すす 病 農薬。 トリフミン水和剤|殺菌剤|製品紹介|石原バイオサイエンス株式会社

【すす病】症状・対策・予防

すす 病 農薬

月桂樹のかかりやすい病気や害虫は? 1. すす病 すす病は、月桂樹が最もかかりやすい病気の1つです。 まず、葉っぱの表面に黒い点々が現れ、やがて株全体がすすをまぶしたように黒ずんでいきます。 すす病自体はめずらしいものではなく、月桂樹以外の庭木や花木にも広く寄生する糸状菌(カビ)による病気です。 条件が合えば1年中発生し、特に4〜10月頃に被害が増えます。 風通しや日当たり、湿度によって引き起こされることもありますが、最も大きな原因は吸汁性の害虫による2次被害です。 カイガラムシやアブラムシなどの排泄物をエサに繁殖することが多く、これらの発生を抑えられなければ何度も感染して株が弱ってしまいます。 テッポウムシ 月桂樹はテッポウムシの被害を受けやすいので注意が必要です。 テッポウムシはカミキリムシの幼虫で、幹や枝の内部に侵入して樹木の中身を食べ荒らしてしまいます。 寄生期間が1〜2年と長いため、放っておくと木質部がボロボロにされ、かなり大きな木でも徐々に枯れてしまいます。 ハマキムシ ハマキムシは、葉っぱを巻いてつづり合わせ、その中で葉っぱを食害する幼虫の総称です。 よく見られるのはチャハマキとコカクモンハマキで、4〜11月にかけて年4〜5回発生します。 幼虫は葉っぱの中で冬を越すし、新芽が出るたびに孵化した幼虫の被害にあうので、っておくと葉柄や軸がダメージを受けて枝が枯れてしまいます。 月桂樹が病気や害虫の被害にあったときの対策は?どんな治療をする? すす病の最大の原因は吸汁性害虫なので、スミオチン、オルトランなどの薬剤を散布して原因となる害虫を駆除していきましょう。 害虫は暖かくなるにつれ数が増えるので、4月頃から定期的に月に2〜3回ほど散布すると被害を最小限に抑えられますよ。 ただ、葉っぱを料理に利用するなら、ちょっと面倒でも手作業で駆除するのが一番確実です。 ハマキムシの場合、幼虫のいる部分が筒状に丸まっているので発見しやすく、葉っぱごと摘み取れば簡単に駆除できます。 テッポウムシについては、侵入口があれば根元にオガクズのような糞が落ちているので、見つけること自体はむずかしくありません。 専用のノズル式殺虫剤を使うか、針金などで突き刺して駆除する方法もあります。 月桂樹が病気や害虫にかからないための予防策は? 1. 吸汁害虫の駆除を徹底する すす病の発生を予防するには、発生原因となるカイガラムシ、アブラムシ、コナジラミなどの害虫の駆除を徹底することが大切です。 月桂樹は特にカイガラムシがつきやすいので、幼虫の孵化が盛んな5〜7月の間は定期的に薬剤を散布して予防していきましょう。 風通しをよくする 枝葉が込み合って風通しが悪くなると、すす病をはじめ様々な病気にかかりやすくなります。 適期の4月頃に刈り込み剪定をすると予防になります。 月桂樹は芽吹く力が強いので、あまり深く考えず短く刈り込んでかまいません。 風通しが改善されると樹勢が増して、樹木全体が勢いよく育ちますよ。 日当たりのよい場所に植える 月桂樹は耐陰性があり、どこでも元気に育ちます。 そのことから、シェードガーデンのシンボルツリーによく利用されるのですが、病気を予防する意味では日向に植えるのがおすすめ。 もともと日光が好きな樹木なので、日当たりのよい場所に植えれば幹や枝が丈夫に育ち、葉っぱの色つやもよくなります。 枯れ枝・樹皮の荒れた枝を取り除く テッポウムシは多発すると駆除が大変なので、発生しないように予防策をとることが大切です。 5〜9月頃までは定期的に殺虫剤を散布し、成虫の飛来を防止しましょう。 卵は枯れ枝や樹皮の荒れた枝に産み付けられるので、傷んだ枝は放置せずすぐに取り除くとよいですよ。 カミキリムシは樹木の根元付近に産卵する習性があるので、地面から20〜30cmの部分に網を巻いておくのも有効です。 肥料切れさせない 栄養不足で月桂樹の樹勢が衰えると、弱った部分に害虫がつきやすくなります。 特にテッポウムシは樹勢が強いほど内部への侵入しにくくなるので、日頃から栄養を与えておくことで、ある程度は月桂樹自らの力でテッポウムシを防ぐことができます。 夏と冬の年2回、油かすと化成肥料を忘れずに施して、肥料切れによる生育不良を起こさないようにしましょう。 月桂樹を病害虫から守ろう 月桂樹は丈夫な樹木なので、たとえ病気や害虫が発生しても、適切な処置を行えば元気な姿を取り戻します。 大事に育ててきた植物が枯れてしまうと、本当に悲しいですよね。 予防策をしっかりしておくことで、年中美しい樹木の姿を楽しみましょう。 更新日: 2016年04月16日 初回公開日: 2016年04月16日.

