エアコン 掃除 業者。 東京都内のエアコンクリーニング会社おすすめ人気ランキング10選【ダスキン・おそうじ本舗】

エアコンクリーニングのおすすめ業者を料金で比較|生活110番

エアコン 掃除 業者

1)室外機の掃除の必要性 エアコンの室内機はフィルター掃除などの自分でのお手入れや、事業者による定期的なクリーニングが必要です。 しかし、室外機は屋外での雨ざらしに耐えられるように設計されているので、基本的にはメンテナンスフリーです。 室内機のように、シーズンごとのお手入れは必要ありません。 室外機が汚れているから、エアコンを使ったときに汚れた空気が入らないか気になる……と思う方もいるかもしれませんが、その心配はありません。 実は、室内機と室外機とは空気のやり取りは行っておらず、繋がっている配管は室外機が圧をかけた冷媒ガスを室内機の熱交換器に送るためのものです。 したがって、室外機が汚れていても室内の空気に影響はまったくないのです。 しかし、室外機まわりが以下のようになっている場合は、掃除の必要があります。 室外機の中やまわりにゴミが溜まっている• 異音がする 室外機内部やまわりにゴミが溜まっていると、目詰まりを起こして冷暖房効率が低下したり、電気代が余計にかかってしまったりすることがあります。 場合によっては、エアコンの故障に繋がる恐れもあります。 室外機から異音がするのも、内部にゴミが詰まっているという可能性が高いです。 よって、衛生面を気にして室外機を掃除する必要はないですが、電気代やエアコンの寿命の点を踏まえると、様子を見てお手入れした方がいいということになります。 2)室外機クリーニングは自分でできる? 室外機にゴミが溜まっていたり、異音がしたりする場合は早めにクリーニングを行いましょう。 室内機クリーニングは、自分でできる箇所もありますが、分解しての内部の掃除はプロのエアコンクリーニング事業者にしか行えません。 無理にやろうとすると、不具合や故障の原因となる可能性があります。 自分でできる範囲の掃除を行っても、奥の方に汚れが溜まっているのが見えたり、異音が止まなかったりする場合は、専門家に依頼してください。 しかし、なかなか室外機の内部の様子まで自分で見るのは難しいので、室内機のクリーニングを依頼した時に、同時に室外機のクリーニングもお願いしてしまうのがおすすめです。 3)自分でできる室外機クリーニング 室外機の掃除をする場合、以上の範囲なら自分で行うことが可能です。 以下で詳しく説明いたします。 3-1)外側の汚れ 室外機の表面の汚れは、まずはほうきで掃除をしましょう。 枯葉やクモの巣などが表面に付着していることが多いので、掃いて払い落します。 ほうきで落としきれない汚れは、固く絞った雑巾で拭いてきれいにしてください。 特に掃除すべきなのは、正面の風の吹き出し口になっている網目状の部分です。 網目にホコリや枯葉が詰まりやすいので、ほうきでも取り切れないときは掃除機で吸い出すのがおすすめです。 使い古しの歯ブラシを穴に差し込んで、ホコリを掻き出すのもいいでしょう。 