平成 31 年 硬貨 発行 枚数。 平成31年の硬貨は貴重?その入手方法は?まだ発行される?

平成最後の硬貨”が人気、平成31年発行の硬貨セット→記念に欲しいな。

平成 31 年 硬貨 発行 枚数

コンテンツ• 平成31年硬貨セットの購入方法は?どこで販売してる? 平成31年硬貨セットは、造幣局が発行しています。 正確には「 平成31年銘ミントセット」と言います。 この ミントセットは2019年1月10日から通信販売受付を開始しており、2019年3月29日で終了しています。 オンラインでは締め切られたものの、造幣局民都ショップでは1日当たりの販売数に制限を設け、1人当たり1セット限定で販売されておりましたが、こちらも既に販売が終了されております。 販売価格は消費税・送料込みで 2,000円で販売されました。 これに干支の亥にちなんでデザインされたメダルが入ったセットです。 プルーフセットは、申し込みが殺到し、抽選販売が決まりました。 既に、こちらも 抽選は終了しており、当選者には払込用紙が送付されるということです。 プルーフセットの販売価格は 7,560円と高め。 しかし、こちらは特製の革ケースに収納されており、非常に豪華なセットとなっております。 実は、 「平成31年銘ミントセット」の方は既に、購入された方が転売して高値が付いております。 楽天では、なんと 13,000円で販売されています。 造幣局で販売した価格は2,000円なので6. 5倍の値が付いているということです。 誰が見てもプレミアが付くことは予測がつきますから、転売目的で購入された方も結構いるでしょうね。 ここまで、ミントセット・プルーフセットの話をしてきましたが、そのような記念のセットではなくて、通常出回る平成31年の各硬貨はどれぐらいの価値があるものなんでしょうか? 2019年は平成が4ヶ月しかないので、発行枚数も少ないはずですよね? 平成31年の硬貨製造計画はこのようになっております。 硬貨 枚数 五百円 207,000枚 百円 373,688枚 五十円 82,000枚 十円 275,000枚 一円 1,000枚 これが多いのか少ないのかの判断は基準がないと難しいですので、過去2年の製造枚数と比較して見ましょう。 均等に発行されたとすれば、上の表の3分の1が「平成」ということになりますが、実際は均等に発行されるわけではないようです。 なぜなら、 年号が切り替わった最初の一週間で年間に発行する枚数の何割かが発行されるからです。 推測にはなりますが、本来のお金として使う価値と比較すると、百円玉は平成31年は発行枚数が3分の2ぐらいに少なくなっていますから、 百円玉が価値が高そうです。 また、 一円玉は例年よりも発行枚数は多いですが、そもそも発行される枚数自体は少ないですので貴重と言えそうです。 要点リスト• 平成31年銘ミントセットは2,000円、プルーフセットは7,560円で販売されたが、既に販売は終了している。 ネット上では既に転売されており、価格は造幣局で販売した価格の数倍になっている。 毎年硬貨の製造枚数は計画で決定されているが、平成31年は百円玉が少なく、本来のお金として使う価値と比較すると、百円玉が最も価値が高くなるか?• 昭和64年は7日間しかなかったが、硬貨は平成元年3月までの分が「昭和64年」で発行されているため、そこまで貴重とは言えない。 いかがでしたか? 何かを買ったりするためにお金を使うのであれば、価値は変わりませんが、今年は平成と令和が混在しているので、財布の中をチェックしたくなりますよね! キャッシュレスを政府で推し進めていますから今後は発行枚数が少なっていくんでしょうかね? そうなると、元号の切り替わりによってさらにプレミアがつく硬貨が出てきそうな気がします。

