サイレント ヒル 映画。 「ラストは?」サイレントヒル

映画『サイレントヒル』の感想・考察 シビルがあの街にいる理由&ラストの意味

サイレント ヒル 映画

サイレントヒルの続編映画 『サイレントヒル:リベレーション』。 映画『サイレントヒル』のその後を描きつつ、 サイレントヒル特有の恐怖・モンスターが続々と襲い掛かってくる感じが印象的な映画で面白かったです! レビューを見る限り、だいぶ低評価の多い映画みたいですが…個人的には好きでした。 どちらかといえばサイレントヒルのモンスター・恐怖演出がお好きな方、前作のその後が気になる方…そして考察がお好きな方におすすめしたい映画です!• 映画『サイレントヒル:リベレーション』の作品情報 あらすじ 恐ろしい悪夢に悩まされる17歳の少女・ヘザー。 妻・ローズから娘のことを託されたヘザーの父・クリスはハリーと名を変え、娘の名もシャロンからヘザーへと変えさせ、安全な地を求めて各地を転々としていました。 ローズがやっとの想いで外の世界に抜け出させた娘を守るために、サイレントヒルでの出来事を忘れているヘザーにできる限り平穏な日々を送ってもらうために。 しかし両親の願いも空しく、サイレントヒルの悪夢は夢の中だけではなくヘザーのすぐそばまでやってきていました。 そして悪夢はヘザーだけではなく父親にも襲い掛かり…。 予告動画 動画リンク 映画『サイレントヒル:リベレーション』の感想 【面白ポイント】• 前作と繋がった切ないストーリー• サイレントヒル特有の恐怖• 三角頭様がカッコいい! 前作と繋がった切ないストーリー 娘への愛を感じるローズの決断、そしてローズへの愛を感じるラストのハリーの決断…2人の愛が何とも切なくてジーンと来るものがありましたね。 私は「愛する者のために」と行動を起こすキャラクターに感情移入しやすいので、この 両親の切なさと愛を感じる決断は大好きでした。 そして2人がヘザーのためにと頑張ってもサイレントヒルの悪夢がずっと付きまとい、あんなに 純粋だったヘザーがどんどん擦れていく…切ないですね。 できればヘザーには普通に学校生活を楽しんで、友達と遊んで、恋人つくって…こう普通の人生を送ってほしいと願いたくなるような…。 そしてできればローズとハリーにはそんなヘザーを見守りながら、夫婦で穏やかな日々を過ごしてほしいなと願わずにはいられないような切ないストーリーでした。 何というか…映画『サイレントヒル』では切なさというよりもイヤミス感の方が強かったのですが、 リベレーションでは切なさの方が強かったですね。 個人的には切ないストーリーも大好きなので問題ありませんでしたが、前作のようなイヤミス感を求めていた方には物足りないかもしれません。 どちらかといえばサイレントヒルのその後が気になるという方、親子愛・夫婦愛を感じる切ないストーリーがお好きな方におすすめしたい映画です! サイレントヒル特有の恐怖 突然現れる正体不明のモンスター、繰り返される静寂と恐怖といったサイレントヒル特有の恐怖が、今作にも要所要所で盛り込まれていてとても良かったです! 特に モンスターが良かったですね! ゾンビや幽霊とは違った「これぞモンスター!」という姿・動き、怖いけどカッコいい絶妙さ、ちゃんとテーマというか 個性がある感じが個人的ツボに刺さりました。 サイレントヒルで登場していたモンスターがバージョンアップしていたのも良かったですし、 今作から登場したマネキンモンスターとかも個人的には好きでしたね。 そしてサイレンとともに突然現れる闇。 荒廃していく街並みの映像的な恐怖、静寂と恐怖を繰り返す心理的な恐怖…どちらからも楽しめる感じがして良かったと思います。 ただこれはあくまでおまけというか…今作のメインはあくまでも正体不明なモンスターにあると思うので、闇による恐怖は少し弱めかもしれませんね。 なので今作はどちらかといえばサイレントヒルらしいモンスター、人間がモンスターになったような個性的なモンスターがお好きな方におすすめしたい映画です! 三角頭様がカッコいい! サイレントヒルに登場した時から怖いけどカッコいいと思っていましたが、今作ではもう完全に ヒーローポジションにいらっしゃって…めちゃくちゃカッコ良かったです! シャロンのピンチにどこからともなく現れ、シャロンに仇名す者を排除する三角頭様とか…最高にカッコいい! ラストシーンで敵の攻撃を防いだところなんて もう胸キュンものですよ。 