特急しなの 自由席。 「京都駅」から「長野(JR・しなの)駅」電車の運賃・料金

特急しなのの停車駅・料金は?

特急しなの 自由席

紙の切符でそんな仕組みを導入するのは難しいわ…… また実際 東京駅などでは 改札の中で1日を過ごすことも難しくないくらい施設が充実しているため効果的とは言えないだろう。 不正乗車はとんでもなく迷惑 そもそもこの 「企画乗車券で別の列車に乗車される」のがどれだけ迷惑かというと、「ぷらっとこだま」など そもそも安売りしなければなかなか埋まらない席を買った乗客がその列車に乗車せず「のぞみ」に乗ったりすると 実質二人分席が埋まっていることになる。 こだまは自由席が多く指定席が少ないので混雑しているが のぞみの場合は指定席だろうが自由席だろうが混雑している。 また のぞみの料金よりも「ぷらっとこだま」などの料金の方がはるかに安いため JRにしてみれば大損こいていることにほかならない。 もっと言えば 「正規の運賃を払った」乗客が「正規の運賃を払っていない」奴のせいで座れなかったりする不公平を解消するために 車内改札を自由席では省略できないのだ。 自由席はJRにとっていいことがない とにかく( JRの) お金がかかる JR東日本が特急から 続々と自由席を廃止して全車指定席にしているのには理由がある。 それはJR側にメリットがないからだ。 まず上記の理由から 車内改札を省くわけには行かないのだが 車内改札するにはその分 車掌が必要でしかも時間がかかる。 特に 在来線特急列車では定期利用者などが駅で特急券を購入せず車内で購入することが多いため、その精算対応をしていると 次の駅に到着してしまい結局料金を徴収しそびれたり最悪の場合ドアの開け閉めに支障をきたす。 これを防ごうとすると 必然的に車掌の人数を増やさざる得ないが、そうすると 人件費がかさみ経営を圧迫してくる。 中央線特急など儲かる特急ならまだしも 乗車率の悪い線区などで乗車率が時期によって変わるなどあれば乗務員の異動なども面倒だ。 また そもそも自由席特急券は指定席特急券よりも安く設定されているため、 指定席よりも 安い値段の乗客になぜかコストをかけねばならないという状態が発生する。 そういうことだぞ 車内改札はめんどくさいだけではない ちなみに JR東海は東海道新幹線で東京を発車してからすぐに自由席の車内改札を行う。 これは あらかじめ指定席を取っていた乗客が窓際の席などを自由席で確保できたため、 キャンセルをせずに 放置したものを再度販売して新横浜や名古屋から乗る乗客に提供するためのものだ。 東京から乗るのであればたしかに予定よりも早く駅に着いたら 自由席に並んで窓際のコンセントのある席を利用したいというのもわかる話だ。 しかしこの場合なども キャンセルせずに放置された指定席は誰も座れずに無駄となってしまい、混雑した列車などでは 座りたくても座れない乗客からしてみれば迷惑以外の何者でもない。 それを解消しようとするならば 自由席の車内改札は必要であり むしろ 「企業努力」といえるのではないだろうか。 指定席に乗らない理由がそもそも意味不明 指定席の切符でも自由席には乗れる 勝間和代氏が自由席を選択していた理由だが、ブログによると「指定席を取っていたが 余裕を持った列車を予約するため駅に行ったら2本くらい前のに乗れたのに……」ということが続いてもったいないとかそいうことのようだ。 だから自由席にした。 十分座れる上に立っている分にも苦痛ではないらしいこの人曰く。

