寝すぎると背中が痛い。 寝起きに肩甲骨周辺が痛い原因と横向き寝が効果的な理由

寝ていると背中が痛いのは寝方?それとも寝具が悪いから?そしてなぜ痛くなるのか?

寝すぎると背中が痛い

この記事の目次• 朝起きると背中が痛い 私の概要です。 共通点ある方は本記事がお役にたてると思います。 44歳男性、妻子あり。 お酒は2、3日にビール1缶程度、喫煙なし。 運動はここ数ヶ月はあまり無し。 仕事はIT系、ほぼデスクワーク。 帰宅後もPCで作業することも。 フリーランスとしては17年目。 ここ1ヶ月間くらい、朝、起きると背中が痛い・・・、そんな状況が続いていました。 まあ、デスクワークが多く仕事もちょっとたてこんでいましたので、肩こりの延長線くらいにしか考えておらず。 たださすがに、プロジェクト終了後も続くので、これはマズイかもと急に不安に。 それで、プロジェクトも一段落し、都合つけやすい状況でしたので、急遽病院に行くことにしました。 で、そのきっかけは以下の記事。 >> 調べますと、ようは内臓疾患の可能性もあるとのこと。 うぉ、これはマズイじゃん!と思い、あわてて病院にいったというのが実情です。 内科に行き、背中が痛いと先生に訴える さて、どこに行こうかと思いましたが、心配するべきは内蔵というわけなので、内科にいきました。 ちょうど近くの総合病院で外来がやっている日でしたので、これよしとばかりに。 そして、内科の先生に実情をつたえ、「お酒はそれほど飲んでないんだねえ」「はい」などなど、問診をしていただき、血液検査。 さて、結果としては、血液検査は10日後くらいの結果待ち。 あとMRIの予約をしてくださいました。 MRIなんてひさしぶりというか、初めてでしょうか。 いずれにせよ、何もなければそれで良いわけで、資本である体はいたわらないとです。 また、結果でましたらレポートいたしますね。 みなさん、ぜんぜん心配いらないですので、どうぞご安心のほどを。 ビジネスコンティニュイティ (事業継続性)とは 仕事で大切なことは、私は事業継続性と考えています。 利益を考えたら囲い込み戦略が重要になるわけですが、それはユーザーのためかというと、そうでないことも多いと思うのですよね。 まして、私の場合、フリーランスで体が資本です。 万が一にも事故などで、事業が継続できなくなれば、それこそ責任が果たせません。 囲い込みを意識しつつも、事業継続性をしっかり担保し、お客様に安心も提供しなければならないと思います。 ビジネスコンティニュイティで重要なことは次の3つだと思います。 ・技術をオープンにすること ・代替手段を確保していること ・それらを担保できる余裕があること >>人気の「血液検査: 検査薬」最新一覧はこちら。 とくに3番めが難しいんですよね。 余裕がないとバックアップをとったり、自分の代わりとなる人を探したりと、そういう時間がなくなります。 しかし、余裕があるというのは直接的な利益を生むわけではないですから、自社のビジネスも回らなくなるかもしれない。 そのバランスがほんと難しいんですよね。 とはいえ、バックアップのない作業はプロとは言えないと、私は思っていますのでその点はこだわっています。 リスクは常にありますし、絶対、というものはこの世にはありえないのですから。 このあたりは人それぞれでしょうけども、私はそういう質ではあります。 体が資本。 すごく当たり前のことですが、大事なことだと思いましたのでエントリーしました。 結果でましたらまたレポートしますね。 追記 2014年10月22日 その後のレポートはこちら。 >> >>.

