさに「世間亭はばからず」な人生が展開しました。 1990年初期カナダ人と国際結婚をし、1歳になる愛娘を連れて、カナダに移住しました。 公園デビューよろしく、カナダで初のママ友をさがして公園をさまよい歩くんですが、そこはだだっ広い森で、コヨーテがでてきました。 これはどうも様子がちがう。 この国ではママたちは子供を預けて仕事していたんですね。 郷に入りては郷に従えということで私も仕事をすることを決意し、カナダ国営の電話会社に勤めたわけなんです。

次の

G20閉幕翌日に急死…W20共同代表、吉田晴乃さんが伝えたかったこと(1/2ページ)

吉田 晴乃 さん

< 2015. 10 産経新聞朝刊から > ( 同上Web版記事は ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 経団連初の女性役員登用に、日本の増すゴミ諸君が大はしゃぎです。 既に18名もいらしゃる審議員会副議長の座に女性が就くことが、そんなに凄い事なのか、一般人のオジサンにはサッパリ判りませんが、その18名の副議長の 所属先と肩書きを拝見しますと、日本を代表する企業トップの重鎮ばかりですので、男女を問わずその一員に迎えられること自体が、企業経営者としては世間的にもこの上ない名誉職になるんでしょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ < 経団連役員名簿 > 会長1名、副会長18名 理事24名、監事2名 審議員会議長1名、副議長18名 議長 岩沙弘道:三井不動産会長 副議長 芦田 昭充:商船三井相談役 矢野 薫:日本電気会長 亀井 淳:イトーヨーカ堂顧問 大坪 文雄:パナソニック特別顧問 前田新造:資生堂相談役 小林栄三:伊藤忠商事会長 岡本圀衞:日本生命保険会長 伊東信一郎:ANAホールディングス社長 伊藤一郎:旭化成会長 下村節宏:三菱電機相談役 日覺昭廣:東レ社長 飯島彰己:三井物産社長 村瀬治男:キヤノンマーケティングジャパン会長 野路國夫:小松製作所会長 宮本洋一:清水建設社長 伊藤雅俊:味の素社長 岡本毅 :東京ガス会長 十倉雅和:住友化学社長 名誉会長4名 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ で、本日オジサンが何故この記事を採り上げたのかと申しあげますと、こちらの吉田晴乃嬢のご尊顔に思わず見とれてしまったからでございます。 < 2015. 09 産経新聞 > 宝ジェンヌと見まがう程のお美しさw 今どきの経団連のお偉いさん諸君って、この種のタイプの熟女がお好みだったなんて、オジサンはちっとも知らなかったゾ。 万が一、ビジネス現場でご一緒させて頂く機会があるとするなら、オジサンなんかは赤面しちゃって、思わず目を伏せちゃうかも。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ それに致しましても、ネットでアップされてる彼女のご尊容はどれを見ても、華やかと言いますか、目立ちたがり屋さんと言いますか、はっきりいってかなりケバイ。 こう言っては大変失礼ではありますが、素性を知らずにいきなり対面したら、オジサンなんかは、間違いなく銀座のママさん?と勘繰っちゃいます。 ( 画像出典: ) ( 画像出典: ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ < 吉田晴乃・BTジャヤパン社長、プロフィール > 大 学を卒業して日本のモトローラ社に入社。 その後、カナダの通信会社に転じた。 2000~08年、NTTコミュニケーションズ(日本本社)とNTT America Inc. (ニューヨーク事務所)でさまざまな役職を歴任。 さらに、ベライゾンジャパンの営業本部長を務め、日本での企業向けサービスを統括して、IT市場 進出の成長戦略の推進を担った。 2012年1月、BTジャパンの社長に就任。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上記プロフィールには出身校が書かれてませんが、彼女はどうやら慶大卒のようです。 < 2015. 09 毎日新聞 > 吉田氏は 慶大卒 で、NTTアメリカなど情報通信業界勤務が長く、2012年1月から英通信大手BTの日本法人BTジャパンの社長に就任した。 < New York 三田会 バックナンバー Vol. 6 > 5 退会者 吉田晴乃 1988 文学部 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 離婚歴ありのシングルマザー < 2013年1月 EURObiZ JAPAN > Haruno Yoshida Upon graduating from Keio University, which she represented in tennis, her first job was at Motorola. The telecommunications industry and global companies have defined her career ever since. Having followed her then-husband to his native Canada, she joined a Canadian telecoms firm at the time the market there was being deregulated, selling cheap overseas calling plans to the Japanese business and expatriate community. 