次の

特急ワイドビューしなの(名古屋〜松本・長野)割引&乗車ガイド【2020年度版】

特急しなの 自由席

乗り継ぎ割引の適用駅 乗り継ぎ割引が適用されるのは、以下の駅で新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合です。 東海道・山陽新幹線の新横浜〜新下関間の各新幹線駅• 東北・北海道新幹線の新青森駅• 北海道新幹線の新函館北斗駅• 上越新幹線の越後湯沢駅、長岡駅、新潟駅• 北陸新幹線の長野駅、金沢駅• 直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合のみ)• 津幡駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合のみ)• 大阪駅(新大阪駅で新幹線に乗り継ぐ場合のみ)• 坂出駅、高松駅(岡山駅で新幹線に乗り継ぐ場合のみ) 東京駅や博多駅では、乗り継ぎ割引は適用されません。 九州新幹線の各駅でも乗り継ぎ割引は制度適用外です。 乗り継ぎ割引の割引額 乗り継ぎ割引では、在来線の特急料金が半額になります。 指定席の場合は指定席特急料金の半額、自由席の場合は自由席特急料金の半額になります。 グリーン車の場合は、グリーン料金該当部分は半額にならず、特急料金部分(自由席特急料金相当)だけが半額になります。 広告 在来線と新幹線を2回乗り継ぐ場合 在来線特急と新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合は、在来線特急のどちらか一方だけが割引になります。 このとき、割引になるのは値段の高い列車です。 たとえば、金沢から「サンダーバード」に乗り、新大阪で山陽新幹線に乗り換え、さらに岡山で「しおかぜ」に乗り換えて多度津まで行った場合、値段の高い「サンダーバード」が半額になります。 「しおかぜ」は半額になりません。 乗り継ぎの適用日 新幹線から在来線に乗り継ぐ場合は、その日のうちに乗り継ぐ場合のみ、乗り継ぎ割引が適用されます。 在来線から新幹線に乗り継ぐ場合は、翌日の乗り継ぎでも割引が適用されます。 適用は同時購入のみ 乗り継ぎ割引の適用を受けるには、新幹線と在来線特急のチケットを同時に購入する必要があります。 新幹線に乗った後、在来線特急に乗り継いで車内で特急券を買った場合などは、乗り継ぎ割引の適用はされません。 乗り継ぎ割引を応用した裏技 乗り継ぎ割引の特徴は、新幹線の乗車区間がどんなに短くても、在来線特急が割引になる、という点です。 そのため、たとえば新神戸〜新大阪間だけ新幹線を利用し、新大阪からサンダーバードで金沢に行くと、サンダーバードの特急料金が半額になります。 サンダーバードの割引額が新幹線の特急料金より大きければ、新神戸〜新大阪で新幹線を利用したほうがお得になります。 ただ、この裏技が使えるのは、在来線特急の乗車区間が長い場合のみです。 また、お得額もせいぜい数百円という場合が多いので、わざわざ遠回りなどをしてまで行うにはお得感が少ない裏技といえます。 在来線と新幹線の選択肢があり、新幹線利用が便利な場合などには、使うといいでしょう。

