インペリアル コレクション。 インペリアル コレクション ウォッカ

ホテル インペリアル ラグジュアリー コレクション ホテル ウィーン

インペリアル コレクション

2018年5月のウィーン旅行では、4泊の内2泊を ホテル インペリアル ラグジュアリーコレクションホテル ウィーンに宿泊してきました。 こちらはSPG系列で、ブランドはラグジュアリーコレクション。 ウィーン行きを計画する段からこちらに泊まってみたいなあと思っていたので、迷うことなく決めました! こちらのホテルは国賓も利用する格式あるホテル(かつて天皇皇后両陛下もご宿泊されたようです)。 皇帝フランツ・ヨーゼフの命により1873年に建てられた宮殿(王子用)だそうで、大袈裟にいうとタイムトリップしたかのような、昔漫画で見た世界に紛れ込んだかのような、ともかく非日常感はバッチリでした笑。 が!なんと外観を1枚も撮っておりません…お部屋以外のまばゆさ全開の各スペースも画像が見当たりません…。 お部屋のご紹介 こちらのホテル インペリアルは 全客室138室の内、スイートルームが62室とのことなんです。 ということも関係しているのか、宿泊記を検索し見渡してみてもスイートレポが目立つため、スイート以外のお部屋はいったいどんなふうなのか?をご紹介できたらと思います。 といいつつ、同じカテゴリーのお部屋でも内装や調度品に間取り(というか広さなど)…とそれぞれ異なるようで、わたしの報告はあくまでもそのルームカテゴリーの内の一室となりますのでご了承くださいませ。 デラックスルームです(多分…)。 ふぅ~窓から緑が見えると一気に落ち着きが増します。 ですが、実は緑のその先はトラムなども走っている大きなケルントナー・リンク。 にも関わらず防音はしっかりされていて騒音ゼロでした。 今回のお部屋は赤が基調。 この右側の扉はすべてクローゼット。 スペースたっぷり!余りまくりました笑。 更に、通常大抵のホテルにはあるのでは?と思われるポット関連もありませんでした。 これは専門家(?)の方によると、高級ホテルでも更に格が上になると、お湯や飲み物もコンシェルジュやバトラーに頼むものゆえ、置いていないのだとか? 次に水回りです。 ちゃんと写せませんでしたがシンクはダブルボウル。 歯ブラシはナシ。 バスアメニティはBYREDO。 スイートのお部屋だとアメニティは ブルガリのようです。 スリッパもちゃんとあります。 ミネラルウォーターは瓶のもの(1本空にしてしまっている画で失礼いたします…)。 ターンダウン時にこちらのチョコと翌日のお天気が置かれていました。 撮り忘れましたが、ウェルカムフルーツ(リンゴ3種ですが)もあったので、しっかりと頂きましたよ。 こちらでの宿泊で迎えた朝は、その後すぐにカフェに行く予定にしていたこともあって、朝食にこのリンゴだけいただく…というのがちょうどよくて助かりました。 お部屋のカテゴリーや宿泊費 さて気になる料金ですが、目安として曜日や条件の近そうなところでこんな感じ。 お部屋のカテゴリーとしては• クラシックルーム (20~30㎡)• インペリアルジュニアスイート (60㎡)• エグゼクティブ・ジュニアスイート(65㎡)• エリザベススイート (65㎡)• メゾネットスイート (75㎡)• マリアテレジアスイート(70㎡)• インペリアルスイート (100㎡)• ロイヤルスイート (160㎡) となっています。 ーと同時に、予定していたよりもひと月早くSPGアメックスの継続特典の無料宿泊特典が付いたことで旅程に間に合うこととなったため、ポイント宿泊の内1泊分を継続特典への変更をお願いすることにしました。 その結果• 特典利用枠(ポイント利用含)のクラシックルーム30㎡は1日分しか空きがない• その日を継続特典で利用• もう1泊のポイント利用宿泊分は、1750ポイントを上乗せし、1つカテゴリーが上の デラックスルーム(35~40㎡)を予約 ということに落ち着きました。 空きがないならもう当初のまま20㎡でいいかなーと言いかけたのですが(というか言った)、親身に対応くださって感謝です! そしてその結果、予約としてはクラシックルームとデラックスルームというカテゴリー違いでの連泊でしたが、結局デラックスルーム2泊としていただけたようです。 ーと思ってる(た)のですが、お部屋のカテゴリーがデラックスルームだった!という確信がもてなくなってきました…笑。 でも20~30㎡よりは広いと感じたし、デラックスルームの35~40㎡に該当してるんじゃないかなーと思ってはいるのですが。 公演がすべて終わると、人の波がなんだか一気にカフェ・インペリアルへと向かっているような…。 これはマズイーーーと早歩きで移動しました。 ホテル インペリアルの入口(裏口)が楽友協会側にもあるのでそちらから。 わたしは早歩きのおかげかすんなり案内いただけましたが…。 お腹は空いていないけれどその後のオペラ鑑賞に備え何か入れておかねばーってことで、ポテトスープ(パン付)とケーキとメランジェ(エスプレッソ+ミルク+ミルクの泡。 こちらの泡は今回の滞在中各カフェなどで6回飲んだ中でも最強の泡でした笑)をいただくことに。 ウィーナーシュニッツェル(薄~いカツレツ)やホワイトアスパラ(せっかくの時季だったのに!)も食べたいと計画していたのに残念無念です! が、ポテトスープも絶妙温度で美味しくて(ガイドブックにはウィーンのベストオブポテトスープと書かれてた)店内もステキで、満ち足りた気分でしばし過ごすことができました。 これで食欲がもっとあれば!! そしてカフェ・インペリアルでケーキをいただくなら、まずは看板ケーキの インペリアルトルテでしょう! ウィーンでスイーツといえば、 ホテル ザッハーのザッハトルテと デメルのトルテがまず挙がりますが、3大スイーツとなるとこちらのインペリアルトルテが加わります。 ホテル インペリアルに宿泊してみて 観光に音楽鑑賞にホント便利な立地、ほとんど電車やバス・トラムに乗ることなくウロウロできましたよ。 格調高く敷居も高く感じてしまうホテル インペリアルですが、スタッフみなさんフレンドリーでした! お部屋の鍵が今どき珍しく外出の都度預ける方式の超重いモノなのですが(でも鍵部分はちゃんと電子ではある)、通るたび名前を呼び話し掛けてくれたり…と気分よく過ごすことができました。 けれども、こちらのホテルに宿泊するなら次は是非スイートで!といきたいところ(ひとりではさすがに…なので、いつか夫婦で行ける日がきたらー)。 きっとスイートに宿泊してこそ、こちらのホテルの良さがわかるような、そんなふうに思うので。 なんてったって全客室の半数がスイートですものね。 でも、クラシックやデラックスルームだとしても他のお部屋の調度品なども見てみたいなあという欲求もあったりで、ひとりでの再訪があるなら次もこちらにしちゃうかもしれません…(どっちやねんー)。 実のところインペリアルのこういったインテリアはわたしの好みの系統とは違うのですが、宿泊でならいっそ普段の傾向と異なる場でこそ非日常感が何割増しにもなるかもとも思えます。 また比較対象として、目と鼻の先に同じラグジュアリーコレクションの ホテル ブリストルがあり(国立歌劇場の真向かい!)、そちらもインペリアルと同じテイストでクラシカルにまとめられているようですので、そちらもいいかもしれません。 ブリストルのほうはSPGのカテゴリーが1つ下のため、ポイント宿泊の場合12000ポイント(2018年6月現在)で済んじゃいますので悩んでしまいますね(ウィーン再訪する気満々笑)。 その反面、インペリアルはポイント数が減り、ブリストルとインペリアルは同ポイント、更にいうと今後はリッツ・カールトン ウィーンも同じということに(クラブルームは別)。 