次の

すす病の対策法まとめ。原因はあの病害虫だった!?予防法も教えます|生活110番ニュース

すす 病 農薬

Q. サルスベリの葉や枝、激しい時には幹まで黒色のスス状物で覆われることがあります。 すす病だと思いますが、防除方法を教えて下さい。 また、うどんこ病や葉に斑点ができる病気もありますので、その防除方法も併せて教えて下さい。 A. すす病は、ほこりやアブラムシ・カイガラムシなどの昆虫の排泄物から出る有機物を栄養源として繁殖するものと、葉の組織の中にも入って直接葉の細胞から栄養をとるものがありますが、前者の場合が多いと思います。 冬期にマシン油乳剤を散布してカイガラムシやアブラムシを駆除します。 また、アブラムシ・カイガラムシの発生時期に殺虫剤を散布して駆除しましょう。 *アブラムシ類:ベニカX乳剤500倍液、サンヨール液剤AL原液、オルトランスプレー *カイガラムシ類:サンヨール液剤AL原液、オルトランスプレー うどんこ病はサルスベリには良く発生し、葉が白粉で覆われたり新芽が奇形になったりします。 サルスベリのうどんこ病の登録農薬は沢山あります。 カイガラムシ・アブラムシにも効果のあるベニカX乳剤500倍液、サンヨール液剤AL原液、ポリベリン水和剤1,000~2,000倍液、マネージ乳剤500~1,000倍液、ヒットゴールド液剤AL・ムキシン液剤AL原液、マネージエアゾル、ベルクートエアゾルなどが記載されています。 また、樹木類に登録のあるトリフミン水和剤3,000倍液、モレスタン水和剤2,000倍液も効果があります。 次に葉に斑点を生じる病気ですが、登録農薬がある褐斑病について記載します。 葉に1~2mmの褐色で角形の小さな斑点が出来ます。 病班は拡大して周縁が不整となり、健全部との境も不鮮明になります。 うどんこ病と併発すると早期に落葉します。 褐斑病の予防には、発生前、発生初期にペンコゼブ水和剤600倍液を散布しましょう。 (小河).

