お邪魔体制。 トヨタ社長、異常な粛清人事が波紋…邪魔者は一斉排除&役員はイエスマンだらけ

利益を叩き出す生産体制 : 富士通マーケティング

お邪魔体制

2020. 06 65 新恭(あらたきょう)『国家権力&メディア一刀両断』 全国から「希望しても受けられない」との声が多数上がり批判が集中していた、新型肺炎感染を判定するPCR検査。 ここに来て検査の民間委託を妨害しているとされる人物が浮かび上がり、話題となっています。 元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、その人物について独自調査。 行き着いたのは、首相が「腹心の友」と呼ぶ男性が理事長を務める、あの大学でした。 テレ朝「モーニングショー」(2月28日)のオンエア中、新型コロナウイルスの遺伝子検査(PCR)を医師が受けさせたくても断られる現状に話題がおよんだ時のことだ。 岡田教授は「私はあまり言いたくないんですが」と、切り出した。 いわく、「中枢にある政治家」。 誰をさすのかはともかく、岡田教授のもとに何人かの「中枢にある政治家」から電話がかかってきたそうである。 用向きは「(担当者から)こういう説明を受けたけども、解釈はこれでいい?」というようなたぐいだが、その機をついて岡田教授のほうからも「検査費用の公的負担」や「PCR検査を拡充する体制づくり」について、要望を出していたらしい。 この件で、「中枢にある政治家」から返事があった。 「公的負担に関しては、もうできたよ」。 しからばと、岡田教授が検査の拡充についてたずねると、「クリニックからの直接依頼はちょっと待ってくれと言われてる」との答えだった。 そこで、岡田教授は「待ってくれっていうのはどういうことなんですか。 オリンピックのために汚染国のイメージはつけたくないという大きな力が働いているんですか」と、かねてから抱いていた疑問をぶつけた。 すると、その政治家は「ハハハ」と笑って「そんな肝が据わった官僚は今どきいない」と言い、次のような話をしたと岡田教授は証言する。 「これはテリトリー争いだ。 このデータはすごい貴重なんだ。 衛生研から上がってきたデータは全部、感染研が掌握する。 このデータを感染研が自分で持っていたいと言う感染研のOBがいる。 そこらへんがネックだったんだよ」 どういうことなのか。 自分の研究や論文作成のため、データを感染研が独り占めにすべきだと思っているOB研究者がいて、民間に検体をまわすのを渋っている。 ほんとうなら、心得違いも甚だしい。 厚労省の一機関である感染研は、地方の衛生研究所からの検査データを集め、感染症についての研究を進める立場にある。 検査機関ではなく、研究機関だ。 多くのデータを確保したい気持ちはわからぬでもない。 しかし、さしあたって重要なのは、感染拡大と重症化を食い止めるための大量検査体制の構築だ。 政府はヤルヤルと言いながら、検査を民間委託する数量を抑えているが、衛生研や感染研だけでは、検査できるキャパシティに、おのずから限界がある。 現場の医師が必要だと診断をつけて検査を保健所に申し入れても断られるケースが相次いでいる理由が、ジコチューな研究者心理にあるとしたら、患者はたまったものではない。 いったい誰なんだ、検査データ囲い込みのために民間委託を妨害する、そのOBとは。 筆者ならずとも怒りを込めてそう思うだろう。 しかしここは、落ち着いて考えてみたい。 ほんとうに「OB」のせいなのかは、わからない。 しょせん政治家の言っていることだ。 政権の思惑だとか、感染研の都合とは言えないから、「OB」なる便利な用語を駆使しているのかもしれない。 それを承知のうえでも、「OB」発言はやはり聞き捨てならない。 実在するとしたら、国立感染症研究所にかつて在籍し今も影響力の及ぶ研究者で、とくに新型コロナウイルスの検査データを必要とする分野の専門家ということになるだろう。 そこで筆者は、「OB」を現役の研究者と仮定したうえ、それならどこかから研究費の援助を受けているはずだと想像をめぐらして感染症研究に資金援助するいくつかの機関のウェブサイトにアクセスした。 資金提供先リストを探すためだ。 その作業のなかで、筆者が目をとめたのが、内閣府所管の国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」の資料だ。 同機構は厚労省、経産省、文科省がこれまでバラバラに支援を行っていた医療研究を一本化し、産学連携で治験や創薬を行う司令塔たらんとして2015年に設立された。 2019年の予算は1,267億円である。 