久 万 高原 ふるさと 旅行 村。 久万高原ふるさと旅行村キャンプ場(愛媛県)の情報|ウォーカープラス

久万高原ふるさと旅行村キャンプ場

久 万 高原 ふるさと 旅行 村

地理 [ ] 位置 [ ] からを越えた南の地域。 上流域にあたる。 北を三坂峠をはさんで松山市と、皿ケ峰連峰をへだてて、石鎚連山を境としてに接している。 西は、、、といずれも山々で接している。 南および東はである。 高知県と接しているため、町内でも、柳谷、美川などの地域では高知県や などとの行き来もある。 隣接している自治体 [ ]• : 、、、、、• : 、、、 地形 [ ] 仁淀川上流域であり、森林が大半をしめ、渓谷に沿って集落が点在している。 久万地域には比較的なだらかな高原地域が広がり、当地域の中心地となっている。 山: 、• 河川: () 気象 [ ] 標高1000mを超える四国山地に囲まれた町で、四国では比較的冷涼な気候であり、「四国の軽井沢」と呼ばれることもある。 こうした気候を生かして、高原野菜(など)の栽培、(など)や(など)などの地域活性化の取組みが行われている。 の愛媛県内では降水量が多い地域である。 冬季にはがみられる。 6 63. 7 20. 1 68. 2 23. 8 74. 8 29. 1 84. 4 31. 1 88 33. 5 92. 3 35. 1 95. 2 35. 6 96. 1 34. 6 94. 3 29. 7 85. 5 23. 6 74. 5 20. 7 69. 3 35. 6 96. 2 43. 2 7. 7 45. 9 11. 8 53. 2 17. 9 64. 2 22. 4 72. 3 25. 5 77. 9 29. 3 84. 7 30. 0 86 26. 3 79. 3 20. 6 69. 1 14. 8 58. 6 9. 0 48. 2 18. 46 65. 3 27. 9 0. 4 32. 7 5. 0 41 10. 2 50. 4 15. 3 59. 5 19. 6 67. 3 19. 8 67. 6 16. 1 61 9. 2 48. 6 3. 7 38. 0 30. 2 7. 77 45. 3 11. 6 7. 7 23. 6 30. 9 5. 3 41. 5 10. 5 50. 9 12. 1 53. 8 4. 2 39. 2 29. 2 24. 4 9. 6 7. 5 mm inch 88. 5 3. 484 96. 7 3. 807 138. 7 5. 461 130. 5 5. 138 175. 9 6. 925 267. 7 10. 539 273. 7 10. 776 202. 9 7. 988 217. 5 8. 563 116. 6 4. 591 98. 3 3. 87 87. 9 3. 461 1,894. 9 74. 0 mm 12. 8 11. 6 14. 1 11. 1 10. 7 13. 7 12. 5 10. 9 11. 3 8. 9 9. 6 11. 9 139. 1 平均月間 93. 1 111. 0 142. 5 170. 8 176. 7 130. 7 163. 8 170. 0 133. 0 135. 5 109. 3 101. 7 1,638. 1 出典: 町名の由来 [ ] 久万高原町の地域、仁淀川上流域一帯の総称として室町時代から「久万」が使われていた。 また、「久万山」(くまやま)とか「久万郷」(くまごう)とも呼ばれてきた。 「くま」とは、元々が山の奥、山と山にはさまれた土地をさす言葉とされる。 2004年の4町村の平成の合併に際して、「久万」に「高原」を付して「久万高原町」となった。 なお、「久万高原」という名称は旧・久万町が観光レクリエーションのPRに用いてきた名称でもある(この経緯については後述の「平成の市町村合併の経緯」の項目参照)。 (平成16年)8月1日 - 、、、の1町3村が合併して誕生。 年表 [ ]• 3月 - が全線開通。 4月 - が開駅。 行政 [ ] 町長 [ ]• 職務代行者: 木下久敬(旧美川)• 初代: 玉水 寿清(旧久万)(平成16年9月12日 - 平成20年9月11日)• 二代目: (たかのむねき、スキー場等経営) 玉水町長は出馬せず、前教育長および町出身で元茅ケ崎市議会議員との3名での選挙戦を制して初当選。 議会 [ ]• 2004年の合併時の旧町村を区域とする選挙区 が設けられていた。 各選挙区の定数は久万:9、面川:1、美川:3、柳谷:1。 庁舎 [ ]• 本庁(旧久万町庁舎)• 面河支所(旧面河村庁舎)• 美川支所(旧美川村庁舎)• 柳谷支所(旧柳谷村庁舎) 平成の市町村合併の経緯 [ ] 上浮穴郡5町村は共同事務処理の実績もあり、行政同士の地域としてのまとまりはあった。 郡の南西に位置する小田町は、河川流域が小田川(肱川の支流の1つ)で他の4町村と異なること、久万町との境の国道380号の真弓峠付近の整備が進んでおらず、行き来の障害となっていること、などから結局は内子町・五十崎町との合併を選択した。 そのため、合併は4町村で進められることとなった。 庁舎位置問題は、人口が他町村を引き離して最も多く、上浮穴郡の中心であり、警察署、県土木事務所、県立高等学校などのある久万町の庁舎を使うことですんなりと決着が付いた。 町名では若干の議論があった。 当初は「高原町(こうげんちょう)」とすることにしていたが、旧・久万町を中心に町名再考を求める動きがあり他の3村も同意、再協議の結果、「久万」を付けて「久万高原町」とした。 久万高原という名称は、旧・久万町が観光PRにかねてから称しており、イメージや通りもよいということから採用された。 市の行政施設・機関 [ ]• 久万高原町役場本所、面河支所、美川支所、柳谷支所• 久万高原警察署• 久万高原消防本部・署• 久万保健センター• 美川保健センター• 柳谷保健センター• 面河少年自然の家 県の行政機関 [ ]• 愛媛県中予地方局 久万高原森林林業課、久万高原農業指導班、産業振興課産地育成室(久万高原駐在)、農村整備第1課(久万高原駐在)• 愛媛県久万高原土木事務所• 松山発電工水管理事務所 面河ダム出張所 国の行政機関 [ ]• 愛媛森林管理署上浮穴森林事務所・面河森林事務所 経済 [ ] 農林業を主たる産業としており、経済力は大きくない。 産業 [ ]• 林業 地帯であり、が盛んであったが、の流入、価格の低迷などにより、芳しくない。 等の作業を受託する「」を他の地域に先駆けて設立、活用している。 農業 高原の気候と、松山への近さを生かした等の農業が行われている。 トマト、とうもろこし、ピーマンなどのほか、果樹として等も栽培されている。 一部は、松山市等の在住者向けのやとなっている。 なお、久万高原町をエリアとするは広域合併したである。 観光 、、、、など春の新緑、夏の涼や秋の紅葉を求めての山岳は従来から有名である。 その他、観光農園や、久万地域には町営場があり、ラグビーやのが行われることが多く、も10軒余りある。 主な企業 [ ]• 工場・事業所を置く主な企業 [ ]• 中学校 [ ]• - 2009年3月末をもって閉校、美川中学校に統合 小学校 [ ]• 社会教育 [ ] 公民館 [ ] 久万地区公民館• 明神分館、落合分館、上直瀬分館、下直瀬分館、二名分館、露峰分館、父野川分館、久万分館、野尻分館、上畑野川分館、下畑野川分館 面河地区公民館• 前組分館、相の峰分館、笠方分館、渋草分館、城山分館、中組分館、若山分館 美川地区公民館• 仕七川分館、東川分館、黒藤川分館、二箆分館、美川西分館、美川南分館 柳谷地区公民館• 中津分館、西谷分館、柳井川分館 博物館 [ ]• 図書館 [ ]• 体育施設 [ ]• その他 [ ]• 交通 [ ] 鉄道 [ ] 鉄道は通っていない。 