ヒカル 藤原 竜也。 【YouTuber】ヒカル、藤原竜也の予想に乗り1000万円の競馬勝負!

藤原竜也さんの予想で1000万円の大勝負! ヒカルさんの競馬予想企画で奇跡が起きた!?(2019年12月23日)|BIGLOBEニュース

ヒカル 藤原 竜也

人気 YouTuberのヒカルが 7月 7日、『映画ダイナー主演の藤原竜也さんと監督の蜷川実花さんに独占インタビューしてきました』と題した動画を公開した。 内容はタイトル通り、サスペンス映画『 Diner ダイナー』の公開に際し、主演の藤原竜也と監督の蜷川実花にインタビューを敢行する、というもの。 普段は基本的に何事にも動じず、王様のように振る舞うヒカルだが、この日はガチガチに緊張していた。 それは、ヒカルは以前から藤原竜也が「日本一好きな俳優」と公言しており、子供のころから憧れの存在だったからだ。 舞台挨拶の楽屋でふたりに花束を渡したあと、移動中のロケバスでインタビューをすることに。 緊張でしどろもどろのヒカルに、藤原がさっそく「噛み噛みじゃないですか(笑)」とツッコみ、「ヒカルさんのために、僕も実花さんも何でも答えますよ」と雰囲気を和らげる。 カメラが回っていないときも、竜也のことチラッチラッって(笑)」と指摘されていた。 なんと藤原から「今度 YouTubeで、何か企画を一緒にやってくださいよ」と逆オファーを受け、ヒカルが「プライベートでも好きだと聞いたことがあって」と、『カイジ 人生逆転ゲーム』の主演も務めた藤原に、動画で人気を博しているギャンブル企画を提案する場面もあった。 藤原の渋い声の秘密や、本作の役柄への思い、役作りの秘訣、休日の過ごし方など、ファン&インタビュアーとして、話を聞き出していくヒカル。 しかし、どうしても「カッコよすぎる ……」「全部完璧」などの言葉が口をついて出てきて、集中できない様子だ。 「ロケバスに乗ったくらいで満足してしまった(笑)」と語りつつ、「親衛隊長として、藤原さんの作品が完成するたびに宣伝したい」と意気込むと、藤原も「そのたびに出させてくださいよ!」と応じていた。 作品のリサーチのため、 YouTuberに話を聞くこともあるという蜷川に比べて、藤原はあまり知識がないようだ。 そこで、 YouTubeで約 330万というチャンネル登録者数を誇るヒカルにリスペクトを示しつつ、いろいろと質問をぶつける。 ヒカルは「(自分は YouTubeで)ワーストの方でナンバーワン」と、過去の炎上騒動にも触れつつ、ふたりを楽しませる。 藤原も「あんまり評判が悪いようだったら(動画出演を)やめます(笑)」として、ヒカルを笑わせていた。 ロケバスが目的地に近づくなかで、ヒカルが冗談半分で「 LINE交換」を持ちかけると、藤原は一拍置いたあと、「ヒカルさんのことを調べて、あんまり炎上するようだったらブロックします(笑)」と冗談を交えながら、気さくにこれに応じるという場面も。 ヒカルは「自分から LINEすることはないし、ブロックされても気づかないので大丈夫です!」と喜んでいた。