特に三角頭の行動自体は前作と変わっていないのに、リベレーションで 主人公の立ち位置が変わったことで、三角頭の印象が変わるのが個人的にはすごく好きでした。 立場1つで恐怖の象徴がヒーローになるという変化が、 キャラの魅力を2倍にしているように感じられて良かったと思います。 なので今作はサイレントヒルで三角頭がお好きだった方、恐怖の象徴がヒーローに変わる系の映画がお好きな方にイチオシの映画です! 映画『サイレントヒル:リベレーション』の考察 【考察ポイント】• ラストのパトカーと護送車の意味• 三角頭の正体• アレッサの父親• メタトロンの封印 ラストのパトカーと護送車の意味 冒頭で「サイレントヒルは刑務所だった」という話があったので、おそらくは サイレントヒルを刑務所として再開させるために囚人を護送していたのだと思います。 サイレントヒルを街として再開させるのはまだ難しくとも、土地がもったいないから刑務所として再利用したいという声があがっているのかもしれませんね。 そこでとりあえず試験的に囚人を送り込んでみよう…と、囚人をサイレントヒルに護送していたのではないかなと思います。 しかしラストで灰が降り出していたことからも分かるように、 アレッサがいなくなってもサイレントヒルにある地獄はなくなっていません。 なので今度はサイレントヒルにやってきた 囚人・看守たちが、恐ろしいサイレントヒルの悪夢に巻き込まれることになるという意味を含んだラストだったのだと思います。 もしくは 原作ゲームのシリーズに囚人が主人公の作品があるらしいので、もしかしたらそれを暗示したラストシーンだったのかもしれませんね。 三角頭の正体 三角頭はアレッサが生み出した処刑人というだけではなく、もしかしたら アレッサの父親だったのではないかなと思います。 今作は親子の話が結構登場したので…。 ハリーが娘のヘザーを守ろうとしていたように、三角頭も 娘・アレッサの分身であるヘザーを父親として守ろうとしていたのではないかなと思います。 おそらくですが三角頭も元は普通の人間で…。 ただ「アレッサを守るための力が欲しいという願い」と「アレッサの憎しみ」がぶつかった時に、 封印の力が作用してモンスターになってしまったのだと思います。 つまりサイレントヒルで初めて生まれたモンスターですね。 そう考えるとヘザーに危険が迫った時にすぐ駆け付けることも、前作でアレッサの復讐に協力していたこと、アレッサの母・ダリアに危害を加えないことにも納得。 三角頭はモンスターになっても愛した女性のため、娘・アレッサのために動いていたのかもしれませんね。 三角頭なのは…神の象徴かな。 封印に三角形の文様があったので、おそらくはモンスターになった時にその文様が反映されたのだと思います。 そう考えると、 教団の言う「神」とは三角頭のような存在のことを指しているのかもしれないですね。 アレッサの父親 三角頭がアレッサの父親、封印を持っていたからモンスターになったのだとすると、アレッサの父親はおそらく 教団のトップに立つような人物だったのだと思います。 もしくは 教団のトップの配偶者ですね。 教団の元トップがレナード、前作で教団のトップに立っていたのがダリアの姉・クリスタベラ、現トップがクリスタベラの妹・クローディアであることを考えると…。 おそらくは 当時の教団トップ・クリスタベラの夫が、アレッサの父親なのだと思います。 つまり アレッサの母・ダリアは、姉の夫と関係を持っていたということですね。 クリスタベラの夫とダリアの間にできた子だと考えると、クリスタベラが姪であるアレッサに冷たく当たっていたことにも納得がいきます。 妻として姉として、そして教団のトップに立つ人間として妹と夫の不義理が許せず、 その怒りがその2人の子供に向いてしまったのでしょうね。 メタトロンの封印 メタトロンの封印とは人間の本質を表面上に出させるというか、 本性・願いに合わせて肉体を変化させるような能力を持った物なのだと思います。 ローズが封印を手に入れた経緯 そもそもローズはヘザーをサイレントヒルの外に出すために、 ヴィンセントの祖父・レナードから封印を奪ったのだと思います。 レナードが「あの女が娘を助けるために使った」と言ったので、この「あの女」というのはローズのことを言っているのでしょう。 