ドコモ解約金。 ドコモの違約金の金額は?解約月の調べ方から対策まで紹介!

ドコモ、10月1日から解約金を1000円に値下げ dカードで携帯料金を払えば解約金なしに

ドコモ解約金

ドコモ光解約・ドコモインフォメーションセンター ドコモの携帯電話から 151 付時間:午前9時~午後8時 (年中無休) 一般電話などからの場合 0120-800-000 受付時間:午前9時~午後8時 (年中無休) ドコモショップで手続きをする場合は、ドコモの公式サイトで近くのドコモショップを検索して営業時間内に訪問し手続きを行います。 ドコモ光のプロバイダー、別途解約手続きがいるかも! ドコモ光は、いわゆる系のインターネット契約ですが、プロバイダーは選ぶことが可能です。 そして、契約したプロバイダーによっては、ドコモに 「ドコモ光」の解約手続きをするだけでは、プロバイダーの解約は行われず別途連絡が必要な場合がありえます。 こちらに代表的なドコモ光のプロバイダーの解約手続きについて一覧にしました。 プロバイダーのほとんどが、ドコモ光を解約すると自動的にプロバイダー解約も解約されるしくみになっていますが、中には、hi-hoのように別途解約の手続きをしない限り、有料のプランに移行されてしまうものもあります。 ご自分の契約しているプロバイダーの条件をよく確認しましょう。 ドコモ光解約・ドコモインフォメーションセンター ドコモ光、プロバイダーが の場合 「ドコモ光」を解約すると、So-Netのプロバイダー契約は「無料プラン」になる。 プロバイダー契約自体も解約したい場合は、So-Netに連絡が必要。 の場合 「ドコモ光」を解約すると、自動的にぷららのプロバイダー契約も解約になる。 エキサイトの場合 「ドコモ光」を解約すると、自動的にエキサイトのプロバイダー契約も解約になる。 「ドコモ光」を解約すると、自動的に楽天ブロードバンドのプロバイダー契約も解約になる。 「ドコモ光」を解約すると、ビッグローブから継続するかどうかの意思確認の用紙が届く。 それにそって解約や継続の手続きを行う。 の場合 「ドコモ光」を解約すると、一定期間でプロバイダー契約(無料)が続き、その後解約となる。 の場合 「ドコモ光」を解約すると、自動的にOCNのプロバイダー契約も解約になる。 hi-hoの場合 「ドコモ光」を解約すると、受付の翌月1日から「ちょこっとコース(月額216円)」に自動的に変更される。 ドコモ光の解約には解約金がかかる? マンション・戸建て関わらず、「契約期間なし」というプランを選んでいなかった場合、契約したドコモ光は、2年定期契約のプランになっています。 意味で、「2年継続して同じドコモ光のプランを契約し、2年経つと自動的にその契約がまた2年更新される」というものです。 (最低契約期間とは異なります。 ) 契約満了月の「翌月」と「翌々月」に解約の手続きを行えば、解約金の支払いなく、 ドコモ光の解約が可能です。 ドコモ光解約・解約違約金 戸建てタイプ 13,000円 マンションタイプ 8,000円 ドコモ光・更新月に解約すれば解約金はかからない 上記でも触れた通り、ドコモ光は契約満了月の「翌月」と「翌々月」に手続きを行えば解約金はかかりません。 また少数派化と思いますが、最初からドコモ光「契約期間なし」というプランを選んでいればいつでも解約金の支払いなしで解約が可能です。 ドコモ光を解約して他の光回線にする場合も工事費はかかる! ドコモ光を解約する理由は様々かと思いますが、もし、次にまた他の光回線を契約しようと思っている場合は、独自回線の「auひかり」や「NURO光」はもちろん、「」や光コラボ系ネット契約で、また工事費がかかりますので、ご注意ください。 また、工事費無料のキャンペーンでも、工事の間はネットが使えなくなる期間も出てくるのであらかじめ理解しておきましょう。 もちろん、ならば、工事・工事費は一切かかりません。 回線工事費は支払い終わっていますか? もともと光回線にフレッツ光を利用しており、「」に転用という形で契約をした方はすでに光回線の工事を支払い終わっているかもしれませんが、まったく新規でドコモ光を契約された方は、工事費が全部支払い終わっているかよく確認してください。 の支払いに分割払いを選んでおり、 ドコモ光の解約時にもまだ工事費の全額が支払い終わっていない場合は、一括で残りを払うことになります。 解約金も支払わなくてはいけない場合は、トータルでかなりの出費になりえますので、ご注意ください。 光回線の工事費は戸建てかマンションで異なります。 また、残金も何回払いを選んでいたか等で異なります。 ドコモ光・光回線・工事費 戸建てタイプ 18,000円(税抜) 基本的な工事の場合の金額。 一括払い・分割払い(12,24,36,48,60回払い) マンションタイプ 15,000円(税抜) ドコモから提供の機器は捨てないで ドコモ光契約中に使っていた機器、ルーター・モデムなどは、月額レンタル料金を払っているものや無償レンタルのものなどありますが、いずれも「レンタル」であり、返却義務がある場合がほとんどです。 ドコモ光の解約手続きにこれらの機器の返却手続きが必要になりますので、捨ててしまったりしないようにしましょう。 もちろん、「ついうっかり」でも捨ててしまったらその分請求されてしまいますので、よく注意しましょう。