同町の最寄り駅はの。 同駅より後述の路線バスに乗車する。 バス [ ]• 〜間の普通便が運行されている。 (平成29年12月に上浮穴高校前~落出区間が廃線、代わりとして町営バス「久万落出線」が運行開始) かつては、として、松山駅〜間で、JR急行バス「」が運行されていたが、の開通などにより、松山〜高知間の特急バス路線は所要時間と快適性に勝る高速道路経由となり、松山〜高知間の国道33号を走る急行便はなくなった。 さらにさかのぼると、戦後しばらくまではが西谷まで運行されており、(昭和28年)の「時間表」折込の路線図に路線と「古味」(こみ)という末端停留所名が見える。 当時を知る関係者によると、林業景気に沸き、時には乗れない人が出るくらいお客が多かったとのことである。 久万営業所から町内の(おもご)、(みみど)方面への路線もあるが、本数はあまり多くない。 主に通学に利用されている。 ごうかく駅 国道440号沿いにある久万高原町営バスの駅。 (柳谷村代替バス)• 古味線• 岩川線 古味線の途中にある「ごうかく」停留所は、受験生の守り神として毎年受験シーズン前に話題となり、専用切符も売り出される。 その専用切符は、同路線の「旭(朝日)」〜「ごうかく(合格)」、「ごうかく(合格)」〜「大成(おおなると読み、大成(たいせい)の意味で解釈)」、と2つの切符に分かれている。 簡単に解釈すれば、『朝日が昇って受験をしたら、合格して大きくなっていく』 道路 [ ] 一般国道 [ ]• 国道33号が久万高原町を縦貫し、骨格をなす幹線道路である。 ただし、降水量の多い四国山地を横断する道路であるため、降雨時のもと県境付近にあり、不便を強いられている。 その解消のためがに全線開通した。 都道府県道 [ ]• [ ]• (国道33号)• (国道33号) [ ]• 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 御三戸嶽 久万高原は、 旧において使用されている観光案内上の地名であり、「四国の」とも自称していた。 結局、その通り・響きの良さもあいまって、平成の市町村合併後の新町名ともなった。 名所 [ ]• 44番札所 菅生山• 45番札所 海岸山 山岳・渓谷• 県立自然公園 - 、、• 県立自然公園 - 竜神平• 八釜の()• 嶽(軍艦岩)- 岩の形が軍艦のように見えることから名付けられた。 (こうさいきょ) スポーツ施設• スキー場 、• ゴルフ場 、久万カントリークラブ その他• 道の駅みかわ• 「」の柱の展示、天体観測館、ケビン• 久万農業公園アグリピア• 国民宿舎古岩屋荘 同面河 同石鎚• 面河少年自然の家• 鶴姫荘、コテージ• 観光農園(各地)• 祭り・イベント [ ]• 久万高原ラリー• 石鎚山ヒルクライム• 久万高原町長杯ラグビーフットボール大会• 久万高原マラソン大会• くままちひなまつり 名産 [ ]• 農産物 - りんご、、、、しいたけ、美川など• 農産加工品 - はったい粉、美川そうめん、手延べうどん、やまごぼうみそ漬、ヨモギ粉、わさび酢漬、さしみコンニャク、山菜五色煮、とうふの梅漬• 林産物 - 久万銘木• 工芸品 - 伊予すだれ、木工品• 魚・同加工品 - の甘露煮、、• その他 - 「合格」きっぷ、「合格」破魔矢 出身有名人 [ ]• - 、• - 創業者• - ・• - 、大学院映像研究科映画専攻教授• - 、 その他 [ ]• : 0892(町内全域) 脚注 [ ] [].