また、室外機は雨水にも耐えられるように設計されているので、泥汚れがひどい場合はホースなどで水を撒いて洗い流す方法もおすすめです。 ただし、室外機の下側から水をかけるなど、通常の雨ではありえない方向から水を撒いてしまうと、故障の恐れがあるので注意してください。 3-2)室外機周辺の汚れ 室外機の周辺に枯葉やゴミなどが溜まってしまうと、冷暖房効率が悪くなり電気代が余計にかかってしまうことがあります。 植木鉢や自転車などの異物は室外機の周辺には置かないようにし、枯葉やゴミを溜めないように定期的に掃き掃除をしてください。 3-3)フィン 室外機の側面や裏側には金属製の板があります。 これはフィンと呼ばれるパーツで、熱交換の役割があります。 隙間に汚れが溜まってしまうと、冷暖房効率が下がってしまいます。 掃除機で吸い取ったり、歯ブラシで汚れを掻き出したりするなどして掃除してください。 ただし、アルミ製のフィンは大変デリケートで少し力を入れるだけで変形してしまうことがあります。 多少の変形なら普通に使用していてもあり得ることなので動作に問題はありませんが、大きく形が変わってしまうと故障の原因となることもあります。 掃除の際は、変形させないように優しく丁寧に扱うようにしてください。 3-4)ドレンホース 室外機から伸びているホースはドレンホースと呼ばれるパーツで、エアコン内部に発生した水分を外に流すためのものです。 ドレンホースが詰まっていると、水分が排出できなくなるため水漏れや故障の原因となることがあります。 定期的にホースの中を見て、ゴミが詰まっていたら除去するようにしてください。 4)室外機クリーニングをプロに頼む際の注意点 複雑な構造をしている室外機の内部のクリーニングは、必ずプロに依頼する必要がありますが、以下のような場合はクリーニングを受け付けてくれない場合もあります。 室外機が屋根置き・天井吊りの場合• 年式が古かったり、複雑な構造の機種だったりする場合 屋根に置かれていたり天井から吊るされていたりする室外機の場合、掃除をするのが非常に難しいので受け付けていない事業者が多いです。 また、クリーニングを受け付けていない年式や機種は、事業者によって異なります。 あらかじめ室外機の設置状況と型番を事業者に伝えて、クリーニングが可能かどうかを確認しましょう。 5)室外機クリーニングの相場 室外機クリーニングの平均的な相場は上記の通りです。 大体の事業者では室内機のクリーニングとセットでお願いすることが可能で、室外機単体のみで依頼する場合よりも安くなることが多いです。 6)エアコンクリーニングの事業者選びに困ったら 見落としがちな室外機クリーニングですが、内部に汚れが詰まってる状態で放置してしまうと、故障に繋がってしまう可能性があります。 複雑な室外機内部のクリーニングは、隅々まで丁寧に作業を行ってくれる優良な事業者にお願いしたいところです。 くらしのマーケットではエアコンクリーニングサービスの事業者をユーザーのリアルな口コミで比較できますし、メッセージで質問もできます。 また、代表の顔写真を掲載している事業者が多く、料金やオプション内容も明確に提示しています。 ぜひお気軽にご利用ください!.

