アイコス 死亡。 アメリカで電子タバコによる呼吸器障害でついに死亡被害が出た!

【悲報】電子タバコ、死者42人、死亡寸前2100人に・・・

アイコス 死亡

加熱式タバコの画像 一応お伝えしておくと、今回の事故が発生したのは、「電子タバコ」つまり「VAPE」です。 といった「加熱式タバコ」の爆発事故はまだ発生していません。 アイコスはフィリップモリス、プルームテックはJT、グローはBATと、超世界的メーカーが製造販売を行っていて、その品質管理が厳密に行われている結果だとも言われています。 自己責任で、信頼できるメーカー品を利用する おそらく、今回のようなニュースを見ると、少なからず「怖い」という感情が生まれると思います。 そもそもバッテリーの発火・爆発事故は、PCやスマホなどの精密機器でも発生していることです。 例えば スマホが爆発したことでの死亡事故すらも起こっています。 なので、まずはこういった事例が発生したことを 知っていることが重要です。 その上で、 自己責任の上で利用する意識を持つことが求められるでしょう。 その結果、「利用するのをやめる」という選択肢も出てくるかもしれません。 仮に利用する場合は、信頼できるメーカーのブランド品を利用したくなるかもしれません。 しっかりと、自分が利用する電子タバコ・加熱式タバコ・スマホ・PC…デバイスについては、最新情報を知っておけるといいですね。 米国政府の報道によると、2009年から2016年の間に電子タバコが爆発した事件は195件発生しているそうです。 今後、この事件の続報や他の事件があり次第、引き続き当サイトでもお伝えしていきます。