次の

平成31年の硬貨100円玉・500円玉の価値・価格は高い?プレミアはつくのかについて

平成 31 年 硬貨 発行 枚数

現行硬貨(1円玉〜500円玉)年別発行枚数一覧【昭和24年〜令和2年】 現行硬貨(1円玉〜500円玉)のそれぞれについて、年別の発行枚数を全て収録しています。 (昭和24年〜令和2年:令和2年は未確定) 造幣局のオフィシャルデータ(年銘別貨幣製造枚数)には、現実的には流通していないもの(穴無し50円玉とか)も含まれており、しかもPDFだったので、必要な部分のみ抜粋した表を作ってみました。 表でオレンジ色に着色したところは、特に発行枚数・流通量が少ないレアな年です(「特年」と言うそうです) 硬貨の状態(未使用・美品)によっては額面以上の価値(プレミア)のつくものもあります。 また、 灰色で着色したところは、発行枚数の全てが貨幣セット(ミントセット・プルーフセット・イベント用貨幣セット)用のため、バラで流通することは通常考えられず、財布の中を探してもほぼ100%見つかることはありません。 近年は、現金以外の決済手段が発達してきたためか、景気の低迷の影響か、硬貨発行枚数が非常に少ない状況が続いていましたが、平成26年に数年ぶりに市場流通向けの1円玉・5円玉・50円玉が発行されました。 消費税が5%から8%になったためかと思います。 消費税が8%から10%になったら1円玉・5円玉の発行枚数は再び非常に少なくなるものと思われます。 1円玉は平成28年から再びほとんど発行されなくなっています。 ・ ・1989年の1円玉・5円玉・10円玉、500円玉は「昭和64年」銘のものと「平成元年」銘のものとがあります。 ・ 「平成」の元号は平成31年で終わり、2019. 1以降は「令和元年」となりましたが、2019年分について、50円玉は「平成31年」銘がレアで、100円玉・500円玉は「令和元年」銘が比較的少ないです。 現行硬貨(1円玉〜500円玉)の発行枚数一覧 【昭和24年〜令和2年】 和暦 西暦 1円玉 5円玉 10円玉 50円玉 100円玉 500円玉 昭和24年 1949 - 111,896,000 - - - - 25年 1950 - 181,824,000 - - - - 26年 1951 - 197,980,000 101,068,000 - 27年 1952 - 55,000,000 486,632,000 - 28年 1953 - 45,000,000 466,300,000 - 29年 1954 - 0 520,900,000 - 30年 1955 381,700,000 0 123,100,000 - 31年 1956 500,900,000 0 0 - 32年 1957 492,000,000 10,000,000 50,000,000 - 33年 1958 374,900,000 50,000,000 25,000,000 - 34年 1959 208,600,000 33,000,000 62,400,000 - 35年 1960 300,000,000 34,800,000 225,900,000 - 36年 1961 432,400,000 61,000,000 229,900,000 - 37年 1962 572,000,000 126,700,000 284,200,000 - 38年 1963 788,700,000 171,800,000 411,300,000 - 39年 1964 1,665,100,000 379,700,000 479,200,000 - 40年 1965 1,743,256,000 384,200,000 387,600,000 - - - 41年 1966 807,344,000 163,100,000 395,900,000 - - - 42年 1967 220,600,000 26,000,000 158,900,000 238,400,000 432,200,000 - 43年 1968 0 114,000,000 363,600,000 200,000,000 471,000,000 - 44年 1969 184,700,000 240,000,000 414,800,000 210,900,000 323,700,000 - 45年 1970 556,400,000 340,000,000 382,700,000 269,800,000 237,100,000 - 46年 1971 904,950,000 362,050,000 610,050,000 80,950,000 481,050,000 - 47年 1972 1,274,950,000 562,950,000 634,950,000 138,980,000 468,950,000 - 48年 1973 1,470,000,000 745,000,000 1,345,000,000 200,970,000 680,000,000 - 49年 1974 1,750,000,000 950,000,000 1,780,000,000 470,000,000 660,000,000 - 50年 1975 1,656,150,000 970,000,000 1,280,260,000 238,120,000 437,160,000 - 51年 1976 928,850,000 200,000,000 1,369,740,000 241,880,000 322,840,000 - 52年 1977 895,000,000 340,000,000 1,467,000,000 176,000,000 440,000,000 - 53年 1978 864,000,000 318,000,000 1,435,000,000 234,000,000 292,000,000 - 54年 1979 1,015,000,000 317,000,000 1,207,000,000 110,000,000 382,000,000 - 55年 1980 1,145,000,000 385,000,000 1,127,000,000 51,000,000 588,000,000 - 56年 1981 1,206,000,000 95,000,000 1,369,000,000 179,000,000 348,000,000 - 57年 1982 1,017,000,000 455,000,000 890,000,000 30,000,000 110,000,000 300,000,000 58年 1983 1,086,000,000 410,000,000 870,000,000 30,000,000 50,000,000 240,000,000 59年 1984 981,850,000 202,850,000 533,850,000 29,850,000 41,850,000 342,850,000 60年 1985 837,150,000 153,150,000 335,150,000 10,150,000 58,150,000 97,150,000 61年 1986 417,960,000 113,960,000 68,960,000 9,960,000 