ミン テン ハオハオ。 【楽天市場】Ming Teng HAOHAO ミンテンハオハオ 明天好好 ロングスリーブ Tシャツ ホワイト XL 【中古】【メンズ】:ブランド古着 Brooch

明天好好 (ミンテンハオハオ )

ミン テン ハオハオ

明天好好のコンセプトカラーはピンク! 中目黒のピンクのお店と言えば、明天好好。 山手通りから見ても、目黒川側から見ても、すぐに分かります。 なにやら異国へタイムスリップしたような感じ! ピンクがコンセプトカラーの明天好好。 店内は、80年代のアメリカ西海岸のチャイニーズレストランや、当時の各国のチャイナタウンをイメージしていて、懐かしくもある、おしゃれな空間。 地下は真っ白な壁で、テーブル席とカウンター席がある落ち着いた隠れ家的スペースです。 デザインチームは、古着屋DEPTのオーナーeri(えり)氏と、グラフィックデザイナー岩井遊(いわいあそぶ)氏。 ロゴや内装、オリジナルグッズのデザインを手掛けています。 注目の豆花をいただきます! 右上:薬膳豆花【プーアール茶】(800円)、右下:果物豆花【フルーツ】(900円)、左上:黒胡麻豆花【黒ゴマ】(900円)、左下:明天豆花【ぜんざい】(800円)。 明天好好の豆花は、日本人向けに舌触りよく作られており、一般の豆花よりプルプル食感です。 豆花のトッピングは、茹でピーナッツやタピオカ・白玉・きな粉・押し麦・クコの実・ナツメ・フルーツなどのヘルシー食材。 明天好好では、黄金組み合わせのトッピングで提供されますので、迷うことなく、美味しい豆花をいただくことが出来ます。 果物豆花【フルーツ】 たっぷりフルーツと、ふわっと軽く優しい甘さの豆乳クリーム。 サクサクのパフがアクセントの人気の豆花。 男性ファンも多いメニューです。 薬膳豆花【プーアール】 プーアール茶でさっぱりいただけます。 クコの実やナツメ・芋・白きくらげ・緑豆など、身体の内側から綺麗になりそう!暑さが続いたこの夏、皆さんに好まれたメニューです。 黒胡麻豆花【黒ゴマ】 真っ黒な色は、濃厚な黒胡麻ソース。 胡麻の香り高く、コクがあり、やさしい甘さで、一度食べたらやみつきです。 黒ゴマのリピーターが多いというのもうなずけます。 明天豆花【ぜんざい】は、お持ち帰り用のボックスで用意していただきました。 こちらは、冷たい豆花の上に温かいぜんざいシロップを掛けています。 ぜんざいの名の通り、中に甘く煮た小豆が入っていて、ほっとする味です。 豆花屋さんではポピュラーな、シャリシャリ食感の紅糖(あかとう)は、お好みで自由に掛けられます。 5種類の豆花を全部制覇したくなること間違いなし。 どの豆花もボリュームたっぷりで、食事代わりにする方も。 色々頼んで、何人かでシェアして食べる方も多いそう。 甘くない、明天鹹豆漿(シェントウジャン)にも注目です! 明天鹹豆漿(シェントウジャン)700円。 豆乳と酢だけで、おぼろ豆腐風に仕上げた明天鹹豆漿。 塩味系で、温かく、優しい味。 サクサクで香ばしい、中国の揚げパン、油条(ユージョウ)がトッピングされています。 明天鹹豆漿をお目当てに来店する方も多いそうです。 ストローで吸い上げるゼリーは、タピオカとは違った食感。 ちょっと苦みのある仙草ゼリーは、香ばしくてふわっと甘いトウガンティと合わせると、苦みが消え、口の中がスッキリ。 仙草ゼリーは、植物由来の天然ゼリーで、解毒作用や解熱作用があり、体の不調に効くといわれています。 花愛玉子(ハナオーギヨーチ)【ゼリー】(800円)は、蜂蜜を使用しています。 ドリンクには、ペーパーストローを使用。 キュートな柄が揃っています。 お持ち帰りは、おしゃれなボックスで。 持ち帰り用ボックスは、紙製のバッグ型。 これはみんなの注目の的になりそう!持ち帰るのもウキウキしちゃいます。 お土産に持っていくのも喜ばれそうですね。 お酒以外のメニューは持ち帰りができ、値段は、店内でもお持ち帰りでも変わりません。 店内には、DILIGENCE PARLOR(ディリジェンスパーラー)フローリストの越智康貴(おちやすたか)氏がセレクトした季節の花々も。 お花を添えてプレゼントしても、喜ばれるに違いありません。 eri氏と、岩井遊氏の手掛けているオリジナルグッズも購入できます。 23時まで営業しているのも魅力の1つ。 仕事帰りに寄ることができ、小腹をみたしてくれるヘルシーメニューはうれしいですね! 日本人の味覚に合う、やさしい味で、ヘルシーな台湾メニュー。 これからますますファンが増えるに違いありません。 来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。 店舗情報 Vegewelでレストラン検索 Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。 食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。 日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!.

