ナイト モード カメラ。 iPhone11 Pro買った!!ナイトモード最高!望遠微妙。結論iPhone11でもよかった。。。

旧型iPhoneでもナイトモードを使いたい!オススメの最強ナイトモードカメラアプリ

ナイト モード カメラ

iPhone 11シリーズのナイトモードの使い方と仕組み iPhoneのナイトモード(引用:) ナイトモードは、iPhone 11シリーズからの新機能。 シャッタースピードを遅くしたり、明るいレンズを使ったりなど光学的に写真を明るく撮っているわけではなく、 一度の撮影で複数枚の写真を撮影してから処理をしています。 画像の動きを補正、コントラストや色の調整、ノイズ除去などの処理をした後、最終的な画像が生成されます。 ナイトモードのアイコンが表示される 横持ちなら左に表示される 写真をナイトモードで撮影するかどうかはiPhoneが勝手に判断してくれます。 この状態で撮影するとナイトモードでの撮影になります。 露出時間は周囲の明るさからiPhoneが決めてくれるので、シャッターボタンを押すだけでOKです。 撮影時間は変更可能 月のアイコンをタップするとスライダーが表示されて、それを移動させることでオフ~最長まで選ぶことができ、自分で露出時間を調整することもできます。 ただし、 最大秒数の指定はできず、周囲の明るさや三脚の有無に応じて時間が変わります。 大体の場合、撮影時間には短くても1~3秒程度かかるので、なるべくiPhoneを動かさないように撮影する必要がありますが、その間ずっとシャッターを開いているわけではないので、少しぐらいであれば動いてしまっても大丈夫です。 体感ですが、5秒くらいまでなら手持ちでも問題なく撮影できるかなという感じがします。 実際にナイトモードで撮影してみた 実際にナイトモードで撮影した写真の作例を通常のモードとの比較を交えながら紹介します。 通常のモードとの比較の場合は左がナイトモード、右が通常の撮影モードです。 タップ・クリックをすると大きな画像で表示できます。 牛のフィギュア(左がナイトモード、右が通常モード) 部屋の電気を消して、PCのディスプレイだけが点いている状態で牛のフィギュアを撮影してみました。 通常モードでも存在が分かりますが、ナイトモードだとより明るく、ノイズも少なく写っているのが分かります。 新宿駅からコクーンタワー方面(左がナイトモード、右が通常モード) 建物の明かりが結構あるので通常モードでもそれなりに写っているのが分かりますが、ナイトモードだと空やビルがよりはっきりと写っていますね。 コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード) 別の場所からコクーンタワーを。 ナイトモードの方が雲がハッキリ写っているのが分かりますね。 コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード) これも別の場所から。 真ん中にある看板などの明る部分はそのままで、その他の暗い部分だけが持ち上がっています。 新宿の交差点(左がナイトモード、右が通常モード) これもそれなりに明るさがある場面です。 こちらも暗い部分の明るさだけが変わっているのが分かります。 とはいえ薄暗いレベルであれば通常の撮影モードでも十分撮れていると思います。 