レクサス ux 口コミ。 レクサス UXの人気の秘密を徹底調査!気になるデザイン・スペック・燃費の口コミ・評価まとめ

レクサスUXの評価は?燃費や内装・納期とFスポーツ評判もまとめてみた

レクサス ux 口コミ

レクサスUX試乗記・評価の目次• 都会派コンパクトSUVがレクサスUX プレミアムブランドであるの魅力は、だけではない。 今やセダンを押しのけて主役となりつつあるのがプレミアム志向を強く打ち出したクロスオーバーだ。 RXとNXに続いてレクサスが放ったクロスオーバーSUVが、スタイリッシュなフォルムをまとった「新型」である。 新型レクサスUXのキャッチフレーズは「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」。 創造的で、都会的なライフスタイルの探求者を開発コンセプトにしている。 新型レクサスUXの魅力のひとつは、強い存在感を放つデザインだ。 エクステリアは、低く、ワイドに構えた躍動感あふれるフォルムである。 タイヤを四隅に起き、力強いフェンダーモールによって安定感を上手に演出した。 スポーティさだけでなく高級ムードも伝わってくる。 スピンドルグリルを採用するフロントマスクは、ひと目でレクサスと分かる顔立ちだが、ヘッドライトまわりに新しいアイデアを盛り込んだ。 翼形のテールランプも目を引く。 見た目より広いキャビン インテリアは、日本の建築美学にヒントを得てデザインされている。 インパネからドアまでを一体感のあるデザインとし、バージョンLのインパネ上部には和紙の風合いを持つパネルを採用した。 9色のインテリアカラーを揃えているのも嬉しい。 ドライビングポジションは思いのほか低く、見た目よりキャビンは広い。 大柄な人でも、最適なドライビングポジションを取ることができるはずだ。 オルガン式アクセルペダルの採用もこだわりのひとつである。 後席の頭上と膝下のスペースはC-HRより広く、座り心地もいいように感じられた。 大柄な人はつらいが、一般的な体格の人なら無理なく座れるだろう。 高いボディ剛性を誇るレクサスUX 新型レクサスUXのプラットフォームは、レクサス初の「GA-C」プラットフォームを採用した。 スポット溶接の打点ピッチを短くできるレーザースクリューウェルディング LSW や構造用接着剤などを積極的に使い、ヨーロッパ車並みにボディ剛性を高めている。 ボディ剛性が高いことは、ステアリングを握ってみると実感できた。 ボンネットやドアなどに軽量なアルミ合金を採用し、軽量化に努めている。 バックドアは樹脂製だが、安っぽい感じではない。 先進安全装備は、全車に自転車や夜間の歩行者も検知するレクサス・セーフティプラスを標準装備した。 新開発された2. 0Lガソリンと、2. 0Lハイブリッドを用意 パワートレインは、2機種の新開発ユニットだ。 直噴方式を採用した2. 0Lの直列4気筒DOHCエンジンに、可変バルブタイミング機構を組み込み、ガソリンエンジンとモーターを加えたを設定する。 ガソリンエンジンは高速燃焼により、約40%の最大熱効率を実現し、動力性能と燃費もクラストップレベル。 トランスミッションは、発進用ギアを採用したダイレクトシフトCVTだ。 ちなみにUX200はFF(前輪駆動)車だけの設定とした。 3kg-m を発生する。 発進用ギアを備えたダイレクトシフトCVTは、軽快なパワーフィーリングだ。 発進加速は鋭く、軽やかにスピードを乗せていく。 CVT特有の緩慢なラバーバンドフィールも上手に抑え込んでいる。 気持ちいい加速が長続きするし、高回転の伸びも力強い。 その気になれば6600回転まで引っ張ることができる。 ただし、エンジン音は高まるし、音色も官能的ではないのが惜しいところだ。 力強くスポーティさを感じるハイブリッド車 ハイブリッド車のUX250hは、2. 0Lの直噴4気筒エンジンにポート燃料噴射装置とモーターを組み合わせた。 こちらも、リニアな加速フィールの実現を目指している。 FF車に加え、4輪駆動のE-Fourを設定しているなど、日本での主役はハイブリッド車だ。 18インチタイヤは、より安全性の高いランフラットタイヤを採用し、最適なバッテリーの充放電を制御する「エコアシスト」も装備した。 のE-Fourが用意されているのも嬉しい。 新世代の2. 0L直噴4 気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車のUX250hは、冴えた走りを見せつける。 これまでの1. 8Lエンジンは余裕を欠いたが、2. 0Lエンジンは気持ちよく回り、加速も力強い。 緩慢なラバーバンドフィールも薄まり、軽やかに加速していく。 しかもクルージング時は静かだ。 モーターの活動領域も広げられている。 最新技術を投入したGA-Cプラットフォームは強靭だ。 18インチのランフラットタイヤを余裕で履きこなし、気持ちいいフットワークを手に入れていた。 また、しなやかな乗り心地も実現している。 高価だが、レクサスブランドのエントリーモデルとして価値ある1台 気持ちいい軽快な走りを披露したのはUX200だ。 とくに18インチタイヤにAVS、パフォーマンスダンパーを組み合わせたFスポーツは、ロールを抑えた気持ちいい走りを存分に楽しむことができた。 FFのUX250hは正確なハンドリングに加え、上質な乗り心地も身につけている。 とくに18インチタイヤにAVSのオプション装着車は、好印象だ。 4WDモデルは、乗り心地が少し硬質な印象だった。 レクサスUXは、300万円台のグレードもあるが、最多販売のゾーンは400万円台だ。 ハイブリッド車は500万円を超えるものもある。 レクサスのエントリーカーとしては魅力的な存在で、ビギナーでももて余さない。 個人的には、もう少し安いか、装備を充実させて質感が高ければ、さらに魅力を増すと考える。 6 後:55 5. 2m 定員[人] 5.