次の

docomoの「保留中の解約金」についてです。本日、docomoショップへス...

ドコモ解約金

ドコモの 新料金プランが始まりましたね。 通話中心の方向け キッズケータイプラン データ通信利用不可。 キッズケータイをお使いの方向け ほとんどの方は「ギガホ」か「ギガライト」を選択するかと思います。 また、今まではドコモ解約するとき(他社へMNPする場合も含め)の 解約金が9,500円でした。 そして、2019年10月以降に 新料金プランで契約した方は 解約金が1,000円。 でもね、新料金プランに変更しても、すぐには 解約金1,000円にならないんです…!9,500円のままです…! 詳しく説明していきます。 そのため新規契約の方は安心してください。 解約金が1,000円にならないのは、 2019年9月以前からドコモで契約していて、10月以降に「新料金プランに変更」する方です。 ドコモの「よくあるご質問」にはこのように記載されています。 現在、基本プラン 定期契約あり を契約しています。 2019年10月1日提供開始のギガホ 2年定期契約 に変更した場合、解約金は1,000円 税抜 になりますか? 解約金留保期間に解約した場合、9,500円 税抜 の解約金がかかります。 解約金留保期間に解約した場合、9,500円 税抜 の解約金がかかります。 要するに、 新料金プランに変更しても現在の2年契約期間が終わるまでは、解約金は9,500円のまま。 現在の2年契約期間が終わった後の解約金が1,000円になります。 いつから解約金が1,000円になるのか?(例) 先ほどのよくある質問のページには、具体的な例も載っていました。 この期間に解約すれば9,500円も1,000円もかかりません。 そのため、料金シミュレーションをしてどちらが安いか確認することをオススメします。 ただし、現在 「端末購入サポート」に入っている方は、 新料金プランに変更することによって「端末購入サポートの解除料」がかかる場合があるため注意が必要です。 規定利用期間(購入日もしくは開通日の翌月1日から起算して12か月)を超えるまで、ご購入機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件として、機種のご購入代金の一部をドコモが負担する制度です。 要するに、 これに入っていると端末代金が安くなります。 ただし以下の 条件があります。 よって、 「端末購入サポート」に入って12ヶ月以上経っていない方が、新料金プランの「ギガライト」「ギガホ」に料金プランを変更した場合、「端末購入サポートの解除料」がかかる ということになります。 しかしながら 新料金プランの「ギラライト」「ギガホ」に変更しても、現在の2年契約期間が終わるまで解約金1,000円にはなりません。 が、 それもちょっと待ってください! 2年縛りのその 解約金9,500円を払ってでも格安スマホに乗り換えた方が、年間通して考えると安くなる可能性大です。 少なくともキャンペーンで5,000円以上は得します。 「端末購入サポートの解除料」は最低でも2万円以上。 お高いのです…! 非常に説明が長くなりましたが、ご理解いただけましたでしょうか!? 最後にここまでに載せたドコモのページを再掲しておきます。