次の

どうして車内改札って必要なの?自由席から車内改札がなくならない理由を解説する話

特急しなの 自由席

(2020年2月24日作成) 名古屋から松本、長野を結ぶ特急「しなの」を解説します。 急勾配と曲線の多い中央線を高速で突き抜ける「しなの」はワイドビューと呼ばれる383系車両が使用されています。 景色の良さで知られる沿線を走るため、前面展望が楽しめたり工夫がされています。 この記事はでは特急「しなの」の車両や車内、座席や設備、お得なきっぷやバスとの比較など解説していきます。 特急しなのの車両と編成 特急しなのの使用車両 特急「しなの」は制御付き自然振り子方式の383系で運行されています。 1995年(平成7年)からしなので運行されています。 383系はJR東海が『最新技術で厳しい条件での快適走行を実現した特急用電車』とうたっている自慢の車両です。 最新の制御付き振子や自己操舵機構によって曲線通過時の乗り心地の向上、スピードアップが実現されました。 四季を彩る自然の美しい景観に恵まれた中央本線は、急な曲線や勾配が多いのですが、この車両ではスピードアップと快適な走行を両立させています。 長野方の背当社はパノラマグリーン車で、丸みを帯びたかわいげのある外観ですが、スピードやパワーも持っている力強い電車です。 名古屋方の先頭車は貫通型で増結にも対応できます。 特急しなのの編成 特急「しなの」は6両編成です。 (8両編成、10両編成で運転する場合があります、10両編成で運転するときは、7号車もグリーン車の場合があります) 1号車がグリーン席、2~4号車が指定席、5、6号車が普通席です。 2号車に車いす用の座席が用意されており、全席禁煙です。 (JR東海 HPより) 特急しなのの車内 グリーン車 1号車がグリーン車です。 増結時は7号車もグリーン車の場合があります。 パッと見は普通車のようです。 周りの視線が気にならないよう、後頭部のサイドは少し盛り上がっていて、枕としての高級感があります。 フットレストもあるので、ゆっくりできます。 残念ながらコンセントはありません。 一番前は見渡しのいいパノラマ席になっています。 運用の都合でパノラマグリーン車でない場合もあります。 ただし、こちらは長野方面行きのみ楽しめる特典で、名古屋方面行は最後尾になってしまうので、背の後ろになってしまいます。 ご注意ください。 普通車(自由席、指定席) 普通車もゆったりとした座席です。 後頭部のふくらみは小さいですが、足を伸ばせるフットレストが付いています。 シックな色合いで落ち着ける車内です。 車いす用の座席も用意されています。 こちらにもコンセントはありません。 お手洗い、洗面所 1、3、5号車にはお手洗いがあります。 多目的お手洗いも設置されています。 こちらは洋式のお手洗いです。 おむつ交換台も付いています。 洗面所は一般的な鏡付きのものです。 ゴミ箱、荷物置きスペース 連結部分にはごみ箱や荷物置きスペースがあります。 特急しなのおすすめ座席 特急しなのからは木曽川沿いの景勝地「寝覚の床」や日本三大車窓に数えられる「姨捨山」など、さまざまな車窓を楽しめます。 まず、座席は下記のように長野方面に向かって左からA席となっています。 ただし道中はカーブが多く揺れるので、乗り物酔いをしやすい方は中央部(B席かC席)が無難だと思います。 しなのには自動販売機はあるか 特急しなのには飲み物の自動販売機が設置されています。 その他の車内販売はありませんので、食べ物など必要なものは事前に準備しておきましょう。 特急しなのの停車駅、所要時間 特急しなのは下記の駅に停車します。 ) 所要時間は下記の通りです。 名古屋 大阪 (新大阪~名古屋間はのぞみ利用) 長野 2時間53分~3時間1分 4時間20分~4時間40分 篠ノ井 2時間46分~2時間54分 4時間10分~4時間30分 松本 2時間4分~2時間8分 3時間30分~3時間50分 塩尻 1時間52分~1時間57分 3時間20分~3時間40分 木曽福島 1時間24分~1時間29分 2時間50分~3時間10分 中津川 48分 2時間10分~2時間30分 多治見 22分 1時間50分~2時間10分 運転は毎日で1日13往復です。 名古屋駅からは7時台~19時台までおおむね1時間に1本。 2020年2月現在、始発の7時台~16時台までは毎時00分ちょうどに、17時台~19時台の3本のみ毎時40分に出発しています。 長野駅からは6時台~19時台までおおむね1時間に1本ですが、出発時刻は時間帯によってまちまちです。 また、現在長野方面・名古屋方面共に、平日と土休日で出発時刻は変更されません。 