もしくは アレッサの母・ダリアが協力していたのかもしれませんね。 よそ者であるローズが封印のことを知っていたとは考えにくいので、ダリアが入れ知恵したか…もしかしたらヘザーのためにダリアが封印をローズに渡したのかも。 ヘザーはアレッサの分身ですから、アレッサの母としてダリアがヘザーのために協力し、ローズが封印を手に入れたのかもしれません。 へザーが現実世界にいる理由 おそらくは人間の願いや本性によって肉体に変化を与える封印の能力を使って、 サイレントヒルから外の世界に出られるようにヘザーの身体を変化させたのだと思います。 サイレントヒルが命なき者だけが入れる世界であったことを考えると、ヘザーが現実世界にいることは 蘇生に近いかもしれませんね。 封印が2つそろっていればローズも外の世界に出られたのかもしれませんが、半分しかなかったのでローズは鏡越しに姿を見せることしかできなかったようです。 鏡はこの世ならざる者を映すものというイメージが強いですから…あの時のローズは 幽霊に近い存在だったのかもしれませんね。 ただヘザーだけは…と封印の力を使ったことで、ヘザーだけは肉体を手に入れて外の世界に出ることができたのだと思います。 人間がモンスターになる理由 人間がモンスターに変身していたのはヘザーのせいでも本来の姿になったわけでもなく、 封印の力によって願い・本性が肉体に変化を与えた結果だと思います。 簡単にいうと 封印の力によって自分の望む姿を手に入れたという感じですね。 例えばレナードは封印の力によって視力が回復、どんな攻撃を受けても立ち上がるような老いを知らぬ屈強な肉体を。 ヴィンセントの母・クローディアは封印の力によって、戦いに特化した肉体を手に入れていました。 おそらくはその変身した姿が、彼らの望んだものだったのでしょう。 まぁ… 望んだもの以上のモンスターボディになってしまっていますが、一応自分の望む身体は手に入れているのだと思います。 ヘザーが封印を手にしていてもモンスターにならないのは、 望みが自分に対するものではないからかな。 ヘザーがサイレントヒルにいる時の望みは「父親を助けたい」「ヴィンセントに無事でいてほしい」など他人を思いやる心だったのでしょう。 だから自分の肉体に変化を与えることはなく、モンスターになることもなかったのだと思います。 つまり教団の人間はヘザーを悪魔の子だというけれども、ヘザーの方が他人を思いやる心を持っている人間で…教団の人間の方が欲に塗れたモンスターということでしょう。 街にいるモンスター サイレントヒルにいるナース・マネキンモンスター・三角頭などのモンスターたちも、おそらくは 封印の力でモンスターになってしまった元人間だと思います。 教団の人間が言っていた「神を呼び出す」というのは、おそらくはこの封印の力で超人を生み出そうということだったのでしょう。 だからこそレナードは肉体に封印を埋め込み、神になる儀式というか実験のために病院の一室にこもっていたのだと思います。 マネキンモンスターたちはその神化の失敗作でしょうね。 己の欲望のみが表面化されたモンスターになってしまい、 本能や願いのために人間を襲うようになっていたのだと思います。 マネキンモンスターの場合は、たぶん 「人形のようにキレイになりたい」という願いだったんじゃないかな。 その願いが封印の力によって歪んだ状態で叶えられ、 「他人をマネキンに変えて自分の身体の一部にする」というモンスターになってしまったのでしょう。 教団の望む「神」を作り出すためには、おそらくはアレッサの父のような「誰かのために」という想いが必要なのに、教団の人間は自分の望みばかり願うから…。 どんなに実験を繰り返しても失敗作のモンスターだけが生まれてしまい、サイレントヒルはモンスターばかりの街になってしまったのだと思います。 まとめ 前作に比べると低評価の多い映画らしいのですが、個人的には大好きなモンスター・切ないストーリーだけではなく考察まで楽しめて…すごく満足のいく映画でした。 ただ考察をしないと「ん?」という状態のまま終わっている部分が多いので、どちらかといえば考察好きな方に向いている映画かもしれませんね。 そしてホラー映画をお求めの方よりも、サイレントヒルらしいモンスターがお好きな方、サイレントヒルのその後が気になる方におすすめしたいです!.