新型コロナウイルスに関しては、感染研の迅速診断キット開発、治療法開発、ワクチン開発を支援しているほか、東大のワクチン開発、藤田医科大学の臨床開発研究への支援も決定している。 注目した同機構の資料とは、「平成31年(令和元年)度・実施課題一覧 感染症実用化研究事業」とタイトルがつけられた表である。 つまり、感染症研究に関する支援先のリストだ。 82件の研究開発課題と実施機関名、代表者名が縦一列にずらりと並んでいる。 「国立感染症研究所に今も影響力が及び、新型コロナのデータを必要とする研究者」という条件に合う機関なり、人物はこのなかに入っているはずだとめぼしをつけた。 まず行ったのが消去作業である。 感染研現職や、感染研とは無関係の研究者を除いていけば、感染研OBが残るはずだ。 このうち、代表者の経歴や研究内容から、当てはまると思われるのは一つしかない。 岡山理科大の「動物由来感染症」だ。 代表者、森川茂氏は国立感染症研究所の獣医科学部長だったが、2019年3月31日に退職し、岡山理科大学獣医学部微生物講座の教授となった。 2018年4月に開学した同学部には、同じ感染研でウイルス第一部主任研究官だった渡辺俊平氏が准教授として、非常勤のウイルス第一部研究員だった藤井ひかる氏が助教として赴任していた。 森川氏の教授就任とともに、まさに感染研の別動隊が岡山理科大に誕生したわけである。 同学部のサイトを見ると、微生物講座の説明に以下のような記述がある。 新興感染症ウイルスに対する対策・研究を国立感染症研究所において、いわば最前線で体験してきたスタッフメンバーによって微生物学講座は、起ち上げられます。 我々は、バイオセーフティーレベル(BSL)3の実験室を活用して、また日本の、または海外のBSL4施設とも共同研究を実施しながら、最前線での戦いを継続していきます。 森川氏は感染研時代の2017年2月、内閣官房「感染症研究拠点の形成に関する検討委員会」に、現在の感染研所長で「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議座長」をつとめる脇田隆字氏の代理として出席したほどの実力者であり、感染研に対する発言力はいまも維持しているとみられる。 だからといって森川氏がくだんの「OB」であると決めつけるつもりは毛頭ない。 感染研に影響力を及ぼしうる「OB」は、ほかに何人もいるだろう。 たとえば、「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」のメンバー構成に注目すると、12人のメンバーのうち、座長の脇田氏を含め3人が感染研関係者であり、うち岡部信彦・川崎市健康安全研究所所長がOBである。 岡部氏はテレビ出演も多く能弁で著名であるため、座長の脇田氏が立場上言えないことでも発言できるかもしれない。 だが、森川氏ら岡山理科大の感染研OBらには、他の研究者にないミッションがある。 安倍首相が「腹心の友」と呼ぶ加計学園理事長、加計孝太郎氏。 その長年の宿願であった獣医学部の創設を、国家戦略特区制度を使った特例によって実現させた安倍官邸の思いが、岡山理科大への感染研メンバー投入にはこめられている。 「動物由来感染症の防疫、創薬など、ライフサイエンス分野における連携研究に対応する」。 これが開学前のうたい文句だが、実現性を疑問視する声が絶えなかった。 鳥インフルエンザ研究で定評のある京都産業大を押しのけてまで、岡山理大の獣医学部を開設する必然性がどこにあるのかという意見もあった。 森川氏ら感染研から岡山理大獣医学部へ送り込まれたメンバーには、そういう世評を見返すだけの業績を示す役割が求められているであろう。 彼らには、加計学園問題で野党やメディアに激しく追及された安倍首相と加計孝太郎氏、さらには実現を後押しした竹中平蔵氏や加戸守行元愛媛県知事らの期待が重くのしかかっているはずだ。 PCR検査をあえて制限しているように見える現況は、東京オリンピックをひかえ、検査の拡充による感染者の急増を避けたい安倍政権の願いと迷いがもたらしたものだという疑いが依然としてぬぐえないのだが、ここへきて浮上した「OB」疑惑、あるいは感染研のかかえる問題も、無視はできない。 「防疫」より「研究」。 それが国立感染症研究所の基本的なスタンスとすれば、そこに各地の衛生研も含めPCR検査をほとんど丸投げした政府の判断に、そもそも大きな問題があったのかもしれない。 検査体制の拡充にはまだ越えなければならないヤマがありそうである。 