エロ い ヘア アレンジ。 簡単かわいいヘアアレンジ10選|くるりんぱやおだんご、ロングのアレンジ

超簡単!ミディアムヘアアレンジまとめ|アップスタイルやくるりんぱで作る簡単アレンジ方法

エロ い ヘア アレンジ

かわいい髪型の簡単なヘアアレンジやヘアスタイルのまとめ。 毛先もエアリー&ボリューミーにして、トップのふんわり感とのバランスをとるのがポイントです。 <締めるところ> キュッときつめに結ぶ。 後で結んだりしてしまうため、巻き方や完成度は適当でOK。 【2】全体にボリュームをつけたいときはランダム巻き、ニュアンスある毛流れを作りたいときは波巻きにするのがおすすめ。 【2】ブラシを使うと表面がまとまってしまうため、後で毛束を引き出しても自然なこなれ感をつけにくい。 【2】サイドと襟足の髪はタイトに集め、結び目もキュッときつく結ぶ。 ここも緩んでいると、ルーズなニュアンスというよりだらしなく見え、アレンジの形が短時間で乱れやすくなる。 【2】サイドの髪は緩めずに後ろに引っ張りつつ、ほんの少し下に引き出すのが作り方のコツ。 【2】押さえずに引き出すと、結び目が緩んだり、狙った場所と違う部分の髪が出てきてしまったりと、乱れの原因になるので要注意。 【3】作ったアレンジをキープするためにはハードスプレーを使用。 【2】編んでから、指でほぐす。 【2】両サイドの毛束を中央でひとつにまとめてゴムで結び、ハーフアップにする。 【2】バレッタを押さえたままトップの髪を指でそっとつまみ出す。 【2】反対側も同様にする。 【2】毛束をピンと張らず、やや緩めにするのがポイント。 【2】あらかじめ作ったねじりに絡ませるように毛束を丸めピンで留める。 【2】後頭部はざくっと、丸めた部分は毛束を細く引き出しふんわりとさせるのがポイント。 【FRONT】 【BACK】 ショート向け|ゆるふわニュアンス【その1】 黒髪のショーとは、柔らかニュアンスが命。 ストレートだとシャープになってしまいがちなので、緩いパーマやアイロンでふんわり感を出すのがコツ。 髪の遊びを強調するように、ワックスをなじませて。 【FRONT】 【SIDE】 【BACK】 【アレンジ方法】 【1】ワックスは軽めのものを毛先中心に。 【2】ストレートヘアの場合、太いアイロンで全体を緩く巻いて動きを出す。 【3】前髪ははっきりと分け目を作らず、ボリューム感を出して。 【4】毛先中心にスプレーワックスをシュッとした後、指先で毛先をねじるようにして、自然な動きと束感を出す。 【2】毛束をティッシュで包み、毛先から根元へ丸めてピンで固定。 ショートでも程よくゆるいカールがランダムにつけられるのがピンカールのいいところ。 【2】髪全体をくしゃくしゃと掴んで、空気を含ませるようにして毛束を散らす。 【3】最後にトップを膨らませ完成。 ポニーテールのおすすめかわいい髪型 大人の高めラフポニー 下をあえてたるませルーズにまとめる。 はらりと落ちたようなナチュラル後れ毛を残すのが抜け感を作るポイントです。 【2】下をたるませながら全体をまとめ、後頭部の位置で結ぶ。 【2】ハチが張り気味な人は、やや高めに引き出して。 【2】最後はゴムの下でピンを挿して固定。 【2】うねりやすい人は、ハードスプレーを薄くつけて。 【2】トップの表面に逆毛を少し立てた後、手ぐしでポニーテールにする。 この一手間で後れ毛に重みが出て、縮れ&パサつきにくくなる。 【2】ニュアンスをつけるだけなので、キレイに仕上げなくてOK。 【2】ふわっとボリュームを出すために、ガイド部分の毛束を細かく取り、写真のようにひと巻きにする。 【2】必ずスタイリング剤を仕込むのを忘れずに。 表面だけでなく、内側からもスプレーをして。 これをすることで、ゴムやピンの留まりが良くなり、アレンジに適した質感に。 【2】特に後頭部付近を大胆に引き出しボリュームを出すと、結び目がキュッとタイトに見えてメリハリUP。 