次の

【2019年10月~】docomo解約でかかる各手数料と、乗り換えでかかる諸費用の見積もり方

ドコモ解約金

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 ドコモでは、契約期間中の解約や定期契約のない料金プランへの変更時などに、解約料金・違約金が発生する場合があります。 場合があるというと、一部の特殊ケースのようにも聞こえるかもしれませんが、実際は大半のユーザーが発生する契約を結んでいます。 解約料金・違約金は、知らなかった、では済まされない問題です。 このページでは、ドコモの契約期間中の解約料金・違約金について解説し、ドコモでiPhone Xを購入している場合を想定して試算を行います。 ドコモからMNP乗り換え先をソフトバンクにすることで、 頭金0円・高額キャッシュバックがもらえる「 」がお得です。 現在のドコモの基本プラン はじめに、現在のドコモの基本プランを見てみましょう。 金額は特別な表記がない限りすべて税抜とします。 スマートフォン向け 月々の料金(税抜) カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 2,700円 カケホーダイプラン(2年定期契約なし) 4,200円 カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 1,700円 カケホーダイライトプラン(2年定期契約なし) 3,200円 シンプルプラン(2年定期契約あり) 980円 カケホーダイライトプラン(2年定期契約なし) 2,480円 データプラン(2年定期契約あり) 1,700円 データプラン(2年定期契約なし) 3,200円 タブレット向け 月々の料金(税抜) データプラン(2年定期契約あり) 1,700円 データプラン(2年定期契約なし) 3,200円 ケータイ向け 月々の料金(税抜) カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 2,200円 カケホーダイプラン(2年定期契約なし) 3,700円 カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 1,200円 カケホーダイライトプラン(2年定期契約なし) 2,700円 シンプルプラン(2年定期契約あり) 980円 シンプルプラン(2年定期契約なし) 2,480円 らくらくホン向け 月々の料金(税抜) カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 2,700円 カケホーダイプラン(2年定期契約なし) 4,200円 カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 1,700円 カケホーダイライトプラン(2年定期契約なし) 3,200円 キッズ向け 月々の料金(税抜) キッズケータイプラン(2年定期契約あり) 500円 キッズケータイプラン(2年定期契約なし) 1,000円 この他、「データ通信製品向け」と「デジタルフォトフレーム製品」というカテゴリーもあるのですが、それはスマホ・ケータイという枠組みから外れるためここでは割愛します。 さて、基本プランのうち、赤字にしたプランがあります。 赤字になっているプランは、解約金が発生するプランです。 整理すると、すべてのプランの「2年定期契約あり」で解約金が発生します。 そして、大半のユーザーが「2年定期契約あり」の契約を結んでいるのが実情です。 「2年定期契約あり」とは 「2年定期契約あり」とは、開始から2年間は継続するという契約であることを示しています。 これがよく言われる です。 この縛り中に解約するときに、解約金が発生します。 解約料金・違約金は9,500円(税抜) それでは気になる解約金の額ですが、これは一律で 9,500円となっています。 契約から1ヶ月目で解約しても、1年11ヶ月目で解約しても変わりません。 一度「2年定期契約あり」で契約を結んでしまった以上は、きっちり2年間は継続しないと9,500円という余計な負担がかかってしまうのです。 「2年定期契約なし」で契約すればいい? 「2年定期契約あり」での途中解約は、9,500円の解約金が発生してしまいます。 それでは、「2年定期契約なし」ならどうなのでしょうか。 「2年定期契約なし」であれば、2年待たずに解約しても 解約金は発生しません。 例え1ヶ月目に解約したとしても同様です。 それならば、「2年定期契約なし」で契約したほうがお得な気がしますね。 ところが、実際はそうでもありません。 「2年定期契約なし」では、「2年定期契約あり」と比べて、すべてのプランで月々の料金が1,500円も高くなってしまいます。 月々1,500円というと馬鹿になりません。 仮に、「2年定期契約なし」で2年間使った場合、「2年定期契約あり」と比べてトータルで36,000円も高くついてしまいます。 それどころか、1年間でも18,000円も高いわけですから、これなら解約金9,500円を払ったほうが安いです。 