縁故でしか4大卒の 女性は採ってもらえない時代ですから、大学4年の時に親の決めた某大企業に押し込んでもらいました。 運命の矯正力ってすごいですよね。 内定も白紙で、ここからまさに「世間亭はばからず」な人生が展開しました。 公園デビューよろしく、カナダで初のママ友をさがして公園をさ まよい歩くんですが、そこはだだっ広い森で、コヨーテがでてきました。 これはどうも様子がちがう。 この国ではママたちは子供を預けて仕事していたんです ね。 郷に入りては郷に従えということで私も仕事をすることを決意し、カナダ国営の電話会社に勤めたわけなんです。 上述NY三田会通信によりますと、彼女は慶應を1988年に卒業となってますから、大学卒業直前に病気して、それからしばらくしてモトローラ・ジャパンに 就職して、1990年初期にカナダ人と結婚して(モトローラで知り合った?)、カナダに夫とともに移住となると、モトローラでのビジネスキャリアは2年も なかった、ってこと? でも同時に掲載されてる彼女のキャリア年表を拝見すると、結婚後も娘を産むまではモトローラに勤め続けていたとも取れます。 この種の経歴って不都合な点はスキップしますから、結構いい加減です。 NTTがアメリカでの事業を立ち上げる際にお声がけいただいたのですが、本当によくぞ私を見つけてくださったと今でも感謝しています。 ベビーシッターに預けて仕事に行くのですが、東海岸から西海岸まで全米をフィールドにしていたので、東京・大 阪間を出張するのとはわけが違います。 泊りがけの出張のときは娘が本当に嫌がりました。 すごく寂しい気持ちだったと思います。 今でも「母の日は嫌いだっ た」と話すことがあります。 だから続いたんだと思います。 もしも頼れる夫がいたら、とっくにギブアップしてしまっていただろうと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下記2つの情報に、吉田社長は日本を代表するキャリアウーマンとして登場してます。 いずれも、男女共同参画ウンタラカンタラの蔭がチラホラ見え隠れします。 と言う事は、吉田晴乃社長が経団連初の女性役員に選ばれたのは決して彼女の仕事上の実力が認められたものではなく、普通の国民が与り知らぬところでフェミニンおばさま方の経団連への圧力が相当あった可能性も大いに考えられます。 それを安倍政権が上手く利用している、との観方も出来ましょう。 < 2013. 19 駐日欧州連合代表部公式ウェブマガジン > 国際女性デー記念セミナー「キャリア成功の秘訣-各界で活躍する女性に学ぶ」 基調講演者 佐村知子 内閣府男女共同参画局長 / マルセル・ウィーガス・ランスタッド株式会社代表取締役兼CEO(写真左から2人目)パネリスト 清水季子日本銀行金融機構上席考査役(写真左から33人 目)/福島理恵子東芝デザインセンター戦略デザイン推進室参事(写真中央左)/遠藤貴子株式会社つ・い・つ・い代表取締役(写真右から3人目)/ 吉田晴乃 BTジャパン株式会社代表取締役社長(写真右から2人目)/モデレーター 石倉洋子慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授(写真右端) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ < J-Win オフィシャルHPから > J-Win 9月度定例会が、2013年9月11日(水)17時から田町の女性就業支援センターにて行われました。 今回は2人の講師の方に講演をいただきました。 最初の講師はBTジャパン株式会社 代表取締役社長の 吉田晴乃 氏。 ご自身のキャリアと、シングルマザーとしての体験 を、飾らない言葉でお話しくだいました。 J-Winについて 「特 定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク」(NPO法人 J-Win)は、企業におけるダイバーシティ・マネジメントの促進 と定着を支援することを目的に、2007年4月に設立された企業メンバー制の団体です。 女性活用についてのアドバイス、コンサルタントをはじめ、セミナー や講演、さまざまな調査など、企業におけるダイバーシティ・マネジメントの推進をサポートする各種活動を展開しています。 また、業種や業態の枠を超えた女 性企業人の相互研鑽の機会を提供し、ネットワーキングの構築を支援することにより、女性リーダーの育成、能力開発を図っています。 これらの活動を通じ、 性別や国籍、年齢などにかかわりなく、多様な個性が力を発揮し、活躍できる ダイバーシティ 社会の実現 に寄与しています。

次の