後でくずすので、きつめにねじっておくのがコツ。 【2】ざっくりとでもOKですが、写真のように繊細に引き出すと、またひと味違う女らしい仕上がりに。 【2】STEP8で繊細に毛束を引き出したことで、ゴムに巻きつけたときにフラワー状の立体感が出て、バックスタイルがより女性らしく仕上がります。 ノットヘアポニーテール ノットヘアとは、毛束をひとつ結びすること。 一見、複雑そうに見えるけど、アメピン2本で完成!結んだ毛先をアメピンで留めるだけでボリュームが出て、柔らかい印象になります。 【2】次に、両サイドの毛を残して、耳の高さでポニーテールに。 【3】トップの毛を少しつまんで引き出し、ルーズ感を出すのがポイント。 【2】アメピンの短い辺の先を頭皮と垂直になるように挿してから(写真の1)、外側に倒し(写真の2)、結び目の奥へ入れ込む(写真の3)。 【3】もう片方の毛先も同様にする。 【2】まとめた後に、少しだけ前髪を引き出す。 【2】毛束はポニーの下から取って結び目に1周させ、下でこっそりピン留める。 ボブスタイルのかわいい簡単アレンジ かきあげボブ 細くて軟らかく立体感ゼロの髪は、思いきって短くすると意外にふんわり。 顔周りにニュアンス程度の動きをつけると、抜け感が加わります。 ボディパーマをかければペタンコ感が解消され、スタイリングも簡単。 前髪の根元が立ち上がるように乾かし、かきあげ風に。 【ポイント】 顔周りの緩やかな 動きと毛先のカールがポイント!ハサミを滑らせるようなカットで短い毛を所々に入れ、顔周りに動きをプラス。 毛先スイングボブ あごラインの軽めボブベースにレイヤーを入れ、毛先にニュアンスをつけたベルシルエット。 マンネリになりがちなロングが、フレッシュで若々しい印象に!全体が短くなった分、前髪は下ろしてラウンド気味に整えると、気になる顔の輪郭が素敵にカバーできます。 【ポイント】 短めの前髪と毛先のハネ感が重要です!こめかみを隠しながらサイドにつなげた前髪と、躍動感のある毛先がカジュアル。 【2】全体の毛先をくるんと柔らかな内巻きカールにする。 【2】ボリュームを熱で抑えるように当てるのがポイント。 【3】内巻きカールの上の部分が少しへこんで、緩いS字カーブを描き、カールがより強調される。 【2】正面から後方へまっすぐ分けると、分けたパートがアシメトリーになりスタイリッシュ。 【STEP4】 【1】トリートメントとワックスを混ぜて、分け目からトップの毛に毛流れに沿ってつけ、ピタッと押さえて、できあがり! モコモコカールボブ 軽やかモコモコカールでハッピーオーラ全開! 【SIDE】 【BACK】 【ポイント】 襟足全体を外はねに!毛先を外ハネにすることでアクティブ感をUP。 首元に内側に入ったカールにより、フェースラインをすっきりと見せてくれる効果も。 センシュアルボブ 女性らしい丸みに透明感をプラス! 【SIDE】 【BACK】 【ポイント】 毛先にワックスをオン!毛先全体にワックスをもみ込み、軽やかさをキープ。 その際に指を開いて手ぐし感を出すと立体感が増す。 くせ毛風巻きボブ くせ毛風巻きでヘルシー色っぽい? 【2】ねじる部分は毛先から半分くらいまでが目安。 4㎝を外し、アイロンで1回転分巻いてくせ毛カールを作る。 【2】内巻きの次は外巻きと交互に全体を巻く。 【2】手ぐしでラフにとかしながら、長めの前髪は、多く分けた方になじませる。 【2】サイドの髪は耳にかけ、耳前に少し髪を垂らして完成。 さりげない色気を忍ばせた、デートにしたいヘア。 【2】ところどころ、細い毛束を取り、アイロンを斜めに使い適当に緩く巻いていく。 【2】オイルを手にとり、下から握るようにつければOK。 アシンメトリーな前髪が決め手! 前髪は、流す方向と逆に引き出し、頬下で斜めにカットしておくと、毛先にニュアンスがついて、アイロンで巻いたときにちょっぴり華やかな 雰囲気。 嫌みのない女性らしさが際立ちます。 【2】こうすることで自然なつながり感が出る。