わたしが今回インペリアルで要したのはSPGの25000スターポイントだったのですが、リワードポイントに換算すると 75000リワードポイント相当でしたので、今後はインペリアルなら今までよりぐっとお得感が増しますね(ということは当然ブリストルは…以下略笑)。 インペリアルとブリストル、宿泊費にそう差がないのに必要ポイント数にはかなり違いがあるのでおかしいとは感じていたため当然と言えば当然の変更とも言えるかもしれませんね。 こちらは2014年にオープンと新しいのですが、建物としては19世紀から保存されていた宮殿4つを活かしたもので外観はクラシカル。 空港からタクシー利用で到着しレセプションで名を告げると、「クラブルームですね?」ということで7階クラブラウンジまでご案内いただき、ラウンジにてチェックイン。 19時前だったと思います。 ラウンジのフードプレゼンテーションは• Breakfast 7-11• Light Lunch 12-14• Light Bites 14-16• Aperitivo 17-20• Desserts 18-22 だったため、「このままこちらで召し上がっていかれますか?」と言っていただいたのですが、お腹もいっぱいだしまずはお部屋に案内していただきました。 クラブルームは 43㎡。 入った瞬間、え?広い!!!天井が高いからでしょうか。 ゴールデンウィークに東京のRCにオットと泊まってきたばかりで記憶も新しかったため比較すると(インペリアルと違い、インテリアの傾向は同じだから比較しやすい)そちらのクラブルームは 52㎡だったのですが、こちらのほうが広く感じるほどです。 ひとりだから? 「おひとりで?」って訊かれた流れで「50になった記念のひとり旅で~」とちょっと言っただけなのだけど(誕生日はひと月前)、お祝いしてくださって感激でした(と同時に申し訳ない…)。 水回りです。 シンクが中央で右手が浴槽。 で左手はこうです。 ザ・リッツ・カールトン ウィーンのクラブラウンジ リッツ・カールトンのラウンジは、クラブラウンジアクセス付きのお部屋【クラブルーム】宿泊者のみが利用できるクラブラウンジとなります。 そのラウンジには日に5度のフードプレゼンテーションがあったにも関わらず、なんと2泊とも朝食でしか伺えませんでした…。 そして朝食時には陽がサンサンと射し込み撮影も難しくあまり撮れず(言い訳笑)。 フルーツ(いちごを重点的に)とフレッシュジュースを多めにいただいたら、あとはオムレツをオーダーしてパンを1個いただいて、でメランジェ飲んでおしまい。 ーとそんな調子なわたしなので、更にレポがいい加減となってしまいます…。 KUSMI TEAも色とりどりに。 それにしても写真の少なさよ…涙。 インペリアルもリッツ・カールトンのクラブラウンジも、いつまたお邪魔できるかわからないのだからどんどんお写真撮らなきゃ~と思って臨んだものの、いざ伺ってみるとそういう気分にならず、カッコつけるわけではありませんがゆったりと過ごしたくなる、そんな空気に包まれているもので、以上が限界でした(言い訳?笑)。 とは別に、実際もう少しお部屋内の写真を撮ったと思ったのですがどこにいったのかしら…見当たらず。 まとめ どちらのホテルもひとり旅で1日中出かけっぱなしの身としてはもったいなかったかもしれません。 ウィーン・シュヴェヒャート空港から一般的な公共交通機関を利用してのウィーン市街への移動としては、トレイン2種(CATというエアポートトレイン・Sバーンという列車)とも一旦 ウィーン・ミッテ駅に到着することとなります。 そのウィーン・ミッテ駅から徒歩の場合、リッツへは10分ちょい・インペリアルへなら15分な距離。 ですが、さすがに両ホテルともスーツケースをガラガラと引きずりながらの到着は避けたいかなあ。 なのでミッテ駅からはタクシーを利用することとなるでしょう。 ってことで、それならば!と結局わたしは往復ともホテルー空港間は定額制タクシー(往復で異なるシステムを利用しましたが)を利用しました。 ミッテ駅周辺よりも圧倒的にこの両ホテル周辺のほうが観光としては動きやすいと思うのですが、空港間の移動のほうを重視される方もいらっしゃるかもしれませんので、念のため位置についての補足でした。 【ウィーン旅行関連記事】 moonbow5 当ブログは、飛行機に乗ることなくマイルを貯め、 貯めたマイルを特典航空券にし ビジネス・ファーストクラス目標)お得に海外に行っちゃおう!という野望のもとマイル獲得に取り組んでいる主婦・moonbowが綴っております(マイルもブログも最近怠け気味)。

次の

ウォッカ【ラドガ インペリアルコレクション ルビー】@北海道函館市

インペリアル コレクション

おんどりの時計 マリア皇后へ、1900年 インペリアル・イースター・エッグ(英語:Imperial Easter Egg)は、金細工師によって製作された宝石で装飾した金製の卵型の飾り物のうち、からの期間に、に納められた50個を指す。 ・の武器宮殿で見ることができる。 ロシア革命後、国有資産に組み込まれながら国外流出し、収蔵先はロシアの次にアメリカに多い。 その希少性からで1000万米国ドル相当の値が付いたものもある(2004年時点)。 日本ではこれらを「ファベルジェの卵」と呼ぶことがあり、その場合は厳密には広く皇帝以外の注文主も含み、総点数58個、そのうち14個前後は所在地が公開されていない。 また場合によってはファベルジェ風のデザインで20世紀、21世紀に作られたものを指す。 モスクワのクレムリン宮殿 アレクサンドラ皇后へ、1906年 「皇帝の」イースター・エッグとして、は金細工師ファベルジェに、初めて皇后に贈る黄金のを作らせた。 皇帝が結婚20周年の記念に卵型の贈り物を選んだ背景には皇后から聞いた少女時代の思い出があり 、デンマークの伯母が持っていた黄金の入れ子の卵は白い卵殻から雌鳥(めんどり)が現われ、それを開くとダイヤモンドをちりばめた王冠が入っていて、さらに中からダイヤモンドの指輪が出てくるデザインだったという。 マリア皇后に贈られた純金製の卵は金の素地にエナメルを厚塗りした白い「殻」を開くと、つや消しの黄金で出来たが現われる。 それがひとつめの「お楽しみ」 仕掛け で、かみ合わせ式の留め金(バヨネット)を外すとを貼り巣に見立てた中に、色味の異なる金を数種類使い分けたの像がすわっていて、めんどりの留め金を開くと中からを施した小さな帝冠とのヘッドが現われたというが、2つとも現存しない。 この贈り物は「最初のめんどりの卵」と名づけられた。 アレクサンドル3世は最初のイースター・エッグがたいへん喜ばれたことからを「皇室御用達金細工師」に任命すると、翌年、もう1つ作らせ、それから毎年、黄金の卵は恒例の特注品となった。 やがて年月とともにデザインがより精巧になっており、皇帝に細かい指示を与えられたファベルジェが自由にデザインする許可を受けたと考えられる。 またファベルジェ家の言い伝えによれば、一つひとつのエッグに必ず「お楽しみ」という小物が入れてあること以外、アレクサンドル3世にさえ、どんな形に仕上がるのか知らせなかったという。 、アレクサンドル3世が没すると注文主は息子のニコライ2世に代わり、妻アレクサンドラと母マリアに黄金の卵をプレゼントし続けた。 からの間はのため、卵は作られなかった。 1917年にロシア革命が勃発、2代のロシア皇帝に納めたエッグの50点目 に当たる「」 (英語)は、皇帝の手元に届くことはなかった。 皇帝に納めたうち、現在まで伝わったものはこれをふくめて44点である 2014年に発見された1点を含む。 