次の

欠点はここ!新型レクサスUXの口コミ・評価をガチ調査

レクサス ux 口コミ

コンパクトSUV、日本発売 価格は390万円から…キーワードは「CUE」 レクサスは、新型車『UX』を11月27日に発売した。 UXは「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指した都会派コンパクトクロスオーバー。 ボディサイズは全長4495mm、全幅1840mm、全高1540mm。 エクステリアデザインは、力強さを強調する厚みのあるボディや、俊敏な走りを想起させる低重心のプロポーションや張り出した前後フェンダー、大径タイヤを特徴とする。 コンパクトSUV、日本発売 価格は390万円から…キーワードは「CUE」 画像• 澤プレジデント「独自のGA-Cプラットフォームで操縦安定性を追求」 トヨタ自動車は11月27日、レクサスの新型SUV『UX』を同日発売すると発表した。 レクサスでは『LX』、『RX』、『NX』に続くSUVシリーズだが、それらの中で最もコンパクトなモデルとなる。 国内では月間900台の販売を計画している。 0リットルのガソリン車「UX200」と、2. 0リットルエンジンによるハイブリッド車(HV)「UX250h」の2タイプがあり、パワートレインはいずれも新開発した。 価格は390万円から535万円。 日本での発売を皮切りに世界80か国に展開する計画だ。 澤プレジデント「独自のGA-Cプラットフォームで操縦安定性を追求」 画像 開発責任者「ハッチバックにも劣らない俊敏な走り」 トヨタ自動車は11月27日、レクサスブランドの新型SUV『UX』を発売した。 チーフエンジニアを務める加古慈氏は「機能美を兼ね備えたデザインはUXの特徴のひとつであり、ハッチバックにも劣らない俊敏な走りをサポートしている」と語る。 そのエクステリアデザインに関して加古氏は「安心感のあるタフな力強さと俊敏な走りを同時に予感させるプロポーションを目指した」とした上で、「スピンドルグリルを起点とするボディに厚みを持たせた基本立体に対し、キャビンの中心からタイヤへと向かって前後のフェンダーが張り出すダイナミックな構成としている」と解説。 開発責任者「ハッチバックにも劣らない俊敏な走り」 画像• 【UX250h試乗】レクサスの裾野を広げるのに一役買いそうだ…諸星陽一 リーズナブルなレクサスSUV レクサスのラインアップに新たにSUVの『UX』が追加された。 レクサスのSUVとしてはもっともボトムに位置するモデルだ。 レクサスのSUVはトップから、『LX』、『GX』、『RX』、『NX』となり、今回追加されたUXがもっともボトムとなる。 UXの価格は390万円~509万円で、スターティングプライスは『CT』より若干高めながらほぼ同等。 レクサスブランドということを考えれば、リーズナブルな部類に属するモデルと言っていいだろう。 【UX250h試乗】レクサスの裾野を広げるのに一役買いそうだ…諸星陽一 画像 【UX250h 試乗】この取り回しのしやすさは満足感高し、である…岩貞るみこ レクサス・ブランドと聞くと、大きくて立派というイメージが刷り込まれている。 ゆえに『UX』も、大きさときらびやかさでぐいぐい押してきてマウンティングされるんじゃないかと、不安まんまんで対峙したものの、あら、コンパクト。 全高1540mmとほどよい高さもそうなのだが、それより意外なのは、全長4495mmの全長だ。 駐車場に止めると、拍子抜けするくらい小さい。 身構えていた自分は、いったいなんだったのだ。 【UX250h 試乗】この取り回しのしやすさは満足感高し、である…岩貞るみこ 画像• 【UX300e 試乗】日本発のラグジュアリーEVとして期待は大きい…九島辰也 現代の潮流EVはSUVにこそ合う 電動化の波が押し寄せている各自動車メーカー。 ラグジュアリーカーブランドも例にもれず、ジャガーは『I-PACE』を、メルセデスは『EQC』をラインナップ、そしてアウディは『e-tron』を今年リリースする。 アウディはすでに『e-tronクーペ』も発表しているからここからの流れは早そうだ。 そうそう、ポルシェ『タイカン』も今年日本上陸予定となる。 【UX300e 試乗】日本発のラグジュアリーEVとして期待は大きい…九島辰也 画像 初のEV、『UX300e』に最新エアロダイナミクス技術…欧州で年内発売 レクサスの欧州部門は6月29日、2020年内に欧州市場で発売されるブランド初の市販EVの『UX300e』(Lexus UX 300e)に、最新のエアロダイナミクス技術を採用した、と発表した。 同車は、レクサス最小のSUVの『UX』をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルだ。 UXのデザインやユーティリティなどの特長はそのままに、EVならではのパフォーマンスを実現することを重視して開発された。 初のEV、『UX300e』に最新エアロダイナミクス技術…欧州で年内発売 画像 《滑川寛》.