次の

【くるりんぱヘア完全版】髪の長さ別♪セルフアレンジを一挙公開

エロ い ヘア アレンジ

【目次】 ・ ・ ・ くるりんぱを使った簡単アレンジ 【1】ナナメくるりんぱアレンジ 簡単なのに洗練された印象が作れるロングヘアのアレンジは、いつものくるりんぱに少し手を加えるだけでOK! フェイスラインの髪にはオイルをなじませて。 【2】レディな雰囲気のくるりんぱアレンジ くるりんぱを2回組み合わせるだけの簡単アレンジなのに、手が込んだようなアレンジスタイルに。 レディな印象アップのかわいいハーフアップ。 【3】くるりんぱで編みこみ風アレンジ 難しい編みこみは不要! 崩れにくく、雨の日や風が強い日にもオススメな簡単くるりんぱ。 髪全体をアイロンで軽く巻くと、大人っぽい雰囲気が出る。 簡単お団子ヘアアレンジ 【1】大人のこなれヘア低めお団子 ラフな印象のこなれたヘアは、低めお団子でつくるのが大人風。 ベースの巻き髪&うるおいのある質感が疲れて、見えないポイント! 【2】お団子でアレンジひとつ結び 地味になりがちなひとつむすびも、ちょっとの簡単アレンジであか抜けスタイルに更新。 手ぐしでまとめてループ状のお団子にしたら毛束感をだしてニュアンスをプラス。 【3】ハーフアップなおだんごアレンジ 両サイドの髪を手ぐしで集め、耳先から45度上の位置でキープし輪っか状のお団子に。 ヘアバームを毛先に散らして、疲れたように見えない工夫を。 かわいいロングヘアアレンジ 【1】簡単ロープ編みアレンジ ふたつの束を交差させながら作る三つ編みより簡単なロープ編み。 ロングヘアをローポニーに。 忙しいときでも少しのアレンジで簡単かわいいヘアに。 【2】ローポニー 下の位置でひとつにまとめた髪をゴムが見えないように毛束を少量巻き付けて、雰囲気のあるローポニースタイル。 かっちりしずぎず、女性らしいゆるさがGOOD。 【3】前髪ロープ編みロングヘア 前髪をざっくり分けてロープ編みにしピンで留めるだけ。 全体をゆるく巻いたロングヘアとの相性バッチリのやさしい印象のヘアアレンジ。 【4】三つ編み風ねじりアレンジ 後ろ髪をざっくりふたつに分けて、単純にねじっていくだけで完成! 忙しい朝などにはもってこいの簡単すぎるアレンジスタイル。