次の

本格台湾スイーツで大満足♡ 中目黒「明天好好(ミンテンハオハオ)」で本場の豆花を食べてきた!

ミン テン ハオハオ

明天好好のコンセプトカラーはピンク! 中目黒のピンクのお店と言えば、明天好好。 山手通りから見ても、目黒川側から見ても、すぐに分かります。 なにやら異国へタイムスリップしたような感じ! ピンクがコンセプトカラーの明天好好。 店内は、80年代のアメリカ西海岸のチャイニーズレストランや、当時の各国のチャイナタウンをイメージしていて、懐かしくもある、おしゃれな空間。 地下は真っ白な壁で、テーブル席とカウンター席がある落ち着いた隠れ家的スペースです。 デザインチームは、古着屋DEPTのオーナーeri(えり)氏と、グラフィックデザイナー岩井遊(いわいあそぶ)氏。 ロゴや内装、オリジナルグッズのデザインを手掛けています。 注目の豆花をいただきます! 右上:薬膳豆花【プーアール茶】(800円)、右下:果物豆花【フルーツ】(900円)、左上:黒胡麻豆花【黒ゴマ】(900円)、左下:明天豆花【ぜんざい】(800円)。 明天好好の豆花は、日本人向けに舌触りよく作られており、一般の豆花よりプルプル食感です。 豆花のトッピングは、茹でピーナッツやタピオカ・白玉・きな粉・押し麦・クコの実・ナツメ・フルーツなどのヘルシー食材。 明天好好では、黄金組み合わせのトッピングで提供されますので、迷うことなく、美味しい豆花をいただくことが出来ます。 果物豆花【フルーツ】 たっぷりフルーツと、ふわっと軽く優しい甘さの豆乳クリーム。 サクサクのパフがアクセントの人気の豆花。 男性ファンも多いメニューです。 薬膳豆花【プーアール】 プーアール茶でさっぱりいただけます。 クコの実やナツメ・芋・白きくらげ・緑豆など、身体の内側から綺麗になりそう!暑さが続いたこの夏、皆さんに好まれたメニューです。 黒胡麻豆花【黒ゴマ】 真っ黒な色は、濃厚な黒胡麻ソース。 胡麻の香り高く、コクがあり、やさしい甘さで、一度食べたらやみつきです。 黒ゴマのリピーターが多いというのもうなずけます。 明天豆花【ぜんざい】は、お持ち帰り用のボックスで用意していただきました。 こちらは、冷たい豆花の上に温かいぜんざいシロップを掛けています。 ぜんざいの名の通り、中に甘く煮た小豆が入っていて、ほっとする味です。 豆花屋さんではポピュラーな、シャリシャリ食感の紅糖(あかとう)は、お好みで自由に掛けられます。 5種類の豆花を全部制覇したくなること間違いなし。 どの豆花もボリュームたっぷりで、食事代わりにする方も。 色々頼んで、何人かでシェアして食べる方も多いそう。 甘くない、明天鹹豆漿(シェントウジャン)にも注目です! 明天鹹豆漿(シェントウジャン)700円。 豆乳と酢だけで、おぼろ豆腐風に仕上げた明天鹹豆漿。 塩味系で、温かく、優しい味。 サクサクで香ばしい、中国の揚げパン、油条(ユージョウ)がトッピングされています。 明天鹹豆漿をお目当てに来店する方も多いそうです。 ストローで吸い上げるゼリーは、タピオカとは違った食感。 ちょっと苦みのある仙草ゼリーは、香ばしくてふわっと甘いトウガンティと合わせると、苦みが消え、口の中がスッキリ。 仙草ゼリーは、植物由来の天然ゼリーで、解毒作用や解熱作用があり、体の不調に効くといわれています。 花愛玉子(ハナオーギヨーチ)【ゼリー】(800円)は、蜂蜜を使用しています。 ドリンクには、ペーパーストローを使用。 キュートな柄が揃っています。 お持ち帰りは、おしゃれなボックスで。 持ち帰り用ボックスは、紙製のバッグ型。 これはみんなの注目の的になりそう!持ち帰るのもウキウキしちゃいます。 お土産に持っていくのも喜ばれそうですね。 お酒以外のメニューは持ち帰りができ、値段は、店内でもお持ち帰りでも変わりません。 店内には、DILIGENCE PARLOR(ディリジェンスパーラー)フローリストの越智康貴(おちやすたか)氏がセレクトした季節の花々も。 お花を添えてプレゼントしても、喜ばれるに違いありません。 eri氏と、岩井遊氏の手掛けているオリジナルグッズも購入できます。 23時まで営業しているのも魅力の1つ。 仕事帰りに寄ることができ、小腹をみたしてくれるヘルシーメニューはうれしいですね! 日本人の味覚に合う、やさしい味で、ヘルシーな台湾メニュー。 これからますますファンが増えるに違いありません。 来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。 店舗情報 Vegewelでレストラン検索 Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。 食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。 日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!.