次の

レクサスUXの色/カラーの人気ランキング!不人気色は?おすすめはシルバー、レッド、ホワイト!

レクサス ux 口コミ

この記事の内容• レクサスUXの評価・口コミを辛口チェック 新型レクサスUXが2018年3月に開かれたジュネーブモーターショーで正式に発表され、日本国内では2018年の12月に発売を開始しました。 レクサスはこれまでにRX・NXなどのSUV車を販売してきましたが、それらのSUV車よりもさらにコンパクトになった新型UXを発売します。 コンパクトになったといえども販売するのはレクサスですので、高級感や上質感には十分期待できる1台でしょう。 また「運転は苦手だけどSUV車に乗りたい!」という方の声にも、十分に応えられることは間違いありません。 新型UXは 現行型のトヨタC-HRをベースとしており、C-HRはトヨタのコンパクトSUV車として2017年にSUVの中でもトップの販売記録を出しました。 C-HRにも採用されているトヨタ最新のプラットフォームであるTNGAをベースに、新開発されたパワートレインや安全装備を搭載しています。 では具体的に新型UXがどのような車なのかをみていきましょう。 対抗車種に競り勝つためにはエクステリア、インテリアのデザインをもちろんのこと、安全性能や快適機能を重視するユーザーが増えています。 レクサスUX(全長4,495mm・全幅1,840mm・全高1520~1540mm)のライバルとなるのは、メルセデスベンツ、BMW、アウディのドイツ御三家が販売する、CセグメントSUVです。 メルセデスベンツGLA(4,430x1,805x1505) UXの対抗車はメルセデスベンツ GLAなどの外国車SUV メルセデスベンツGLAは、AクラスをベースにしたSUVです。 レクサスUXよりもやや小さいサイズの、GLAの車体は、街乗りで取り回しがしやすいのが魅力で、女性ユーザーに人気があります。 エンジンは1. 6Lと2. 0Lの直噴ターボで、FFのGLA180と4WDのGLA220 4MATICをラインナップ。 ハイパフォーマンス版として、381psのチューンナップ仕様2. 0Lターボエンジンを積んだ、メルセデス-AMG GLA450 4MATICも用意されます。 価格は、GLA180が406万円、GLA220 4MATICが458万円、メルセデス-AMG GLA450 4MATICが808万円です。 全長4,495mm・全幅1,840mm・全高1520~1540mm BMW X2(4,375x1,825x1,535) BMW X2は、レクサスUXよりもやや小さなボディを持つ、コンパクトSUVです。 X2は、FRの2シリーズクーペではなく、FFの小型ミニバン、2シリーズアクティブツアラーがベースの車。 エンジンは1. 5L直噴3気筒ターボと、2. 0L直噴4気筒ターボの二種類で、1. 5LのX2 s drive18iがFF、2. 0LのX2x drive20iは4WDとなっています。 価格は、X2 s drive18iが436万円、X2 s drive18i Mスポーツxが481万円。 X2x drive20iが474万円、X2x drive20i Mスポーツxが、515万円です。 アウディQ2(4,200x1,795x1,500) アウディQ2は、A3をベースにA1のエンジンを搭載した、コンパクトSUVです。 レクサスUXよりも小さい、全長4,200mm、全幅1,795mmの車体を持つQ2は、アウディ史上もっとも小さなSUVモデル。 エンジンは、3気筒と4気筒の二種類の直噴ターボがあり、すべてFFで、4WDの設定がない都会派SUVです。 価格は、Q2 30TSFIが299万円、Q2 30TSFIスポーツが370万円、Q2 35TSFIシリンダーオンデマンドスポーツが411万円です。 レクサスUXのパワーユニットは2種類 レクサスUXに搭載されるパワーユニットは、2. 0L直列4気筒 直噴DOHCと、2. 0L直列4気筒 直噴DOHCハイブリッドの2種類があります。 UXでは、どちらのエンジンも直噴とポート噴射を組み合わせた燃料供給システム、D-4Sを搭載しています。 