ヤりたい仕事が見つからない診断 転職。 やりたい仕事が見つからない人がきっかけを掴む5つの質問

3分間!適職診断/リクナビNEXT[転職サイト]

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

参照: なんと、59. 96%の人が理想と現実にギャップがあると回答しています。 約6割の人が、今の仕事に対して納得していないわけですね。 やりたい仕事に就いている人は、40%しかいないということです。 自分の仕事が好きだったり、やりがいを持てているということは、すごく幸せなことなのだといえるでしょう。 あなたが現在の仕事に満足していなくても、それは珍しいことではありません。 世間一般には普通のことですから、落ち込んだりしないでください。 今からでも、やりたい仕事を探すのは遅くないです。 仕事への意欲を無くしてしまう理由とは? 仕事について真剣に考えたことが無い 新卒で就職活動をするときに、周りに流されて決めてしまう人は多いです。 自分が本当にしたいことが分かっていないのに、周りが就活をしているから同じように行動してしまうわけですね。 その結果、全く興味のない会社に入ってしまい、あとで後悔することになってしまいます。 最初の数年間は、同期の人間と仲良く仕事をして満足できるかもしれません。 でも、2~3年ほど経つと能力的にも差がついてきます。 好きで仕事をしている人となんとなく仕事をしている人とでは、圧倒的な差になってしまうでしょう。 そうなって初めて、「今のままで良いのか?」という疑問を持つようになります。 将来に希望が持てない 自分の将来が明るいものだと信じられるなら、どんな仕事に対しても意欲的に取り組むことができます。 不安材料が無ければ、悩むことなく仕事をすることができるはずです。 でも、暗い将来しか想像できないと、働く意味を見出せませんよね。 会社の売り上げが低迷している、家族経営のため出世が望めない、業界が縮小傾向であるなど、不安材料はたくさんあるでしょう。 仕事に対して不安が多すぎると、働くのが嫌になってしまいます。 自分の頑張りを認めてもらえない 仕事での結果に対して、正しく評価されるなら満足できますよね。 役職が上がったり、給料がアップしたりすると、また頑張ろうと思えるはずです。 でも、何の見返りも得られなければ、次第にやる気を失ってしまうでしょう。 頑張っても頑張らなくても同じ評価なら、頑張らない方がマシだと思ってしまいます。 上司から褒められるだけでも気持ちが変わったりするのですが、それもない場合が多かったりしますね。 働く意味を感じられなくなってしまい、やる気が無くなりがちです。 ミイダスは、自分の市場価値を調べることができるサービスです。 200万人以上の年収と転職実績データが登録されていて、自分と同じ職種の平均年収や同じ経歴の人の転職状況を知ることができます。 つまり、自分が転職するなら、どのレベルの企業に入ってどれくらいの年収をもらえるかが分かるわけです。 また、自分の情報を登録するだけで企業からオファーが届くので、書類選考をパスして確実に面接を受けることができます。 優良企業10,000社に自分の情報を見てもらえますから、きっと理想的な企業からのオファーが届くはずです。 自分がどれくらいの価値があるのか分からない人は、ミイダスに登録すればおおよそのレベルが分かりますよ。 たった5分で登録できるので、ぜひ利用してみてください。 長年やっている趣味• 他人よりも秀でているスキル• 持っている資格• 時間を忘れて没頭できること• 昔から憧れていたこと こういったものを書き出すことで、自分が本当にやりたい仕事が見えてくる場合があります。 自分が好きなことでも意外と理解していないですから、紙に書いて視覚化することが大切です。 やりたくないこと・できないことを紙に書き出す 今度は逆に、やりたくないこと・できないことを紙に書き出すようにします。 「お金をもらっても嫌だ」と思えることを、すべて紙に書いてみましょう。 避けるべき職種を明確にするために、すごく大切な作業です。 人と話すのが苦手、プレッシャーに弱い、肉体労働がキツイなど、自分の中でやりたくないことは数多くあるはずです。 色々な場面を想定してみて、自分には無理だということを書いていきます。 自分がやりたい職種であっても、会社によっては社内のコミュニケーションが必要だったり、肉体労働を科されることがあったりするかもしれません。 そういった時にも、やりたくないことを明確にしておくと、応募対象から除外することができますね。 入社してから後悔するリスクを減らせるので、絶対にやっておくべきことです。 これまでの項目を整理して見直す 全ての項目を見直して、仕事に関係することとプライベートなことを分けてください。 「簿記の資格を持っている」「営業が得意」などは、仕事に関係することですよね。 「食べるのが好き」「格闘ゲームが得意」などは、プライベートに関することです。 こういった感じで、それぞれの項目を分類しましょう。 仕事に直結する項目から該当する職種があれば、向いている可能性が高いです。 