ぜんざいおしるこ違い。 おしることぜんざいの違いとは?関東、関西、九州、北海道で何が違う?

ぜんざいとおしるこの違いって何?地域によって違う?

ぜんざいおしるこ違い

そもそも、おしることぜんざいって? おしるこ おしるこのは、あんこを水やお湯で溶いて作った「小豆汁」に、餅や白玉を入れて作ります。 つぶあんかこしあんか、餅を焼くか煮るか、白玉にするかというのは地域で異なります。 おしるこは漢字で書くと「御汁粉」で、丁寧語の「お」+「汁粉(しるこ)」という成り立ちです。 この汁粉というのは、あんこを乾かして粉状にした粉末状の「さらしあん」を水で溶かしたもののことをいいます。 今ではさらしあんではなく、つぶあんやこしあんを溶かして作ります。 ちなみにおしるこの元となる食べ物は江戸時代からあったようで、 当時は酒のつまみとして食べられてきたそうです。 砂糖が貴重だった当時は塩で味付けをしていたので、 この時のあんこは全然甘くなく、しょっぱかったそうです。 ぜんざい ぜんざいの作り方は、小豆を水で煮て、そこに餅や白玉を入れます。 粒は残るくらいまでで、餅や白玉の他に栗の甘露煮やカットフルーツなんかも添えたりします。 ぜんざいの言葉の由来は、「善哉」という仏教用語で、「素晴らしい」という意味です。 仏が弟子を褒めたり称賛する時に「善哉」と言ったそうです。 その仏教用語がなぜぜんざいの由来かというと、ぜんざいを食べた僧がそのあまりのおいしさに「善哉」と言ったのが始まりだからです。 おしることぜんざいの違いは作り方! おしることぜんざいの違いは、ズバリ作り方です。 おしるこはあんこを水やお湯で溶かして作りますが、 ぜんざいは小豆を煮て作った汁で作ります。 おしるこは、その作り方からつぶあん、こしあんの2つがあり、 粒があったりなかったりしますが、 ぜんざいは小豆を煮て作るので、だいたい粒があります。 なので、粒の有無でも区別することができます。 でも細かいところは地域によって異なる! ですが、おしることぜんざいの区別は地域によって異なります。 関東では「小豆を使った飲み物」全般をおしるこというので、 作り方や粒の有無にかかわらず、どれも「おしるこ」です。 ぜんざいという呼び方は、後になって西の方から入ってきたそうです。 関西では、こしあん、つぶあんの違いで区別します。 こしあんを使ったものは「おしるこ」で、つぶあんを使ったものは「ぜんざい」になります。 つぶあんの中でも、汁気がなくなってしまったものや、 つぶあんに餅や白玉を添えただけのものは「亀山」や「金時」と呼びます。 関東と関西の中間地点である東海では、使われている材料で区別します。 粒の有無はあまり重視しておらず、材料が小豆と餅か白玉だけなら「おしるこ」で、 栗の甘露煮やカットフルーツなどなど、他の具が添えられていれば「ぜんざい」です。 他にも、餅を使っていれば「おしるこ」、白玉なら「ぜんざい」だったり、 そもそもどっちでもよかったり、地域によってさまざまな区別の仕方があります。

次の

「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは?関東と関西では定義が異なることが判明

ぜんざいおしるこ違い

「おしるこ」とは? 「おしるこ」の意味と概要について紹介します。 意味 「おしるこ」とは 「こしあん」 「つぶしあん」などの汁に餅を入れた食べ物のことです。 先に汁を作ってから餅や白玉をいれた食べ物のことを言います。 概要 「おしるこ」は漢字で書くと 「お汁粉」になり、 「生のこしあん」を乾燥させて粉末にしたものを使うことからきています。 水分が多いものが殆どで、さらさらとしています。 「おしるこ」は、元は塩で味付けされていたものですが、段々と砂糖が使われる様になりました。 「ぜんざい」とは? 「ぜんざい」の意味と概要について紹介します。 意味 「ぜんざい」は、小豆を砂糖で甘く似てから、中に餅や白玉を入れたも食べ物のことです。 小豆の粒が残っているものに対して使われます。 概要 「ぜんざい」は漢字で書くと 「善哉」になり、由来は以下の2つです。 1つ目は、室町時代にある僧が最初に食べた時、あまりの美味しさに 「善哉 よきかな 」と叫んだというものという説です。 2つ目は、出雲地方で行われていた祭りで振る舞われた 「神在餅 じんざいもち 」が変化したものという説です。 「ぜんざい」は小豆を煮て作るもので、地方によっては栗お甘露煮を入れるところもあります。 「おしるこ」と「ぜんざい」の違い! 「おしるこ」と 「ぜんざい」の違いを、分かりやすく解説します。 関東での違い 「おしるこ」は、 「汁けがあるもの」のことです。 「ぜんざい」は、 「お餅に汁けがないあんこを乗せたもの」のことです。 関西での違い 「おしるこ」は、 「こしあんを使った汁気のあるもの」です。 「ぜんざい」は、 「粒あんを使った汁気のあるもの」です。 まとめ 「おしるこ」と 「ぜんざい」は、地方により違います。 最も重要なポイントは 「こしあん」か 「粒あん」という点です。

次の

おしることぜんざいの違いとは?関東の食べ方やお汁粉と善哉の語源も

ぜんざいおしるこ違い

お汁粉(おしるこ)、善哉(ぜんざい)とは? お汁粉もぜんざいも小豆を砂糖で煮たあんこをお餅や白玉に絡めた食べ物。 地域によってお汁粉とぜんざいの区別が微妙に違う。 おしるこの由来 おしるこは江戸時代に作られた食べ物、江戸時代の頃は塩味だったそうです。 餡の汁に子(実)として団子やお餅を入れるので【餡汁子餅(あんしるこもち) 略してしること呼ばれるようになりました。 お汁粉は餡子を乾燥させた漉し餡をもなかに入れておき、お湯をかければいつでも食べれる。 元祖インスタント食品としても有名 ぜんざいの由来 ぜんざいには二つの説があり• 善哉(ぜんざい)仏教用語で良きかなという意味• 出雲地方の神事、【神在祭り】で振舞われた【神在餅(じんざいもち)】がなまってぜんざいになった 仏教用語の説はとんちで有名なお坊さん、一休宗純がぜんざいを最初に食べた時に そういろんな土地の人たちが集まってきた場所だから呼び方もまちまち まとめ おしることぜんざいは地域によって区別が変わる。 まとめると• 関東では汁に餅を入れてるのをお汁粉• 関東ではお餅にタレをかけたのがぜんざい• 関西・九州ではおしることはこしあんを使ったもの、汁気は多くても少なくてもよし• 関西・九州ではぜんざいとは粒あんを使ったもの、汁気は多くても少なくてもよし• 北海道では特に分類はなくて人によって呼び方が変わる。 他にも餅が入ってるのがおしるこで白玉が入っているのがぜんざいという分け方もある。 いろんな地域で呼び方が変わるけど、 餡子を使って汁物、もしくはタレを作ってお餅や白玉にかけるスイーツを【おしるこ】または【ぜんざい】と言います。

次の