シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~。 シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜

『シャンフロ』マガジンで連載開始|日本タレント名鑑

シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~

当作品は、「小説家になろう」投稿作品である「シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~」の二次創作となります。 「此岸にて刹那の花に愛を込めて」あらすじ 天音永遠 ペンシルゴン と陽務楽郎 サンラク の恋愛SS。 大学生陽務楽郎 サンラク と天音永遠のクリスマスイヴのお話です。 陽務楽郎と天音永遠は交際中で同棲中。 「刹那の魔王は永遠の月へ微笑む」あらすじ 大寒波が襲った年末、天音永遠 ペンシルゴン は陽務楽郎 サンラク の家へと訪れた。 いつもなら陽務家は家族で過ごす年末年始のはずがペンシルゴンの策略に陽務瑠美が乗ったためいつもとは違う日が陽務楽郎へ訪れる。 陽務楽郎高校2年。 時系列的には此岸にての前になりますが、おまけ程度の気持ちで書いた物なので、読まなくても大丈夫なよう2話目に置いておきます。 天音永遠 ペンシルゴン と陽務楽郎 サンラク の恋愛SSになります。 「花の下にてのぞむれば」 時系列はJGE会場場面の妄想二次SSです。 上記2作とは時系列と世界線が異なります。 シャンフロブースへ真っ先に訪れた天音永遠。 作者である硬梨菜様の作品、いつも楽しく拝読しています。 【注意事項】 ペンシルゴン可愛すぎかよぉぉぉぉという気持ちで書きました。 天音永遠とサンラクの恋愛SSです。 他は妹以外は出てこないです。 ヒロインちゃんとのあれこれはありません。 原作であるシャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~とは一致しない設定などもありますが、ご容赦願えればと想います。 基本的なゲーム部分は無いので、人間関係の設定だけ目をつむっていただければ幸いです。 ペンシルゴン可愛いけど、ちょっと性格が難しいですね……。 ハーメルン初投稿のため不手際等ありましたら申し訳ございません。 随時理解次第改善していきますので、ご容赦願えれば幸いです。

次の

最強クソゲーマーが神ゲームに挑む冒険譚「シャングリラ・フロンティア」週マガで

シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~

世に100のあれば、世に1000のが存在する。 バグ、エラー、テクスチャ崩壊、矛盾シナリオ………大衆に忌避と後悔を刻み込むゲームというカテゴリにおける影。 そんなをこよなく愛する少年が、ちょっとしたきっかけから大衆が認めたに挑む。 それによって少年を中心にゲームも、リアルも変化し始める。 だが少年は今日ものスペックに恐れおののく。 VRMMOでの冒険ファンタとでもいいましょうか。 このジャンル分けも枝葉であって幹じゃない感があるんですけど、かっちりとした分類を知ってるわけじゃないのでどうしてもふんわりとなってしまいます。 この小説『シャングリラ・フロンティア〜ハンター、に挑まんとす〜』ですが、系統で言えば前に紹介したインフィニットデンドログラムと同系統になると思います。 イメージとしては巨大な世界観の上に誰もが憧れる妄想をちゃんと成型して建築しているのがインフィニットデンドログラム。 超巨大な世界観(妄想)を背景にそのいい所を情熱の導かれながら描いているのがこの小説、ということになるでしょうか。 あんまり伝わらなさそう。 今までばかりやっていた主人公が数世代先を行っていると噂の、シャングリラ・フロンティアをプレイするところから始まるのですが、まあこのジャンルとしては王道ですよね。 そこからこの世界を他に先んじて攻略していくというのも王道。 この小説の何がすごいかというと世界観の大きさ、緻密さですね。 先にあげたインフィニット・デンドログラムもかなり大きな設定を作っていますが、この小説はもっとでかい。 フィールドやモンスター、武器防具に至るまで設定ががっつりついており、例えるならどれにも来歴や性能、習性にいたるまでがしっかりとついてる感じでしょうか。 やばい。 インフィニット・デンドログラム長いので以下『ID』としますが、あっちが妄想を成型して綺麗にしてるのに対し、こちらは情熱の赴くまま暴れさせて整合性なんかの部分は時には描かれない世界観で担保しています。 そのため少し文章が荒くても読ませるだけの力があります。 むしろライブ型といいますか、盛り上がりが文章に反映されているので一体感ではこちらが上に感じます。 あくまで個人の主観ですが。 『ID』がどちらかと言えば人に重点を置いているのに対し、こちらは世界に重点があります。 こういう世界観特大みたいな作品だと、どこか大きな俯瞰視点があって、これ以上はいけないみたいにきちんと統制されていないと中学生の妄想日記のようになってしまうんですけど、抑えるところはきちんと押さえつつ行けるところはフルスロットル、落ち着く暇なく畳みかけるぜ! とその塩梅が素晴らしいです。 普通なら山場の後に小休止のような物が入るところでも、息つく間もなく山場を踏み台にして新しい山場が始まるのでまるでジェットコースターに乗ってるかのような気分になります。 最高って意味です。 キャラ造形も素晴らしく、世界観の一部としてがっつり設定されており、キャラも生き生きしています。 もちろん脇役としてのキャターやモンスターに至るまで。 『ID』とは別の切り口でこの世界の未知を解き明かしていけます。 すごくおすすめです。 yururikachang.

次の

最強クソゲーマーが神ゲームに挑む冒険譚「シャングリラ・フロンティア」週マガで(コミックナタリー)

シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~

当作品は、「小説家になろう」投稿作品である「シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~」の二次創作となります。 「此岸にて刹那の花に愛を込めて」あらすじ 天音永遠 ペンシルゴン と陽務楽郎 サンラク の恋愛SS。 大学生陽務楽郎 サンラク と天音永遠のクリスマスイヴのお話です。 陽務楽郎と天音永遠は交際中で同棲中。 「刹那の魔王は永遠の月へ微笑む」あらすじ 大寒波が襲った年末、天音永遠 ペンシルゴン は陽務楽郎 サンラク の家へと訪れた。 いつもなら陽務家は家族で過ごす年末年始のはずがペンシルゴンの策略に陽務瑠美が乗ったためいつもとは違う日が陽務楽郎へ訪れる。 陽務楽郎高校2年。 時系列的には此岸にての前になりますが、おまけ程度の気持ちで書いた物なので、読まなくても大丈夫なよう2話目に置いておきます。 天音永遠 ペンシルゴン と陽務楽郎 サンラク の恋愛SSになります。 「花の下にてのぞむれば」 時系列はJGE会場場面の妄想二次SSです。 上記2作とは時系列と世界線が異なります。 シャンフロブースへ真っ先に訪れた天音永遠。 作者である硬梨菜様の作品、いつも楽しく拝読しています。 【注意事項】 ペンシルゴン可愛すぎかよぉぉぉぉという気持ちで書きました。 天音永遠とサンラクの恋愛SSです。 他は妹以外は出てこないです。 ヒロインちゃんとのあれこれはありません。 原作であるシャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~とは一致しない設定などもありますが、ご容赦願えればと想います。 基本的なゲーム部分は無いので、人間関係の設定だけ目をつむっていただければ幸いです。 ペンシルゴン可愛いけど、ちょっと性格が難しいですね……。 ハーメルン初投稿のため不手際等ありましたら申し訳ございません。 随時理解次第改善していきますので、ご容赦願えれば幸いです。

次の