ただ、それがやりたい仕事とは限らないので注意してください。 注目するべきことは、プライベートな項目です。 ここでの好きや得意は、本当に自分が向いているものになります。 たとえば、食べるのが好きな人であれば、グルメ雑誌の編集者や飲食店の店員、調理師などの仕事が向いているでしょう。 格闘ゲームが得意なら、ゲームメーカーやゲーム雑誌などの仕事がありますね。 好きなことを仕事にできれば、それは自分の天職だといえます。 本当にやりたいことが分からないなら、プライベートな項目に注目すると良いでしょう。 やりたい仕事が見つかったら情報を集める 上記のステップを踏むことで、自分がやりたい仕事像が見えてくるはずです。 おおよその方向性が定まったら、その仕事についての情報を集めるようにしてください。 定期的に開催されている転職フェアなどでは、企業の担当者と実際に話すことができます。 あとは、口コミサイトでは働いている社員の生の声が書き込まれていますし、業界情報誌などでも詳しいじゃ以上を知ることができるでしょう。 実店舗があれば訪問して雰囲気を感じるべきですし、商品・サービスなども購入して試してみてください。 できる限りの情報を集めれば、自分が働いた時のイメージを掴むことができます。 やりたい仕事のマイナス面を洗い出す 自分のやりたいと思える仕事があっても、実際に働いてみると嫌になってしまうかもしれません。 その仕事をやるにあたって、マイナスだと思うことを書き出してみましょう。 たとえば、グルメ雑誌の編集の仕事があったとします。 締め切りに追われて時間が無い• 取材のためのコミュニケーションが必要• 企画を練るために頭を使う• 取材先巡りで移動が多い• 誤字脱字のミスを防ぐために神経を使う ザッと考えただけでも、かなり大変な仕事だということが分かりますね。 これらをマイナスと考えるかどうかは、人によって異なるでしょう。 こういった面があっても、仕事をしたいかどうかを考えるようにしてください。 本当にやりたい仕事だとしても、嫌な部分は少なからずあります。 マイナス面も見たうえで、それでもやりたいと思うかが大切だといえますね。 ここまで考えて気持ちが揺らがなければ、それは本当にやりたい仕事です。 やりたい仕事は、自分の内面に隠されています。 だから、しっかりと自問自答してみて、深層心理を探ってみてください。 そうすることで、仕事選びは失敗しにくくなるでしょう。 キャリアカウンセリングで自分の適性を知ろう やりたい仕事が分からないなら、キャリアカウンセリングで適性を診断してもらう方法があります。 カウンセリングを受ければ、自分の強みや弱みなどが明らかになり、向いている仕事を見つけることができます。 たとえ興味のある業界があったとしても、その業界には将来性が無いかもしれません。 市場規模が縮小する業界で働くことは、将来的に大きなリスクになります。 業界動向なども踏まえたうえで仕事を探さないと、キャリアアップにつなげることは難しいですね。 なので、プロのキャリアカウンセリングを受けることが望ましいです。 おススメなのは、転職エージェントを利用することですね。 専任のキャリアアドバイザーが付いてくれて、カウンセリングから求人の紹介などのサポートをしてくれます。 自分に合った業界・業種を知ることができ、それに適した仕事まで紹介してもらえるわけです。 他にも、以下のような転職の一貫したサポートが受けられます。 業界最大手のリクルートエージェントです。 人材業界で50年以上もの実績があるため、全国の様々な企業と太いパイプを築いています。 保有している求人の90%が非公開となっており、その数は10万件以上です。 業界でもトップクラスの求人数ですから、自分に合った企業と出合える可能性は高いでしょう。 また、キャリアアドバイザーの質が高いのも特徴ですね。 全国に470名のアドバイザーが在籍しており、各業界・業種に精通している人材が豊富です。 最新の業界情報や転職動向にも詳しいですし、過去に膨大な転職実績もあるので、的確にキャリア相談に乗ってもらえます。 土日祝や平日20時以降も対応可能なので、仕事が忙しくても利用できますよ。 リクルートエージェントは、確実に登録しておいてください。 Spring転職エージェントは、世界最大の人材サービス企業のアデコグループが運営する転職エージェントです。 あらゆる業界・業種の専門知識を持ったコンサルタントが所属しており、どんなニーズに対しても的確なアドバイスが得られます。 特徴としては、転職者の約60%が年収アップに成功していることですね。 一人のコンサルタントが求職者と紹介先企業の両方を対応するため、応募者の強みを的確に理解して、能力を活かせる企業を紹介することで年収アップを実現しています。 また、世界60の国と地域に5,100もの拠点があるため、日系企業の海外支店や外資系企業の求人も豊富です。 海外の転職を視野に入れている人にとっては、貴重な情報を得ることができるでしょう。 内定後のキャリアプランを見据えた紹介を受けられるので、自分の将来像が明確でない人でも正しい方向へ導いてもらえます。 サポート力には定評がありますから、ミスマッチを防ぎたい人は相談してみてください。