次の

【失敗しない】エアコンクリーニング業者の選び方|ハウスクリーニング業者比較サイト

エアコン 掃除 業者

2018. 13 エアコンクリーニングを業者に頼んでわかった意外な事実って? だんだん気温が上がってきて、そろそろ冷房を使用しているご家庭も多いかと思います。 冷房が本格的に稼働する梅雨明け前に、エアコンのクリーニングを業者に頼むことにしました。 我が家では掃除に関しては主人の方が積極的(笑)で、入居3年を迎えたこの春頃から「今年はエアコンクリーニングを業者に頼んでみたい」と話しておりました。 入居と同時に設置した2台のエアコンのカビ臭も少し気になっていたので、業者に頼むのもアリだろうと賛成しました。 ちなみに我が家のエアコンは、リビングダイニング用のお掃除機能付きタイプ、寝室用のシンプルな機能のタイプの2台です。 業者はどう選ぶ?料金はどのくらい? ネットで検索しとみると、いくらぐらいが適正価格なのか、よくわかりません。 最終的に安心を買うという意味で、大手ハウスクリーニング業者に決めて、ネットで申し込みました。 数日後に近くの支店から電話があり、料金の確認とスケジュールを調整し、2週間後の週末に来てもらえることになりました。 これからさらに立て込んでくる時期のようなので、こんなにすぐに来てもらえない場合もあるかもしれません。 ちなみに、今回かかった料金は以下の通り。 お掃除機能付きエアコン 17,000円• シンプル機能のエアコン 11,000円 加えてオプションの抗菌・防カビのチタンコート(1台3,000円)もお願いすることに。 クリーニング前に準備したこと いよいよクリーニング当日。 清掃時間は約3時間とのこと。 養生をするので家具を動かさなくて良いとは聞いていましたが、念のためエアコンの下は広く開けることにしました。 洋室のベッドは1台ひっくり返して、もう1台に乗せて準備完了! 久しぶりにブルーのカーペットお目見え。 ついでにカーペットの掃除もできました(笑) 清掃時間は約3時間とのことだったので、途中で主人に娘を公園に連れて行ってもらうなども。 気になるお掃除内容は? さてクリーニングスタートです。 エアコン周りはしっかり養生してくれました。 養生が終わったら、外せるパーツを電動ドリルを使って解体。 手際の良さにさすがプロ!と感動。 水洗いできるパーツはお風呂場へ移動。 こんなにシンプルな姿に(笑)。 アルミファンや内部に、スプレーで洗剤を吹き付け数分つけ置きした後に、高圧洗浄機で一気に洗浄。 ビニールの養生を伝って黒く汚れた水が出てきました。 2台分の内部洗浄が終わり乾燥させている間に、お風呂場に置いてあるパーツの洗浄をしてくれます。 プラスチックの家電に付く汚れは基本的に「アルカリ汚れ」だそうで、強アルカリ洗剤を使用して落としていました。 家庭では手に入りにくいので、普段は重曹や食器用洗剤を使用すると良いですよ、とアドバイスもいただきました。 お掃除機能付きエアコンは、お掃除いらずではない!? 目からウロコだったのが、お掃除機能付きエアコンはまったく掃除しないで良いわけではないということ。 もちろん使うたびにフィルターの自動掃除をやってくれるのですが、内部のホコリはやっぱり溜まるし、カビが生えないわけでもなく、そもそも構造が複雑で普段のお手入れもしにくいと(驚)。 例に漏れず、我が家のお掃除機能付きエアコンの内部はホコリまみれでした。 一方、シンプル機能のエアコンは、内部の構造もシンプル。 普段のフィルター掃除も簡単。 今回のクリーニングで解体したパーツもそこまでホコリは付いていませんでした。 そしてお掃除機能付きエアコンはシンプル機能のエアコンに比べて、本体の購入金額や電気代(ランニングコスト)も倍、クリーニングの料金もほぼ倍掛かり、何かとお金がかかる事実を知りました。 パーツが多いので掃除の手間もかかるそう(実際、お掃除機能付きエアコンの方が、作業時間がかかっていました)。 温度センサーが付いていて、外気温と室温が近づいてきたら注意するアナウンスが聞こえたり、タイマー機能も豊富と確かに便利なので、悩ましいところですが。 エアコンクリーニングに適した時期は…秋? その日に限って、なんと30度を超える夏日。 作業中はもちろんエアコンがつけられないので、暑かったです。 もっと早くやればよかったと少し後悔(笑)。 理由は、冷房で冷やされた空気が水滴になり内部にカビが生えやすいので、その後にクリーニングするのが効率的とのこと。 それを聞いて、次回からは秋に頼もうと思いました。 ちなみに、クリーンニングの頻度は2〜3年に一度くらいで良いとのこと。 でも1度エアコンクリーニングを試した方は、1年に一度頼まないと気になってしまうのが実情だそうです。 カビを生えにくくるする意外な方法って? 我が家のエアコンは2台ともに、通常よりも黒カビが少なかったそうです。 窓が多くて風通しが良いことが要因かもと言われました。 せっかくなので「カビを生えにくくするコツ」について聞いてみると「冷房使用後に送風運転をすること」だそう。 我が家は、風通しが良いことに加えて、お掃除機能付きエアコンの方は運転終了後に勝手にクリーニングとともに送風運転をしてくれていました。 それもカビが少なくてすんだ要因かもしれません。 ということで、お掃除付きエアコンにも良いところがあるということも分かり、この夏は綺麗になったエアコンで快適に過ごせそうです。 今回来てくださった方は、エアコンの設置もしている方でエアコンに詳しく、とても手際が良く、作業工程を丁寧に説明してくれたので安心感もありました。 汚れもすっきり落ちて、この夏はカビを吸い込む心配もなくなりました(笑)。 エアコンにまつわる豆知識も得られたので、業者さんにクリーニングを頼んで良かったと実感しています。 エアコンのクリーニングを業者に頼んでみたいけど、実際どうなの……と迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