次の

ヒカル(Hikaru)の最新動画|YouTubeランキング

ヒカル 藤原 竜也

人気 YouTuberのヒカルが 7月 7日、『映画ダイナー主演の藤原竜也さんと監督の蜷川実花さんに独占インタビューしてきました』と題した動画を公開した。 内容はタイトル通り、サスペンス映画『 Diner ダイナー』の公開に際し、主演の藤原竜也と監督の蜷川実花にインタビューを敢行する、というもの。 普段は基本的に何事にも動じず、王様のように振る舞うヒカルだが、この日はガチガチに緊張していた。 それは、ヒカルは以前から藤原竜也が「日本一好きな俳優」と公言しており、子供のころから憧れの存在だったからだ。 舞台挨拶の楽屋でふたりに花束を渡したあと、移動中のロケバスでインタビューをすることに。 緊張でしどろもどろのヒカルに、藤原がさっそく「噛み噛みじゃないですか(笑)」とツッコみ、「ヒカルさんのために、僕も実花さんも何でも答えますよ」と雰囲気を和らげる。 カメラが回っていないときも、竜也のことチラッチラッって(笑)」と指摘されていた。 なんと藤原から「今度 YouTubeで、何か企画を一緒にやってくださいよ」と逆オファーを受け、ヒカルが「プライベートでも好きだと聞いたことがあって」と、『カイジ 人生逆転ゲーム』の主演も務めた藤原に、動画で人気を博しているギャンブル企画を提案する場面もあった。 藤原の渋い声の秘密や、本作の役柄への思い、役作りの秘訣、休日の過ごし方など、ファン&インタビュアーとして、話を聞き出していくヒカル。 しかし、どうしても「カッコよすぎる ……」「全部完璧」などの言葉が口をついて出てきて、集中できない様子だ。 「ロケバスに乗ったくらいで満足してしまった(笑)」と語りつつ、「親衛隊長として、藤原さんの作品が完成するたびに宣伝したい」と意気込むと、藤原も「そのたびに出させてくださいよ!」と応じていた。 作品のリサーチのため、 YouTuberに話を聞くこともあるという蜷川に比べて、藤原はあまり知識がないようだ。 そこで、 YouTubeで約 330万というチャンネル登録者数を誇るヒカルにリスペクトを示しつつ、いろいろと質問をぶつける。 ヒカルは「(自分は YouTubeで)ワーストの方でナンバーワン」と、過去の炎上騒動にも触れつつ、ふたりを楽しませる。 藤原も「あんまり評判が悪いようだったら(動画出演を)やめます(笑)」として、ヒカルを笑わせていた。 ロケバスが目的地に近づくなかで、ヒカルが冗談半分で「 LINE交換」を持ちかけると、藤原は一拍置いたあと、「ヒカルさんのことを調べて、あんまり炎上するようだったらブロックします(笑)」と冗談を交えながら、気さくにこれに応じるという場面も。 ヒカルは「自分から LINEすることはないし、ブロックされても気づかないので大丈夫です!」と喜んでいた。

次の

藤原竜也vsヒカル 世紀のEカード対決が実現 映画『カイジ』並みの悪魔的名勝負っ!