次の

やりたい仕事が見つからない理由で悩んだとき【自分に合う仕事の探し方】|つばめスタイル

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

やりたいことが見つからないと悩む人は多い 就活の悩みはさまざまですが、やりたいことが見つからないと思い悩む人は、意外と多いです。 やりたいこと=就活の方向性や目指すべき道のりであり、これが見つかっていないと、就活は難航してしまいます。 やりたいことに限定しなくても、選考を進めることは可能ですが、選考で志望度の高さを示しづらかったり、就職しても長く続けられないなど、デメリットは多いです。 就活は単に就職先を決めればいいわけではなく、自分が納得した企業に就職して、やりたいことができてこそ、成功と言えます。 就活を成功に導くためには、まずはやりたいことを明確にしておかなければなりません。 見つからないのであれば、探し方を変える必要がありますので、上手な探し方を知って、本当にやりたいことを見つけましょう。 自己分析ツールを活用して、あなたの適職を発見しよう 志望業界・志望企業を考える上で一番大事なのは、その仕事が 「自分に向いているかどうか」です。 自分に向いている仕事を見極めるには、無料の自己分析ツールが便利です。 My analyticsを活用して、あなたの強み・適職を診断し、自分に向いている仕事を見極めましょう。 就活でやりたいことが見つからない理由 やりたいことが見つからないと悩む人は多いですが、そもそもなぜ見つからないのか、理解できている人は少ないです。 やりたいことが見つからないからといって、闇雲に奔走しているだけでは、就活を上手に進められないことが多いです。 現状を打破するためには、まずはなぜやりたいことが見つからないのか、根本的な部分から考え直さなければなりません。 人によって理由は違いますが、ある程度の部分は共通していますので、どんな理由があるか知っていきましょう。 自己分析ができていない やりたいことを見つけて就活をスムーズに進めるためには、自己分析が必須です。 自己分析は就活において必須であり、これができていないと、やりたいことが見つからないことが多いです。 やりたいこととは、いわば自分が好きなこと、これなら続けていけると思うことであり、それを知るためには、自分自身を見つめ直す必要があります。 自分のことを理解しないままでは、やりたいことは見つけられませんし、仮に見つかったとしても間違っている可能性が高いです。 やりたいと思っていたことが、本当は違っているというケースは実は多く、これも就活に失敗する原因のひとつです。 自己分析ができていないと、就活の基礎がきちんと備わっていませんので、やりたいことも明確に見つけられないことが多いでしょう。 仕事の価値観が定まっていない 趣味嗜好など、自分の好きなものは認識できていても、仕事に対する価値観が定まっていないために、やりたいことが見つけられていない人も多いです。 仕事=大変なもの、しんどいものと考えている人は多く、仕事をしたくないとさえ思っている人はたくさんいます。 確かに仕事は大変なことも多いですが、反面楽しいこと、やりがいなどもあり、マイナスの側面ばかりなわけではありません。 また、仕事に対して何を求めるかも重要であり、やりがいを求めて好きなことを仕事にする人もいれば、生活の手段を割り切って、給料を選ぶ人もいます。 就活の指針を決める上では、仕事に対する価値観を明確にすることが大切です。 これが決まっていないと、やりたいことが見つからず、困ってしまうことが多いです。 どんな仕事があるのか知らない やりたいことが見つからない場合は、そもそもどんな仕事があるのかを知らないことも考えられます。 自分の好きなこと、それを当てはめた仕事の価値観を持っていても、選択肢となる仕事自体を知らなければ、やりたいことは見つかりません。 新卒の募集では総合職、営業職、事務職、その他専門職となっていることが多く、仕事の選択肢はこれだけしかないと思い込んでいる人はたくさんいます。 新卒の段階では、基本的にはこれらの職種に限定されることが多いですが、実際に働く上では、さらに別の部署で働くこともあり、仕事の選択肢は無数にあります。 また、学生にはあまり知られていない業界、仕事も数多くありますので、それらに目を向けて、どんな仕事があるかを知ることが大切です。 やりたいことを見つからない場合の対処法 やりたいことが見つからない場合は、対処しなければなりません。 見つからないままに闇雲に就活を進めても、成果を上げることは難しく、時間を浪費してしまうだけの結果に終わることも多いです。 就活を攻略するには効率的に進めることが大切であり、そのためにはやりたいことを明確にしておかなければなりません。 