小説ハーメルン。 シンザキのおすすめハーメルン小説7

ハーメルンの笛吹き男

小説ハーメルン

二次創作小説 ところでみなさん、二次創作ってどう思いますか? 特に小説の。 昔はにじファンやArcadia。 今ならハーメルンやpixiv小説と言った所でしょうか?(あんまり詳しくない) 私はついつい読んでしまいます。 ラクですし。 ネット場にあふれている小説のジャンルといえばライトノベル、ライト文芸系の作品になるでしょう。 いわゆるなろう系に属する異世界転生系のモノはここ最近の流行ですし、私ももう10年近く、なろうで良さげな作品を読んだり書いたりしてました。 ただ、キャラクターの造形を相手に伝えることが、ネット小説では何より難しいですよね。 書籍化されれば、たいていは登場人物がイラストとして描き起こされ、イメージ言語として相手に伝えられますが、個人で両方は中々難しい。 そもそもライトノベル自体キャラクター小説なのに、その魅力を伝える手段が文字しかないし。 キャラデザも編集者を介さず、個人の想像をそのまま出力してるわけですし……。 閑話休題。 話がそれましたが、二次創作小説はオリ小説に比べて、登場するキャラクターの大部分の造形が既に読み手に存在するのが大きいですよね。 もちろん、世界観を借りただけのほぼオリジナルの小説となるとあまりその強みは活かされませんが、それでも舞台設定の説明の必要がない。 にじファン潰れちゃった……) 自分の所感なので、全ての作者に当てはまるかは微妙ですが、ハーメルン 二次創作がメインの小説投稿サイト は、なろうに比べて著者と作者の距離が近いです。 数字による評価ではなく、生の声に近いレビューが来てくれる。 作品を書くのが楽しい、読んでくれる人がいる。 ということを感じさせるこれ以上ないモチベ維持効果だと思いませんか?(とか言いつつ、自分は3作品くらいエタらせてますが……) カクヨムが公式に二次創作を認める動きを作ったように、二次創作小説は徐々にではありますが、コソコソ隠れてファン同士で楽しむものからコミケに近い、創作としての立場を有するようになったと思います。 (産業財産権とは違って、著作権は作品が出来た時点で作者に属するので、非営利でも著者が辞めろと言ったら素直に従うほかない(ここ曖昧)のは苦しいところですが…) 個人的には、二次創作作家さんは応援したい所です。 インディーズゲームクリエイターや、同人作家といった新人の作るものは、プロの制作物とはまた違った魅力が詰まっていて、私にとって何よりもカッコいいものです。 だからこそ、未来の著者の土壌として、或は作品を愛する人たちの語らいの場として、二次創作の文化は大切にされてほしいのら。 現時点で素晴らしい作家を世に排出しているわけですしね。 昔ドはまりしていた『勇者、或は化物と呼ばれた少女』という作品は、元はドラゴンクエスト3の二次創作から版権要素を抜き、改変した作品ですし、どこで見たかは忘れましたが、海外人気の強いあの『オーバーロード』の作者も『ゼロの使い魔』の二次創作SSから小説家としてスタートしたそうで、そんな著者は今や異世界転生もの作者の頂点付近に君臨しています。 現状としては、二次創作は著者の裁量によって許されているモノですが、その模倣から未来の超凄腕著者が登場するのを楽しみ待ちたいものですね。 他にもたくさん良作あるけど、スポットライトの外にも凄い人がいるってことさえ伝わったなら、yodakaさんは本当に嬉しい。