1700年代の先例 [ ] エルミタージュ美術館の研究員タマラ・V・クドリャウゼウによると ロシア皇室にはイースター・エッグの贈り物の先例があり 、ファベルジェが製作した「ピョートル大帝」(1903年)のモデルは、のモノグラム を施し時計を組み込んだデザインで製作時期は1757—1758年、製作地はパリであるという。 民間の注文品 [ ] 「」も参照 ファベルジェ商会はまでの時期に 1902年 やロスチャイルドのパリ分家(1902年)、家 1907年)、家 1914年 と、ごく限られた客の注文に応じ、20世紀初頭のロシアの実業家アレクサンドル・ケルヒには7個シリーズを納めた。 国外に散逸 [ ] が起き、軍に囚われたアレクサンドラ皇后の持ち物はペトログラードの宮殿に残され、ボルシェビキの逮捕を免れたマリア皇太后はイースター・エッグをひそかに持ち出した。 の宮殿は荒らされて皇帝の持ち物や貴金属品は略奪に遭うものの、黄金の卵はピーター・ファベルジェの息子アガトン・ファベルジェに獄中で見積もらせた金額では買い手が付かず、数百ドルで換金されたと伝わっている。 は宮殿に残った皇室の宝物を守ろうと、ペトログラードからモスクワのに移送させる。 革命成立のおよそ1年後、がファベルジェ商会を国有化。 は、外貨獲得の手段として1927年からいくつものエッグを競売にかけさせる。 1930年と1933年には14点のインペリアル・イースター・エッグがソビエト連邦から流出、そのとき父を介してレーニンと人脈のあったアメリカの実業家 がまとめて買い付けた の項を参照。 ほかにも宝石商ウォルツキから派遣された (英語)も競り落として国外に持ち出している。 (英語)はやがてロンドン随一の宝石商に成長し、ロシア革命から100年近く行方不明だった「」 1887年製 (英語)がアメリカで再発見された2014年、これを買い取り、個人コレクションに仲介している。 皇室から動乱期に流出したイースター・エッグのうち7点は行方がわからず、1889年製の「」 (英語)、「」 1903年製 (英語) と「」 1909年製 (英語)の3点は写真が残った。 アメリカの5大コレクター [ ] ツァレーヴィチ、または皇太子アレクセイ 皇后アレクサンドラへ、1912年 アメリカのコレクターは1920年代から現われ始め、中でも財力と人脈によりコレクションを築いた屈指の蒐集家が5人いる。 リリアン・プラット [ ] バージニア州出身で皇帝のイースター・エッグ5点を所蔵した (英語)は、重役 (英語)の妻でたいへん富裕だった。 ファベルジェの卵を持つきっかけは1920代に知人の富豪に勧められたからで、ニューヨークの骨董商 (英語)を介して入手した5点とは「水晶 回転するミニチュア絵画 」、「ペリカン」、「 ピョートル大帝」、「ツァレーヴィチ 皇太子アレクセイ 」、「皇族の肖像と赤十字」である。 やがてプラットのロシア文物のコレクションは400点超 とアメリカで最も大きくなり、1947年に死去すると遺言により創建したばかりのバージニア州立美術館()に寄贈される。 同館の収蔵品の核をなす「リリアン・プラット・コレクション」の内訳は、ファベルジェ製の宝飾品のほかに新生ソビエト連邦政府から持ち出されたアクセサリー類や家具から陶磁器にわたる。 マチルダ・G・グレイ [ ] マチルダ・ゲディングス・グレイ(Matilda Geddings Gray)が所有した「」 (英語)、「」 (英語)と「」 (英語)は、その名を冠した財団 Matilda Geddings Gray Foundation が管理している。 他施設収蔵のファベルジェの卵とともにバージニア美術館の展示に貸し出したことがある。 マージョリー・M・ポスト [ ] 27歳のとき父 (英語)から食品会社を相続した (英語)は、1929年にの社主となり当時アメリカ随一の女性の大富豪といわれた。 所有した黄金の卵は最晩年の遺言によりマージョリー・メリウェザー・ポスト財団に寄託、美しい庭園を一般開放する私設美術館 (英語)が管理する。 インディア・E・ミンシャル [ ] ニューヨークの宝石商ラ・ヴィエイユ・ルシーから1943年に「」 (英語)を入手した (英語)はポカホンタス石油会社の創業者 T・エリス・ミンシャルの妻。 ミンシャルが得た品は同じ年にモスクワの骨董品店 Antikvariat から匿名の購入者に売却されたものの転売と考えられる。 著書 "The Story of My Russian Cabinet" に「ファベルジェを北のと呼ぶ人もいるけれど、どんな宝石商もファベルジェの前ではかすんでしまう」と記している。 1965年、宝飾工芸品コレクションを全点オハイオ州の (英語)に遺贈。 マルコム・フォーブス [ ] アメリカの経済誌「」の元発行人は皇帝のイースター・エッグ9個を自分のコレクションに加え、さらにファベルジェ宝飾品およそ180点を所有。 死後、イースター・エッグはオークションでロシアの美術コレクターに一括して買い取られる。 展覧会に現われた黄金の卵 [ ] ファベルジェの卵は1990年代まで、ロシアを除くとアメリカのコレクターの所蔵数がいちばん多く、展覧会に出品する機会もあった。 各地から借り受けて開いた例は1989年のサンディエゴ美術館と、年のメトロポリタン美術館(ニューヨーク市)があり、バージニア州立美術館(リッチモンド市)が企画した展覧会では寄託品が中心である。 サンディエゴ美術館 [ ] 1989年、アメリカ・カリフォルニア州の美術館はファブルジェの卵 26 点を各地から借り入れると芸術祭の一環で展示する。 これほどまとまった数のエッグの公開は前にも後にも例がない。 出品リストは次のとおり。 略号のMとAはそれぞれ(のちの皇太后)とに贈られたことを示す。 個人コレクション(3点のうちの1点) という卵の中に納めてあった写真立て。 (1899年、) イギリス王室収集品 2点• (1910年、)• (1914年、) クリーブランド美術館 1点• (1915年、) 個人コレクション 3点• (1899年、)—表面に並ぶ楕円にあしらった飾り文字はニコライ2世の家族のイニシャルで、ローマ字とキリル文字を重ねてある。 上部の飾りはロマノフ家の宝冠の形。 メトロポリタン美術館 [ ] ファベルジェの宝飾品の展覧会を開くについて、メトロポリタン美術館はグレイ旧蔵の卵の新しい持ち主マクフェリン夫妻の提供した皇帝のイースター・エッグ に合わせて、ニコライ2世( - )の父方の叔母に当たるロシア大公妃がかつて持ち主だった宝飾品およそ100点とともに展示した。 宝石細工のタバコケースやカフリンクなどである。 パヴロヴナの財宝はロシア革命後の混乱期にで密かに隠されてきた品々の一部である。 の外交官がパヴロヴナから預かり、ボルシェビキに没収されないよう隠した地下貯蔵室を地元住民と警察が守り通したという。 発見されて3年後にオークションに出品されるとコレクターが一括で競り落としたため、ロシア皇族が所有したファベルジェの宝飾品としては珍しく散逸をまぬがれた。 バージニア州立美術館 [ ] 皇族の肖像と赤十字(1915年、) ロシアに戻った黄金の卵 [ ] 9点を数えた故のコレクションは、その死後、2004年2月に遺族からのオークションに出される。 ところが競売が始まる前に社長が代理人として全点買い取った。 購入者は、ソビエト崩壊後の大富豪で美術品コレクターである。 それまで、ファベルジェが作った卵の最高額は2002年に付いた「冬」の960万ドルだったところを、フォーブス・コレクションの落札は9点で1億ドルに達したといわれ記録を塗り替えたのである。 イヴァノフとヴェクセリベルクたちが計画したファベルジェ美術館はサンクトペテルブルグに開館した。 