次の

くるりんぱヘアアレンジ【動画付き】|ミディアムもロングも!くるりんぱの応用で簡単こなれヘア

エロ い ヘア アレンジ

基本のベース巻き。 顔周りの髪を上下に分けて、まず下から巻いていきます。 毛束を横に引き出してフォワード(前向き)に巻きます。 毛束は横に引き出すイメージ。 こうすると、根元近くまで巻けて、ふわっと仕上がります。 上の髪を横に引き出して、今度はリバース(後ろ向き)に巻きます。 さらに、その後ろをフォワード、その後ろはリバース……と、交互に巻いていきます。 後ろ側の毛束は、真横に引き出して巻くと巻きやすい! 後ろまで巻いたら、逆側も顔周りから後ろへ、同様の手順で巻いていきます。 耳ラインより上の髪を手ぐしで集めてくるりんぱ。 きっちりしすぎないように少し崩すのがポイント! 3. 毛流がそろった表面の髪を、指で少しずつ丁寧に引き出しながら、凹凸を出していきます。 こなれ感を出すため、全体をゆるく巻いておきます。 全部の髪を、後頭部の高い位置でまとめて結びます。 高い位置に髪を集めたいときは、少し上を向くとまとめやすく、顔を戻したときに襟足の髪がたるまずに仕上がります。 ベースは巻かずにストレートのままでOK。 髪がまとまりにくい人は、ミディアムワックスやトリートメントミルクでしなやかさをプラスしましょう。 ゴールデンポイント(あごと耳のつけ根を結んだ延長線上、後頭部の真ん中くらい)あたりで、ひとつ結びにします。 くるりんぱに飽きたら、ぜひチャレンジしてもらいたいヘアアレンジです。 耳の前の髪を少量だけ残し、トップの髪を3束とって三つ編みするように一度重ねます。 2.地の髪の毛を少しとり、近くにある毛束に入れ込みながら編みます。 このプロセスを繰り返します。 襟足まできたら、編み込みはおしまい。 毛先は三つ編みにします。 編み終わったら、毛先をゴムで束ねてできあがり! 4・最後に編み込みをほぐして、こなれ感を演出。 編み込みの終わりを手で押さえ、髪をところどころ引き出します。 このテクニックひとつで、いかにも「結んだ」感が薄れ、ぐっとこなれ感がアップ。 髪は全体を巻いておきます。 2・トップ右側(左側でもOK)の髪を三つ編みに。 前髪が長くなってきて邪魔だな、という人にももってこいです。 後ろの髪は下ろしておくため、最初に全体を巻いておくのがおすすめ。 フロントを左右に分け、片側の毛束を後ろ向きにねじってピン留めします。 ねじった部分は、指で髪をところどころつまみ出してふっくらと。 何本か使って無造作に留めて顔まわりを華やかに。 真ん中部分の両隣の前髪もふんわり上げて留めます。 両サイドの生え際の毛も横にピタッと寄せピンで留めます。 その名も「三つ編みアップ」です。 全体をゆるく巻いておき、前髪をセンターで分け、ドライヤーの風を当てて根元を立ち上がらせておきます。 髪を後ろでざっくり左右に分けて、トップから編み込みに。 毛先は三つ編みにしていきます。 編み終わりは、コームで逆毛を立てて。 反対側も同様に。 1でつくった三つ編みを後ろでクロスし、クロスした下の三つ編みを持ち上げて、先端を折り返します。 折り返した毛束を隠すようにピン留めし、固定します。 逆の毛束も同じように繰り返します。 全体を軽く巻き、低めの位置でひとつにまとめます。 サイドには丸みをつけつつ、結び目の部分はキュッとまとめるのがコツ! さらに、表面の髪を指でつまみ出します。 毛束をぐるぐるとねじってから、指でつまみ出してほぐしていきます。 そのままぐるっとまとめておだんごに。 毛先を中心にミックス巻きしてから、顔周りの髪を残して三つ編みに。 中に折るようにして毛先の出たおだんご状に結びます。 はみ出た毛先を結び目のゴムの上にかぶせるようにし、ぐるりとねじりながら入れ込みます。 崩れそうなところはピンで留めてできあがり。 逆毛を立てたりねじったりすることで動きが出て、おしゃれさがアップします。 顔周りにおくれ毛を残し、耳前の少量の毛束を後ろにねじってピンで留めます。 反対側も同様に。 低めの位置でひとつに結んだらトップの毛束を引っ張り、高さを出します。 手で毛先に逆毛を立ててボリュームを出します。 少しずつ毛束をねじって結び目に入れて、おだんごにします。 ハーフアップをしてからニット帽をかぶることで、髪の毛がある程度まとまっているので動きやすさもアップ! また結んでいた方が、髪の毛にニット帽の跡がつきにくくなっておすすめ。 全体をランダムに巻いておきます。 襟足の髪の毛だけ残して、上の毛を取ってゴムで結びます。 全体をランダムに巻いたら、髪全体をサイドに持っていき、ふたつの束に分けます。 25 作成.

次の