ヒカル 藤原 竜也

ジャラジャラ……ジャラ………… パッ…シィィ~~~~~ン!!! 囲碁…… それは日本では平安時代から親しまれる「対戦型テーブルゲーム」である。 白黒の石を、碁盤と呼ばれる板へ交互に配置し、最終的に、より広い領域(地)を確保することを目的とする。 あ、こんにちは、ライターのもりれいです。 みなさん「囲碁」を知っていますか? 名前を知っている人は多いと思いますが、 じゃあルールは? と聞かれると……ほとんどの人が答えられないのではないでしょうか。 私は囲碁が趣味なので、初めて会う人にはいつも「囲碁って知ってます?」と聞くんですが、返ってくる答えは99. 999%コレです。 「あぁ『ヒカルの碁』のやつでしょ?」 いや、確かに『ヒカルの碁』は名作ですよ。 伊角さんとの対局で、ヒカルが盤面に佐為を見つけるシーンなんて、もう何十回も読んでるのに、未だに号泣してしまいます。 でも、 碁を知っていたらもっとおもしろいんです! 本当です! 信じてください! だからみんな、もっと碁をやってくれ~!! というわけで、やってきたのは大阪府・水無瀬にある「 囲碁サロン 関山」。 こちらで、関西棋院のプロ棋士として活躍する 関山利道九段に話を伺ってみましょう。 実はこの方、なんと初代 「本因坊タイトル」を獲った方の孫なんです! 関山利道 実父は関山利夫九段、実祖父は第一期本因坊 関山利仙という関西棋院きってのサラブレット。 また、にて一般の方に碁の指導も行っています。 プロ棋士から見た『ヒカルの碁』 「こんにちは! 今日は 碁のおもしろさと『ヒカルの碁』について、プロ棋士の意見が聞きたくて伺いました!」 「はいはい、僕でわかることなら何でもどうぞ」 「そもそも関山先生は『ヒカルの碁』のことを、ご存知なんですか?」 「もちろん! 大好きな漫画です!」 「 『ヒカルの碁』が流行したとき、どう感じました? 当時は囲碁が漫画になること自体、珍しかったと思いますが」 「あの頃 僕はすでにプロ棋士になっていて、仲間と『囲碁が漫画になるなんてね~』と話していたのを覚えています。 その後、まさかあんな ブームになるなんて思いもしませんでした」 「周囲の反応はどうでしたか?」 「関西棋院で 院生師範(プロ候補生を指導する仕事)をしていたことがあるんですが、 囲碁を始めたきっかけ が『ヒカルの碁』だという子供が多かったですね」 「『ヒカルの碁』がきっかけで囲碁を始める人が増えたとは聞いていましたが、 プロ候補生までも……」 「囲碁界全体でもかなりの人が読んでいたんじゃないでしょうか。 アニメにもなって、『囲碁』という言葉が一般の人にも普及して……」 「『 俺の時代が来た!』って思いました?」 「それは思いませんでした(笑)。 ただ、囲碁の時代がきた!とは思ったかな。 囲碁という文化が海外にも波及していって 囲碁人口が爆発的に増え たのは、とてもありがたいことだと思いました」 「プロ棋士の方に是非聞きたかったことがあるのですが……『ヒカルの碁』の 藤原佐為って、強いんですか?」 藤原佐為 作中でも1~2位を争うほど強い。 その正体は、平安時代に天皇の囲碁指南役をしていた棋士の霊(?)。 主人公・ヒカルにしか見えない。 ヒカルの前には 実在の棋士・本因坊秀策にとり憑いていたという設定。 「藤原佐為が強いかどうか……? めちゃくちゃ強いと思います!」 「おぉ、『ヒカ碁』ファンなら嬉しい言葉ですが……プロがそう思う要素って、漫画のどういう部分にありましたか?」 「そもそも 本因坊 秀策の中身が藤原佐為という設定なので、出てくる棋譜(対局の記録)も秀策そのものです。 つまり 囲碁の歴史上最強と呼ばれた本因坊秀策と同じ強さということです。 そりゃ強いですよ!」 「とはいえ、囲碁は日々打ち方が進歩していますよね。 秀策の棋譜だって研究されてるはず。 一方、 昔の棋士は現代の打ち方を知りません。 ということは、対局すれば現代の棋士のほうが強いのでは? 」 「どうでしょう。 マンガの中の佐為のように、 『現代の戦い方を学んで、さらに強くなってしまう』気がします。 その中でも最も多くの名人を輩出し、 一番強いとされていたのが 本因坊家です」 「さらにその中でも、最強と噂されるのが本因坊秀策だったと」 「はい、秀策先生は今でも最強の棋士に名前を挙げる人が多くいる 伝説の棋士です。 平安の本因坊から数えると、 150年後くらい……江戸時代に活躍した棋士ですね」 「一体どのあたりが強いとされてるんですか?」 「有名なエピソードとしては、 1849年から御城碁に出仕し、それ以後19戦19勝無敗の大記録を作ったというのがありますね。 特に先番(先手)での打ち方は堅実無比と呼ばれ有名です」 「おぉ……。 そんな天才を輩出したのが本因坊家だったと」 「ですね。 本因坊の名は長いこと 家元制だったんですが、1938年(昭和13年)、二十一世本因坊が引退してからは、 実力制になりました。 現在でも存在する『本因坊』の名を冠したタイトル戦がそれですね」 「囲碁界の七大タイトルのひとつですよね」 「そうです。 で、そのタイトルを初めて獲ったのが、僕の祖父というわけです。 