新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧 記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。 その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。 記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。 創価朝鮮学会員で買い物でマスクしていない人間が居ますよ。 後、、マンション前で仕事前の家族を待ち伏せたり、私を待ち伏せたり、、。 害児?と言われても仕方ありませんよ。 日本人のレベルの低下もあるでしょうが、殆ど、、学会員(外人含めて)の事 です。 それから、、コメント(YAHOO でも、、サイトでも、、おかしな日本語の数々。 試しているのか、馬鹿なのか、、如何でもよい事にエネルギーを注ぐ人達。 朝鮮人が日本人を試す? おかしな事を考えずに、、帰国して下さい。 [18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数より全部仮処理 8. : : [1] まずは新 恭氏の調査に敬意を表します。 本来なら助成金事業はすべて公開するはずのものですが、たいていホームページの分かりにくい部分に置かれていて、探すのが難しかったり、いったん探し当ててもいつの間にか移動したり削除されたりしますから。 しかし加計大 と省略 獣医学部で、「動物由来感染症の制御に資する検査・診断・予防法」の研究がどこまで出来るか、はなはだ疑問です。 「バイオセーフティーレベル(BSL)3の実験室を活用して」とありますが、実際にはBSL2レベルの実験しか出来ないということが明らかになっています。 万が一、加計大でそんな研究をしたら……今治どころか四国一島が壊滅しかねません。 ですから、新 恭氏は「森川氏ら感染研から岡山理大獣医学部へ送り込まれたメンバーには、そういう世評を見返すだけの業績を示す役割が求められているであろう」と書いていますが、そんな業績を挙げられる環境ではないのです。 (ちなみに、BSL3を実現するためには、建物自体を建て替えるまたは新設する必要があります) 森川茂氏は加計大獣医学部微生物講座の教授で、スタッフの履歴も考えると、「実験医学系」の講座のようです。 実験医学系の医師・研究者は掃いて捨てるほど多いのですが、現在日本で不足しているのは「社会医学系」の専門家です。 ですから実験系である森川茂氏が検査データを独り占めにしても、なんの成果も挙げられません。 いったい助成金額がいくらであるのか、新 恭氏は書いていないのですが、全く税金の無駄遣いであることは明らかです。 : : [178] >「安倍が全てを隠そうとしている」 この中には、ジャパンタイムズ元編集長の島津洋一氏が、長い論文(英文)にて 告発した、この凶悪極まりない人造キメラウィルスの 開発者でありコーディネーターだと言う、 河岡義裕 という犯罪者を、日本政府(自民党とその周辺、加計・731部隊関係者とその庇護者)が、 マスコミごと隠蔽し、匿っているらしいことも含まれていると 理解してよいのですね?もちろん、必死に犯人を探そうとしている中国の 眼にもとまっていることが想像されます。 つくづくこの国は、東京裁判と、統治機構を含め、国の構築を 一からやり直さねば救われないだろうと思いました。 見せかけの経済だけ を追いかけている場合ではないと思います。 (7年にも及ぶ戦勝国米軍 GHQ の 単独占領が終わったのが1952年。 戦後の混乱の中で、歴史の真実は闇に葬られた中で 新しい青写真が描かれ、戦後の復興が続いた。 ということになります。 ) 浄化した上での基礎工事がまだなんですから、この体たらくです。 最悪の場合、可能性は、とても低いでしょうが、驚愕の事実が 判明した場合、国は持たないでしょう。 新たな国連軍(=米を除く戦勝国軍)の 駐留さえありうるのでは?と思ったりします。 こうでもしなければ、 国内の悪人勢力は、駆除できないまでに成長しているのですから。 一連の告発記事です。 まとめて概略を紹介してあります。 (こちらには、AERAの表紙になった その犯罪者の写真がついています。 ) 18. : : [1] のリンク先の大沼さんの記事にあるように。 コロナウイルスは生物兵器で主犯はイギリス系でしょう。 旧731の連中から彼らの下で作戦に加担したんだと思います。 ただコロナウイルスの目的は、 Brexit の報復だと思います。 鍵は Brexit でしょうね。 これでイギリスはかなりの打撃を受けます。 あの国がただやられるがままに黙っているはずがない。 