2013年、イギリスのテレビ局が組んだドキュメンタリー番組 の取材に応じたヴェクセリベルクは、インペリアル・イースター・エッグ 9 点の収集に 1 億アメリカドル以上をつぎ込んだと明かしている。 ロシア国民として国の歴史と文化を伝える貴重な品、世界最高の宝飾品を守ろうと収集したのであって、自宅に飾り独占するためではないと強調すると、番組内で美術館を建てて所有するファベルジェの卵を公開するつもり だと語った 美術館は2013年11月19日にサンクトペテルブルクに開館。 も参照。 ロスチャイルドのエッグ [ ] 2007年11月、会社が「ファベルジェの時計」と題して 英語 をオークションにかけると、8900万ポンドで競り落とされた 手数料込み。 この「時計」は以前、1964年発行の L'Objet 1900 Maurice Rheims 著 に図版 29として載ったことがあるものの、ファベルジェが納めて以来、実物が公開されたことはなく競売に先立って2007年10月にクリスティーズが開いたモスクワの内覧会で初めてその姿を現したのだ。 製作は1902年、 男爵の婚約祝いの品で、時計を組み込み、正時に卵の頂点が開くとおんどりが現われて翼をひろげる仕かけを施してある。 クリスティーズでロシアの美術工芸品部門をまとめるアレクシス・デ・ティーゼンハウセンによると、このときの競売は当時の史上最高の落札額を付け、世界一高価な時計であり、ロシアからの出品で初めてこれほどの高額を呼んだ、これら3つの点で意義深いという。 それ以前、ファベルジェの卵についた最高の落札額は9600万アメリカドル。 2002年に取引された である。 ロスチャイルドのエッグは2014年12月8日、エルミタージュ美術館創設250年記念 の祝いの席でロシア政府より移管された。 授贈式は大統領が主催、ロスチャイルドのエッグに加えてファベルジェの作品をもう1点贈りスピーチを述べた。 「エルミタージュに贈り物をしたいと思います。 カール・ファベルジェ製作の時計、さらにもう1点、卵の時計、これも同じ人物の作品です。 時計はかつてアレクサンドル3世とマリア・フョードロヴナの成婚25周年の記念に作られ、もう1点はロスチャイルドのファベルジェ・エッグと呼ばれています。 今後、館内のふさわしい場所に展示されることを期待します」。 2015年7月時点でそのファベルジェの卵の時計は館内に展示されていない。 じつはこれらは美術収集家 より2014年にロシア政府に寄贈されたのである。 2014年12月1日付けでイギリスとドイツの税務官がイワノフのファベルジェ美術館 に立ち入り調査を行い 、ロスチャイルドの卵をめぐる脱税問題との関係が注目された。 創業家の手を離れた「ファベルジェ」というブランドはその後も所有者を変えて、2007年10月時点の継承者はふたたびファベルジェ家と手を組んでブランドの価値を高めたいと発表した。 アレクサンドル3世が皇后マリア・フョードロヴナに10個、ニコライ2世が皇后アレクサンドラと生母のマリア・フョードロヴナ皇太后に20個ずつプレゼントしている。 アーマンド・ハマーは創設者の息子、石油会社の社長。 リリアン・トマス・プラット Lillian Thomas Pratt にファベルジェの宝飾品蒐集を勧めると、ブラットはアメリカ初のインペリアル・イースター・エッグのコレクター5人のひとりに数えられる。 バージニア州立美術館に寄贈されたプラット夫人の蒐集品 には、工芸品の代金支払いに使った百貨店外商部の請求書も残り、コレクションを築いた道のりが辿れる。 父C・W・ポストは1895年、で (英語)を創業、1920年代にゼラチンやチョコレート、コーヒーほか食品のナショナル・ブランドを次つぎに吸収合併し、冷凍食品会社の大型買収を経て1929年にに社名変更。 同社は1985年にに吸収される。 ロマノフ家の古写真に写っていたことから皇帝の卵と判明。 ただし技巧的に第一級品とは言いがたく、また注文の経緯を記録した書類がまったく見つからないため、真偽の論争に結論は出ていない。 表面に見える赤っぽい七宝細工の楕円形の飾りはボタン操作で動き、下からニコライ2世の家族の肖像写真が現われる仕掛け。 それぞれの楕円に施したイニシャルはローマ字とキリル文字を重ねてある。 左から5列に分けて見ていくと、それぞれ次のように読める。 1列目—弟。 妹の夫(父方の叔父、当時の皇位継承者)。 2列目—。 姪(妹クセニアの娘)。 3列目—長女(第1子)。 次女(第2子)。 4列目—皇妃。 甥(妹クセニアの息子)。 5列目—妹。 グレイの死後、ファベルジェの宝飾品コレクターのマクフェリン夫妻が皇帝のイースター・エッグをロンドンのサザービーズ競売で落札し (英語)に寄託している。 夫妻を同館に紹介したのは、グレイの兄弟の孫にあたるハロルド・ストリーム(Harold H. "Spook" Stream)だという。 バージニア州立美術館収蔵のロシア皇帝の黄金の卵とは、「 回転するミニチュア絵画 」、「」、「」、「 皇太子アレクセイ 」、「」の5点である。 収蔵品は2004年5月から7月にモスクワのクレムリン内にある美術館 Church of the Twelve Apostles にて公開、ロシア、アメリカ、スイス、イタリア他でも展示を行ってきた。 ファベルジェ美術館を作ったザ・リンク・オブ・タイムズ美術歴史財団は非営利法人で2004年、ロシアの起業家ヴィクトル・ヴェクセリベルクがモスクワに設立、理事長職に就く。 2015年9月5日閲覧。。 財団はときに、ならびにと合同でロシアの文物の返還計画を進めている。 2008年9月にはハーバード大学と交渉の末、18個セットの通称「ロウエルハウスの鐘」 をモスクワの 英語 に取り戻した。 出典 [ ]• BBC FOUR. 2015年9月5日閲覧。 Mieks. com 2008年11月13日. 2012年12月15日時点のよりアーカイブ。 2012年3月26日閲覧。 Bencard, Mogens 1999 英語. 卵の中の雌鶏 [The hen in the egg]. Amalienborg. : The Royal Danish Collections. Link of Times Foundation USA. の2012-11-27時点におけるアーカイブ。 2018年9月10日閲覧。 Kudryavtsev, Tamara. V 1998年11月8日. イースターエッグに関する著書刊行に際して「ロシア帝国の貴重なイースターエッグ」[ファドゥーツ市庁舎講演]. ファドゥーツ市• Kudriavtseva, Tamara 1998. 帝政時代の貴重なイースターエッグ [Kostbare Ostereier aus dem Zarenreich. Hirmer Verlag. Munich. 1986. 653• 2002年12月27日時点のよりアーカイブ。 2018年9月15日閲覧。 Singh, Anita 2014年3月18日. 2015年9月5日閲覧。 2015年9月8日閲覧。 VMFA. 2018年9月6日時点のよりアーカイブ。 2018年9月6日閲覧。 Mishcon de Reya. 2012年8月24日時点のよりアーカイブ。 2015年9月8日閲覧。 2005年4月6日時点のよりアーカイブ。 2018年9月6日閲覧。 1989年5月28日. 2015年11月27日閲覧。 チークウッド美術館・植物園 2007年3月20日. 2007年12月1日時点のよりアーカイブ。 2015年9月8日閲覧。 Energy Tribune 2012年3月26日. 2015年9月5日閲覧。 [ ]• 2015年9月5日閲覧。 BBC FOUR. 2015年9月5日閲覧。 Varoli, John 2007年11月28日. bloomberg. com. 2015年9月5日閲覧。 Christies. 2015年9月8日閲覧。 Varoli, John 2007年11月28日. bloomberg. com. 2015年9月5日閲覧。 Varoli, John 2007年11月27日. Mosow Times. 2015年9月5日閲覧。 、 28 November 2007• Varoli, John 2007年11月28日. Bloomberg. com. 2015年9月5日閲覧。 エルミタージュ美術館発祥の建物はエカチェリーナ2世が1775年に冬宮の東側に設けた小美術館 専用の美術品展示室。 現在、「小エルミタージュ」と呼ばれる。 Quinn, Allison 2014年12月9日. 2015年11月27日閲覧。 ロシア政府発行紙 Russia Beyond The Headlines Rossiyskaya Gazeta の英語版 2014年12月10日. 2015年11月27日閲覧。 ロシア大統領府公式サイト 2004年12月8日. 2015年11月27日閲覧。 アレクサンドル・イヴァノフはロシア国立博物館館長とロシア国内の個人美術館の団体代表、自身もファベルジェの宝飾品蒐集家。 「ロシアへ帰国させます。 最も美しく価値が高く、高い技術を凝縮した作品でもあるのです」と語った。 Matlack, Carol 2014年12月15日. 2015年11月27日閲覧。 Moskovskij Komsomolets モスコースキー・コムソモーレッツ紙 2014年12月9日. 2015年11月27日閲覧。 Dolgov, Anna 2014年12月12日. 2015年11月27日閲覧。 2014年12月11日. 2015年11月27日閲覧。 2015年9月5日閲覧。 2015年9月5日閲覧。 「白鳥」と「孔雀」の所有者で肖像彫刻家 Edouard Marcel Sandoz 1881-1971 と美術蒐集家で文筆業の Maurice Yves Sandoz 1892-1958 の偉業を伝える財団。 製作年の2月にロシア革命が勃発したため皇帝がこの1点を受け取ることはなかった 参考資料 [ ]• Lynette G. Proler, Valentin Skurlov, Tatiana Faberge. Faberge Imperial Easter Eggs Christie's, 1997• Gerald Hill. Faberge and the Russian Master Goldsmiths New York: Universe, 2007• Toby Faber. Faberge's Eggs: The Extraordinary Story of the Masterpieces That Outlived an Empire New York: Random House, 2008 書籍・資料の紹介 [ ]• ミークス. 2005年5月30日時点のよりアーカイブ。 2018年9月5日閲覧。 エッグを近年の所有者や入手の経緯などで分類。 カール・ファブルジェの伝記、エッグクイズ、フォーラム。 2015年12月8日時点のよりアーカイブ。 2015年9月5日閲覧。 書籍の紹介。 ファベルジェ商会の職人別に伝記と作品を紹介。 新聞のウェブ版 [ ]• Varoli, John 2007年11月28日. Bloomberg. com. 2015年9月5日閲覧。 クリスティーズの競売で史上最高額を記録。 ひ孫のサラ・ファベルジェのコメント 英語 宝石商 [ ]• ファベルジェ商会. 2015年9月5日閲覧。 宝飾品、腕時計他の広告。 ファベルジェの卵のデザイン下絵など製作裏話。 英語 テレビ・映画 [ ]• 2015年9月5日閲覧。 テレビ番組「BBC FOUR」。 スティーブン・スミス、ファベルジェに迫る。 ケント公爵マイケルにロイヤル・コレクションについて取材。 再放送。 Pbs. org. 2015年9月5日閲覧。 クレムリン武器宮殿に移されたエッグを守った職員たち。 散逸した初期は1点400-500ドルで売り買いされたエピソード。 アメリカ初のコレクター、女性5人の紹介。 Smith, Stephan 2013年6月19日. BBC Four. 2015年9月5日閲覧。 IMDb. June 29. 2015年9月8日閲覧。 小さな家族経営の工房を国際的な宝石商に育て上げ、また世界の王族から御用達の誉れを授かり、富裕な貴族層や財力を誇る大立者の注文を受けるまでに発展する物語である。 ところがロシア革命が勃発、ブランドを奪われ失意の底に陥ったまま、1920年に亡命先のスイスで死去してしまう。 大切な「ファベルジェ」の名前が日用品や果てはトイレ掃除の洗剤にまで使われる年月を経て、やがて豪華で高額な宝飾品を扱うブランドとしてふたたび息を吹き返す。 英語 その他• Ludewig McCanless, Christel. 2015年9月5日閲覧。 英語 ファベルジェ研究。 書籍ほか参考資料、オークションの出品カタログを商会。 「高い評価を受ける宝石商や競売会社以外、アメリカで手に入るファベルジェの宝飾品が贋作である可能性は高い」という。 ただし、実際には真作と贋作の2種のほかにもう一種、〈ファベエルジェ様式〉で作った品を加える3種の分類が妥当と考えられる。 Byu Germslaf University. 2015年9月5日閲覧。 2003年の研究論文 英語 関連項目 [ ]• —クレムリン• (英語)• (英語)• —彫刻細工 (英語) 外部リンク [ ]• 2015年11月27日閲覧。 (英語) ミニチュア版の製作工程など動画あり• cargo. 2015年9月5日閲覧。 [ ] (英語) 年譜• Energy Tribune. 2015年9月5日閲覧。 (英語) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ウォッカ【ラドガ インペリアルコレクション ルビー】@北海道函館市

インペリアル コレクション

おんどりの時計 マリア皇后へ、1900年 インペリアル・イースター・エッグ(英語:Imperial Easter Egg)は、金細工師によって製作された宝石で装飾した金製の卵型の飾り物のうち、からの期間に、に納められた50個を指す。 ・の武器宮殿で見ることができる。 ロシア革命後、国有資産に組み込まれながら国外流出し、収蔵先はロシアの次にアメリカに多い。 その希少性からで1000万米国ドル相当の値が付いたものもある(2004年時点)。 日本ではこれらを「ファベルジェの卵」と呼ぶことがあり、その場合は厳密には広く皇帝以外の注文主も含み、総点数58個、そのうち14個前後は所在地が公開されていない。 また場合によってはファベルジェ風のデザインで20世紀、21世紀に作られたものを指す。 モスクワのクレムリン宮殿 アレクサンドラ皇后へ、1906年 「皇帝の」イースター・エッグとして、は金細工師ファベルジェに、初めて皇后に贈る黄金のを作らせた。 皇帝が結婚20周年の記念に卵型の贈り物を選んだ背景には皇后から聞いた少女時代の思い出があり 、デンマークの伯母が持っていた黄金の入れ子の卵は白い卵殻から雌鳥(めんどり)が現われ、それを開くとダイヤモンドをちりばめた王冠が入っていて、さらに中からダイヤモンドの指輪が出てくるデザインだったという。 マリア皇后に贈られた純金製の卵は金の素地にエナメルを厚塗りした白い「殻」を開くと、つや消しの黄金で出来たが現われる。 