夜の学校(左がナイトモード、右が通常モード) 光源は奥の方にある街灯と、筆者が立っていたところにある街灯くらいです。 これはナイトモードが活躍する場面なのがハッキリ分かりますね。 通常の撮影モードでは黒く潰れている校舎の壁なども、ナイトモードではしっかり写っています。 公園(左がナイトモード、右が通常モード) 真ん中に強めの光源があるシーン。 これも木の葉っぱなどの黒つぶれしてしまっている箇所もナイトモードではちゃんと写せています。 別角度の公園(左がナイトモード、右が通常モード) こちらも同様。 通常の撮影モードの写真がかなりブレてしまっていて申し訳ないですが、画面右側の暗い部分がナイトモードでは金網が認識できるレベルまでになっていますね。 寝てる子ども ナイトモードはシャッター音が通常の撮影モードよりも小さいので、こういった写真も撮れます。 部屋の電気は消えていて、隣の部屋の常夜灯がついてるくらいの明るさですが、毛布の質感も残っていてスゴいと思います。 ナイトモードを上手く撮るコツと注意点 iPhone 11シリーズではもともとの暗所性能が向上しているのか、多少明かりがある環境だとナイトモードと通常モードでほとんど写真に変化がないということもありますし、薄暗い程度の店内や光のある夜景くらいだとそもそもナイトモードになりません。 また、 新しく搭載された超広角カメラではナイトモードが使えないので頭に入れておきましょう。 撮影するときも、その部分の白飛びを防ぐためにも 構図の中になるべく強めの光源を入れないほうが全体的にキレイに写るんじゃないかと思います。 いい写真というのは人によって違うと思うので、実際にいろんなシーンで撮影することが大切ですね。 iPhone XSシリーズと暗所撮影を比較 ナイトモードの使えないiPhone XS Maxと暗所撮影の比較をしてみました。 iPhone 11 Proはナイトモードでの撮影です。 左がiPhone 11 Pro、右がiPhone XS Maxの写真です。 クリック・タップをすると大きな画像で表示できます。 iPhone 11のナイトモードはよく撮れています 室内の明かりを全て消した状態 部屋の明るさを変えて牛のフィギュアを撮影しました。 1枚目と2枚目が隣の部屋の常夜灯とPCのディスプレイが点灯している状態、3枚目と4枚目が全ての明かりを消した状態です。 多少明かりがあれば、ナイトモードはノイズが少ない写真を撮れますし、真っ暗でも何があるかは判別できるくらいの写真が撮れました。 ナイトモードを使うとXS Maxで写せなかった雲まで写せている ナイトモードを使うと、XS Maxだとほぼ真っ暗な空でもiPhone 11シリーズは雲が分かるレベルまで写すことができます。 見比べると全然違いますね。 こちらの写真でもナイトモードのほうが明るく表現できてます ほんのり明かりがある場面でも、XS Maxでは光のあまり届いていないところまでは流石に写せていませんが、iPhone 11シリーズのナイトモードはかなり頑張っていますね。 多少明かりがある場合はiPhone XS Maxも健闘していますが、明かりのほとんどない場面ではiPhone 11シリーズのナイトモードが圧勝です。 そもそも撮影の仕組みが違うので仕方がないことですが、 ナイトモードはかなり暗めな環境でこそ真価を発揮してくれます。