「2年定期契約なし」が得するラインは6ヶ月目までに解約する場合 「2年定期契約なし」が得するには、「2年定期契約あり」より月々1,500円多く払っている分が、9,500円を上回る前に解約するしかありません。 つまり以下のようになります。 1ヶ月目で解約する場合 9,500円-1,500円=8,000円の得• 2ヶ月目で解約する場合 9,500円-3,000円=6,500円の得• 3ヶ月目で解約する場合 9,500円-4,500円=5,000円の得• 4ヶ月目で解約する場合 9,500円-6,000円=3,500円の得• 5ヶ月目で解約する場合 9,500円-7,500円=2,000円の得• 6ヶ月目で解約する場合 9,500円-9,000円=500円の得• 7ヶ月目で解約する場合 9,500-10,500円= 1,000円の損 以降、1,500円ずつ損が拡大していきます。 つまり、 短期で解約する場合でなければ「2年定期契約なし」にメリットはありません。 そして、短期で解約することを前提にわざわざ契約するユーザーは現実的にはほとんどいないでしょう。 これについてドコモショップにも尋ねてみましたが、「2年定期契約なし」で契約するユーザーは少数とのことでした。 2年定期契約の落とし穴 ここまで、基本プランと解約金について見てきました。 まとめると、 「2年定期契約あり」で契約したのに2年を待たずして解約する場合、9,500円の解約金が発生するということです。 となると、多くの方はこう考えるのではないでしょうか。 2年以上継続した後はいつ解約してもいいのだと。 実際にそう考えていたドコモユーザーは少なくありませんでした。 しかし2年定期契約には落とし穴があります。 そして、その落とし穴は多くの消費者トラブルを引き起こし、ついには総務省を動かすほどになりました。 2年縛りは2年後も続く!? 2年定期契約が満了すると、契約はどうなると思いますでしょうか。 普通は満了をもって解消されます。 更新するにしても条件を見直すにしても、契約者間で再度契約を締結し直すのが一般的です。 ところがドコモはそうではありません。 ユーザーが何も手続きしなければ、勝手に自動更新されるのです。 つまり、2年定期契約が満了したら、自動でまた2年定期契約が結ばれるのです。 この自動更新が消費者トラブルの引き金となりました。 2年以上ドコモを使っていたユーザーでも解約時には解約金が発生すると言われ、困惑と怒りを覚えたユーザーが少なくなかったのです。 ちなみにこの問題はドコモに限った話ではなく、au、ソフトバンクでも同様でした。 解約金がかからないのは2年に一度の更新月のみ それでは解約金をかけずに解約するには、どうすればよいのでしょうか。 それは、 2年定期契約の更新月に解約することです。 契約更新月は、契約満了月の翌月と翌々月の2ヶ月間です。 例えば2018年1月に契約した場合、更新月は2020年2月~3月となります。 この間の解約のみ、解約金を発生させずに行うことができます。 更新月は2016年までは契約満了月の翌月のみでした。 しかし自動更新にまつわる消費者トラブルが頻発していたために、総務省が動いて2ヶ月間に延長させたのです。 契約更新月に「フリーコース」に乗り換えることも可能 2年定期契約の契約満了月を迎え、新たにまた2年定期契約を結ぶのは勘弁したい、しかし今すぐドコモと解約したいわけでもないという方もいると思います。 そういう方のために、契約更新月に「フリーコース」というコースに乗り換えることもできます。 フリーコースに乗り換えると、それ以降は解約金がかかりません。 その代わり「ずっとドコモ割」が適用されなくなるのと、「更新ありがとうポイント」がもらえなくなるというデメリットがあります。 月々サポートというもうひとつの縛り 画像引用元: 基本プランに関する解約金の説明については以上で終わりです。 次は、実質的にはもうひとつの縛りとも言える月々サポートについて説明します。 月々サポートとは、ドコモを使っている特典として、機種代金から毎月いくらか割引して、スマホの実質負担額が減額されていくというものです。 ここではiPhone X(64GB)をドコモで購入した場合を例に見ていきます。 以下、金額は、特別な表記がない限りすべて税込です。 月々サポートによる「実質負担額」に注意 画像引用元: iPhone X(64GB)のドコモでの機種代金は125,064円です。 これに月々サポートが適用され、毎月最大2,367円の割引が受けられます。 その場合、元の機種代金の125,064円-56,808円= 68,276円が「実質負担額」となります。 月々サポートによる割引を満額受けるには、24ヶ月、つまり2年間使わなければならないのです。 ドコモなら安く買えることを期待して契約した方にとっては、解約金とは別のもうひとつの縛りとなります。 例えば12ヶ月間でドコモを解約することになった場合、月々サポートでの割引は最大でも28,404円にしかなりません。 となると、実質負担は125,064円-28,404円=96,660円となります。 実質負担額は68,040円と聞いたから契約したのに……と落胆しかねませんね。 分割払いの残高はそのまま分割払いでOK 月々サポートはドコモを解約した時点で打ち切られます。 