99,960,000 49,960,000 62年 1987 955,775,000 631,775,000 165,775,000 775,000 193,775,000 2,775,000 63年 1988 1,269,042,000 396,120,000 618,112,000 109,112,000 363,112,000 148,218,000 昭和64年 1989 116,100,000 67,332,000 74,692,000 0 0 16,042,000 平成元年 1989 2,366,970,000 960,660,000 666,308,000 245,000,000 369,000,000 192,852,000 2年 1990 2,768,953,000 520,953,000 754,953,000 274,953,000 444,953,000 159,953,000 3年 1991 2,301,120,000 517,120,000 632,120,000 209,120,000 375,120,000 170,120,000 4年 1992 1,299,130,000 301,130,000 538,130,000 49,130,000 211,130,000 88,130,000 5年 1993 1,261,240,000 413,240,000 249,240,000 51,240,000 82,240,000 132,240,000 6年 1994 1,040,767,000 197,767,000 190,767,000 65,767,000 81,767,000 105,772,000 7年 1995 1,041,874,000 351,874,000 248,874,000 111,874,000 92,874,000 182,869,000 8年 1996 942,213,000 207,213,000 546,213,000 82,213,000 237,213,000 99,213,000 9年 1997 783,086,000 239,086,000 491,086,000 150,086,000 272,086,000 173,090,000 10年 1998 452,612,000 172,612,000 410,612,000 100,612,000 252,612,000 214,608,000 11年 1999 67,120,000 60,120,000 359,120,000 59,120,000 179,120,000 165,120,000 12年 2000 12,026,000 9,030,000 315,026,000 7,026,000 172,026,000 595,969,000 13年 2001 8,024,000 78,025,000 542,024,000 8,024,000 8,024,000 608,051,000 14年 2002 9,667,000 143,662,000 455,667,000 11,667,000 10,667,000 504,661,000 15年 2003 117,406,000 102,406,000 551,406,000 10,406,000 98,406,000 438,405,000 16年 2004 52,903,000 70,903,000 592,903,000 9,903,000 204,903,000 356,903,000 17年 2005 30,029,000 16,029,000 504,029,000 10,029,000 300,029,000 345,030,000 18年 2006 129,594,000 9,594,000 440,594,000 10,594,000 216,594,000 381,593,000 19年 2007 223,904,000 9,904,000 388,904,000 9,904,000 129,904,000 409,903,000 20年 2008 134,811,000 9,811,000 362,811,000 8,811,000 93,811,000 432,811,000 21年 2009 48,003,000 4,003,000 338,003,000 5,003,000 115,003,000 343,003,000 22年 2010 7,905,000 510,000 328,905,000 510,000 67,905,000 406,905,000 23年 2011 456,000 456,000 255,936,000 456,000 178,936,000 301,936,000 24年 2012 659,000 659,000 279,211,000 659,000 402,211,000 267,211,000 25年 2013 554,000 554,000 100,892,000 554,000 608,892,000 137,892,000 26年 2014 124,013,000 87,538,000 171,013,000 7,538,000 445,013,000 167,013,000 27年 2015 82,004,000 105,004,000 203,004,000 47,004,000 410,004,000 143,004,000 28年 2016 574,000 35,064,000 198,064,000 46,064,000 461,064,000 221,064,000 29年 2017 477,000 33,927,000 124,927,000 20,927,000 518,927,000 426,327,000 30年 2018 440,000 17,960,000 178,960,000 56,960,000 567,960,000 286,192,000 平成31年 2019 566,000 16,946,000 197,594,000 1,118,000 302,006,000 126,164,000 令和元年 2019 502,000 20,574,000 137,026,000 42,502,000 58,614,000 76,956,000 令和2年 2020 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 和暦 西暦 1円玉 5円玉 10円玉 50円玉 100円玉 500円玉 ・記念硬貨(各都道府県別デザインの 500円バイカラー・クラッド Bi-metallic 硬貨など、通常硬貨とデザインが異なるもの)は 含まれません。 ・通常硬貨と同デザインで表面仕上げが異なるもの( プルーフセット)は 含まれます。 現在使われている硬貨の中でも、年代の新旧により微妙な違いがあるものがあります。 逆に平成11年までの旧500円玉は、年代は比較的新しいものの、韓国500ウォン硬貨を悪用した偽造が相次いだため、フデ5やギザ10と異なり、銀行や郵便局で預入・両替した時点で全数が回収されてしまいます。 そのため旧500円玉は現在、市場にほとんど流通していません。