次の

【ナイトモード】iPhone 11 Proの夜景撮影機能をiPhone XRのカメラと比較

ナイト モード カメラ

iPhone11 Proなんで買ったの? HUAWEI P20 Proからの買い替えです。 私はいつもスマホは2年以上使うようにしていて、P20Proはまだ発売して1年半経っていないのでいつものサイクルから考えるとかなり早めの買い替えです。 HUAWEI P20 Pro写真盛りすぎ動画イマイチ他色々 1年半前iPhoneずっと使っててたいして代わり映えしないし他の機種使ってやる〜!!って意気込んで当時カメラがすごく高性能で評判のHUAWEI P20 Proを購入しました。 ライカのレンズを使っていたり10倍望遠レンズが使えたり私にとっては真新しいことの詰まったスマホで、望遠レンズが面白い!っていうことをこのスマホを使って知ることができたのでよかったはよかったんですが、細かいシステムの設定部分ことが色々不便だったのと、写真が勝手にエフェクト使いまくりに加工されてる感じでHUAWEI P20 Proの写真があまり好きになれませんでした。 具体的には空の色海の色などの彩度が上がりすぎる(デフォルト設定、AIオフ)猫の写真のコントラストが上がり過ぎで毛がふわふわじゃなくてザラザラな感じになる(デフォルト設定、AIオフ)などです。 あと写真は可もあり不可もありって感じででしたが、動画はもう本当にひどかったです。 暗いところで動画を撮ると、動いた瞬間にじむ感じになることがあると思うんですが、あれが明るい場所でも起こります。 本当に動画はひどかった・・・ 動画に関しては4年前に発売したiPhone6sの方がまだいいくらいです。 iPhone11とiPhone11Proどっち買う? iPhone11とiPhone11Proは細かな違いが色々あるんですが、 大きな違いはカメラが2つか3つかという点です。 iPhone11Proには 超広角・広角・望遠 の3つのレンズが、 iPhone11には 超広角・広角 の2つのレンズが、ついています。 つまり望遠レンズが必要であればiPhone11Proを、望遠レンズ不要であればiPhone11を買えばいいと言うことです。 望遠レンズは必要か? 望遠レンズは遠くのものを大きく撮るためのレンズだと思っている人も多いと思うんですが、それだけではなく写真そのものの構図を変えて撮影することができます。 例えば、望遠レンズを使うとこんな感じの写真が撮れます。 写真はHUAWEIP20Proで撮ったものです。 例えば、こんな感じの道路、奥の方に電線がごちゃごちゃしているのが見えるでしょうか?近くに行って撮ると写真に写る範囲にごちゃごちゃした電線をすべて入れることができないし、かと言って遠くから撮るとこんな感じになってしまいます。 望遠レンズを使うと近くと遠くと広い範囲にあるものをキュッと写真におさめることができるのでごちゃごちゃ感の伝わる写真が撮れます。 中華街で看板がたくさん写っている写真を見たことがありませんか?あれも望遠レンズを使って撮っています。 普通に撮るとこんな感じ。 望遠レンズを使うとこんな感じ。 さらにもう1枚。 こんな感じ。 HUAWEIP20Pro望遠レンズ10倍で撮っています。 けっこう迫力あって面白いと思いませんか?倍率上げてるのでカスカスはしていますが・・・ HUAWEIP20Proは写真と動画ちょっと問題ありだと感じる部分もありますが、望遠レンズに関してはすごくよかったと思うんです。 で、望遠レンズはあったほうが絶対にいいと思います。 でも!!差額およそ3万円・・・ これは買うのか、買わないのか。 ・・・買う。 あとでやっぱりつければよかったと思って3万払ってもカメラ追加できないですからね。 Pro買うことにします。 iPhone11 Proしばらく使ってみた感想 結論大満足です。 何が?ってカメラが!! iPhone11Proのナイトモードがやばい。 本当にすごい。 これは夜暗い道で撮影した写真なんですけど、真っ暗なところでもよく撮れていると思いませんか。 