特急しなのの運賃、料金等 通常の運賃、料金 名古屋 大阪 (新大阪~名古屋間はのぞみ利用) 長野 7,460円 6,930円 12,220円 11,220円 篠ノ井 7,460円 6,930円 11,890円 10,890円 松本 6,140円 5,610円 11,010円 10,010円 塩尻 5,810円 5,280円 11,010円 10,010円 木曽福島 4,700円 4,170円 10,180円 9,180円 中津川 3,070円 2,540円 8,970円 7,970円 多治見 1,970円 1,440円 7,980円 6,980円 (上段:指定席、下段:自由席) 特急しなのにお得に乗るには 特急しなのの割引きっぷには下記のようなものがあります。 ・信濃路フリーきっぷ ・木曽路フリーきっぷ ・自由席特急回数券 ・指定席特急回数券 ・しなの特急回数券 ・ハッピー名古屋往復きっぷ 信濃路フリーきっぷ はJR東海が発売するフリータイプのきっぷです・ フリー区間までの「しなの」の普通車指定席往復と、フリー区間内は特急自由席も含めて乗り放題です。 フリー区間内は「あずさ」も利用できます。 アルピコ交通のフリー区間内のバスも利用できます。 協賛施設での割引もあります。 有効期間は3日間です。 値段は次の通りです。 木曽路フリーきっぷ はJR東海が発売するフリータイプのきっぷです・ フリー区間までの「しなの」の普通車指定席往復と、フリー区間内(中津川~洗馬)は特急自由席も含めて乗り放題です。 次のない3つがついた「木曽路エンジョイチケット引換券」もついてきます。 ・指定されたバス・タクシー・レンタカーを4,000円分利用できるチケット ・宿場町などの一部店舗で利用できる2,000円分のお買物券がついてきます。 ・木曽路エリアの15の観光施設入場券 有効期間は3日間です。 GW、お盆、年末年始は利用できません。 値段は次の通りです。 自由席特急回数券 はJR東海が発売する回数券タイプのきっぷです。 6枚セットです。 「しなの」の普通車自由席が利用できます。 回数券1枚でこども2人まで乗車できます。 有効期間は3か月です。 GW、お盆、年末年始は利用できません。 出発駅周辺のJRの主な駅、旅行会社の支店、営業所で発売しています。 値段は次の通りです。 指定席特急回数券 はJR東海が発売する回数券タイプのきっぷです。 6枚セットです。 「しなの」の普通車自由席が利用できます。 回数券1枚でこども2人まで乗車できます。 有効期間は3か月です。 GW、お盆、年末年始は利用できません。 出発駅周辺のJRの主な駅、旅行会社の支店、営業所で発売しています。 値段は次の通りです。 しなの特急回数券 はJR東海が発売する回数券タイプのきっぷです。 4枚セットです。 「しなの」の普通車自由席が利用できます。 有効期間は1か月です。 GW、お盆、年末年始は利用できません。 値段は次の通りです。 ハッピー名古屋往復きっぷ はJR東海が発売する往復タイプのきっぷです。 「しなの」の普通車指定席が利用できます。 ジェイアール名古屋タカシマヤ タワーズプラザ レストラン街 12・13F 名古屋マリオットアソシアホテル内のレストラン タカシマヤゲートタワーモール ゲートタワープラザレストラン街 12・13F 名古屋JRゲートタワーホテル内のレストラン ゲートウォーク 産業観光施設での特典もあります。 有効期間は3日間です。 GW、お盆、年末年始は利用できません。 値段は次の通りです。 特急しなのと競合する交通機関との比較 特急しなのと同じような区間を運行するのは高速バス「号」があります。 また伊丹空港から大分空港に就航しています。 博多~大分間、大阪~大分間の交通機関の比較をまとめました。 所要時間と本数は次の通りです。 名鉄バスセンター~松本バスターミナル:約3時間27分~3時間33分 1日8往復運転(90分~120分間隔) 名鉄バスセンター~長野駅:約4時間48分~4時間51分 1日2往復運転 運賃は次の通りです (変動運賃制です。 乗車日によって運賃が異なります) 名鉄バスセンター~松本バスターミナル:2,800円~4,100円 名鉄バスセンター~長野駅:3,800円~5,100円 詳しくは次のページもご覧ください。 大阪・京都~長野線 はアルピコ交通が運行する高速バスです。 所要時間と本数は次の通りです。 大阪梅田(阪急三番街)~長野駅:約6時間40分(昼行便)、約8時間52分(夜行便) このほかにも新大阪、千里ニュータウンにも停車するほか、夜行便はUSJ、千里中央、京都駅八条口にも停車します。 1日2往復運転(昼行1往復、夜行1往復) 運賃は次の通りです (変動運賃制です。 