次の

久万高原ふるさと旅行村キャンプ場(愛媛県)の情報|ウォーカープラス

久 万 高原 ふるさと 旅行 村

上浮穴郡久万高原町観光ページ 上浮穴郡久万高原町観光スポット 石 鎚 山 石鎚山は標高1,982m、西日本最高峰です。 昭和30年11月1日指定を受けた石鎚国定公園の中核をなすこの山は、雄大なスケールと、豊かな自然のシンボルとして存在するだけでなく、日本七霊山の一つとして人々の信仰を集める聖なる山でもあるのです。 澄みきった大気の中で育まれた自然は、鮮やかな美しさをもって見る人に感動を与えてくれます。 紅葉の季節は、赤く染まった山々が目にまぶしいほど美しいです。 石鎚の山のふもとから流れ出す渓流は、透明な水に、季節のうるおいを映してよそおいます。 森を潤し、谷を走り、人々の心までも潤してくれます。 そして、この地域から約7万点の資料を収集し、一部をジオラマで常設展示しています。 面河村の地形模型や石鎚山のパノラマもあり、学習しながら自然の大切さが実感でる博物館です。 春から秋にかけてはなだらかな斜面の草原を食む、約150頭の牛の姿を見ることができます。 展望にすぐれ、羊の群にも似たカーレンフェルトの向こうには、四国の連山が一望できる。 爽やかな高原は、ハイキングやキャンプ、探勝に最適です。 一帯には30数個の甌穴が見られ、主流に連なる8つの甌穴が釜の形に似ているところからこの名が生まれました。 最大のものは直径9〜12mもあり、清流はそれぞれの甌穴の間を小さな滝となって、次の甌穴へとそそぎこみます。 その高さは国道33号線にあやかり33mにも昇る。 道行くドライバーの目を楽しませてくれる他、村の味覚が味わえる展望レストランからも望めます。 山里の民家や・粉ひき水車・うどんやそばの手づくりコーナー・炭焼小屋で、懐かしい昔を体験することができます。 キャンプ場・貸別荘(ケビン)・釣り堀・トリム等で自然と遊び、りんご狩りや、地元の野菜や果物でできたシャーベットを食べ、ふるさとの自然の恵みを満喫できます。 心と体のリフレッシュをして下さい。 中でも村の祝い事や行事の際に披露し、郷土芸能として育てていった川瀬歌舞伎の衣装は、美しさと豪華さにうっとりします。 林業の町にふさわしい、木造建築の素朴ながらも堅固な造りを実感。 煙をたなびかせ、風情のある炭焼き窯の光景を再現。 4人用7棟・5人用3棟・6人用7棟・7人用1棟があります。 借出用キャンピングセットも揃っています。 久万高原の自然の中でアウトドアを楽しんでいただけます。 地元産の杉・檜をふんだんに用いた木造建築の美術館で、展示室には樹齢80年を超える杉の磨き丸太柱が並び、檜の太い梁とともに屋根を支えています。 日本の近代洋画、近世〜近代の郷土の書画・陶磁器合わせて319点に及ぶ井部コレクションを中心に、館蔵品約560点の中から約70点を常設展示(展示替随時)、年1回開催の企画展は他館の作品も展示します。 また展示品や作家あるいは美術館そのものについての親しみや理解を広めていただこうと、展示室内でギャラリー・トークやコンサートを開催するなど、保存・収集・展示以外の活動も行い、町民・市民の、文化教養あるいは憩いの場としてもご利用いただけることを目指しています。 口径60cm、肉眼の7,000倍の集光力のある四国最大級の反射望遠鏡が設置され、プラネタリウムもあります。 口径60cm、肉眼の7,000倍もの集光力をもっています。 彼方の惑星・星雲・星団の姿をお気に召すままウォッチングください。 それぞれの季節の星の話題・神話等をご覧頂きます。 客席は40席、投影時間が決まっていますので、お問い合わせの上、ご来館ください。 頂上に老松などが茂り、軍艦のようにみえることから、別名「軍艦岩」とも呼ばれ美川村のシンボルとして知られています。 バンガローもある憩いの森キャンプ場や、150頭余りの牛が放牧されている大川嶺牧場もあり、のどかな雰囲気です。 本格的な1,000mコースの他、2コースにもスノーマシーンが完備。 ダイナミックなシュプールをシーズン中いつでも楽しめる美川スキー場です。

次の

上浮穴郡久万高原町観光ページ

久 万 高原 ふるさと 旅行 村

概要 [ ] 久万高原町内では、市町村合併により久万高原町が成立する以前から中学校の統合が進んだ結果、旧町村ごとに1校となり、2009年、がに統合されたことから、町内の中学校は合計3校となっている。 久万中学校は生徒数185名(2009年)と、久万高原町内では唯一生徒数100名を超える最大規模の中学校である。 沿革 [ ]• (昭和22年)4月 - 新学制(6・3・3制)により新制の久万中学校が開校。 (平成3年) - ドラマ「」(フジテレビ系)のロケ現場となる。 ロケで使用された校舎の柱(相合傘が彫られる)はふるさと旅行村で現存されている。 (平成11年)3月 - 久万中学校に、1962年(昭和37年)頃の町村合併による畑野川、直瀬、父二峰の各中学校の統合を控え、新木造校舎を新築。 なお、平成11年3月の久万中学校では、第52期の卒業生を送り出す。 (平成11年)4月 - 旧4中学校の統合により、新「久万町立久万中学校」として開校。 (平成16年)8月1日 - 上浮穴郡内の町村合併(小田町を除く)により久万高原町が成立したことに伴い、久万高原町立となり、現在に至る。 脚注 [ ].

次の