第一期本因坊 関山利仙ですね」 関山先生の宝物を見せて頂いたんですが、その中にはお爺様の写真も。 初心者代表として、この人をお呼びしました! ジモコロ副編集長のギャラクシーです。 囲碁に関しては『ヒカルの碁』の知識しかありません。 なお、好きなキャラは伊角さんとのこと。 「よろしくお願いします! 囲碁って 分かりにくくて とっつきにくいよなぁ~というのが正直なイメージです!」 「まあ、みなさんそんなイメージだと思います。 最初はできるだけシンプルに学んだほうがいいです。 では、まず石を持ってみましょうか。 ギャラクシーさんは先番(先手)なので、碁石の色は黒です。 人差し指と中指で、中指を上にして石を挟み込む感じで…」 「こ、こう…ですか…? 」 「そうです! そのまま石を置きましょう。 空白の部分ではなく、線が交差してる交点に打ってください」 ペチッ 「良いっ! 良い感じですよ~! ピーンとした小指がいいですね! もしかして才能がおありなんじゃ……?」 「営業トークすごいな」 ルール1:石は交点に置く 「囲碁は交代で石を置いていきます。 次は僕、その次はギャラクシーさん、さらにその次は僕、という感じですね」 「そのへんは将棋と同じなんですね」 「さて、ちょっと局面が進んで、こういう状況になったとしましょう。 それができればどんなに楽かと思いますが」 「じゃあ、どこかに到達したら勝ちってわけでもないのか……。 どうやったら決着がつくんでしょう」 「打ち進めていくと、こんなふうに白と黒の境界線がはっきりとしてきます。 ここから、難しい戦術などに発展していくんですが……それは、やり始めてから覚えればいいと思います」 「 囲碁の魅力ってすごく伝えるのが難しいですよね。 現に目の前のギャラクシーさんに伝えることもままならないわけなんですが、いったいどうしたらいいでしょう?」 「たとえばさっきみたいに 小さな碁盤だとすぐ終わるのでとっつきやすいです。 ちょっとやってみた僕からすると『途方もねぇ!』って思っちゃいますね。 」 「あ、今は盤を買わなくても、 『囲碁クエスト』という 無料アプリもあります」 「 『囲碁クエスト』私もやっているんですが、関山九段もやられるんですか?」 「僕もやっていますし、やっている プロはけっこういますよ。 プロから初心者まで楽しめるアプリだと思います」 「5万の碁盤を買うのは難しそうなので、僕はアプリにしておきます……」• Yasushi Tanase• ゲーム• プロ棋士って毎日何してるの? 初心者でもわかる囲碁のルールを解説できたところで、さらに深い話を聞いていきましょう。 プロってどうやって生活してるんでしょうか 「関山先生のようなプロの棋士って、 どうやって収入を得ているんですか?」 「収入は、プロ同士の対局なら対局料、アマチュアの方への指導碁なら指導料などがあります。 他にも講演したり、本を書いたり……ただ、メインのお仕事はやはり 対局です」 「対局料というのは、勝っても負けても必ずもらえるものなんですか?」 「ボクシングのファイトマネーみたいなもので、 負けても対局料は出ます。 さらにタイトルを獲れば賞金ももらえます」 「囲碁の対局は何時間もかかりますよね。 その間どんなこと考えてるんですか? 『ヒカルの碁』みたいに、 『まさかそこに打ってくるとは…!! 』とか 『右辺が囲まれただと!!?? 』みたいなことは思うんですか?」 「思いますよ。 もっと何十倍のスピードでですけど」 「想像もつかない。 それが九段の世界なのか……」 特別に見せて頂いた九段の免状には 「将(まさ)に神域に達す」という文字が 「長い対局の場合は、さすがにずっと集中してるのは無理なので、他のことも考えます。 『終わったらどこ行こうかな~?』とか」 「え、そうなんですか?! もっとストイックなものかと……」 「どんなゲームでもスポーツでも同じだと思いますが、集中しっぱなしだと、逆に集中できなくなってしまいます。 自分をベストな状態に持っていくためには、適度にリラックスすることも大切ですね」 「なるほど、適度なリラックス! 仕事の時に活かしたいと思います! 今日はご協力本当にありがとうございました! 最後に、関山九段が『ヒカルの碁』で いちばん好きなキャラクターを教えてください」 「もちろん 藤原佐為です!」 「即答!」 「佐為は実在していませんが、本当に真摯だし、強いし、ダントツにカッコいいですよ! そう思いません!? 思うでしょう?」 「あ、は……はい」 「自分の対局中にふと 『もし佐為だったらどう打つかな?』と考えたこともあります」 「(……ひょっとして取り憑かれてる?)」 おわりに 関山九段は、毎年 文化の日に行われる島本町の 文化祭で 囲碁イベントを開催されています。 囲碁棋士といえば、ただでさえハードな職業なのに、 地域のため・囲碁普及のためにと活動されるなんて、まさにスーパーマンですね! 私はそこまでのことはできないので、とりあえず『囲碁クエスト』で修行しつつ、囲碁の素敵さを伝えていきたいと思います。 みなさんも、ぜひ…!! (おわり) 住所:大阪府三島郡島本町水無瀬2-2 善歯科医院2F 最寄駅:阪急水無瀬駅・JR島本駅から徒歩5分 電話:075 962 3747.

次の