次の

【悲報】アイコスに慣れていたのに再び紙巻きタバコを吸い始めたらヤバいことになった

アイコス 死亡

アイコス(iQOS)のシェアを知る 最新のテクノロジーを持った電子タバコとして開発に 2,000億円ほどを投資したアイコス。 2016年には品切れが続出するほど爆発的にヒットし、 2016年のヒット商品ランキング3位にも表彰されました。 アイコスは2016年4月に全国発売されてから2年を経過しましたが、日本における電子たばこ市場を開拓した存在となっております。 2018年1月のフィリップモリス社の調査報告によると、 日本のタバコ市場の約17%ほどのシェアを獲得しており、加熱式タバコカテゴリーでは約68%のシェアを占めており、日本のユーザー数も 500万人を突破したと報告しております。 全国展開後たった2年という短い期間でのシェア率とすると 驚異的なスピードで獲得したこととなります。 順風満帆と思ったアイコス(iQOS)の人気に陰りが見え始める 世界各地でも販売がスタートし始めたアイコスですが、 早くも日本での人気に陰りが見え始めたようです。 とはいってもまだまだ 紙タバコから電子タバコの移行者は増加中ですので、今でも 一番売上の高いアイコスへ移行する方も多いと思います。 筆者もアイコスユーザーであるためアイコスを吸っておりますが、今後紙タバコへは戻らないと思います。 しかし、 他の電子タバコ(加熱式タバコ)への変更は考えております。 実際に、今までアイコスを使用していた友人なんかは、 グローやプルームテックに変更し始めております。 JTが本気出し始めた JTが発売する加熱式タバコ「プルームテック」が2018年夏にコンビニ等全国発売を開始したことで、一気にシェアを奪いとることに成功。 わずか1か月間で200万台を売ることに成功し、累計販売台数も400万台を突破しアイコスに並ぶ勢いになりました。 アイコス(iQOS)を止めた理由は使い勝手が悪いこと アイコス離れが加速し始めておりますが、アイコスを止めた一番の理由は 使い勝手の悪さだと思います。 日中にタバコやアイコスを吸うときといえば、仕事のときの 休憩時間だと思います。 (昔みたいにデスクで煙草を吸うことはもうできませんよね) 少ない休憩時間の間にまとめて何本か吸いたいと思っても、アイコスは残念ながら 連続吸いができません。 1度吸い終わると約5分ほど充電しなければならないため、休憩時間に吸っても1本しか吸うことができないことも多いです。 そのためホルダーだけを 2台持ちしているユーザーは多いですが、ホルダーとチャージャーの総充電可能回数はリンクしていますので、チャージャーの寿命が短くなるだけで結局チャージャーを購入することになります。 特に吸い終わった直ぐのホルダーがまだ 熱を持っている状態、あるいは冬の寒空の冷え切った状態では充電されていないことがほんとに多いです。 充電されていないことを気づいたときも、再度挿入し直しても受電できないため、結局充電されない状態で収納することになってしまいます。 アイコス三連続くらい充電エラーいかれて精神状況悪い 紙巻き買っちゃいそう— こたぴ? 私の場合 チャージャー本体を1回、ホルダーを2回交換しております。 ホルダー交換の1回は清掃中に加熱ブレードを折ってしまった私の不注意だったのですが、購入して1ヶ月未満、 あんなに簡単に折れるとは思いませんでした。 もう1回は充電ができなくなったことで交換しました。 本体かホルダーかどちらが悪いかわからなかったため結局両方交換することになってしまいました。 2度目の交換でホルダーだけ最新型のアイコス「iQOS2. 4Plus」に変わりました。 加熱ブレードが折れにくくなったりバイブ機能が付属するなどされましたが、充電されていないことは度々起こります。 私と同じような故障経験を感じた方はとても多くいるのではないでしょうか。 アイコス3台持ちだったが2台死亡。 保証期間外なのでこれを気に故障の多いアイコスにおさらばしグローに乗り換えた。 しかし、購入してから2週間以内に会員登録と購入した本体の製品登録をしなければいけません。 (登録しない場合は購入日から6か月になります。 ) 2016年の爆発的な人気の最中に購入した人などは、そろそろ保証が切れるころではないでしょうか? また、 こんなに故障するとは思っていなかった方も多く、ユーザー登録していない人もかなり多いと思います。 保証期間が過ぎた場合の故障についてどれくらい対応してくれるかは不明ですが、保証されなかった場合再度1万円ほどで本体を購入しなければならないため、 保証が切れたタイミングで他の電子タバコへと移行している方も多いようです。 そしてアイコスの使用回数をよく見てみると、チャージャーの充電回数が約365回、ホルダーの回数が約7,300回となります。 この回数、1日1箱アイコスを吸った場合の1年間の使用回数と同じですので、保証が切れたと同時にアイコスが使用できなくなるなってことは現実的にありえるということです。 iQOSまた保証期間ちょい過ぎ(約1ヶ月)でぶっ壊れた。 なんなんだよ。 — るーちゃん reuben0625 後発品の電子タバコを購入できるようになってきたから グローやプルームテックなど、アイコスよりも後に販売を開始した 後発品の電子タバコを吸う方が増えてきました。 後発品ということもあり、連続吸いが可能など アイコスの弱点であった部分を改良したつくりとなっております。 そして本体も アイコスよりも安く購入することが可能です。 今後生産が追い付いてくることでより購入しやすくもなるでしょう。 吸い応えだけでいえば、 紙タバコ>>>アイコス>グロー>プルームテック となりますが、 臭いだけでいえば、 プルームテック>グロー>アイコス>>>紙タバコ となります。 周囲のiQOSユーザー、結構プルームテックに流れてる。 待ち時間ないし、一口吸うだけが出来るし、ニオイも圧倒的に少ないのが決めて見たい。 アイコス登場時は紙タバコに比べて煙の量が少なく臭いも少ないと言われておりましたが、 アイコスは独特なニオイが充満します。 そう、ヤキイモを焼いたような、ポップコーン臭のようなニオイがします。 しかもなかなか ニオイがしつこいです。 アイコスの安売り販売が目立つようになる2018年 2018年に入り 安売り攻勢を開始することになったアイコス。 2018年6月からは、 アイコスユーザー500万人突破記念としてアイコススターターキットの小売価格を3,000円安い 7,980円に価格変更しました。 また、7月15日までの期間限定でアクセサリーを最大50%OFF、7月からはホルダーバリューセットを2,980円で登場させました。 といっても、スターターキットは 元々3,000円クーポンが存在したので、 それが無くなっただけですけどね。 グローもキャンペーンを打ち出し、本体の定価を下げ、 実質2,980円での販売を開始、プルームテックも付属するケースを別売りにしスターターキットの価格を 3,000円に変更させました。 グローもプルームテックも約3,000円ですので、 アイコスの半額ほどの値段です。 恐らくホルダーバリューセットはこの価格帯にアイコスは合わせてきたんでしょうが、初めて購入する方はバリューセットでは吸い始めることができない(充電できない)ので注意が必要ですよ。 連続吸いの弱点を2本目を購入させ対応 最新アイコス互換機のおすすめランキング!販売店を比較してみたを公開しました。 — メンジム mengym1 連続吸いできないアイコスの弱点を補うために、2018年に入ってから、 ホルダーのみ購入できるプランや7月からの ホルダーバリューセットの登場などアイコスを購入するユーザーのバリエーションを増やしてきました。 しかし、今はアイコスよりもアイコスのヒートスティックを使用し吸うことができる互換品の機能が向上したことで、 アイコス2台持つよりも互換品1台持ったほうが断然効率がいいんですよね。 ただでさえアイコスは掃除しにくいのに、2台分掃除しなければならない面倒に比べ、アイスモークは掃除がほんと楽ですよ。 気持ちばかりのものではございますが、IQOSホルダーをお贈りいたしました。 日々の感謝と度重なる不具合のお詫びの印として、お受け取りください。 ん?ということは、不具合がなかった方にはアイコスプレゼントはないの? 告知なしだったから詳細はわからないですが、半年前に交換してもらったホルダーが、既に赤点滅になって壊れしまっていたので現在は、 アイスモークとプルームテックを使用しており壊れたアイコスは引き出しの中に。。。 2本目ではなく、新たな1本目としてこれで使用することができますが、、、 う~ん、 もうアイスモークで十分かなぁ。 でも今回のアイコスホルダープレゼントはアイスモークなどの互換機対策でもあるんだろうね、きっと。 アイコスやプルームテックなど加熱式タバコは税法上 「パイプタバコ」に分類されるのですが、 【金額決定は1本に含まれる葉タバコの量に税率を掛けて】出しています。 加熱式タバコはその特徴からカプセルやスティックとカタチが異なるため、アイコスとグロー、プルームテックでは支払う税額がかなり異なります。 紙タバコの税率の割合は約63%、それに対してアイコスが約50%、グローが36%、プルームテックが約15%。 10月のタバコ税の増税に合わせてアイコスのヒートスティックが増税がされるのもこの 税割合が紙タバコに近いから行われるってことですね。 そうなると、税割合の低いグローやプルームテックは10月の増税で値上げはしない可能性が高いです。 税法上変わらなければ今後の戦略として グローやプルームテックがかなり有利になりそうですね。 増税後に新型のアイコス3を発表 そして2018年11月15日に3代目になる新型のアイコス3とアイコス3マルチが発売されました。 ここで筆者が散々アイコス離れについて記載したからか、 【旧型アイコスでの不具合がかなり解消されたつくり!】 になっているんですよね。 充電の不具合を解消 チャージャーへの挿入をサイドオープンシステムにし、接続箇所をマグネット式にしたことで充電できないという不具合の解消に成功。 写真のように逆さにしてもホルダーが落ちることはありませんよ。 連続吸いできるアイコス3マルチの登場 アイコス3は従来のアイコスをバージョンアップさせた感じですが、アイコス3マルチは連続吸いできるようにチャージャーとホルダーを一体型にしたタイプとして登場しました。 これにより、ユーザーが選ぶ選択肢が増えアイコスから離れていったユーザーも戻ってくるかもしれませんね。 アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL ジュール 』という電子タバコをあなたはご存知ですか? ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。 え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw 強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL ジュール 』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD リキッド のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。 勿論、 液漏れも一切しない凄いヤツですw.