それがひとつめの「お楽しみ」 仕掛け で、かみ合わせ式の留め金(バヨネット)を外すとを貼り巣に見立てた中に、色味の異なる金を数種類使い分けたの像がすわっていて、めんどりの留め金を開くと中からを施した小さな帝冠とのヘッドが現われたというが、2つとも現存しない。 この贈り物は「最初のめんどりの卵」と名づけられた。 アレクサンドル3世は最初のイースター・エッグがたいへん喜ばれたことからを「皇室御用達金細工師」に任命すると、翌年、もう1つ作らせ、それから毎年、黄金の卵は恒例の特注品となった。 やがて年月とともにデザインがより精巧になっており、皇帝に細かい指示を与えられたファベルジェが自由にデザインする許可を受けたと考えられる。 またファベルジェ家の言い伝えによれば、一つひとつのエッグに必ず「お楽しみ」という小物が入れてあること以外、アレクサンドル3世にさえ、どんな形に仕上がるのか知らせなかったという。 、アレクサンドル3世が没すると注文主は息子のニコライ2世に代わり、妻アレクサンドラと母マリアに黄金の卵をプレゼントし続けた。 からの間はのため、卵は作られなかった。 1917年にロシア革命が勃発、2代のロシア皇帝に納めたエッグの50点目 に当たる「」 (英語)は、皇帝の手元に届くことはなかった。 皇帝に納めたうち、現在まで伝わったものはこれをふくめて44点である 2014年に発見された1点を含む。 1700年代の先例 [ ] エルミタージュ美術館の研究員タマラ・V・クドリャウゼウによると ロシア皇室にはイースター・エッグの贈り物の先例があり 、ファベルジェが製作した「ピョートル大帝」(1903年)のモデルは、のモノグラム を施し時計を組み込んだデザインで製作時期は1757—1758年、製作地はパリであるという。 民間の注文品 [ ] 「」も参照 ファベルジェ商会はまでの時期に 1902年 やロスチャイルドのパリ分家(1902年)、家 1907年)、家 1914年 と、ごく限られた客の注文に応じ、20世紀初頭のロシアの実業家アレクサンドル・ケルヒには7個シリーズを納めた。 国外に散逸 [ ] が起き、軍に囚われたアレクサンドラ皇后の持ち物はペトログラードの宮殿に残され、ボルシェビキの逮捕を免れたマリア皇太后はイースター・エッグをひそかに持ち出した。 の宮殿は荒らされて皇帝の持ち物や貴金属品は略奪に遭うものの、黄金の卵はピーター・ファベルジェの息子アガトン・ファベルジェに獄中で見積もらせた金額では買い手が付かず、数百ドルで換金されたと伝わっている。 は宮殿に残った皇室の宝物を守ろうと、ペトログラードからモスクワのに移送させる。 革命成立のおよそ1年後、がファベルジェ商会を国有化。 は、外貨獲得の手段として1927年からいくつものエッグを競売にかけさせる。 1930年と1933年には14点のインペリアル・イースター・エッグがソビエト連邦から流出、そのとき父を介してレーニンと人脈のあったアメリカの実業家 がまとめて買い付けた の項を参照。 ほかにも宝石商ウォルツキから派遣された (英語)も競り落として国外に持ち出している。 (英語)はやがてロンドン随一の宝石商に成長し、ロシア革命から100年近く行方不明だった「」 1887年製 (英語)がアメリカで再発見された2014年、これを買い取り、個人コレクションに仲介している。 皇室から動乱期に流出したイースター・エッグのうち7点は行方がわからず、1889年製の「」 (英語)、「」 1903年製 (英語) と「」 1909年製 (英語)の3点は写真が残った。 アメリカの5大コレクター [ ] ツァレーヴィチ、または皇太子アレクセイ 皇后アレクサンドラへ、1912年 アメリカのコレクターは1920年代から現われ始め、中でも財力と人脈によりコレクションを築いた屈指の蒐集家が5人いる。 リリアン・プラット [ ] バージニア州出身で皇帝のイースター・エッグ5点を所蔵した (英語)は、重役 (英語)の妻でたいへん富裕だった。 ファベルジェの卵を持つきっかけは1920代に知人の富豪に勧められたからで、ニューヨークの骨董商 (英語)を介して入手した5点とは「水晶 回転するミニチュア絵画 」、「ペリカン」、「 ピョートル大帝」、「ツァレーヴィチ 皇太子アレクセイ 」、「皇族の肖像と赤十字」である。 やがてプラットのロシア文物のコレクションは400点超 とアメリカで最も大きくなり、1947年に死去すると遺言により創建したばかりのバージニア州立美術館()に寄贈される。 同館の収蔵品の核をなす「リリアン・プラット・コレクション」の内訳は、ファベルジェ製の宝飾品のほかに新生ソビエト連邦政府から持ち出されたアクセサリー類や家具から陶磁器にわたる。 マチルダ・G・グレイ [ ] マチルダ・ゲディングス・グレイ(Matilda Geddings Gray)が所有した「」 (英語)、「」 (英語)と「」 (英語)は、その名を冠した財団 Matilda Geddings Gray Foundation が管理している。 他施設収蔵のファベルジェの卵とともにバージニア美術館の展示に貸し出したことがある。 マージョリー・M・ポスト [ ] 27歳のとき父 (英語)から食品会社を相続した (英語)は、1929年にの社主となり当時アメリカ随一の女性の大富豪といわれた。 所有した黄金の卵は最晩年の遺言によりマージョリー・メリウェザー・ポスト財団に寄託、美しい庭園を一般開放する私設美術館 (英語)が管理する。 インディア・E・ミンシャル [ ] ニューヨークの宝石商ラ・ヴィエイユ・ルシーから1943年に「」 (英語)を入手した (英語)はポカホンタス石油会社の創業者 T・エリス・ミンシャルの妻。 ミンシャルが得た品は同じ年にモスクワの骨董品店 Antikvariat から匿名の購入者に売却されたものの転売と考えられる。 著書 "The Story of My Russian Cabinet" に「ファベルジェを北のと呼ぶ人もいるけれど、どんな宝石商もファベルジェの前ではかすんでしまう」と記している。 1965年、宝飾工芸品コレクションを全点オハイオ州の (英語)に遺贈。 マルコム・フォーブス [ ] アメリカの経済誌「」の元発行人は皇帝のイースター・エッグ9個を自分のコレクションに加え、さらにファベルジェ宝飾品およそ180点を所有。 死後、イースター・エッグはオークションでロシアの美術コレクターに一括して買い取られる。 展覧会に現われた黄金の卵 [ ] ファベルジェの卵は1990年代まで、ロシアを除くとアメリカのコレクターの所蔵数がいちばん多く、展覧会に出品する機会もあった。 各地から借り受けて開いた例は1989年のサンディエゴ美術館と、年のメトロポリタン美術館(ニューヨーク市)があり、バージニア州立美術館(リッチモンド市)が企画した展覧会では寄託品が中心である。 サンディエゴ美術館 [ ] 1989年、アメリカ・カリフォルニア州の美術館はファブルジェの卵 26 点を各地から借り入れると芸術祭の一環で展示する。 これほどまとまった数のエッグの公開は前にも後にも例がない。 出品リストは次のとおり。 略号のMとAはそれぞれ(のちの皇太后)とに贈られたことを示す。 個人コレクション(3点のうちの1点) という卵の中に納めてあった写真立て。 (1899年、) イギリス王室収集品 2点• (1910年、)• (1914年、) クリーブランド美術館 1点• (1915年、) 個人コレクション 3点• (1899年、)—表面に並ぶ楕円にあしらった飾り文字はニコライ2世の家族のイニシャルで、ローマ字とキリル文字を重ねてある。 