次の

【すす病】症状・対策・予防

すす 病 農薬

すす病ってどんな病気? 植物の手入れを怠ってしまった場合、病気を引き起こしてしまうものもあります。 植物がかかる病気はさまざまですが、不適切な手入れが原因で発生することが多い病気に すす病というものがあるのです。 すす病になると、葉の部分に黒い斑点が出てきます。 斑点は次第に増えていき、放っておくと真っ黒になるのです。 すす病は、この黒い斑点がすすのように見えることからその名がつけられました。 植物がすす病にかかってしまうと、見た目が悪くなるだけではありません。 二酸化炭素を取り入れて酸素をだす光合成ができないので、栄養がなくなります。 栄養がなくなった植物はやがて、枯れてしまうのです。 すす病は対策をすれば、防ぐことが可能です。 おもな対処方法としては、剪定することが挙げられます。 植物によって適切な剪定時期は異なりますが、枝同士の間隔をきちんと開けて風通しをよくすることが重要です。 すす病の原因は?どうして発症する? 剪定することで、すす病対策につながりますが、そもそも、何が原因でおこるのでしょうか。 原因と知ることでより、確実な対策ができるでしょう。 すす病の原因はカビ菌 植物に発生した、すす病の 原因はカビです。 カビは、湿度が高く通気性が悪い場所に発生しやすいものです。 そのため、雨などで湿気を持った箇所からカビ菌が繁殖することがあります。 カビにはさまざまな種類がありますが、すす病の原因は糸状菌(しじょうきん)です。 糸状菌は、肉眼で見えるぐらい大きな糸状のカビです。 発酵食品に発生するカビもこの糸状菌であり、食べても身体に害があるわけではありません。 しかし、カビが発生してしまった植物や動物は腐敗してしまうので注意が必要です。 腐生性と寄生性がある カビ菌と聞くと腐敗したものに発生するイメージがあるかもしれません。 しかし、カビは必ずしも植物や生物が亡くなり、腐敗したものだけに発生するわけではないのです。 カビ菌には、腐生性(ふせいせい)と寄生性(きせいせい)があり、それぞれ発生する条件が異なります。 寄生性のカビは、植物に直接カビが生えることです。 カビは湿気を好むため、湿度が高い葉と葉の間などに発生しやすくなります。 腐生性のカビは虫の糞などの排泄物発生します。 植物にカビが発生する原因となる虫は、アブラムシやハダニ、カイガラムシなどが知られているのです。 腐生性の下部の場合、すす病が発生してしまうおそれがあります。 また、カイガラムシなどの害虫は排泄物からカビを発生させるだけではなく、枝や幹から栄養を吸い取り、木を酔わせてしまうのです。 そのため、害虫が木についていたら、早めに取り除いておくことをおすすめします。 すす病対策をしよう! 植物がすす病になっている場合、対策をとる必要があります。 すす病対策の方法は、直接的なものと間接的なもの2種類があるのです。 それぞれどんな方法で、対処するのかを紹介します。 直接的な対策 まずは、すす病にかかっている葉がどれぐらいあるか確認しましょう。 カビ菌が移らないように、黒く変色してしまった葉は、 はさみなどで切り取ります。 その際に、カイガラムシなど病害虫を見つけたら、 箸などで駆除しておきましょう。 カイガラムシがいなくなると、カビの原因となる老廃物がなくなるため、すす病が進行しにくくなるのです。 間接的な対策 すす病に有効な農薬などを使って防ぐことも可能です。 しかし、あまり刺激が強いものを使用したくない場合は園芸用の 竹酢液を使用してみてはいかがでしょうか。 竹酢液は、竹からつくられておりおもな成分はお酢です。 カビへの殺菌効果が期待できるため、原液を水で薄めて、葉などに霧吹きで吹き付けて散布することができます。 竹酢液は、ほかにも消臭や虫よけなどにも用いることができるそうです。 農薬を使うのに不安がある方は、さまざまな場面で活用できる竹酢液で予防してみることをおすすめします。 すす病にかかっても実は食べられる 既にすす病にかかってしまっており果実の実が黒くなっている場合、実を食べることができるのか不安な方もいるかと思います。 すす病にかかってしまった実は、黒ずんだ部分をきちんと取り除けば食べることは可能です。 しかし、すす病にかかった果実は光合成など十分な栄養をとることができていないことがあるため、見栄えも悪く風味も落ちてしまっていることが多いです。 果物の品質を損ないたくない場合は、きちんと剪定をおこないすす病対策をしておきましょう。 植物を剪定する場合は、時期と剪定方法には注意しましょう。 品種によっては、剪定をしたことで花が咲かなかったり、枯れてしまったりするおそれがあります。 剪定の仕方が分からない場合は、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。 まとめ すす病とは、カビが原因で葉や実に黒い斑点ができる病気です。 この病気になると植物に十分な栄養がいかなくなってしまいます。 すす病のカビは、糸状菌とよばれ、黒ずんだ部分を除けば食べても人体には影響がありません。 しかし、糸状菌が発生した植物は、最悪の場合枯死してしまいます。 農薬や竹酢液などを使って、植物のすす病対策をすることもできますが、最も効果的な方法は剪定です。 植物の枝の間にすき間をつくり、風通しをよくしてカビが生えることを防ぐようにしましょう。 しかし、剪定時期や方法は植物によって異なります。 そこで、剪定方法が不安な場合は業者に依頼してみてはいかがでしょうか。 きちんと剪定をおこない、病気や害虫から庭木を守っていきましょう。 剪定を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の