次の

映画『サイレントヒル:リベレーション』のネタバレあらすじ

サイレント ヒル 映画

偽名を使い教団から逃げるハリーとヘザー この作品は2006年に公開された「サイレントヒル」の続編で、コナミから発売されているゲーム「サイレントヒル3」をベースにした作品でPG12指定作品です。 前作ラストの後クリストファーは妻のローズと鏡越しに会話し、闇の世界からは1人しか戻れないこと、封印の半分を見つけたこと、2人が孤児院から引き取った義娘シャロンを何があっても守ってほしいというメッセージを受け取ります。 そしてシャロンだけが現実世界に戻ってきますが、シャロンはサイレントヒルでの出来事を全く覚えておらず、ローズは事故に遭ったことにされていました。 事件後、クリストファーはハリー、シャロンはヘザーという偽名で、教団員を殺害したハリーを追う警察とシャロンを追っている教団から逃げるため各地を転々としていました。 そんなヘザーは毎晩サイレントヒルに関係する恐ろしい夢を見てうなされていました。 新しい土地に引っ越してもそれは続き、18歳の誕生日にハリーから白いジャケットをプレゼントされますが、それはヘザーが悪夢の中で着ていたものでした。 ヘザーが学校に行くと、ハリーはヘザーがつけていた夢日記の中からサイレントヒルの文字の書かれたページを破り取り、ヴァルティエル派のシンボルが書かれた木箱にそのページをしまい込みます。 教団に雇われていた探偵の死と父親の誘拐 ヘザーのクラスには偶然同じ日にヴィンセントという青年も転入してきました。 授業で教室を移動中にヘザーは悪夢の続きのような幻覚を見ますが、ヴィンセントに声を掛けられ幻覚から脱出します。 帰宅しようとしたヘザーは尾行されていることに気づき、ハリーに電話してバーガー店の前で落ち合う約束をするもハリーは現れずダグラスという探偵が姿を見せます。 教団にヘザーの居場所を教えたこと、父親の言っていることは嘘で、サイレントヒルに迷い込みローズに助けられたことを告げた瞬間、幻覚にしか出てこなかったバケモノが現れダグラスを襲い殺します。 外に逃げたヘザーの前にヴィンセントが現れヘザーを自宅へと送りました。 帰宅したヘザーは壁に教団のシンボルと「サイレントヒルに来い」と血で描かれているのを発見し、ヴィンセントに助けを求めます。 2人が家の中でサイレントヒルに関することを調べていると、ダグラス殺害事件の容疑者としてヘザーを追っていた2人の刑事が家を訪れたため、2人は車で家から逃げ出しますがこのとき木箱にあったハリーからの手紙とハリーが書き綴ったノート、そしてメタトロンの印章を持ち出し、ハリーのノートから2人はサイレントヒルについてを知ります。 決心、そしてサイレントヒルへ…… 2人は車でサイレントヒルへと向かい、途中モーテルに泊まります。 そこでヘザーはヴィンセントから自分は教団の子でヘザーを連れ戻すように送り込まれたこと、ヘザーは悪魔であるアレッサの分身だと聞いていたことを話します。 