しかしイギリスがBrexit1をお見舞いされたのは、 911以降世界をファシズムに染めた勢力のご本尊がいるからでしょう。 さて日本みたいな寄生虫の小国が、中国に楯突いてタダですむはずが無い。 日本が中国にかなうはずはない。 日本がその報復を受けているのが現在の状態なんだと思います。 ざまあみろとしか思えませんがね。 : : [2] 様のコメントに関連して お返事と共に 以下ですが、英国との秘密の?同盟について、 しゃん(シャン)さんの、3月4日付記事から少しご紹介させていただきました。 (リンク・アドレスはわたしが後付したものです) 昨年(2019年)10月、武漢を中心に、国際軍人スポーツ委員会(IMSC)第7回ミリタリー五輪が開かれた。 米軍は参加したが、日本(自衛隊)はなぜか参加しなかった。 (机の上の空) 実は、その場に新型コロナをばらまく予定だったらしい、が、失敗した。 うまく行ってれば、米露中仏ほか100か国の男性兵士が感染するところだった。 日本が仕組んだから、不参加だったって言いたいの? 実はもう一つ、不参加の国があった、イギリス。 ハッハッハ! 明智くん、もうおわかりだな? いつのまに怪人二十面相?って、今回の武漢の新型コロナウイルス騒動も、この2国が犯人? さよう!今回の事件は、イギリスのカバールの助けを得て、日本が単独でやったと言う。 イギリスが助けたの? 日英同盟、いまだ健在なり。 「日本の生物戦争武漢攻撃に英国も協力 秘密の第三次日英同盟。 」(机の上の空) そういえば、 皇居に隣接する広大な土地を 英国に只で差し上げちゃった という情報を、本物黒酒さんのツィートで お見かけしたことを思い出しました。 黒酒さんはじめ、別のところでもこの情報があり、 お調べになれば詳細がわかります。 あんまりではありませんか。 ひどいですね。 他者(国民)を欺くこと自体、悪魔の権化の所業です。 : : [86].

次の

「ISMSは業務効率の邪魔」従業員の苦情殺到…本当の原因は?

お邪魔体制

2月20日、加藤勝信厚生労働大臣は記者会見で、大規模イベントの開催などについて「政府が一律で自粛を要請することはしない」と語り、運営元や自治体の判断に任せる姿勢を表明。 しかしその6日後の26日に政府は、コンサートなどの大規模イベントについて今後2週間は自粛するよう呼び掛けた。 また、27日に安倍晋三首相は突如、3月2日から公立小中高と特別支援学校に臨時休校の措置を取るよう要請すると表明。 全国の学校現場のみならず文科省にも事前に周知されておらず、子どもがいる世帯や企業を巻き込む混乱を招いている。 安倍首相は2月29日に急遽行った会見でも、一斉休校要請を判断した根拠を具体的には提示しなかった。 そして最も疑問を持たれているのが、感染が疑われる人への厳しい検査基準だ。 政府は2月17日、検査対象基準を「風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続く場合」に限定し、患者はまず各地の保健所に設置された「帰国者・接触者相談センター」に相談し、同センターが指定する医療機関で受診するかたちにした。 これによって、自覚症状を持ちながらも検査を断られる事例が多発。 さらに、患者の鼻や喉の粘膜から微量の検体を採取してウイルスの遺伝子情報の有無を確かめることができるPCR検査の利用が進んでいない点も、指摘されている。 その結果、1日平均の検査件数は韓国では約4万件なのに対し、日本では約900件にとどまっている。 「厚労省と国立感染症研究所( 感染研)は当初、自家調整の遺伝子検査の手法確立にこだわった。 1月下旬になってようやく確立され、全国の衛生研(地方衛生研究所)でその検査を実施する体制を立ち上げ始めたが、感染の拡大は検査体制確立や試薬の製造をはるかに上回るスピードで進み、検査体制はまったく追いついていない。 こうした経緯を経て、厚労省がロシュ社など民間のPCR法向け試薬による検査を事実上認めたのは2月中旬に入ってからで、2月末になってようやく政府は、PCR検査を保険適用にする意向を表明した。 とにかく対応が遅すぎる。 「対策本部の専門家会議では、小さな病院では設備の状況などからPCR検査の実施が難しいとしています。 しかし、小さな診療所でも患者さんから検体をとって民間の検査会社に送れば、次の日には結果が出ます。 日本国内の民間検査機関は100社あって、900のラボがあります。 1日10万件単位で検査ができるはずです。 本来であればこの一連の流れを保険適用にすればよいだけなのです。

次の

