鬼女まとめアンテナ。 鬼女・生活まとめあんてな

鬼女・生活まとめあんてな

鬼女まとめアンテナ

埋めがてら。 長文ごめんなさい。 内容はいとこの結婚式。 特定避けるためにフェイクあり。 新郎の弟が司会やナレーションやらやるような仕事。 弟嫁は雑誌の記事とか書く仕事。 なので、新郎が弟嫁に新郎新婦の紹介文書いてほしい。 弟には司会して欲しいと依頼。 弟も弟嫁喜んでOK。 ココまでは順調だった。 しかし、出来上がった原稿が最悪。 簡単に言うと、『新婦は新郎と出会うまで、夫になるのに相応しい男を捜し求めて、様々なおつき合いをしてきました』って文。 実際はもっと嫌味な言い方で、ビ。 それを、雑誌の見開きページっぽく書いて渡されたらしい。 新婦激怒。 もちろん新郎も。 それ聞いた新婦両親も激怒。 苦情を言ったが、弟嫁は 「こんなのちょっとした冗談よ。 そんなのもわからないの?これだから田舎者は自意識過剰」 と謝罪しない。 仕方なく、弟に苦情を言うと、弟嫁が根回ししていたのか、 「自分の式の時も、嫁はこれくらいの事書いた。 自分は我慢したんだからこれが普通。 文句があるなら、司会しない。 式にも出ない」 さすがに新郎も新婦も、欠席で結構だと。 祝う気持ちのないやつに祝われたくないと、返事して、他の司会を探したらしい。 しかし、新郎母がそれを弟嫁に伝えて 「2人だけの兄弟なんだから、そんなことになって欲しくない。 あなたから謝罪して、2人できて。 司会して」 と勝手に連絡。 弟嫁はそれを 「弟が本職だって知ってて、他の人に司会頼んで弟の面子潰すつもりらしいよ」 と……。 式1週間前に大喧嘩。 散々揉めたが、結局、新郎新婦が折れて司会だけ頼むことに。 ココまでが前提。 同級生の一人は高校卒業と共にアイドルだかモデルだかを目指して上京した その後しばらくはエキストラや司会として働いていたらしい。 都内の写真や派手な料理の画像がよく高校のグループラインに投下されていた 上京から二年後ぐらいにグループラインになんかのイベントのコンパニオンやってる画像が投下された。 無駄に露出の多い服を着ていた。 本人は否定 その後同級生はグループラインを抜け、しばらく誰とも音信不通状態だった。 こいつの元カレと幼馴染曰く、歌舞伎町のバーで働いていたが職場が風営法でガサ入って無職になったり配信サイトで投げ銭貰って食い繋いだりツイッターに半裸画像を載せたりと色々あったらしい つい最近、全く意図しないところからこいつの消息を把握した 某飛沫党の議員だか後援会だかで働いていた そろそろアラサーだし落ち着けるところで上手く落ち着いてほしい.