スペックは以下のとおりです。 0L直列4気筒 直噴DOHC 2. 6kgm リアモーター 最高出力 7ps(E-Four) リアモーター 最大トルク 5. 6kgm(E-Four) 燃費 17. 0L直列4気筒 直噴DOHC UX200の2. 0L 直4 DOHCは、高速燃焼による熱効率の向上を目指した新しいエンジンです。 UXに搭載されるM20AFKS型は、最大熱効率約40%という高性能により、パワフルな走りと低燃費、優れた環境性能を実現しています。 TNGA思想に基づきUXが採用する、コンパクトなGA-Cプラットフォームに搭載するために、徹底して小型軽量化。 レクサスのSUVにふさわしい、高回転まで気持ちよく回るパワーフィーリングと、すばらしいエンジンサウンドといった、プレミアムな魅力を持つパワーユニットです。 6kgm) レクサスUXの走り レクサスUXの試乗インプレッションによると、日常的な走りがとても気持ち良いというのが、第一印象です。 UXの良いところは、走る曲がる止まるという運転時の基本的な操作が、自然になめらかに行えることです。 UXなら、SUVが初めてという女性にも、違和感なく運転することができます。 UX200の自然吸気ガソリンエンジンは、低速からとてもトルクフルで、ターボエンジンにも負けないパワフルさです。 組み合わされるCVTトランスミッションが、エンジンの性能をしっかりと引き出し、あらゆる速度域で気持ちの良い加速感が味わえます。 UX250hのハイブリッドパワーユニットは、電気モーターによる力強い走りが魅力。 UXの新しいハイブリッドは、アクセルの動きに対して、まったく違和感がないのが最大の特徴です。 UX250hなら、街乗りでも車がギクシャクすることがなく、アクセルの踏み方に神経を使いません。 ユーザーにやさしく、女性が安心して気持ちよくドライブできる車が、新しいレクサスUXのセールスポイントです。 プリクラッシュセーフティ 車両や歩行者との衝突を回避するシステムです。 進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、警報ブザー、プリクラッシュブレーキアシスト、自動ブレーキ プリクラッシュブレーキ で衝突回避または被害軽減を支援してくれます。 レーントレーシングアシスト 車線をトレースして運転を支援してくれるシステムです。 車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作の支援を行ってくれます。 レーダークルーズコントロール 発進・追従・離脱加速の際は乗員の安心感を確保しながらスムーズに加速し、追従減速の際は減速度の急変を抑えた滑らかな減速感を実現 ロードサインアシスト 前方のカメラで認識した交通標識を、大型カラーヘッドアップディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイに表示。 交通標識の見落としを減らし、安全運転を促す フロントクロストラフィックアラート 交差点に進入する際など前方左右から接近する車両を検知すると、大型カラーヘッドアップディスプレイで車両が近づいてくる方向をアニメーションで表示しドライバーが気づきやすい注意喚起を行なう レーンチェンジアシスト 高速道路や自動車専用道路を走行中、車線維持支援機能が作動中にレーンチェンジのための操舵、加減速、車線変更先車両監視の支援 ブラインドスポットモニター 走行中ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車に加えて隣接する車線の最大約60m後方までモニターし急接近してくる車も検知 デジタルインナーミラー 車両後方カメラの映像をミラー内のディスプレイに表示する レクサスUXのエクステリア・外観 レクサスUXのエクステリアはNXなどの系統を承継している 新型UXのボディは縦方向に厚みを感じることができるため、どっしりとしていて安心感がもてるデザインとなっています。 