新型コロナ、厚労省が最新検査法を導入しない呆れた理由|NEWSポストセブン

お邪魔体制

キャラ 名称と性能 炎聖剣・ガラティーン 【スキル】 敵の行動を2ターン遅らせる。 ランダムで火ドロップを6個生成。 最上段横1列を火ドロップに変化。 ランダムで火ドロップを12個生成。 両端の縦1列を火ドロップに変化。 3ターンの間、最大HP50%分回復。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 4ターンの間、受けるダメージを半減。 D集合ポスター 【スキル】 1ターンの間、属性吸収を無効化。 ドロップのロック状態を解除。 最上段横1列を火ドロップに変化。 左端縦1列を火に、右端縦1列を回復ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 5ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 全ドロップを強化し、ロック。 消せないドロップと覚醒無効状態を全回復。 全ドロップを火と回復ドロップに変化。 全ドロップを火、木、光ドロップに変化。 左端縦2列を火ドロップに、右端縦2列を回復ドロップに変化。 4ターンの間、火属性の攻撃力が1. 1ターンの間、属性吸収を無効化する。 全ドロップを火、闇、回復ドロップに変化。 4ターンの間、回復力が2倍。 2ターンの間、火属性の攻撃力が4倍。 覚醒無効状態を全回復。 全ドロップのロックを解除し、5属性+回復ドロップに変化。 1ターンの間、受けるダメージを激減。 自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。 2ターンの間、受けるダメージを無効化。 火ドロップを強化。 回復、毒、爆弾ドロップを火ドロップに変化。 2ターンの間、回復力と火属性の攻撃力が3倍。 敵の行動を4ターン遅らせる。 ランダムで火と回復ドロップを5個ずつ生成。 3ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 全ドロップを火ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 敵全体が木属性に変化。 覚醒無効状態を全回復。 1ターンの間、ダメージ吸収と属性吸収を無効化する。 3ターンの間、ドロップ操作を2秒延長。 光ドロップを火に、闇ドロップを水に変化。 L字型に火ドロップを1つ生成。 1ターンの間、火属性の攻撃力が3倍。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 全ドロップを5属性+回復ドロップに変化。 水と闇ドロップを火に、木ドロップを回復に変化。 火ドロップをロック。 1ターンの間、2コンボ加算される。 もう一度使うとサブに戻る。 敵の最大HP10%分のダメージ。 HPとバインド状態と覚醒無効状態を全回復。 全ドロップを火、木、光。 闇ドロップに変化。 1ターンの間、火属性の攻撃力が4倍。 最下段横1列を火ドロップに変化。 1ターンの間、2コンボ加算される。 1ターンの間、火、水、光、回復ドロップのみ落ちてくる。 敵の行動を2ターン遅らせる。 1ターンの間、3コンボ加算される。 全ドロップを強化。 ランダムで火ドロップを3個生成。 全ドロップを火、木、光ドロップに変化。 全ドロップを火と木ドロップに変化。 1ターンの間、2コンボ加算される。 最下段横1列を火ドロップに変化。 右端縦1列を火ドロップに変化。 火ドロップを強化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 火以外のドロップから回復ドロップを5個生成。 闇と毒ドロップを火ドロップに変化。 2ターンの間、ダメージ吸収を無効化する。 自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。 8ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。 3ターンの間、お邪魔ドロップが少し落ちやすくなる。 2ターンの間、自分の属性が光属性に変化。 1ターンの間、攻撃タイプの攻撃力が1. 右から2列目の縦1列を火ドロップに変化。 火ドロップを強化。 全ドロップを5属性+回復ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 火ドロップを強化。 バインドと覚醒無効状態を全回復。 