やりたいことが見つからない場合は、どのように対処すればいいのかを知り、就活の進め方をもう一度考え直してみましょう。 何に興味があるかを洗い出す やりたいことが見つからない場合は、自分が何に興味を持っているのか、どんなことが好きなのかを洗い出しましょう。 やりたいこと=好きなことである可能性は高く、興味を持っているものを見つければ、そこから仕事の選択肢へと繋げて考えることができます。 たとえば趣味が映画鑑賞の場合、映画に興味を持っているということになります。 映画に関係する仕事を考えれば、映画監督、スタッフ、キャスト、映画配給会社、制作会社、広告代理店、映像会社、アニメーション会社などさまざまです。 他にもたくさん仕事の選択肢はあり、ひとつのことから無数の仕事をピックアップできます。 自分の興味を明確にして、そこから連想ゲームのように関連する仕事を考え、選択肢を膨らませましょう。 やりたくないことを挙げる やりたいことを見つける上では、実は反対のやりたいくないことから探すのも大切です。 やりたくないことをすべて挙げ、それらを選択肢から取り除けば、残ったものはやってもいいものとなります。 やってもいい=やりたいとは限りませんが、少なくともやっても苦にはならないものであり、仕事の選択肢としては間違っていません。 仕事は長く続けることが大切であり、続けることで成長を実感できたり、楽しさを見出せることも多いです。 また、やってもいいことの中に、自分が気づいていないやりたいことが見つかる可能性もあります。 消去法で選べば、少なくともやりたくない仕事を選択する心配はありませんので、リスクを回避しながらやりたいことが探せます。 仕事に最低限望むものを考える 仕事をする上では、やりたいことを優先するだけではなく、条件も頭に入れておくことが大切です。 たとえば、どれだけやりたい仕事をしたとしても、生活がままならなければ続けることは難しく、これでは就活が成功したとは言えません。 やりたいことを目指すのも大切ですが、実際に仕事をするのであれば、少なくとも問題なく働ける環境を選ぶことが大切です。 条件を付け過ぎると、志望先を見つけるのが難しくなるため、最低限これだけは譲れないというものを設定しておきましょう。 自分にとって最低限の条件であるため、基本的にはそこから妥協する必要はありません。 最低限の条件のつもりでも、条件が厳しい、あるいは多すぎる場合は見直しが必要です。 該当企業がどれくらいあるかによって、条件は随時変えていきましょう。 やりたいことを見つけるためにすべき行動 やりたいことを見つけるためには、頭の中で考えるだけではなく、実際に行動を起こし、経験をもとに考えることも大切です。 じっと考えているだけでは、やりたいことが見つからず、考えもまとまらないという人は、行動をあるのみです。 やりたいことを見つける方法はたくさんあり、実は就活そのものが、やりたいことを見つけるための活動とも言えます。 就活の中でも、やりたいことを見つける手助けになるものはたくさんありますので、それらに積極的に参加しましょう。 複数の業界の説明会に参加する やりたいことを見つけるためには、まずはどんな仕事があるのかを知ることが大切ですので、説明会に参加しましょう。 ここでポイントなのが、複数の業界の説明会に参加することです。 通常であれば、志望業界をいくつかに絞り込み、業界内での企業の違いを知るために説明会に参加しますが、やりたいことを見つける場合はやり方が違います。 やりたいことを見つけるためには、企業そのものよりも、業界を見て、仕事の全体図を把握することが大切です。 同業界内では仕事が類似していることも多く、説明会の内容も他の企業と重なりがちです。 複数の業界の説明会に参加することで、世の中にどんな仕事があるのかが分かり、やりたいことの選択肢を広げることができます。 インターンで仕事を経験してみる 仕事は実際にやってみなければ分からないことも多く、実務を経験してみることも大切です。 インターンに参加して実務を経験したり、企業の仕事を模擬的に体験することでも、やりたいことが見つかる場合があります。 どれだけやりたい仕事であっても、実際に就職すればイメージと違うと感じることもあり、場合によってはその仕事が嫌いになってしまうことさえあります。 実際に仕事を経験したほうが、直接的に向き不向きが分かりやすく、選択肢も絞りやすいです。 インターンも可能であれば複数業界で参加し、どんな仕事が自分に向いてそうか見極めましょう。 OB訪問で仕事のやりがいを聞いてみる 仕事についての理解を深めるのであれば、OB訪問もおすすめです。 OB訪問で先輩社員に仕事のやりがいを聞けば、実際に仕事を経験した人の目線から、その仕事の魅力を知ることができます。 