次の

【2020年版】エアコン掃除って自力で出来るもの?プロのやり方を徹底解説

エアコン 掃除 業者

自宅に知らない業者を招いてやってもらうエアコンクリーニング。 気にしなければいいのですが、やはり他人が家にいる以上、食事をしたりトイレに行ったりも含めて、あまり自由な行動がとりにくくなってしまいます。 子供部屋や寝室などのエアコンならそれほど支障がないでしょうが、リビングなどのエアコンとなると、かなり作業中の行動が制限されてしまいます。 やってもらうからにはピカピカにしてほしいと思いつつも、出来るだけ早く終わらせてもらいたいというのが本音ですよね。 よく聞かれる質問の中に「エアコンの掃除はどれくらいの時間がかかるんですか?」というものがあります。 これは、その日の予定を立てたりするのに必要なことだと思いますが、この質問で業者の作業内容の良し悪しがある程度判別できるんです。 今回はエアコンクリーニングの作業時間と作業内容の関係から、その業者が 「出来る業者」なのかを判別する方法を書いてみたいと思います。 エアコンクリーニングの所要時間は?種類によって大きく変わる! エアコンクリーニングと一口に言っても、まずエアコンの種類によって作業時間が大きく異なります。 大きく分けて「スタンダードエアコン」と「フィルターおそうじ機能付きエアコン」とに分けられます。 私が作業する場合、前者が大体1時間30分前後、後者が2時間30分前後というのが、標準的な作業時間でしょうか。 「スタンダードエアコン」とは、昔からあるエアコンのタイプで、前面パネルを開けたところについている集塵フィルターを定期的に手で外して、ホコリを掃除機で吸ったり水洗いたりして掃除するタイプ。 対して最近主流となりつつある「フィルターお掃除機能付きエアコン」。 これはエアコンの室内機の中に、集塵フィルターを自動で掃除してくれる大きな装置が内蔵されているもの。 高い位置についているエアコンのフィルターを掃除しなくて済むので、高齢者の方にも安心ですし、何より面倒がないので主婦や女性の方に大好評なんだそうです。 でも、そんな「フィルターお掃除機能付きエアコン」も、業者に頼むエアコン分解洗浄の際には、かえって手間と時間がかかる代物となってしまうのです。 」と答えると、「そんなにかかるんですか?」と聞き返されることも少なくありません。 なかには、「他の業者だと1時間も掛からないと言われたんですけど。 」とか、「他の業者に頼んだときはそんなに掛からなかった。 」なんて言われることもあります。 お客さんとしては、同じ掃除なのになんでそんなに作業時間が違うの?という疑問があるんでしょうね。 正確に数えたわけではないですが、私はエアコンクリーニングの仕事を始めて、かれこれ数千台程度のエアコンを分解洗浄しています。 なるべく運び入れる荷物を減らした上でコンパクトにまとめて、準備や片付けの時間を出来る限り短縮したり、移動をなるべく少なくするようしたりして、作業効率を最大限上げることを心掛けていますが、これ以上時間を短くすることは出来ていません。 そして、これ以上時間を短縮するには、もうエアコン洗浄自体の「手を抜く」しか無いと思っています。 現在、私は全ての作業を一人でこなしています。 以前は二人で作業していた時期もありましたが、二人で作業してもせいぜい短縮できるのは30分程度。 二人で作業したからと言って半分の時間で完了できるとはなりません。 なぜかというと、一番時間のかかる分解・洗浄・仕上げ・組付けといったエアコン自体を触る作業は一人でしかできないからです。 作業時間を1時間以内と断言してしまうような、作業時間の短かすぎる業者は要注意だと言ってもいいでしょう。 