次の

平成31年硬貨の価値はプレミアが付くのか?買取額が高い年号はいつ?

平成 31 年 硬貨 発行 枚数

プレミア硬貨って何?どんなものなの? 日本政府が発行元になっている1円・5円・50円・500円など、世の中にはさまざまな種類の現代貨幣が存在します。 その中でも 額面を上回る金額で取引される希少価値を持ったものが、プレミア硬貨と呼ばれているのです。 収集家や愛好家が保有しているなどの理由で、市場にあまり出回らなくなっているプレミア硬貨もあります。 しかし硬貨は基本的に毎年発行されているものであり、 次々新たなプレミア硬貨が生み出されていると考えることができるのです。 アナタの財布の中にある硬貨の中にも、額面より大きな価値を持ったものが入っている可能性があるでしょう。 プレミア硬貨の条件をクリアするものが見つかった場合には、モノの購入やサービスの利用で消費してしまうのはあまりにもったいありません。 プレミア硬貨の条件と種類一覧 それでは一体、どんな条件をクリアしているものがプレミア硬貨と呼べるのでしょうか。 主なものは以下の通りです。 ほかの年に比べ発行枚数が異常に少ない• 不良品である• 限定硬貨である ここでは一つひとつの条件について、また種類についても詳しく見ていくことにしましょう。 条件1:発行枚数が少ない 日本政府が発行主体であり造幣局で鋳造されている硬貨は、毎年同じ枚数が発行されているわけではありません。 経済の動きや作り過ぎなどを理由に発行枚数が調整されているのです。 極端な例では昭和64年に50円硬貨と100円硬貨は1枚も生産されていません。 ほかの年より発行枚数が著しく少ない硬貨は、なぜプレミア硬貨化するのでしょうか。 流れを見ておきましょう。 発行枚数が多い年の硬貨に比べて必然的に流通量が減る• 造幣局などで公表されている年別・銘別の製造枚数を見た収集家や愛好家などに保有され、ますます流通量が減る• 稀少性が高まる なお発行枚数が少なくても、昔の硬貨でなければ高値で取引されていないと思う人もいるでしょう。 しかしそのようなことは決してありません。 たとえば極端に1円玉の製造枚数が少なかった2011~2013年の1円玉では額面の数百倍での取引も実現しているほどです。 実際の買取金額を保証するものではありません。 条件2:エラーがある硬貨 正規の製造過程で生じた問題により、不良品となってしまった硬貨は、収集家や愛好家たちのあいだではエラー硬貨やエラーコインと呼ばれます。 硬貨は精密な先端技術を駆使して製造されており、製造の過程で不合格品は取り除かれる仕組みになっています。 しかし不合格品が何らかの原因で取り除かれず、そのまま世に出ていってしまうことがあるのです。 これは滅多に起こることがないもので、希少性が非常に高いです。 額面の数千倍での取引になるケースも珍しくありません。 5円・50円の穴の位置がズレている、真ん中の穴があいていないなど、さまざまな種類があります。 造幣局が製造したものではなく、ネットオークションなどではただの偽造された硬貨が出品されていることもあるため、入手する際には注意しなければいけません。 実際の買取金額を保証するものではありません。 条件3:発行数が限定硬貨 記念硬貨など 画像出典:記念コイン 世界最大のスポーツの祭典、国際博覧会、特定の法律や制度、事業、人物の在位の周年記念などとして、数量限定で発行される硬貨があります。 中には10,000枚や50,000枚など、ごく少数しか発行されなかったものも少なくありません。 人気の高い記念硬貨などでは、発売後あっという間に完売します。 市場に出回っていないのに対し収集家や愛好家をはじめ入手したいのにできていない人が多数出るため、プレミア硬貨化しやすいのです。 また、 発行数量が限られている記念硬貨などには、原価の高い金や銀の素材が使用されているものも多くあります。 そのため、収集目的だけでなく、資産としての価値に魅力を感じて、コイン投資目的で保有する人も少なくありません。 実際の買取金額を保証するものではありません。 よく見る『ギザ10』はプレミア価値あり? まず、ギザ10についてよく知らないという方もいるかもしれませんので、基本的な情報を記載します。 