しかし実際に会ってみるとヘザーはアレッサの善の部分だったことでヴィンセントの意識が変わり、ヘザーと共にサイレントヒルへ向かう決心を伝えた瞬間、室内が暗闇に包まれ建物全体が腐食しはじめ、化け物が現れヘザーは殴られて気絶します。 気が付くと朝になっており、ヴィンセントの姿はありませんでした。 ヘザーがモーテルの部屋を出ると灰が降っていて視界が悪かったのですが、道路づてに廃墟と化したサイレントヒルにたどり着きます。 歩いているとアレッサの母親が現れ、アレッサのことそしてアレッサ自身が善の部分をヘザーに託した事を話します。 狂気じみた恐ろしい現象が起こり、化け物の現れる「闇の時間」から逃れつつ、ヘザーはハリーの捜索を続けます。 レザーは現実世界に戻りハリーはサイレントヒルで妻ローズを探すことに… ヴィンセントの祖父からメタトロンの印章の半分を入手し、印章を完全なものにしたヘザーは、ヴィンセントを救出しハリーがとらえられている遊園地の地下の聖域を目指します。 しかし教団の中でも妄信的な「ブレスレン」の目をそらすためヴィンセントが囮になり、一人になったヘザーはこの状況が悪夢で観たのと同じものだと気づきます。 アレッサの闇の部分と対峙したヘザーは、悪のアレッサを自身に取り込み完全に一つの存在になります。 聖域にはハリーと捕まったヴィンセント、そしてクローディアと数人の教団員がいました。 メタトロンの印章が本性を見せるものと知っていたヘザーはクローディアに印章を渡すように言われ、正体を見せてと印章を手に乗せます。 クローディアが印章に手を乗せるやいなや、その姿は化け物に変わりヘザーを襲いますが、そこにレッドピラミッドというアレッサの守護的な存在の化け物が現れ、クローディアと戦い始めます(アレッサにとってクローディアは敵となったため)。 この隙にヴィンセントは自力で逃げ、ヘザーと共にハリーを助け出し、クローディアはレッドピラミッドに敗れ死にます。 全てが終わり、ハリーとレザー、ヴィンセントは町の入り口まで歩きますが、ハリーは妻ローズを探すためにサイレントヒルに残り、レザーとヴィンセントが現実世界へと戻ります。 一世風靡したゲームタイトルをなかなかの具現化で実写化してある!さすがバイオハザードのスタッフと言える出来上がりです。 ダークファンタジーとも言える世界観が悩ましげで怪しげでゲームの世界にまるでタイムスリップしたような感覚をも味わせてくれます!CGもほぼ違和感なくキャスティングも悪くない。 欲を言うなら、もっと敵キャラ的なものをどんどん送り込んでくれても良かったかな• 前作と同じくゲームを忠実に再現できています。 びっくりするような恐怖ではなく、ジワジワと迫ってくるような不安感を持たせる恐怖、私は好きです。 ただ 精神状態が不安定な時は観ない方がいいと思います•

次の

ゲーム原作映画の最高峰!サイレントヒル!!

