あ に お た wiki。 千年戦争アイギスwiki

クマバチ

あ に お た wiki

蜜を集める(メス) : : : : : : : : : : : クマバチ属 , , 英名• アカアシセジロクマバチ X. albinotum• アマミクマバチ X. amamensis• クマバチ X. appendiculata circumvolans• オキナワクマバチ X. flavifrons• オガサワラクマバチ X. ogasawarensis• ソノーラクマバチ X. sonorina クマバチ(熊蜂、: Xylocopa)は、 クマバチ属に属するの総称。 一般に大型のであり、これまで、約500が記載されている。 によっては、に伴うを挟んで クマンバチとも呼ばれる。 からにかけて広く分布するクマバチ(別名 、 Xylocopa appendiculata circumvolans , を指すことが多い。 形態 [ ] 体長は2cmを超え、ずんぐりした体形で、には細く細かいが多い。 全身が黒く、(昆虫の羽のこと)も黒い中、胸部の毛は黄色いのでよく目立つ。 体の大きさの割には小さめな翅を持つ。 翅はかすかに黒い。 メスは顔全体が黒く、は切れ長。 額は広く、顎も大きいため、全体に頭が大きい印象。 それに対し、オスは複眼が丸く大き目で、やや狭い額に黄白色の毛が密生し 、全体に小顔な印象。 生態 [ ] 本州のクマバチ()は、おおむねなどが咲き終わる頃に出現し、街中でもやの花などに活発にするのがよく見られる。 成虫の活動期間は晩春から頃まで。 寿命は1年程度と推定され、その年生まれの新成虫は越冬して 翌年に繁殖活動に参加すると推定されている。 羽ばたきの40倍 実時間0. 9秒 「ブーン」という大きな音を立てて、安定した飛行をする。 は、他のハナバチ同様、・食。 初夏から秋にかけてさまざまな花を訪れるが、頑丈な頸と太いを生かして花の根元に穴を開けて蜜だけを得るもよく行う。 この頑丈な頸は、後述のによって発達したものと考えられ、このハチの形態的特徴のひとつである。 の仲間の花はクマバチに特に好まれるが、とても固い構造で蜜を守っており、クマバチの力でこじ開けないと花が正面から開かない。 また、クマバチが花に止まって蜜を飲もうとすると、初めて固い花弁が開いて隠れていたとが裸出し、クマバチの胸部やに接する。 このことから、フジはクマバチをのパートナーとして特に選んでいると考えられる。 こうした、クマバチに特に花粉媒介を委ねている花は クマバチ媒花と呼ばれ、のなどの熱帯果樹や、のやなどに見られる [ ]。 春先のやでは、オスがのために内の比較的低空をし、近づくメスを待つ様子が多数見られる。 また、オスはメスに限らず飛翔中の他の昆虫やなど接近してくる対象のすべてを追跡し、メスであるか否かを確認する習性がある。 初夏、メスが太い枯れ枝や木造家屋のなどに細長いを掘り (穿孔営巣性)、中に蜜と花粉を集める。 蜜と花粉の団子 を1匹分ずつ丸めてして間仕切りをするため、1つの巣穴に1列に複数の個室が並ぶ。 その夏のうちにする子供はまだ性的に未成熟なと呼ばれ、しばらく巣に残って親から花粉などを貰う。 また、その際には亜成虫が巣の入口に陣取ることにより、の侵入が若干だが防がれる。 こうした成虫の姿での母子の同居は通常の単独性のハナバチには見られない行動であり、と呼ばれる。 これはまた、やなどにみられる高度な社会性()につながる社会性への中間段階を示すものとも考えられる。 巣の周囲で他の個体への激しい排斥行動は行わないため、同じ枯れ木に複数が集まって営巣することもある。 ハチの社会性については「」を参照 体が大きく羽音の印象が強烈であるため、獰猛な種類として扱われることが多いが、性質はきわめて温厚である。 ひたすら花を求めて飛び回り、人間にはほとんど関心を示さない。 オスは比較的行動的であるが、が無いため、刺すことはない。 毒針を持つのはメスのみであり、メスは巣があることを知らずに巣に近づいたり、個体を脅かしたりすると刺すことがあるが、たとえ刺されても重症に至ることは少ない(は別)。 