上部の飾りはロマノフ家の宝冠の形。 メトロポリタン美術館 [ ] ファベルジェの宝飾品の展覧会を開くについて、メトロポリタン美術館はグレイ旧蔵の卵の新しい持ち主マクフェリン夫妻の提供した皇帝のイースター・エッグ に合わせて、ニコライ2世( - )の父方の叔母に当たるロシア大公妃がかつて持ち主だった宝飾品およそ100点とともに展示した。 宝石細工のタバコケースやカフリンクなどである。 パヴロヴナの財宝はロシア革命後の混乱期にで密かに隠されてきた品々の一部である。 の外交官がパヴロヴナから預かり、ボルシェビキに没収されないよう隠した地下貯蔵室を地元住民と警察が守り通したという。 発見されて3年後にオークションに出品されるとコレクターが一括で競り落としたため、ロシア皇族が所有したファベルジェの宝飾品としては珍しく散逸をまぬがれた。 バージニア州立美術館 [ ] 皇族の肖像と赤十字(1915年、) ロシアに戻った黄金の卵 [ ] 9点を数えた故のコレクションは、その死後、2004年2月に遺族からのオークションに出される。 ところが競売が始まる前に社長が代理人として全点買い取った。 購入者は、ソビエト崩壊後の大富豪で美術品コレクターである。 それまで、ファベルジェが作った卵の最高額は2002年に付いた「冬」の960万ドルだったところを、フォーブス・コレクションの落札は9点で1億ドルに達したといわれ記録を塗り替えたのである。 イヴァノフとヴェクセリベルクたちが計画したファベルジェ美術館はサンクトペテルブルグに開館した。 2013年、イギリスのテレビ局が組んだドキュメンタリー番組 の取材に応じたヴェクセリベルクは、インペリアル・イースター・エッグ 9 点の収集に 1 億アメリカドル以上をつぎ込んだと明かしている。 ロシア国民として国の歴史と文化を伝える貴重な品、世界最高の宝飾品を守ろうと収集したのであって、自宅に飾り独占するためではないと強調すると、番組内で美術館を建てて所有するファベルジェの卵を公開するつもり だと語った 美術館は2013年11月19日にサンクトペテルブルクに開館。 も参照。 ロスチャイルドのエッグ [ ] 2007年11月、会社が「ファベルジェの時計」と題して 英語 をオークションにかけると、8900万ポンドで競り落とされた 手数料込み。 この「時計」は以前、1964年発行の L'Objet 1900 Maurice Rheims 著 に図版 29として載ったことがあるものの、ファベルジェが納めて以来、実物が公開されたことはなく競売に先立って2007年10月にクリスティーズが開いたモスクワの内覧会で初めてその姿を現したのだ。 製作は1902年、 男爵の婚約祝いの品で、時計を組み込み、正時に卵の頂点が開くとおんどりが現われて翼をひろげる仕かけを施してある。 クリスティーズでロシアの美術工芸品部門をまとめるアレクシス・デ・ティーゼンハウセンによると、このときの競売は当時の史上最高の落札額を付け、世界一高価な時計であり、ロシアからの出品で初めてこれほどの高額を呼んだ、これら3つの点で意義深いという。 それ以前、ファベルジェの卵についた最高の落札額は9600万アメリカドル。 2002年に取引された である。 ロスチャイルドのエッグは2014年12月8日、エルミタージュ美術館創設250年記念 の祝いの席でロシア政府より移管された。 授贈式は大統領が主催、ロスチャイルドのエッグに加えてファベルジェの作品をもう1点贈りスピーチを述べた。 「エルミタージュに贈り物をしたいと思います。 カール・ファベルジェ製作の時計、さらにもう1点、卵の時計、これも同じ人物の作品です。 時計はかつてアレクサンドル3世とマリア・フョードロヴナの成婚25周年の記念に作られ、もう1点はロスチャイルドのファベルジェ・エッグと呼ばれています。 今後、館内のふさわしい場所に展示されることを期待します」。 2015年7月時点でそのファベルジェの卵の時計は館内に展示されていない。 じつはこれらは美術収集家 より2014年にロシア政府に寄贈されたのである。 2014年12月1日付けでイギリスとドイツの税務官がイワノフのファベルジェ美術館 に立ち入り調査を行い 、ロスチャイルドの卵をめぐる脱税問題との関係が注目された。 創業家の手を離れた「ファベルジェ」というブランドはその後も所有者を変えて、2007年10月時点の継承者はふたたびファベルジェ家と手を組んでブランドの価値を高めたいと発表した。 アレクサンドル3世が皇后マリア・フョードロヴナに10個、ニコライ2世が皇后アレクサンドラと生母のマリア・フョードロヴナ皇太后に20個ずつプレゼントしている。 アーマンド・ハマーは創設者の息子、石油会社の社長。 リリアン・トマス・プラット Lillian Thomas Pratt にファベルジェの宝飾品蒐集を勧めると、ブラットはアメリカ初のインペリアル・イースター・エッグのコレクター5人のひとりに数えられる。 バージニア州立美術館に寄贈されたプラット夫人の蒐集品 には、工芸品の代金支払いに使った百貨店外商部の請求書も残り、コレクションを築いた道のりが辿れる。 父C・W・ポストは1895年、で (英語)を創業、1920年代にゼラチンやチョコレート、コーヒーほか食品のナショナル・ブランドを次つぎに吸収合併し、冷凍食品会社の大型買収を経て1929年にに社名変更。 同社は1985年にに吸収される。 ロマノフ家の古写真に写っていたことから皇帝の卵と判明。 ただし技巧的に第一級品とは言いがたく、また注文の経緯を記録した書類がまったく見つからないため、真偽の論争に結論は出ていない。 表面に見える赤っぽい七宝細工の楕円形の飾りはボタン操作で動き、下からニコライ2世の家族の肖像写真が現われる仕掛け。 それぞれの楕円に施したイニシャルはローマ字とキリル文字を重ねてある。 左から5列に分けて見ていくと、それぞれ次のように読める。 1列目—弟。 妹の夫(父方の叔父、当時の皇位継承者)。 2列目—。 姪(妹クセニアの娘)。 3列目—長女(第1子)。 次女(第2子)。 4列目—皇妃。 甥(妹クセニアの息子)。 5列目—妹。 グレイの死後、ファベルジェの宝飾品コレクターのマクフェリン夫妻が皇帝のイースター・エッグをロンドンのサザービーズ競売で落札し (英語)に寄託している。 夫妻を同館に紹介したのは、グレイの兄弟の孫にあたるハロルド・ストリーム(Harold H. "Spook" Stream)だという。 バージニア州立美術館収蔵のロシア皇帝の黄金の卵とは、「 回転するミニチュア絵画 」、「」、「」、「 皇太子アレクセイ 」、「」の5点である。 収蔵品は2004年5月から7月にモスクワのクレムリン内にある美術館 Church of the Twelve Apostles にて公開、ロシア、アメリカ、スイス、イタリア他でも展示を行ってきた。 ファベルジェ美術館を作ったザ・リンク・オブ・タイムズ美術歴史財団は非営利法人で2004年、ロシアの起業家ヴィクトル・ヴェクセリベルクがモスクワに設立、理事長職に就く。 2015年9月5日閲覧。。 財団はときに、ならびにと合同でロシアの文物の返還計画を進めている。 2008年9月にはハーバード大学と交渉の末、18個セットの通称「ロウエルハウスの鐘」 をモスクワの 英語 に取り戻した。 出典 [ ]• BBC FOUR. 2015年9月5日閲覧。 Mieks. com 2008年11月13日. 2012年12月15日時点のよりアーカイブ。 2012年3月26日閲覧。 Bencard, Mogens 1999 英語. 