1ターンの間、ダメージ吸収と属性吸収を無効化。 4ターンの間、受けるダメージを半減。 自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。 1ターンの間、ダメージ吸収を無効化。 消せないドロップ状態を全回復。 全ドロップを水、木、闇ドロップに変化。 全ドロップのロックを解除し、水と回復ドロップに変化。 全ドロップのロックを解除し、水、光、闇ドロップに変化。 1ターンの間、3コンボ加算される。 3ターンの間、受けるダメージを半減。 全ドロップのロックを解除し、水と回復ドロップに変化。 2ターンの間、ダメージ吸収を無効化する。 ドロップのロック状態を解除。 3ターンの間、ドロップ操作時間が2倍。 最上段横1列を水ドロップに変化。 消せないドロップ状態を5ターン回復。 火と光ドロップを水ドロップに変化。 回復、お邪魔、毒、爆弾ドロップを水ドロップに変化。 5ターンの間、最大HP40%分回復。 ランダムで水ドロップを3個生成。 木、お邪魔、毒ドロップを水ドロップに変化。 左端縦2列を水に、右端縦2列を光ドロップに変化。 ランダムで水と闇ドロップを15個ずつ生成。 回復ドロップを水ドロップに変化。 1ターンの間、ダメージ吸収を無効化する。 1ターンの間、受けるダメージを半減。 敵の行動を3ターン遅らせる。 全ドロップを火、水、闇ドロップに変化。 敵全体に30万の固定ダメージ。 1ターンの間、属性吸収を無効化する。 (バリアの影響は受けない) ランダムで水ドロップを6個生成。 1ターンの間、受けるダメージを半減。 3ターンの間、水ドロップが落ちやすくなる。 ランダムで水ドロップを7個生成。 1ターンの間、回復力が激減(75%)。 1ターンの間、回復力が2倍。 1ターンの間、ドロップ操作を1秒延長。 全ドロップのロックを解除し、火ドロップを水に変化。 1ターンの間、敵の防御力が0になる。 4ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 バインド状態と覚醒無効状態を4ターン回復。 ランダムで水ドロップを3個生成。 2ターンの間、ダメージ吸収と属性吸収を無効化する。 自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。 全ドロップを水、木、闇、回復ドロップに変化。 最上段横1列を水ドロップに変化。 1ターンの間、水属性の攻撃力が3倍。 1ターンの間、攻撃タイプの攻撃力が3倍。 水ドロップをロック。 バインド状態と覚醒無効状態を7ターン回復。 左端縦1列を爆弾に、右端縦1列を水ドロップに変化。 2ターンの間、受けるダメージを激減(75%)。 3ターンの間、水ドロップが少し落ちやすくなる。 光、お邪魔、毒ドロップを水ドロップに変化。 1ターンの間、回復力と水と闇属性の攻撃力が3倍。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 2ターンの間、HPが全回復。 5属性+回復ドロップをロック。 1ターンの間、ドロップ操作時間が2倍。 自分の属性が光属性に変化。 1ターンの間、攻撃タイプの攻撃力が1. ランダムでドロップを入れ替える。 敵の行動を2ターン遅らせる。 6ターンの間、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 敵の行動を1ターン遅らせる。 闇ドロップを水に、木ドロップを回復に変化。 全ドロップを火、水、回復ドロップに変化。 1ターンの間、ドロップ操作時間を2秒延長。 1ターンの間、ドラゴンタイプの攻撃力が2倍。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 木ドロップを水ドロップに変化。 2ターンの間、水、木、回復ドロップが少し落ちやすくなる。 自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。 4ターンの間、受けるダメージを半減。 敵の行動を1ターン遅らせる。 消せないドロップと覚醒無効状態を全回復。 1ターンの間、2コンボ加算、木属性の攻撃力が2倍。 ドロップのロック状態を解除。 水ドロップを木ドロップに変化。 全ドロップのロックを解除し、木ドロップを水ドロップに変化。 全ドロップを水、木、光ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが3ターン溜まる。 全ドロップを木、光、闇ドロップに変化。 