下位分類と分布 [ ]• クマバチ() Xylocopa appendiculata circumvolans - 北海道南部からにかけて。 Xylocopa amamensis - からにかけて。 Xylocopa flavifrons - からにかけて。 Xylocopa albinotum - からにかけて。 Xylocopa ogasawarensis - の、。 Xylocopa tranquebarorum - ににおいて侵入が見つかった。 Xylocopa sonorina - 小笠原諸島の硫黄島。 アメリカ大陸原産の外来種• この節のが望まれています。 人間との関わり [ ] 大型の体とそれに見合わない小さな翅から、かつてはマルハナバチとともに「的に、飛べるはずのない形なのに飛べている」とされ、長年その飛行方法は大きな謎であった。 「彼らは、飛べると信じているから飛べるのだ」という説が大真面目に論じられていたほどである。 現在は(の)を計算に入れることで飛行法は証明されているが、ここからクマバチは「不可能を可能にする」象徴とされ、しばしば会社やスポーツチームのとして使われる。 クマンバチ [ ] 「クマ」はのになぞらえ、大きいもの、強いものを修飾する語として用いられる。 このため、日本各地の方言において「クマンバチ」という地域が多数あるが、クマンバチという語の指す対象は必ずしもクマバチだけではない場合(クマバチ ・ ・・ほか)があり、多様な含みを持つ語である。 クマバチとクマンバチでは別のハチを指す場合もある。 「ン」は熊と蜂の橋渡しをする用法であり、方言としても一般的な形である。 スズメバチとの誤解 [ ] 本種は大型ゆえにしばしば危険なハチだと解されることがあり、との混同がさらなる誤解を招いている。 スズメバチのことを「クマ ンバチ(熊蜂)」と呼ぶことがあり 、これが誤解の原因のひとつと考えられる。 花粉を集めるクマバチが全身を軟らかい毛で覆われているのに対し、虫を狩るスズメバチ類はほとんど無毛か粗い毛が生えるのみであり、体色も大型スズメバチの黄色と黒の縞とはまったく異なるため、外見上で取り違えることはまずない。 ハチ類の特徴的な「ブーン」という羽音は、我々にとって「刺すハチ」を想像する危険音として記憶しやすく、特にスズメバチの羽音とクマバチの羽音は良く似た低音であるため、同様に危険なハチとして扱われやすい。 かつて、作品の『』において、蜜蜂の国を攻撃するクマンバチの絵がクマバチになっていたものがあったり、『』のエピソード(第32話)で略奪を尽くす集団・熊王らがクマバチであった。 少なくとも日本において、のようなの巣を集団で襲撃するのは肉食性のスズメバチ(特に)であり、花粉や蜜のみ食べるクマバチにはそのような習性はない。 このように、本種が凶暴で攻撃的な種であるとの誤解が多分に広まってしまっており、修正はなかなか困難な様子である。 脚注 [ ] []• 昆虫学データベース KONCHU. 大学院農学研究院昆虫学教室. 2013年5月8日閲覧。 www. ffpri. affrc. 2020年5月15日閲覧。 日高敏隆監修『日本動物大百科10 昆虫III』(平凡社、1998年)• www. ffpri. affrc. 2020年5月16日閲覧。 sites. google. com. 川添和英. 2020年5月16日閲覧。 , , 1989年12月10日 , p. 345,• 初版 ed. 1989年11月6日. 556. 参考文献 [ ]• 福田晴夫ほか『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方 : 野山の宝石たち』、2009年、増補改訂版、194頁。 外部リンク [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 2013年5月8日閲覧。 (英語)• NCBI 英語. (英語)• - (英語).