次の

SEVENTEENジュン&THE8(ミンハオ)の仲良しエピソード

ミン テン ハオハオ

関連記事 知らない国で働くこと。 通じない言葉、異なる文化、馴染めない環境・・・きっと私たちには想像もできないほど心細いことでしょう。 そんな困難の中、異国の地でデビューした2人の中国人がいます。 2015年、アッキンダで華々しいデビューを飾り、今や人気アーティストの仲間入りを果たした13人組ボーイズグループ「SEVENTEEN」。 今回は、SEVENTEENの中国人メンバー、ジュンとTHE8(ディエイト)、2人の堅い絆が分かる感動的なエピソードをお届けします。 ,Ltd. ,Ltd. SEVENTEEN公式HPより ジュンはもともと中国で子役として活動していました。 決して裕福ではない家庭で育ったジュンですが、中学生の時に両親が離婚。 母親が女手ひとつで子供を育てるために夜通し働くなど苦労しているのを見て、自分が母親を助けたいと思うようになります。 (にしてもイケメンすぎる・・・) また、ひとりで頑張る母親を見て、母親に幸せになって欲しいと、当時ジュンの母が親しくしていたという男性に「僕のお父さんになってください」と頼み込んだそう。 それを期にその男性と母親は再婚。 後に父親違いの弟が生まれました。 今でもその弟を恐ろしいほど溺愛する愛情深さを見せています。 その後も中国で俳優をしながら家計を助けていたジュンですが、スターになってさらに楽な生活にさせてあげられれば、と韓国に行き、大手事務所・SMエンターテイメントのオーデションを受けます。 しかし、結果は不合格。 それでもなんとか夢をつかみたいと次に受けたのが、現事務所のPledis。 そこで晴れてPledisの練習生になりました。 THE8ことミンハオは、4、5歳から中国伝統武術を習っていて、中国では年齢が一番低いB-Boysのチームに所属していました。 ブレイクダンス、ダブリング、アクロバットといろいろな種類のダンスを物にする天性の才能で、B-Boy大会に参加すると必ず何個も賞をかっさらっていく、当時のB-Boy界では名の知れた存在。 昔からスーパースターになりたいと夢見ていたダンス馬鹿な野心家の少年は、ひょんなことから当時中国でも大ヒットしていたK-POPの世界で成功したいと韓国へ。 そして、縁がありPledisの練習生になります。 まだまだ韓国語の能力は不足していましたが、瞳の奥で燃える野心とダンスの才能が、社長の目に止まったのです。 そうしてジュンがPledisの練習生になってから約1年2ヶ月後、ひょっこりと現れたミンハオという少年との出会いを果たしました。

次の