これは真夜中にコンビニに行ったときにコンビニの外にいた猫を撮った写真です。 もちろん店の前なので全く光がなかったわけではないのですが、外なのでかなり暗かったです。 薄暗い場所で写真を撮ると、シャッタースピードが下がるので、どうしてもブレやすくなってしまうのですがこのブレなさ加減!! 時々いるじっとしてるおとなしい猫ならブレずに撮れるかもしれないんですが、こんな口開けた瞬間とか一眼使っても難しいと思うんですけど、これがスマホでできるってすごすぎる・・・ どういう仕組になっているんだ!! 他にもナイトモードで撮ったものをいくつかあげておきます。 超広角レンズは面白い!しかし、若干画質悪い 大きな建物や室内での写真。 もう一歩二歩後ろに下がれれば全体が入りそうなのにどうしてもはみ出してしまうっていうことありますよね。 私は旅行が好きでいろんなところに行っているんですが、教会とかお寺の先のほうが切れちゃうっていうことがよくあります。 同じ場所からiPhone11Pro広角レンズと超広角レンズで撮った写真がこちらです。 お寺広角 お寺超広角 バス広角 バス超広角 画角がぜんぜん違う!! あと、全体がおさまらないといえばワットパクナム(バンコクにあるインスタ映えすると評判のお寺)だ!!と思ってiPhone11Proを持って写真を撮ってきました。 写真をご覧ください。 広角レンズ バンコクの写真を見てるとこんな写真けっこうよく見かけますよね。 室内なので壁ギリギリまで下がって地面スレスレから見上げるように写真を撮って〜って撮影しないとおさまらないんです。 超広角レンズ 超広角レンズで撮るとこんな感じになります。 写真じゃ伝わらないかもしれないけど・・・の1パターンは超広角を使えば再現できるかもしれないと思いました。 ぜんぜん違うでしょ?でもお寺は室内で明るくないので、超広角だと若干カサカサして見えるかもしれません。 というかカサカサしています。 あと、ピンと合わすのがけっこう難しい・・・特に夜では。 これは広角 これは超広角 やっぱり超広角で撮ってる方はちょっとぼやーっとしてる感じがするんですよね。 今後練習でうまくなるのか、それともこれくらいのものなのかしばらく使って確かめてみたいと思います。 広角レンズは一眼レフで1つ持っているんですが、つけて外してっていうのが面倒なのであまり使ったことがなく、面白みがいまいちわからないままでした。 でも、スマホに広角レンズがついているとすごく手軽に切り替えができるので、普通に撮るとどうなるか、広角にするとどうなるか、(Proの場合は望遠にするとどうなるか)いろんな場面で試すことができて写真の勉強にもなると思います。 望遠レンズは正直微妙 望遠レンズはイマイチです。 え?ここが一番大きな違いなのになんで?って思っていましたが、理由がわかりました。 いまいちだからです。 それではご覧ください、iPhone11proの望遠レンズ作例です。 iPhone11pro等倍 iPhone11pro望遠2倍 iPhone11pro望遠10倍 正直10倍にした時の画質はHUAWEIP20Proの方がいいと思います。 一番最初に望遠使うと面白いっていう話をしたときに作例であげてる写真はHUAWEIP20Proで撮ったものなのでそちらと比較してもらいたいんですが、こっちのほうがきれいではないですか? 結論、iPhone11でも良かった気がしている 広角カメラと超広角カメラは本当にすごかったんですが、まさかの望遠イマイチでした。 望遠を最大にするととてもじゃないけど実用レベルでは使えないです。 望遠だけならHUAWEIP20Proの方がいいかもしれない。 他はiPhoneの方がよかったです。 なので、 iPhone11ProじゃなくてiPhone11でもよかったかもしれないって思っています。 iPhone11にしようかiPhone11Proにしようか迷っているという人は参考にしてみてください。 ケースはクリアなものを選びました!だってミッドナイトグリーン隠したくないから!!.