次の

朝起きると背中が痛いので病院に行ってきました、結果MRIを予約

寝すぎると背中が痛い

Contents• 1.寝起きの痛みは寝具が合ってないサイン まず、結論からお伝えすると寝る前や普段の生活では問題ないのに、ベッドで寝て起きたあとに背中の痛みがでる場合は、あなたの寝具が身体に合っていないサインです。 若い時は筋肉も柔軟で関節も元気なので、どんな寝具だろうと気持ちよく寝ることができるのですが、年齢を重ねるごとに関節は弱くなり、筋肉も柔軟性を失っていきます。 柔軟性を失うと負担がかかりやすい部分の筋肉が凝り固まってきます。 筋肉が凝り固まるとその筋肉の動きが悪くなるので、その周辺の筋肉が、凝り固まった筋肉が本来果たすべき動きを補おうと無駄に頑張ってしまいます。 すると、普段使わない筋肉の使い方をするので負荷がかかりやすくなり、結果として痛みがでてしまうのです。 寝起きの痛みというのは、寝具が身体に合っていないために身体の一部に無駄な負荷がかかり、その結果として背中の痛みがでてしまっているとかんがえられるのです。 ランキング発表 2.ベッドで背中が痛い原因は3つ 寝具が原因とお話しましたが、その寝具における原因というのは大きく3つに分かれます。 ベッドが柔らかいと寝姿勢が崩れる マットレスやベッドが柔らかいことによる最大の弊害は正しい寝姿勢を維持できずに、身体の一部に負荷が集中してしまうことです。 ベッドが柔らか過ぎると、マットレスが重さに負けて身体の中で最も体重が乗ってしまうお尻部分が沈んでいきます。 理想の寝姿勢は直立している時と同じ姿勢になるのですが、お尻部分が沈むと身体のくの字に折れ曲がってしまうのです。 正しい寝姿勢を維持できていれば、お尻に集中しがちな負荷も身体全体の面で分散することができるのですが 、くの字に曲がってしまうと曲がったお尻部分に圧力が集中します。 すると、一晩中お尻に負荷がかかるので周辺の筋肉に大きな負荷がかかり、筋肉が凝り固まってきます。 最終的には背中の筋肉部分に負荷がいってしまい、筋肉が凝り固まって朝起きた時につっぱりと痛みとなってしまうのです。 ベッドが柔らかすぎる場合にはお尻部分が沈んでくの字になることが問題でしたが、硬すぎる場合は腰が浮いてしまうのが問題になります。 硬いマットレスの場合、仰向けに寝ても柔らかいマットレスの場合と逆にお尻が沈まなくなってしまいます。 良いマットレスであれば、しっかりとお尻の出っ張った部分は沈みながら、背中の面全体がマットレス部分に密着する形になります。 しかし、マットレスが硬すぎるとお尻の出っ張った部分が沈まずに、腰部分が浮いてしまうのです。 腰の筋肉の代償行為で背中が痛くなる 先ほどの話と同じように、一部の筋肉が極端に使われると、その一部分の筋肉が固く凝り固まってしまいます。 硬いマットレスの場合には腰の筋肉が凝り固まるので、周辺の筋肉である背中部分の筋肉が腰の役割を果たそうと代償的に使われてしまいます。 結果、背中の筋肉に大きな負荷がかかってしまい、翌朝の痛みに繋がってしまいます。 枕が高いと首に負担がかかる 自分の身体にあった枕というのは、枕自体が頭と首をしっかり支えて首の筋肉を支えることが重要になります。 しかし、枕が高いと首部分を支えることができずに、寝ている間ずっと首の筋肉に負荷をかけることになります。 首の筋肉は背中部分の筋肉でもある僧帽筋に直接関連しているので、僧帽筋の周辺にある背中の筋肉が代償行為によって疲労してしまいます。 結果、マットレスと同様に目が覚めた時に背中が痛いということになってしまうのです。 ただ、首が浮くほど高い枕を使う人はあまりいないので、基本的にはマットレス自体が原因のケースが多いです。 柔らかすぎる場合の問題はお尻が沈みすぎてしまうことなので、タオルを敷くことで沈む分をカバーしようというわけです。 ポイントはお尻だけに敷かないこと。 お尻部分だけにタオルを敷くと腰とお尻に段差が生まれて逆に腰が浮く原因になります。 なので、少し広めに腰部分からお尻までカバーできる大きさでタオルを敷くようにしましょう。 また、こうすることで硬すぎる場合に起こる「腰が浮いてしまう」という問題に対しても腰のタオルがクッションとしてしっかり腰を支えてくれるます。 枕を使ううえで重要なのが首の隙間をしっかり埋めることになります。 ベストは首の隙間までしっかり埋めてくれる枕を使うべきですが、応急処置としては今ある枕を使いながら首の下に丸めたタオルを敷くだけでもかまいません。

次の

朝起きると背中が痛いので病院に行ってきました、結果MRIを予約

寝すぎると背中が痛い

朝起きた時に背中の痛みを感じる方は、眠っている時の姿勢を見直すと解消できる場合があります。 背中に負担のかからない寝方と環境を紹介するので、お悩みの方はぜひ実践してみて下さいね。 背中に負担の少ないのは、直立している時の背骨が自然に曲がった状態をキープできる寝方。 よく背骨のS字ラインをキープするのが良いと言われますね。 また、同じ場所に圧力を集中させないためには適度に寝返りを打つことも大事です。 これらの条件を満たす 理想的な寝方は仰向けです。 ですから、背中痛でお悩みなら意識的に仰向けで寝るようにして下さい。 ただ、寝相には 寝具(敷布団やマットレス)も大きな影響を与えます。 寝る環境を整える まず、極端に硬すぎる寝具は背骨を平らにしてしまい、両肩や腰に圧力が集中してしまいます。 と言っても、逆に極端に柔らかすぎるのも問題で、両肩や腰が沈み込んでしまうためにやはり圧力が一部に集中します。 更に、身動きが取りづらいので寝返りの回数が減ってしまいます。 理想的なのは適度な硬さを持った寝具なんです。 おすすめなのは最近スポーツ選手や芸能人のユーザーが増えている高反発のマットレスや敷布団。 高反発が寝返りをサポートしてくれるのです。 横向きやうつ伏せはどうなの? 仰向きの次に良いのは横向きですが、これも体の左右どちらかに負荷が偏るので、どうしても体にゆがみが生じます。 背骨の痛みが悪化する可能性もあり、やっぱり推奨できません。 そして、 一番良くない寝方はうつ伏せです。 背骨を無理な方向に長時間固定してしまい、しかも寝返りがうち辛いため背中の痛みが悪化します。 更に首や腰への負担も大きくなります。

次の