乗車日によって運賃が異なります) 昼行便 夜行便 大阪梅田(阪急三番街)~長野駅 6,200円~7,200円 6,500円~7,600円 京都駅八条口~長野駅 5,700円~6,700円 6,000円~7,100円 詳しくは次のページもご覧ください。 大阪・京都~松本線 はアルピコ交通が運行する高速バスです。 所要時間と本数は次の通りです。 大阪梅田(阪急三番街)~長野駅:約5時間45分~5時間50分(昼行便)、約8時間40分(夜行便) このほかにも新大阪、千里ニュータウンにも停車するほか、夜行便はUSJ、千里中央、京都駅八条口にも停車します。 1日3往復運転(昼行2往復、夜行1往復) 運賃は次の通りです (変動運賃制です。 乗車日によって運賃が異なります) 昼行便 夜行便 大阪梅田(阪急三番街)~松本バスターミナル 5,500円~6,400円 6,000円~6,900円 京都駅八条口~松本バスターミナル 5,000円~5,900円 5,500円~6,400円 詳しくは次のページもご覧ください。 大阪からサンダーバート、北陸新幹線で長野へ 大阪から「サンダーバード」で金沢へ行き、北陸新幹線に乗り換えて長野に行くこともできます。 大阪~金沢~長野:所要時間約4時間20分~4時間40分 運賃・料金:指定席14,550円、自由席:13,760円 新大阪から新幹線で東京へ、北陸新幹線に乗り換えて長野へ 新大阪から東京へ「のぞみ」で行き、東京で北陸新幹線に乗り換えて長野に行くこともできます。 大阪~新大阪~東京~長野:所要時間約4時間15分~5時間 運賃・料金:指定席21,080円、自由席:19,700円 神戸空港~信州まつもと空港を飛行機利用 航空機は神戸空港から信州まつもと空港まで就航しています。 FDAが就航しています。 FDAはJALとコードシェアしているのでJALからも予約できます。 運行本数:1日1往復 所要時間は次の通りです。 神戸空港~信州まつもと空港:約1時間 大阪駅~松本駅:約3時間10分(リムジンバスの時間を含む) 運賃は次の通りです。 このほかにリムジンバス運賃が必要です。 (大阪・新大阪~伊丹空港:510円~650円 信州まつもと空港~松本駅:570円~610円、合計:1,080円~1,270円) 運賃 JAL 通常運賃 24,200円 得便割引3(JAL 17,400円~19,100円 先得割引(JAL 10,700円~13,200円 ウルトラ先得(JAL 9,700円~10,700円 フライトの時刻やリムジンバスの情報については次のページもご覧ください。 しなのにも乗れる宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン 特急しなのから乗り換えできる列車 名古屋駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 特急「しらさぎ」、特急「ひだ」、特急「南紀」、快速「みえ」 近鉄特急 塩尻駅 特急「あずさ」 長野駅 北陸新幹線「かがやき」、「はくたか」、「あさま」 特急しなのとは 特急「しなの」は名古屋~長野間を結ぶ特急列車です。 週末などは大糸線に直通して白馬まで運転する列車もあります。 「しなの」は1953年(昭和28年)に名古屋~長野間の準急列車として誕生しました。 1959年(昭和34年)には新型車両が投入されましたが、名古屋~長野間の所要時間は4時間40分もかかっていました。 1965年(昭和40年)ごろから特急列車運行に向けた検討が行われ、急勾配の中央西線を走行できる車両の開発がなされます。 試作車のキハ91形の試験結果を受けて、キハ181系が新製されました。 1968年(昭和43年)には、このキハ181系が特急「しなの」に投入されました。 1971年(昭和46年)には急行「ちくま」の昼行列車が特急「しなの」に統合され、「しなの」は大阪乗り入れを開始します。 1973年(昭和48年)には中央西線が電化され、振り子式の381系電車が投入されます。 このころは急行「きそ」や急行「つがいけ」も運行していましたが、徐々に特急格上げとなり「しなの」は本数を増やしていきます。 1985年(昭和60年)までには昼間の急行列車がすべて「しなの」に格上げとなります。 1988年(昭和63年)には先頭車をパノラマグリーン車に改造した車両の運行開始。 「しなの」は16往復に増発され、ほぼ現在の運行形態となります。 1995年(平成7年)には383系が運行を開始します。 2016年(平成28年)には大阪乗り入れを廃止して、すべてが名古屋~長野間の運転となります。 特急しなのの関連商品.

次の