全ドロップを火、水、木、光、闇ドロッップに変化。 ランダムでドロップを入れ替える。 全ドロップを木、光、回復ドロップに変化。 ランダムで5属性ドロップを6個ずつ生成。 最下段横1列を木ドロップに変化。 敵の行動を3ターン遅らせる。 最上段横1列を木ドロップに変化。 全ドロップをロック。 5ターンの間、受けるダメージを軽減。 左端縦2列を木に、右端縦2列を闇に変化。 ドロップのロックを解除。 火と木以外のドロップから回復ドロップを6個生成。 ランダムで火と木ドロップを3個ずつ生成。 1ターンの間、攻撃タイプの攻撃力が4倍。 7ターンの間、強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。 2ターンの間、属性吸収を無効化する。 1ターンの間、ダメージ無効を貫通する。 全ドロップを強化。 右端縦1列を回復ドロップに変化。 消せないドロップ状態を全回復。 水、闇、お邪魔、毒ドロップを木ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが2ターン溜まる。 ランダムでドロップを入れ替える。 1ターンの間、悪魔タイプの攻撃力が2倍。 1ターンの間、ドロップ操作を1秒延長。 最下段横1列を木ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 ランダムでドロップを入れ替える。 2ターンの間、ドロップ操作を5秒延長。 左端縦1列を木ドロップに変化。 1ターンの間、木ドロップが落ちやすくなる。 敵の行動を3ターン遅らせる。 全ドロップを木と光ドロップに変化。 全ドロップを火、木、闇に変化。 1ターンの間、ドロップ操作を1秒延長。 全ドロップのロックを解除し、木と回復ドロップに変化。 敵の行動を1ターン遅らせる。 ランダムで回復ドロップを3個生成。 最上段横1列を木に、最下段横1列を闇ドロップに変化。 3ターンの間、ドロップ操作時間が2倍。 1ターンの間、木属性の攻撃力が2倍。 ランダムでドロップを入れ替える。 火、お邪魔、毒ドロップを木ドロップに変化。 木と光ドロップをロック。 全ドロップを木と闇ドロップに変化。 火、闇、お邪魔、毒、爆弾ドロップを木ドロップに変化。 左端縦1列を回復ドロップに変化。 1ターンの間、属性吸収を無効化する。 全ドロップのロックを解除し、木、闇、回復ドロップに変化。 2ターンの間、自分の属性が光属性に変化。 1ターンの間、攻撃タイプの攻撃力が1. 敵の行動を2ターン遅らせる。 バインド状態と覚醒無効状態を7ターン回復。 3ターンの間、回復力が3倍。 全ドロップのロックを解除し、5属性+回復ドロップに変化。 ドロップのロック状態を解除。 1ターンの間、光属性の攻撃力が5倍。 消せないドロップと覚醒無効状態を全回復。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 ランダムで回復ドロップを9個生成。 全ドロップを強化し、ロック。 全ドロップをロック。 1ターンの間、ドロップ操作を1秒延長。 覚醒無効状態を2ターン回復。 火ドロップを光ドロップに変化。 全ドロップを火、水、木、光、回復ドロップに変化。 上から2列目と下から2列目の横1列を光ドロップに変化。 バインド状態と覚醒無効状態を全回復。 2ターンの間、属性吸収を無効化する。 光ドロップをロック。 7ターンの間、受けるダメージを軽減。 2ターンの間、回復力と光属性の攻撃力が3倍。 6ターンの間、ドロップ操作を2秒延長。 3ターンの間、ダメージ吸収と属性吸収を無効化する。 3ターンの間、回復力とドロップ操作時間が2倍。 全ドロップを水、木、光、回復ドロップに変化。 光属性の攻撃力が2倍。 全ドロップを木と光ドロップに変化。 敵の行動を3ターン遅らせる。 左端縦1列を回復ドロップに変化。 ランダムで光と闇ドロップを5個ずつ生成。 ランダムでドロップを入れ替える。 バインド状態と覚醒無効状態を全回復。 回復、お邪魔、毒ドロップを光ドロップに変化。 バインド状態と覚醒無効状態を全回復。 全ドロップを火、水、木、光ドロップに変化。 最上段横1列と最下段横1列を光ドロップに変化。 闇属性の敵に光属性の300万ダメージ。 自分以外の味方スキルが3ターン溜まる。 全ドロップをロック。 木、闇、お邪魔、毒ドロップを光ドロップに変化。 全ドロップを火、光、回復ドロップに変化。 全ドロップを木、光、闇、回復ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

次の