次の

アイコスは体に悪い?加熱式タバコIQOSが紙巻タバコよりも有害という記事についてきちんと調査してみました

アイコス 死亡

加熱式たばこ元年とも言われている2017年。 数種類の加熱式たばこが販売されている中でも認知度が高く、愛用者が着々と増えているのが『iQOS(アイコス)』だ。 従来の紙巻きたばこはやめ、すでに移行済みという喫煙者も多いのではないだろうか。 そんなアイコス愛用者の中には 「まだ紙巻きなんて吸ってんの?」なんてドヤる人もいるようだが、肝に銘じておいて欲しいことがある。 それはズバリ 「せっかくアイコスに慣れていたのに再び紙巻きたばこを吸い始めたらヤバいことになる」ということだ。 ・アイコスを吸ったらまさかの現象 そう聞いたら、体に悪影響でも……!? ただ、私(筆者)の体験したことをありのままに話すと、アイコスに慣れていたのに再び紙巻きたばこを吸い始めたら、まさかの現象が起きてしまった。 ・アイコスを吸い始めた理由 基本的に室内でたばこを吸わない私は、これまでの寒い時期は屋外でガタガタ震えながら吸っていた。 そんな中で彗星の如く現れ、重宝する存在になったのがアイコス。 あまり臭いがしないこともあって、気軽に室内や車内でも吸えるようになり、最初はマズいと思っていた味にも知らず知らずのうちに慣れていた。 が、しかし! 理由が理由、そして最近の暖かい気候も手伝って、再び紙巻きたばこを吸う日々に逆戻り。 紙巻きのガツンとくる吸い応えを味わうと、自然とアイコスから手が遠のいていた。 そうした中、買いだめしていたアイコスを消化しないのももったいないので吸ってみたところ…… ・慣れていたはずなのにマズい 久しぶりに吸ったアイコスが 信じられないほどマズかった。 トウモロコシ茶のような独特の味……通称「アイコス味」に私は以前よりも敏感に反応。 フタを開けてみれば、 慣れていたはずのアイコスが受け入れられない体になっていたのである。 そういや初めてアイコスを吸った時もこんなものだったかな……とも思ったが、一度マズいと思ったものをまた吸おうとはならず。 自然と紙巻きたばこの元サヤにスッポリ。 現状のままだと、次の冬までアイコスは利用しないかもしれない。 ・できるなら専念すべき とはいえ、これはあくまで一例。 もともと、アイコスの味が大好きではなかった私だから起きた現象なのかもしれない。 一部のアイコス愛用者の中では 「逆に紙巻きたばこがマズいと感じる」という話も聞くだけに、個人差はあると思っていい。 間違いない正解は 「禁煙すること」ではあるが、それが無理なら紙巻きと加熱式はどちらかに専念しておいた方が後々マズい思いをしなくて済むと思われる。 現在、アイコスを愛用している人はこのことを頭に入れておいて損はないだろう。 執筆: Photo:RocketNews24.

次の