サイレント ヒル 映画

ゲームが原作ということですが、原作もあんな感じの切ない終わり方なのかも気になります。 ダークサイドが虐待やら受けてた時代は父親なんて存在自体しないしね。 原作のゲームはマルチエンドだが、いわゆるハッピーエンドは存在しない。 原作の主人公は父親で、妻には先立たれている。 映画のようにハッピーエンドかと思ったら永遠に会えないような切ない感じは 無いかな。 町の有力者らしき者含む大勢が宗教にはまり、生け贄を容認してた町の過去が、 地下火災という形で隠蔽(たまたま)されてるのを暴かれたくなかったetc. シビルに関しては、最後身を挺してローザを助けるキャラ設定を裏付けるため。 人柄を匂わせて、あいつがいるから大丈夫と親父を納得させるのと、 犠牲になる性格の裏付け、 そんないい奴が生け贄されてのラストのカタルシスへの前振り。 そんなとこかと。 だんなが訪れているサイレントヒルは、人がいなくなって寂れた現実世界の サイレントヒル。 位置は近いけど世界が違って、気配だけ感じる描写があっ たはず。 何故かというとアレッサが呼んだから、だろうか。 普通と変わらないが一般人のいないのは表。 化け物や超常現象が存在するのは裏。 偶然も必然もあるが、何らかの因縁のある人間のみがこれらの異世界に迷い込む。 映画のラストに明確な答えが無いので個人的な意見になってしまいますが、 あの親子は異世界から抜け出せてないのだと思います。 力の増したアレッサによって異世界の範囲がサイレントヒルの町から拡大し、 現実の自宅に戻ったつもりが表世界の自宅にいるという感じでしょうか。 とりあえず、 1:なんでラストで主人公母娘は現実世界に帰ってこられていないのか 2:あの顔面血みどろの看護婦さんって誰? です……答えはないのかもしれませんが、よろしくお願いします。 答えは無いが見解は色々ある。 2に関しては回想部分で出てきた看護婦だよ。 好奇心でアレッサを覗いたため犠牲になった。 その後、異界に飲み込まれて、アレッサの復讐に必死で抗ってるだけ。 >ラスト 復讐達成後、アレッサが二人に近寄ってきたでしょ。 それでシャロンと融合してしまった。 異界の元凶はアレッサだから 当然二人は何処に行っても異界からは出られない。 アレッサを受け容れてしまった母親の罰だな。 死んだともとれるし、異世界に取り残されたとも解釈できる。 俺的には後者。 シャロンはアレッサの精神と統合した状態で、もう元のシャロンではない。 アレッサは復讐を果たし、シャロンの体と母親を手に入れたので自分にとって安全な異 世界に留まる事を選んでいるので、親子は現実世界に戻る事は無い。 はっきりと描かれていないから議論になりやすいところなんだけど。 旦那はラストの自宅以外に、現実のサイレントヒルを訪れたときに病院(?)でも 気配を感じている。 異世界だけど場所は近いから気配だけは感じるということなんだろう。 事故の直後あたりで、現実とは違う異世界のもう一つの裏サイレントヒルに入り 込んでしまっている。 ときどきダークアレッサの支配する闇のサイレントヒルになって恨みのある人に 罰を与えている。 ダークアレッサは娘と融合して、新しい母親もできたので裏のサイレントヒルで 暮らそうとするので、現実には帰れない。 ラストの娘は中身はアレッサなのです。 これが答えだというつもりは無いけど(一度しか見てないし)、こんな解釈をしてる。 ただ元々のゲームでも細かい設定はなく、映画版でも新設定は追加してないので曖昧なまま。 日本の怪談だと、鏡の中の世界 踊場の姿見を夜中に見ると引きずり込まれる みたいな感覚。 シャロンを呼び寄せて融合し母親を手に入れて異世界で生きるのが目的だったとしたら、 自由の利かない現実世界に残る必要ない。 異世界の病院地下に、看護婦と共に確かにやけどアレッサがいましたね、すみません。 自分、あれはダークアレッサがローズに幻影でも見せてるのかと 勝手に脳内解釈をしておりましたorz.

次の