やりたいことが見つからないのは、仕事そのものを知らないだけではなく、仕事の魅力を知らないことも多いです。 仕事=大変なものと認識しているだけでは、やってみたいという気持ちは生まれないため、やりがいなどプラスの面に目を向け、仕事への理解を深めることが大切です。 また、先輩社員が話すやりがいに、必ずしも共感する必要はありません。 人によってどの仕事を面白いと感じるかは違うため、やりがいを聞いても自分に当てはまらないと感じれば、別の仕事に目を向けましょう。 やりたいことがなくても焦る必要はない 就職活動をする際に、自分のやりたいことが見つからずにどうして良いのか分からなくなってしまう人も多くいます。 やりたい仕事が分からずに、どんな企業を目指すべきか迷って焦ってしまうこともあります。 しかし、やりたいことがなくても焦る必要はありません。 誰にでも明確な目標が見つかるわけではありません。 焦って自分のやりたくないことを無理にやろうと努力してみても、続かずにすぐに辞めることになってしまう場合もあります。 やりたいことがない時には、とりあえず就職をしてからじっくりと将来について考える、就職以外の選択肢も考えてみるなどの方法もあります。 やりたいことがないと悩むのは向上心のある人 やりたいことがないと悩むのは、向上心がある証拠です。 向上心がなくて、今のままでいいやと考えている人は、そもそもやりたいことがないと悩むこともありません。 やりたいことがないというと、どうしてもマイナスのイメージを持ってしまいますが、まずはそんな自分でも大丈夫だと考えるようにしましょう。 向上心があり、将来について真剣に考えているからこそ悩んでいるんだ、と自分に言い聞かせてみてください。 ただ漠然と考えているだけでは、不安が大きくなるばかりなので、自分の気持ちや現在感じていることを紙に書き出してみるのもおすすめです。 書き出すことで、気持ちの整理ができて、これからどうするべきか改善策も見えてきます。 とりあえず就職してから考えてもOK やりたいことが今すぐに見つからないのなら、とりあえず就職してから考えてみるのもひとつの方法です。 色々な企業を研究していくうちに、この企業なら働いてみたい、この職種をやってみたいという仕事に出会えるかもしれません。 それが、やりたいことではなくても、本当にやりたいことが見つかった時に備えるために、就職しておくことは大切です。 企業で働くということは社会人としての経験にもなりますし、今後必ず役立つはずです。 仕事を続けていくうちに、自分の仕事が好きになる可能性もあります。 また、自分に合う・合わない、向き・不向きもはっきりと理解できるようになり、やりたいことが見つかる場合も考えられます。 仕事をしていればお金も入るので、資格を取りたい、勉強したいなどやりたいことが見つかった時にも安心です。 就職以外の選択肢もある やりたいことが見つからないから就職はしたくない、という場合には就職以外の選択肢もあります。 就職留年は、就職活動を続けながら来年の就職を目指す方法です。 今はやりたいことがなくても、1年後にはやりたいと思える仕事が見つかるかもしれません。 就職活動をしておけば次の年にも役立ちますし、コツが分かっているのでスムーズに進められます。 時間をかけて就職活動をおこなっていくというイメージです。 また、起業やフリーランスという選択肢もあります。 ただ、起業やフリーランスで仕事をしていくのには、やりたいと思えることが必要です。 会社に就職するのとは違い、色々な手続きもすべて自分でしていかなければなりません。 どのような仕事をしていきたいか、仕事をしていくにはどのような方法があるのか、事前にしっかりとリサーチをしていくことが前提となります。 やりたいことが見つからないなら自己分析と企業研究を徹底しよう 就活をスムーズに進めるためには、やりたいことを見つけなければなりません。 ただし、やりたいことが見つからないという人は多くいます。 その場合は、自己分析と企業研究を徹底しておきましょう。 自分が何をやりたくないのかを考えてみるのもおすすめです。 仕事の選択肢はたくさんあり、特に新卒の場合は無数と言えるほどの可能性を秘めています。 選択肢が多すぎることも、やりたいことが見つからない理由のひとつではありますが、裏を返せば大きなチャンスです。 やりたいことさえ見つかれば、それに該当する仕事はたくさんあります。 新卒は夢を叶えるチャンスの場でもあり、しっかり考えて、自分に合った仕事を見つけることが大切です。 やりたいことが見つからないのなら、探し方を工夫し、さまざまな方法を試して、本当にやりたいことを見つけていきましょう。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