次の

Wiki(ウィキ)とは

あ に お た wiki

dmm. 提供:株式会社DMM. Android一般版はへ。 Android専用アプリ「DMMゲームストア」よりダウンロードできます。 iOS・Google Play版「千年戦争アイギスA」はへ。 DMM GAME PLAYER版はこちら(、)へ。 「DMM GAME PLAYER」のインストールが必要です。 をお読みの上でご利用下さい。 当wikiによる情報提供はあくまで篤志によるものであり、決して 「どこよりも早く、正しい情報が、個々人が求める十分な量提供されて当然」 というお考えで当wikiをご利用にならないようくれぐれもご留意願います。 不正確な情報に気づいたら、気づいた方が率先して訂正しましょう。 もちろん管理人もそのように努めますが、量が膨大ですので 常にどこか行き届かぬ点があることはご了承頂きたく存じます。 各ページのコメント欄は、あくまで「それぞれのページの編集を円滑に進めるために」 存在するものです。 恐縮ですが、上記目的外での利用はご遠慮下さい。 画像アップロードやリンクの前には、を必ずお読み下さい。

次の

FrontPage

あ に お た wiki

日本語表記のみ Japanese text only. 三国志大戦Wiki• 旧Verの情報が混在していますのでご注意ください。 2016年12月21日 新たな大戦の始動! 公式サイト等リンク• Wikihouseのスキン変更により一部ページに表示上の不具合が発生しています。 wikiは皆が観覧・編集するものですので、 個人的な見解・理由でのページ削除はもめる原因となります。 ページを消す行為が頻発しています。 大幅な編集、新規ページ作成を行ったらバックアップを取っておくといいです。 また、タイムスタンプを変更せず悪質な変更を行う人もいる模様です。 気が付いたら適宜修復をお願いします。 編集する際は必ずプレビューをしてください。 誤字などはとても目立ちます。 特に征圧を制圧と書く誤字が多く見受けられます。 基本的な用兵術や全国対戦の注意事項などは 攻略情報を参照してください。 初心者が知りたい事は大概載っています。 の編集方法が分からなければ、 を読んで下さい。 テキスト整形のルールが知りたいなら。 いきなり新ページを作るのが不安なら で作ってみるのもいいでしょう。 武将名等に機種依存文字の使用が増えています。 機種依存文字を使うと、 表示の際に文字化けが発生したり、編集の際に意図せず文字化けした状態で保存される事があります。 Pukiwikiでは、 数値参照文字を使ってそれらの状況を回避する必要があります。 を参照して、 機種依存文字を使用してはいけません。 半角カナ、一部記号・携帯絵文字、日本・欧米以外の多くの国の文字も機種依存文字です。 表示時や編集時に文字化けを起こす事があるので使用しないで下さい。 明らかな間違いを発見した場合は、修正しちゃってかまいません。 改行の追加や全角数字を半角数字になど、ちょっと気になる程度の整形を行う場合は、 「タイムスタンプを変更しない」にチェックを入れてページの更新を行うようにお願いします。 疑問点を見つけたら、その点を書き加えておくと誰かが答えてくれるかもしれません。 わからない場合は、適当に書き残しておくと、他の人が適当に整形したり、ばっさり削除したりしてくれるかもしれません。 編集の際、 バージョンは明記しましょう。 「現Verでは〜」「VerUPにより〜」だけでは、 将来バージョンアップがあった際に、どのバージョンを指しているのか分からなくなります。 「Ver. 0Cでは〜」「1. 0DへのVerUPにより〜」のように表記するようお願いします。 また、「 Ver4」「 三国志大戦5」という表記は公式には使われていない上、将来的にバッティングの可能性があるので 使用しないで下さい。 現在の閲覧状況 総訪問者数は 28186133人です。 現在 116人が閲覧しています。 昨日は 3864人が訪問しました。 今日は 4132人が訪問しました。 コメント欄はに移動しました。

次の