では、機種代金を分割払いで支払っていた場合、解約後の残高についてはどうなるのでしょうか。 払わなくてはいけないのは当然ですが、解約後も分割払いのままで大丈夫なのか、それとも一括で払わなくてはいけないのか気になります。 これについてドコモショップに尋ねたところ、 解約後も分割払いのままでOKとのことでした。 ドコモを解約するときの流れ それではドコモを解約する際の流れについても確認したいと思います。 まずは単純に解約する場合から説明します。 解約手続きはドコモショップにて行うことができます。 以下の持ち物を持ってドコモショップに向かいましょう。 ドコモUIMカード SIMカードのことです。 使っていたスマホから抜き出してください。 スマホに挿入した状態で持っていっても大丈夫です。 店員が抜き出してくれます。• 身分証明書 運転免許証やパスポートなど一般的なもので大丈夫です。• ネットワーク暗証番号 契約時に決めている4桁の暗証番号のことです。 忘れないようにしておきましょう。 手続き自体は無料です。 解約金がない更新月に行うのがもちろんベストです。 MNPで他所の携帯電話会社に乗り換える場合 続いて、MNPを利用して他所の携帯電話会社に乗り換える場合を見てみましょう。 解約手続きとはまた全然違うので注意してください。 ドコモから「MNP予約番号」を取得する まずはドコモから「MNP予約番号」を取得する必要があります。 その方法は3つあります。 ドコモショップに行って取得したい旨を伝える• ドコモのインフォメーションセンターに電話して取得したい旨を伝える ドコモの携帯電話からは「151」 その他の電話からは「0120-800-000」• 後は、携帯電話会社の指示に従っていけば完了します。 MNPでかかる費用 MNPによる乗り換えでは、以下の費用がかかります。 MNP転出手数料 ドコモから乗り換える場合、手数料として税抜2,000円かかります。• 契約事務手数料 乗り換え先の携帯電話会社と契約するための手数料として税抜3,000円かかります。 これはMNPでなくてもかかるものです。 MNP転出手数料も契約事務手数料も、解約金とはまったく別のものなので混同しないよう注意してください。 ユーザーが支払う解約金は9,500円(税抜)のみ ここまでの内容をおさらいしますと、2年定期契約を結んだ場合、 更新月以外で解約すると解約金9,500円(税抜)がかかってしまいます。 また、月々サポートが打ち切られることで、機種の実質負担額の値段が上がってしまいます。 ただ、それ以上のペナルティはありません。 機種によって解約金が変わるということもありません。 あくまで月々サポートによる割引が打ち切られるだけです。 解約後も機種代金の残高を分割で支払い続けてよいというのは意外に良心的だと感じました。 もちろん一括で支払ってしまいたい方はそれも大丈夫です。 ちなみに自分の契約満了月はドコモへの電話での問い合わせや、My docomoからも確認できます。 契約更新月は契約満了月の翌月と翌々月ですので、その間に解約すれば解約金はかかりません。 電話による確認方法 ドコモの携帯電話から「151」に問い合わせ その他の電話から「0120-800-000」に問い合わせ• My docomoによる確認方法 1 My docomoにアクセス 2 「お客様サポート」に進む 3 「契約内容確認などオンライン手続き」に進む 4 「ドコモオンライン手続き」からログインする 5 「ご契約内容確認・変更」を見る この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモは2018年12月1日より、新「ドコモの学割」の受付をスタート。 対象となるのは25歳以下のユーザーとその家族で、最大13か月間の1,500円割引と3,500円相当のdポイント進呈の2つの特典を提供します。 昨年より約1カ月早い実施となった「ドコモの学割」 […]• ドコモで最新iPhoneを購入した場合はどんなプランやオプションを選べば良いのでしょうか。 また、月額料金がどの程度になるのかも知っておきたいところです。 今回はそんなドコモでiPhoneを購入した場合のプラン・オプションの選び方に加え、プラン・割引毎の月額料金の目安をご紹 […]• 「ドコモの学割2019」は特典が2つあり、学割対象者もその家族もお得なるプランです。 「ドコモの学割」の内容説明と注意点を説明します。 また、学割や各種割引を適用して格安で利用できるスマホ5機種も併せて紹介します。 学割にて利用できるオススメ機種は、スペックの高いスマホが揃っ […]• 2018年モデルのiPhoneとして、10月26日に発売されたiPhone XR。 機種価格を抑えた普及モデルの位置づけで、新型iPhoneの本命とも言われてたiPhone […]• ドコモで端末を購入すると必ず勧められるのがドコモ「あんしんパック」です。 端末価格も高くなっているし、何かあった時のために補償があったほうが安心だからと特に内容も確かめずMNP・機種変更時に加入していませんか? 今回はドコモ「あんしんパック」のサポート範囲と、もし解約する場 […].

次の