転職したいけど、やりたい仕事がない!自分に向いている仕事を見つける5ステップ

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

コンテンツ目次• やりたいことが見つからないとお悩みの方は、まずは職業という観点に縛られず「自分の好きなこと」を思い出してみてください。 スポーツ、料理、ゲーム、絵を描くこと… 自分の才能のレベルや仕事に結びつくかという視点はひとまず置いて、子供の頃の夢や趣味を何でも書き出していきましょう。 好きなこと以外にも、 今までの人生で満足度や達成感が高かった経験を思い出すのも適職を探すヒントになります。 「小学校での学級委員が楽しかった」という人は、ひょっとしたら人をまとめる仕事に向いているかもしれません。 ある程度好きなことがリスト化できたら、そこから連想できる仕事を考えていきます。 ここでもあまり難しくは考えず、連想ゲームのように思い浮かぶ仕事や職場を書き出してみてください。 やり方がわからない人は以下の例を参考にしたり、インターネットでどんな仕事があるのか調べても良いでしょう。 興味を惹かれる職種があれば詳しく調べ、 向いている人の特徴や業界の様子、どんな活躍の場があるのかを知っていきましょう。 憧れやイメージで就職すると、働き始めてから「この業務は自分に向いていなかった」と挫折してしまうことがあります。 働き始めてからのミスマッチを防ぐためには、就こうとしている仕事について調べると同時に、自分の興味や向き不向きの方向性を知ることが大切。 自分について深く知るためには、好きな事柄だけではなく「 これだけは避けたい」「 これは自分には向いていない」といった要素を明らかにすることがポイントです。 ただ、注意したいのは、「やりたくないこと」ばかりでは仕事は見つかりません。 自分の好きな業務だけできて残業がゼロで、給与が高い… そんな100%理想の仕事を見つけるのは現実的ではないので、「ここは嫌だけどその他は頑張れる」という 妥協点を見つける必要はあるでしょう。 親しい人はあなたのことを自分が思った以上によく見ているものですし、自分では思いもよらなかったアドバイスをくれるかもしれません。 また、周りの人たちが就いている仕事について聞くと、働くイメージが掴みやすくなります。 仕事を探す際は視野を狭めず、自分の知らない業界や職業を知ることが大切なので、話を聞くチャンスがあるなら積極的に情報収集してみましょう。 周囲にアドバイスをくれる人がいない、なかなか相談しづらいという場合は、若年層の就職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。 ハタラクティブでは就職を目的としたカウンセリングを実施し、求職者の方の適性や強み、向いている仕事を見極めていきます。 就職活動のやり方がわからないという方にも初歩から指導いたしますので、ぜひ安心してご登録ください!.

次の