昭和26年から昭和33年まで製造されていた10円硬貨• 側面に132個の溝が彫られている• 昭和33年の発行枚数が25,000,000枚と最も少ない 側面の溝の数が多くギザギザしている10円硬貨のため、ギザ10と呼ばれているわけです。 最も製造枚数が多かったのは昭和29年の520,900,000枚となっています。 発行枚数が多い年のものに比べ、少ない年のほうが当然稀少性はあります。 とくに未使用品かどうかによってプレミア硬貨としての取引価格は大きく異なります。 昭和33年のものを例に挙げると、 使用済みのものは良くて数十円単位が相場といえますが未使用品は数万円での取引が実現しているほどです。 ギザ10のプレミア価値は状態次第で決まります。 プレミア硬貨を高く売るコツと注意点 ネットオークションでは偽造を疑われて落札者が出てこない、入金などのトラブルを避けたいといった理由で、買取店に売るのが主流になっています。 買取店に売る際には査定を受けて、提示された買取価格に納得すれば、その値で売る形になります。 買取店に対しても含め、高く売るコツとして保存状態は極力良好であるに越したことはありません。 以下の点にはとくに注意が必要です。 多湿環境によるサビ• 直射日光にさらされることによる変色• 空気に触れることでの酸化・光沢消失• 財布の中で硬貨同士が接触することによる傷• 面に指紋の油を付着させ放置することによる劣化 これらはすべて、たとえば買取店であればマイナス査定につながります。 効果的な対策としては、素手でベタベタ触らずコインホルダーに入れ、その状態で金庫で保管するのが良いでしょう。 セルフでの洗浄は硬貨に傷をつけたり変色を助長したりする恐れがあるため、避けるのが吉です。 プレミア硬貨の鑑定・売却なら買取専門『バイセル』がおすすめ! バイセルで査定を受けるメリットは複数あります。 主に挙げられる具体的なメリットは以下の通りです。 プレミア硬貨に精通している鑑定員による精度の高い査定が受けられる• 比較的状態が悪くても無価値と判断せずにある程度プレミア硬貨として評価してくれる• 査定をはじめ諸費用が無料なことが多い 最も正確かつ高値で買取可能な古銭買取専門業者『』がおすすめです。 古銭や古紙幣、記念コインを査定するときは、 硬貨の発行された年数や、今どれくらい流通しているのかを知らないと正確な査定が出来ません。 しかも、そのコインがコレクター達に人気なのかどうかも、把握しておく必要があります。 オリンピックが近くなってくると、オリンピック関係の硬貨の価値が上がっていきますが、時代のトレンドを掴んでいないと正しい査定が出来ません。 また、 古銭は保存状態によっても、価格が変わってきます。 素材に何が使われているかによって状態も変わり、細かなディティールに至るまで見極めていかなくてはいけません。 そうした知識と買取相場をもった業者でなければ、適切な価格での買取ができないのです。 もちろん、古銭買取を専門にした業者はバイセル以外にも全国に存在しています。 その中から特に実績、買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた3社が以下になります。 当サイトからの申し込み、問い合わせも一番多いです。 プロの査定員を全国各地に配置 即日対応• 自宅完結の出張査定あり 出張費・鑑定料無料• 独自の販売ルートがあり高価買取可能 即日現金払い可• どんな状態 汚れ・古い でも無料査定 キャンセル無料• 依頼者が女性の場合は女性の査定員を指名可 挙げるとキリがないですが、正直なところ、古銭買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのはバイセルだけです。 もし、他店の方が買取・鑑定価格が高い場合、損をした気持ちになりますがバイセルなら「他店より1円でも安ければ全品返却」なので安心です。 「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。 古銭の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。 お家に眠っている古銭があるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。

次の