次の

渡る世間はキチばかり

鬼女まとめアンテナ

掲載条件• 登録するサイトの トップページ、及び記事個別ページに 弊サイトへのリンクの設置をお願いいたします。 nantoka-antenna. com」へ リンクの見出しは「鬼女・生活まとめあんてな」にして下さい。 例: 鬼女・生活まとめあんてな 万が一アンテナ名が他のアンテナサイトと重複しリンクの見出しが他のサイトと同じになってしまう場合、 リンクの後に「@ナントカアンテナ」や「powered by nantoka-antena. com」をつけて識別する事は禁止いたしません。 例:powered by nantoka-antena. com 鬼女・生活まとめあんてなpowered by nantoka-antena. com ブログシステム等の都合上リンクの後ろに文字を追加出来ない場合、以下の様な「アンテナ名@ナントカアンテナ」の形式の見出しのみ例外として許可致します。 「@」アットマークは全角の@ですのでタイピングの際にご注意ください。 例: 鬼女・生活まとめあんてな@ナントカアンテナ 例の通りでなくても、リンク先(href属性)と見出し aタグのinnerText が指定通りであれば、 class属性が追加されていたり、その他の属性が追加されていても構いません。 リンクの有無をプログラムで自動的に判断しますので、指定通りのリンクになっていない場合、登録申請は受理されません。 登録するサイトの トップページ、及び記事個別ページに設置している livedoor 相互RSS(旧livedoorブログロール)に、 弊サイトのを登録してください。 相互RSSをiframe内(別ページ)に設置しておられる場合、申請は受理されません。 nantoka-antenna. 弊サイトでの記事タイトル・サムネイル画像及び付随する情報の利用に同意していただける事。 登録サイトの管理者への連絡方法がサイト内に明記されている事。 登録の解除• 自動登録申請受理後、 プログラムは数日に一度の頻度で申請サイトをチェックします。 この際自動登録申請の条件を満たしていない事が確認された場合、登録は解除されます。 自動登録申請受理後、弊サイトのRSSをご登録頂いた相互RSSをiframe内(別ページ)に移動した場合、 自動審査プログラムはそのRSSを検出しません。 RSSを検出出来なかった場合、登録は解除されます。 登録サイトに日本国の法律に反する内容を掲載しないでください。 登録サイトに他人の権利を侵害する内容を掲載しないでください。 登録サイトに猥褻な画像や文章を掲載しないでください。 登録ジャンルと合致しないと判断した場合、登録を予告無く解除致します。 当サイトにアンテナサイト・他のサイトからの情報を自動的転載しただけのサイトを登録しないでください。 登録サイトの内容が規約に反していると判断した場合、登録を解除する場合があります。 登録ジャンルに合致しない登録を已むを得ず登録解除させていただく事例が多くなってきています。 登録の際、で他に相応しいジャンルのアンテナがあるかをご再度確認ください。

次の

鬼女アンテナ

鬼女まとめアンテナ

埋めがてら。 長文ごめんなさい。 内容はいとこの結婚式。 特定避けるためにフェイクあり。 新郎の弟が司会やナレーションやらやるような仕事。 弟嫁は雑誌の記事とか書く仕事。 なので、新郎が弟嫁に新郎新婦の紹介文書いてほしい。 弟には司会して欲しいと依頼。 弟も弟嫁喜んでOK。 ココまでは順調だった。 しかし、出来上がった原稿が最悪。 簡単に言うと、『新婦は新郎と出会うまで、夫になるのに相応しい男を捜し求めて、様々なおつき合いをしてきました』って文。 実際はもっと嫌味な言い方で、ビ。 それを、雑誌の見開きページっぽく書いて渡されたらしい。 新婦激怒。 もちろん新郎も。 それ聞いた新婦両親も激怒。 苦情を言ったが、弟嫁は 「こんなのちょっとした冗談よ。 そんなのもわからないの?これだから田舎者は自意識過剰」 と謝罪しない。 仕方なく、弟に苦情を言うと、弟嫁が根回ししていたのか、 「自分の式の時も、嫁はこれくらいの事書いた。 自分は我慢したんだからこれが普通。 文句があるなら、司会しない。 式にも出ない」 さすがに新郎も新婦も、欠席で結構だと。 祝う気持ちのないやつに祝われたくないと、返事して、他の司会を探したらしい。 しかし、新郎母がそれを弟嫁に伝えて 「2人だけの兄弟なんだから、そんなことになって欲しくない。 あなたから謝罪して、2人できて。 司会して」 と勝手に連絡。 弟嫁はそれを 「弟が本職だって知ってて、他の人に司会頼んで弟の面子潰すつもりらしいよ」 と……。 式1週間前に大喧嘩。 散々揉めたが、結局、新郎新婦が折れて司会だけ頼むことに。 ココまでが前提。 同級生の一人は高校卒業と共にアイドルだかモデルだかを目指して上京した その後しばらくはエキストラや司会として働いていたらしい。 都内の写真や派手な料理の画像がよく高校のグループラインに投下されていた 上京から二年後ぐらいにグループラインになんかのイベントのコンパニオンやってる画像が投下された。 無駄に露出の多い服を着ていた。 本人は否定 その後同級生はグループラインを抜け、しばらく誰とも音信不通状態だった。 こいつの元カレと幼馴染曰く、歌舞伎町のバーで働いていたが職場が風営法でガサ入って無職になったり配信サイトで投げ銭貰って食い繋いだりツイッターに半裸画像を載せたりと色々あったらしい つい最近、全く意図しないところからこいつの消息を把握した 某飛沫党の議員だか後援会だかで働いていた そろそろアラサーだし落ち着けるところで上手く落ち着いてほしい.

次の