TNGA-Cプラットフォームを採用しているため、低重心化を図りつつタイヤ・ホイールの大口径化を図ることで、快適に走行する中でも安定性を感じさせるプロモーションに。 2018年に入ってからもさまざまな車種に採用されているLEDヘッドライトは3眼式で、ヘッドライトの上にはアローヘッド型のクリアランスランプが施されてスタイリッシュさを演出。 レクサスのSUVの中でも、もっとも都会的なUXの外観は、おしゃれにこだわる女性が、スマートに乗りこなすのにぴったりです。 レクサスUX lF SPORTではグリルメッシュ さらにF SPORT専用のアルミホイールとの組み合わせで、下部がダークトーンになっています。 レクサスの高級感を存分に演出していることが新型UXをみていただければお分かりいただけるでしょう。 新型UXのボディサイズは以下のようになっています。 レクサスUXのインテリア・内装 新型UXは視覚的に開放されたインテリアデザイン 新型UXは視覚的に開放されたインテリアデザインで、落ち着いたドライビングをさせてくれます。 ドライビングポジションは低めに設定されており、コックピット周りもシンプルな構造に。 アナログ時計が設置されたインストルメントパネルはダッシュボードとの一体感があります。 フロントシートは「刺し子」といわれる伝統的な刺繍技法が採用されているため上質感を演出しているほか、ベンチレーション機能をもつパーフォレーションも採用。 リアシートやラゲッジスペースはコンパクトSUV車でありながらも容量が大きくとられているところが嬉しいですね。 新型UX 250hのF SPORTは 赤いシートが特徴で、ステアリング、メーターなどは専用のものが施されておりスポーティさが強く押し出されています。 新型UXは、以下の4つのグレードが設定 レクサスUXのグレード構成は、ガソリン、ハイブリッドともに4種類のラインナップがあります。 レクサスNX モデル グレード UX200 UX250h スタンダード バージョンC F SPORT バージョンL レクサスUXのボディーカラーは、全部で13色のバリエーションがあります。 そのうち、ソニッククオーツとアンバークリスタルシャインは、ベースモデルとバージョンC、バージョンLのみの設定でF SPORTでは選択できません。 有償色は、ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング。 ヒートブルーコントラストレイヤリングは、F SPORTのみの有償オプションです。 燃費性能 レクサスUXの燃費性能は? レクサスUXの燃費性能は以下のようになります。 レクサス UX200 UX250h 駆動方式 FF FF 4WD カタログ燃費 (WLTCモード) 燃料消費率 16. UXの燃費達成率は、UX200が75. 6%、UX250hが18. 5%と、UX250hの方が悪く、走行状況によって大きく変わるハイブリッドの特徴を表しています。 UXの走行状況別の燃費では、UX200が市街地モードで12. UX250hのハイブリッドでは、市街地モードで22. UX250hが、郊外よりも高速道路の方が燃費が落ちているところも、高速燃費が得意ではない、ハイブリッドの弱点が現れています。 新型レクサスUXの評価・評判を辛口チェック!まとめ 新型UXはコンパクトSUVですので、運転が苦手な方でも乗りこなせることができる1台です。 エンジンも新開発され最新の安全装備が搭載されながらも、車両本体価格が400万円弱から購入することができますので、これまでレクサスに乗りたいと思っていた方も、いよいよそのチャンスが訪れたといえるでしょう。 燃費性能はベース車となったトヨタC-HRほどではありませんが、ハイブリッド車で26. 新型UXを検討される方はこれまでにたくさんの対抗車種をご覧になったと思いますが、ライバル車種と比較するほど新型UXの特徴が見いだせますよ。 レクサスUXの商談に行く前に… 人気の新型レクサスUXを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック.

次の