卵の中の雌鶏 [The hen in the egg]. Amalienborg. : The Royal Danish Collections. Link of Times Foundation USA. の2012-11-27時点におけるアーカイブ。 2018年9月10日閲覧。 Kudryavtsev, Tamara. V 1998年11月8日. イースターエッグに関する著書刊行に際して「ロシア帝国の貴重なイースターエッグ」[ファドゥーツ市庁舎講演]. ファドゥーツ市• Kudriavtseva, Tamara 1998. 帝政時代の貴重なイースターエッグ [Kostbare Ostereier aus dem Zarenreich. Hirmer Verlag. Munich. 1986. 653• 2002年12月27日時点のよりアーカイブ。 2018年9月15日閲覧。 Singh, Anita 2014年3月18日. 2015年9月5日閲覧。 2015年9月8日閲覧。 VMFA. 2018年9月6日時点のよりアーカイブ。 2018年9月6日閲覧。 Mishcon de Reya. 2012年8月24日時点のよりアーカイブ。 2015年9月8日閲覧。 2005年4月6日時点のよりアーカイブ。 2018年9月6日閲覧。 1989年5月28日. 2015年11月27日閲覧。 チークウッド美術館・植物園 2007年3月20日. 2007年12月1日時点のよりアーカイブ。 2015年9月8日閲覧。 Energy Tribune 2012年3月26日. 2015年9月5日閲覧。 [ ]• 2015年9月5日閲覧。 BBC FOUR. 2015年9月5日閲覧。 Varoli, John 2007年11月28日. bloomberg. com. 2015年9月5日閲覧。 Christies. 2015年9月8日閲覧。 Varoli, John 2007年11月28日. bloomberg. com. 2015年9月5日閲覧。 Varoli, John 2007年11月27日. Mosow Times. 2015年9月5日閲覧。 、 28 November 2007• Varoli, John 2007年11月28日. Bloomberg. com. 2015年9月5日閲覧。 エルミタージュ美術館発祥の建物はエカチェリーナ2世が1775年に冬宮の東側に設けた小美術館 専用の美術品展示室。 現在、「小エルミタージュ」と呼ばれる。 Quinn, Allison 2014年12月9日. 2015年11月27日閲覧。 ロシア政府発行紙 Russia Beyond The Headlines Rossiyskaya Gazeta の英語版 2014年12月10日. 2015年11月27日閲覧。 ロシア大統領府公式サイト 2004年12月8日. 2015年11月27日閲覧。 アレクサンドル・イヴァノフはロシア国立博物館館長とロシア国内の個人美術館の団体代表、自身もファベルジェの宝飾品蒐集家。 「ロシアへ帰国させます。 最も美しく価値が高く、高い技術を凝縮した作品でもあるのです」と語った。 Matlack, Carol 2014年12月15日. 2015年11月27日閲覧。 Moskovskij Komsomolets モスコースキー・コムソモーレッツ紙 2014年12月9日. 2015年11月27日閲覧。 Dolgov, Anna 2014年12月12日. 2015年11月27日閲覧。 2014年12月11日. 2015年11月27日閲覧。 2015年9月5日閲覧。 2015年9月5日閲覧。 「白鳥」と「孔雀」の所有者で肖像彫刻家 Edouard Marcel Sandoz 1881-1971 と美術蒐集家で文筆業の Maurice Yves Sandoz 1892-1958 の偉業を伝える財団。 製作年の2月にロシア革命が勃発したため皇帝がこの1点を受け取ることはなかった 参考資料 [ ]• Lynette G. Proler, Valentin Skurlov, Tatiana Faberge. Faberge Imperial Easter Eggs Christie's, 1997• Gerald Hill. Faberge and the Russian Master Goldsmiths New York: Universe, 2007• Toby Faber. Faberge's Eggs: The Extraordinary Story of the Masterpieces That Outlived an Empire New York: Random House, 2008 書籍・資料の紹介 [ ]• ミークス. 2005年5月30日時点のよりアーカイブ。 2018年9月5日閲覧。 エッグを近年の所有者や入手の経緯などで分類。 カール・ファブルジェの伝記、エッグクイズ、フォーラム。 2015年12月8日時点のよりアーカイブ。 2015年9月5日閲覧。 書籍の紹介。 ファベルジェ商会の職人別に伝記と作品を紹介。 新聞のウェブ版 [ ]• Varoli, John 2007年11月28日. Bloomberg. com. 2015年9月5日閲覧。 クリスティーズの競売で史上最高額を記録。 ひ孫のサラ・ファベルジェのコメント 英語 宝石商 [ ]• ファベルジェ商会. 2015年9月5日閲覧。 宝飾品、腕時計他の広告。 ファベルジェの卵のデザイン下絵など製作裏話。 英語 テレビ・映画 [ ]• 2015年9月5日閲覧。 テレビ番組「BBC FOUR」。 スティーブン・スミス、ファベルジェに迫る。 ケント公爵マイケルにロイヤル・コレクションについて取材。 再放送。 Pbs. org. 2015年9月5日閲覧。 クレムリン武器宮殿に移されたエッグを守った職員たち。 散逸した初期は1点400-500ドルで売り買いされたエピソード。 アメリカ初のコレクター、女性5人の紹介。 Smith, Stephan 2013年6月19日. BBC Four. 2015年9月5日閲覧。 IMDb. June 29. 2015年9月8日閲覧。 小さな家族経営の工房を国際的な宝石商に育て上げ、また世界の王族から御用達の誉れを授かり、富裕な貴族層や財力を誇る大立者の注文を受けるまでに発展する物語である。 ところがロシア革命が勃発、ブランドを奪われ失意の底に陥ったまま、1920年に亡命先のスイスで死去してしまう。 大切な「ファベルジェ」の名前が日用品や果てはトイレ掃除の洗剤にまで使われる年月を経て、やがて豪華で高額な宝飾品を扱うブランドとしてふたたび息を吹き返す。 英語 その他• Ludewig McCanless, Christel. 2015年9月5日閲覧。 英語 ファベルジェ研究。 書籍ほか参考資料、オークションの出品カタログを商会。 「高い評価を受ける宝石商や競売会社以外、アメリカで手に入るファベルジェの宝飾品が贋作である可能性は高い」という。 ただし、実際には真作と贋作の2種のほかにもう一種、〈ファベエルジェ様式〉で作った品を加える3種の分類が妥当と考えられる。 Byu Germslaf University. 2015年9月5日閲覧。 2003年の研究論文 英語 関連項目 [ ]• —クレムリン• (英語)• (英語)• —彫刻細工 (英語) 外部リンク [ ]• 2015年11月27日閲覧。 (英語) ミニチュア版の製作工程など動画あり• cargo. 2015年9月5日閲覧。 [ ] (英語) 年譜• Energy Tribune. 2015年9月5日閲覧。 (英語) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の