次の

ハーメルンやArcadia(理想郷)に対応、www.internetwondersezine.com ver.1.5.0 にアップデート

小説ハーメルン

この小説は同タイトルの改訂版になりますが登場人物はそのままで内容が大きく違っております。 特に14話以降が全く違うものになっております。 改訂前を読んでいる方も読んでいない方も、1話だけでも目を通していただけると嬉しいです。 俺がかつて生まれ育った国にはエルフの奴隷制度が存在していた。 それはそれはひどい扱いであった。 だから俺はそんな常識を変えたくて・・・。 回復薬の開発によって見たこともないような額のお金を手にした青年フィセルはひょんなことからエルフを買うことになるが、彼女たちと接していくうちにやっぱりこの国のこの制度はおかしいと思い彼を慕う6人のエルフたちと革命を起こすことを決意する。 だが計画の最中に過労で倒れてベッドから動けなくなった彼は自分の手で世界を変えることを諦め、自身に未完成ながらもたどり着いた転生魔法をかけることによって6人のエルフが変えた世界を見ることを決意し息を引き取った。 次に彼が目を覚ましたのは彼の死から200年後の世界であり、その世界の中心にいたのは紛れもなく昔フィセルに仕えていた6人のエルフたちであった。 200年経った今でも彼らはフィセルの事を慕っており、一部のエルフは主従関係ではなくなったことからより積極的になっているようで・・・。 生まれ変わったことにより魔法の才能も剣技の才能も何も持たないフィセルとかたや世界の中心となってしまったエルフたちとの身分や種族を超えたスローライフがここから始まる。 主人公深神一馬は異世界転生をした先でエルトア・リンドという名で冒険者となった。 【魔物使い】という、世界でもレアな職業を与えられた彼は、バルダット王国のダンジョン攻略の最前線を任せられ見事ダンジョンを攻略する。 世界の英雄となったリンドであったが、国王暗殺を企てたという情報が出回ってしまい、処刑されることになった。 バルダット王国では、処刑される者は、「無限迷宮」という一度入ったら二度と出てくることができない処刑用ダンジョンに放り込まれることになる。 リンドも英雄でありながら、そのダンジョンに放り込まれてしまうのだが…… 「これだ! これこそが俺が待ち望んでいたダンジョン生活だ!」 ・それまでのステータスリセット。 ・バルダット王国のどこよりも強く設定されている魔物たち ・まだ誰もその奥まで到達したことがないダンジョン最奥の謎 無限迷宮はリンドが欲するものすべてがそろっていた。 面倒なしがらみから解放されたリンドは、新たな仲間とも出会いながら、この前人未到のダンジョンの攻略に没頭するのであった。 (文字数は予約投稿を含めたものとなっております。 随時ストック増量中です) 若くして病で死んだ少年は、異世界のとある英霊たちに呼ばれて世界を渡った。 そこは、戦乱の果てに強大な力を持つ者を〈魔王〉と呼ぶようになった世界。 英霊たちによって新たな生と名前を与えられた少年〈メレア〉は、雪の積もる霊山で人知れず彼らに育てられる。 しかし、やがて時代の意志が彼を〈魔王〉へと仕立て上げた。 そんなメレアは、ある日、逃げるようにして霊山に登ってきた〈魔王の末裔〉たちと出会う。 そしてその日をきっかけに、メレアはその世界を『魔王たちにとっての英雄』として生きる決意をした。 これは、〈百魔の主〉と呼ばれた男と、彼に付き従った百人の魔王の物語である。 彼は、ある時釣り遠征として王都イーリストへと訪れた。 しかし、そこで不運なトラブルに見舞われ、絶世の美女だがあまりにも変人なミリス・アルバルマが経営する『白の道標《ホワイトロード》』というなんでも屋で働くこととなってしまう。 嫌々ながらも働き始めたノイルを襲う過酷な依頼、共に働くことになるのはミリスを始めとした変人ばかり。 さらにノイルはそんな変わり者達に何故か愛されてしまう。 孤児院で暮らすナディアは、幼い頃から他の人には見えない精霊が見えたり、話をしたりすることができた。 魔術学園に通わないと使えないはずの魔術も精霊にお願いすればなぜか使えてしまうけれど、そのことが原因で両親に捨てられたナディアはその力を周囲には秘密にしている。 魔術師になれるほど魔力が多ければ貴族になれるらしいけれど、私は大好きな孤児院の人たちと平民としてのんびり過ごしたい! けれど、孤児院は今金銭的危機に陥っていた。 急な転移で全員が驚く中、頭の中に声が響いた。 声の主は神を名乗り、世界を救うように賢たちに言った。 そこで神が与えたのは一人一つずつの固有スキル。 しかし、その中で一人、賢だけはスキルを得ることができなかった。 それでも諦めなかった賢は神と賭けをし、勝てば一つ、文章として成り立つ5文字で表した望みなら、なんでも与えると言われる。 その神の知恵をフル活用し、いつの間にか歴代勇者の中でも最強の力を手に入れていた賢だが、ひょんな事から城を追い出される事に。 旅をする事になった賢は旅先で奴隷の少女と出逢う。 その少女の正体は—————— 世の中、十人十色です。 趣味や思考は人それぞれ、嫌ならブラウザを閉じれば良い、個人的にはなろうの作品の中でもベスト10に入る作品だと思います。 色々な作品が発表されていると思いますが、現実的にもし自分が転移したら異世界ってこんな感じかなと。 ちゃんと作者さんの中にはこの物語の世界観が存在している、そんなしっかりとした骨組みの中で組み立てている成り上がりの立身出世の物語、時には蹴落とし、時には欺き、ただ自分はある意味、自分の考えを持って邁進する主人公は嫌いではない。 まぁ、他の方が肌に合わないと思うところも理解はしますけども(笑) 安っぽい二元論、頭の中がお花畑なヒーロー、ヒロイン、そんなものに飽きた方は手に取って1度試し読みをしてみたら?とおもいますよ。 皆さんはもしこの世界に転移されたら誰になると思います? テンポのいいギャグと先が気になってしまう面白さを持つ小説です。 今作の主人公は四天王なら土属性とかにあたります。 彼はリーダーの火の四天王ポジから『四天王で最弱のお前がなんでいんの? とか噂になってっから迷惑。 お前、クビ』と言われ魔王軍をクビにされます。 なんとも理不尽。 本人はもう魔王軍にも関わらずセカンドライフを送りたいと願う。 読みやすく、地の文と会話もテンポが良くて、ファンタジー初心者にもおすすめの作品です。 勇者候補、おつきの預言者、ギルド、幼なじみの風の四天王ポジ。 魅力的なキャラクターが勢揃いです。 後に魔王軍がどうなったかもかなり笑えます。 自分が魔王だったら、いやなに勝手にクビにしとんねん!? ってツッコミそうになるくらいの一大事が起こります。 そう、この小説のテーマは四天王!.

次の

「小説投稿サイト,ハーメルン」に関するQ&A

小説ハーメルン

バージョン1. 0のアップデートをお知らせします。 追加機能もしくは仕様変更• 小説投稿サイト に対応しました• 小説投稿サイト に対応しました• mai-net. php? このバージョン以降ダウンロードした小説の保存フォルダ名には、タイトルの前にIDが付加されるようになりました• アラビア数字を漢数字に変換しないパターンを追加(%や単位系)• setting. Bug Fix• narou browser --vote コマンドがなろうのレイアウト変更に対応していなかったので修正• 半角カナを全角カナに変換するように修正 36• 小説のタイトルにはルビをふれないように修正 37 は挿絵や短編にも対応してあります。 は太字等のHTMLタグに対応してあります。 アップデートは gem update narou で行えます。 今回のアップデートで再度の narou init は必要ありません。 whiteleaf.

次の