次の

ナイトモードがすばらしいZenFone 5のカメラ

ナイト モード カメラ

iPhone 11と 11 Proに新たに搭載された 超広角レンズ、そして周囲が暗くてもこれまでより明るく撮れる ナイトモード(夜景撮影モード)。 今回のiPhone 11シリーズに関してはひたすらカメラの機能・性能ばかりが強調され、他に大きく変わった部分はほぼ無し。 iPhone 11のカメラの進化は実際のところどうなのか? 今回購入したiPhone 11(グリーン)とiPhone XS、それにカメラ性能に優れ夜景モードを備えたPixel 3aを携えて夜の街へと撮影に行ってきました。 まずはiPhone XSから。 周囲にそれなりに光があるので状況はわかりますが、「MITSUKOSHI」の文字が暗くて読みづらいしビルの輪郭もぼんやりしている。 次に、Pixel 3aの通常撮影。 iPhone XSに比べるとかなり明るく写っているのがわかります。 「MITSUKOSHI」の文字もそこそこはっきりしているしビルの輪郭もわかる。 Pixel 3aの夜景モード。 文字や輪郭はもちろん、それぞれの光がかなりハッキリしていて全体的に美しい写真となっています。 さすがの実力。 全体的に明るく見せるよう処理しているためか、夜空も若干白んでいるように見える。 さて、今回の主役であるiPhone 11です。 iPhone 11は周囲の状況に応じて自動的に夜景モードを発動させるため、ここではあえてそれを切って撮影してみました。 XSよりは明るく写っていますが、文字や輪郭はまだやや暗め。 そしてこちらが、iPhone 11のナイトモードで撮った写真。 通常撮影のものと比べ、かなり明るく全体的にくっきりと写っているのがわかります。 個人的な感想で言うと、 Pixel 3aの夜景モードの方が写真としては綺麗。 ただ、iPhone 11ナイトモードの方が実際に目で見た印象と近い。 Pixel 3aの写真は綺麗なんですが、内部での加工処理を頑張っているのか実際のものより若干鮮やかだったり明るかったりするんですよね。 iPhone 11、Pixel 3aのどちらも通常撮影に比べてかなり綺麗な写真が撮れていることには間違いなく、iPhone 11や11 Proのナイトモードで撮った夜景を見たらこれまでのiPhoneユーザーはきっと驚くことでしょう。 そしてiPhone 11シリーズのもう1つの目玉、超広角レンズ。 これは凄いです。 ただしナイトモードはもちろん通常撮影に比べても光の少ない状況に弱いので、画質はやや落ちてしまいます。 超広角で撮りたいなら、日中の野外や十分光のある室内で使うのが良さそう。 サンプルB・夜の路上 夜と言ってもネオンが多く明るい通りだと、ナイトモードの性能がわかりにくい。 というわけで、多少明かりの少ない通りへとやってきました。 (と言っても街灯の煌々と輝く街中ではありますが。。 ) 【iPhone XS】 【Pixel 3a通常撮影】 【Pixel 3a夜景モード】 【iPhone 11通常撮影】 【iPhone 11ナイトモード】 【iPhone 11超広角】 iPhone 11のナイトモード、Pixel 3aの夜景モードともに甲乙つけがたい出来かなと思います。 超広角で撮ると右側にあるお寺の入り口すべてが写真に収まっていますが、他の写真では端っこが少しだけ写っているのみ。 その撮影範囲の広さがわかるかと思います。 ただし、夜の野外だとやはり画質はあまり期待できない。 サンプルC・橋の上から 【iPhone XS】 【Pixel 3a通常】 【Pixel 3a夜景モード】 【iPhone 11通常】 【iPhone 11ナイトモード】 【iPhone 11超広角】 室内での物撮りで、超広角とナイトモードの実力を確かめる 次に、室内でのフィギュア撮影を通して iPhone 11の超広角レンズ及びナイトモードの実力を改めて確かめてみたいと思います。 明るい室内のテーブルの上にのフィギュアを置き、普通にiPhone 11で撮影。 ここから全くiPhone 11の位置を動かさずに超広角0. やっぱりこのレンズは凄い。 これまで扱ったことがないレンズなので具体的な使用シーンが今のところあまり思い浮かばないけど、凄いものは凄い。 撮影の様子をななめ上のアングルから撮ってみました。 こんなに近くで撮ってるのに、超広角レンズだとあれだけ遠く広範囲を写せるものなんですね。 次に、光量を減らして薄暗い室内でナイトモードの実力を検証します。 まず、Pixel 3aで普通に撮ってみる。 ……あれ、結構明るく撮れてるぞ……?Pixel 3aのカメラ、通常撮影でも割と暗所に強いんですよね。 次にPixel 3aの夜景モード。 若干明るく、そして色鮮やかになった印象があります。 iPhone 11でナイトモードを切った状態で撮ると、この通りかなり暗い写真になってしまいます。 iPhone 11のナイトモードでは、この通りしっかりと綺麗に写ります。 色合いも、見た目の色に忠実なように見える。 (Pixel 3aは実物より鮮やかに写るイメージ) iPhone 11のナイトモードと超広角は実際どう?撮影してみた感想 以上の撮影から私が感じたことをまとめると、以下の通り。 あとがき iPhone XSとPixel 3aのカメラを比べると明らかに後者が上だったんですが、iPhone 11になり甲乙つけがたいものに進化したと個人的には思います。 画づくりの好みの問題かと。

次の