掃除というサービス業では、このどちらを基準にしているかで、作業の質が大きく変わってくるのは言うまでもないと思います。 私は「おそうじ本舗」の加盟店としてハウスクリーニングを約10年近くやってきたのですが、常に「どこまでやれば完了か」ということに悩まされてきました。 例えば1回につき3時間から4時間は普通にかかる浴室クリーニング。 手を抜く人は「2時間で終わるよ。 当然、見えないところは手を抜くか、もしくは全く触りもしていないわけです。 それでも、1回は1回。 1回でできる範囲はここまで、と言ってしまえばそれまでです。 エアコンクリーニングも同じことが言えるのです。 私は汚れの状況に合わせて、何度も洗剤洗いをしたりしますし、すすぎのお水が綺麗になるまで何度もすすぎ洗いをしたりします。 ところが、作業時間の短いの業者はとにかく「一通りやれば終わり」なので、汚れに応じて作業を変えるという事はしません。 高圧洗浄機を使う回数によって変わる作業時間と仕上がり 作業時間の短い業者に共通していることは、高圧洗浄機を「すすぎ洗いの時にしか使用しない」ということが挙げられます。 水洗いにしか高圧洗浄機を使っていないんです。 彼らはまず手動ポンプ式の噴霧器で洗剤を吹き付けておいて、その後のすすぎ洗いで初めて高圧洗浄機を使用します。 使う水の量はせいぜい5リットル程度でしょう。 私の洗浄方法では、洗剤洗いとすすぎ洗いで2回は最低でも高圧洗浄機を使用します。 手動ポンプ式噴霧器を使ったやり方に比べて、汚れの落ち具合の違いは比べるべくもありません。 まず洗剤を規定濃度に希釈して高圧洗浄機を使って洗剤洗いをします。 この際、汚れの状況に応じて、何度か洗います。 洗剤水だけでほぼ10リットル。 汚れの酷い場合は、それでも足りなくなって補充したりします。 洗剤洗いの後にすすぎ洗いをしますが、こちらは更に何度も念入りに。 18リットルの水を用意してほぼ使い切ります。 洗剤洗いの時と同様、足りなくなって補充してすすぐこともあります。 プロから見ると突っ込みどころ満載な洗浄のやり方ですが、安い業者はほぼこれに近いやり方をしているところも多いわけです。 一番まずいと思う場面は、ファンをフリーで回しながら洗浄しているところ。 これは非常にまずいのです。 故障のリスクと洗浄不足の両方の懸念があるやり方です。 動画の当人さんは自慢げに解説してますが。 ちゃんとした知識を持っている業者はこんなやり方はしませんから。 エアコン分解洗浄は、取り外せる部品を外さなければ時短になる エアコン分解洗浄というくらいなので、ある程度エアコンを分解してから洗浄します。 もちろん、分解と言ってもバラバラになるまで分解するわけではないのですが。 特に「フィルターお掃除機能付きエアコン」など付加価値がついたエアコンは、どこまでバラすかで所要時間が変わってきます。 なかには、「フィルター掃除ユニット」を取り外さずに洗浄してしまう業者がいるのですが、これを外さないと確実に洗浄不足になります。 当然汚れが残ることで臭いなどの元になりますし、詰まりの除去も不十分になるので「冷房」の効きも十分改善できません。 ビニールなどで養生をする前に、汚れては困るもの、例えばカーテンやソファー、ベッドなどの移動をしますが、これも結構時間が掛かるものです。 邪魔になりそうなものは、ある程度お客さん自身であらかじめ移動しておくべきものだともいえるのですが。 業者による作業の所要時間の違いの裏側はお分かりいただけたでしょうか? ただ、注意してほしいのは、時間のかかる業者=作業のしっかりした業者、という訳ではないということです。 時間の掛かる業者の中には、不慣れだったり機械物が苦手だったり、作業効率を全く考えていないだけの本当に駄目な業者もいるのが難しいところです。 この記事が参考になれば嬉しいです。

次の