君の膵臓をたべたい あらすじ。 映画【君の膵臓をたべたい】フル動画無料!!あらすじも見てみよう

アニメ【君の膵臓をたべたい】の魅力は?あらすじ・感想・評価を総まとめ!

君の膵臓をたべたい あらすじ

あらすじ(導入部分) 高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】。 彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数カ月間を思い出していくーーー。 html 現在から、過去の出来事を思い出していく・・・というストーリーになっています。 「ヒロインが病弱な女の子」ということを考えると、物語のパターンとしては『世界の中心で、愛をさけぶ』に近いのかな、と思います(大分昔の作品ですが『いちご同盟』にも近いです) あ、誤解しないでくださいね!?あくまで物語の構成やパターンが近いというだけで、内容が同じという意味ではありませんよ! 因みに、映画を見た人からは「めっちゃ泣いた」という話をよく聞きます。 私も見たので、改めて言われなくても知っているんですけどね(笑) 「僕」と「桜良」ってどんな子? タイトルの意味について説明する前に、メインキャラクターである「僕」と「桜良」について、どんなキャラクターかおさらいしておきましょう。 他人に興味がなく、いつも本を読んでいる、クラスいち地味な少年。 病院で偶然 「共病文庫」を拾ったことをきっかけに桜良と急接近し、桜良の「仲良しくん」としてクラスの噂の的になる。 山内桜良 やまうちさくら 膵臓の病を患う高校2年生。 【僕】のクラスメイト。 クラスの人気者で、病を【僕】に知られてから、図書委員に立候補する。 病のことは、家族と【僕】以外は誰も知らない。 html 登場人物には他にもいろいろいますが、とりあえずこの2人だけは押さえておきましょう。 ちなみに、「共病文庫」というのは桜良がつけた闘病日記の事ですね。 後の章で詳しくお話ししますが、「僕」はこれを拾ってしまったのです。 なぜ膵臓なのか? 映画のヒロイン( 桜良)は、明るくて可愛いみんなの中心にいるような女の子です。 主人公である「僕」とのつながりと言えば、ただのクラスメイトというだけ。 接点はほとんどありませんでした。 しかし、桜良には「 膵臓の病気にかかっているため長生きできない」という秘密があります。 そのため、タイトルに「膵臓」という言葉が使われているのです。 病気の事は桜良の秘密だったのですが、「僕」は偶然そのことを知ってしまいます。 まあ、はっきり言うと彼女の日記を見ちゃったんですよね。 日記というのは、「僕」のキャラクター紹介で触れられている「共病文庫」のことです。 これ がきっかけで、桜良と僕の関係は変化していきます。 偶然日記を見てしまった時から、 桜良にとっての「僕」は 、『 秘密を知っているクラスメイト』という特別なポジションになるのです。 もちろん、そのままの意味ではなく比喩(というかジョーク)です。 本当の意味は「僕は君のようになりたい」という、 誉め言葉なのです。 膵臓の病気を患っていた 「桜良」と、その事実を知っていた「僕」の間でだけ通じるジョーク。 それが、タイトルにもなった「 君の膵臓をたべたい」という言葉でした。 最初にタイトルを聞いた時は「え、ホラー映画?」という感想でしたが、映画を見た今ではすごく深い言葉に聞こえます。 「君のようになりたい」と直接言われるよりも、心に響く気がしますよね。 同じ内容のセリフでも、言い方ひとつ変えるだけでここまで印象が変わるのですから、言葉って不思議ですよ。

次の

小説「君の膵臓をたべたい」のネタバレ感想!感動の結末に号泣!

君の膵臓をたべたい あらすじ

Contents• この本はこんな人にオススメ! 映画「君の膵臓をたべたい」は観たけど、原作は読んでいない! 伏線をしっかり回収して、ラストでスッキリしたい! しっかり感動したい! こんな人は 絶対おすすめなので、ぜひ読んでください! 住野よる先生について 住野よる 大阪府在住の男性の作家さんです。 ぼくは初め、ペンネームや作品の雰囲気から女性作家だと思っていたんですが、男性でした。 小説投稿webサイト 「小説家になろう」に今回の 「君の膵臓をたべたい」を投稿して話題になったのがきっかけで書籍化となりました。 日常の風景の中に、 「ちょっとした違和感」のように散りばめられた伏線を回収していくスタイルの作品が多く、それでいて個性的な登場人物とわかりやすい描写が特徴的です。 言葉遊びの掛け合いのような会話も面白いんです。 漫才みたいで。 ご本人のツイートによると、 「主義主張が違っても仲良くできる」が執筆のテーマの一つのようです。 膵臓からずっとそしてこれからも「主義主張が違っても仲良く出来る」を書き続ける所存です。 君の膵臓をたべたい• また、同じ夢を見ていた• よるのばけもの• か「」く「」し「」ご「」と「• 青くて痛くて脆い• 麦本三歩の好きなもの この本のあらすじ ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。 タイトルは「共病文庫」。 それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。 そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていてー。 読後、きっとこのタイトルに涙する。 「名前のない僕」と「日常のない彼女」が織りなす、大ベストセラー青春小説! 引用 : 君の膵臓をたべたい 文庫裏表紙 主要な人物 僕 他人と関わることを避けていて、クラスメイトの顔や名前もほとんど覚えていません。 本を読んで過ごすことが多く、図書委員でもあります。 名前はラストまで明かされません。 山内桜良 天真爛漫、明朗快活といった言葉が似合うクラスでも男女問わず人気者の女子。 膵臓の病気のことは家族以外には知らしておらず、あと一年ほどで死んでしまうことについて悲観的な感情を一切表に出しません。 恭子 桜良の親友で、僕とも同じクラス。 僕が桜良と交流をすることを良く思っておらず、鋭い眼差しを向けます。 タカヒロ 学級委員長で、桜良の元彼。 表向きは優等生の表情で僕に接していますが、その裏では桜良への執着から敵意を持っています。 ガムをすすめる彼 クラスで唯一僕に話しかけてくるクラスメイト。 わざとなのか、天然なのか、桜良との仲が噂になっていることや、上履きが捨てられていることを教えてくれるいいやつ。 会話の後に 「ガムいる? 」が常套句。 作中に名前が登場しません。 感想 2017年に映画化されていて、当時大ヒットでしたね! 日本に 「君の膵臓をたべたい」ってタイトルを知らない人っていないんじゃないですか? ていうくらい。 ぼくは当時、小説なんて全く読まない絶賛今時の若者街道爆進中男子だったので、映画だけしか見ていませんでした。 小説を読むようになって、原作も読んでみようと思って手に取りました。 ストーリーを知っているのに楽しめるのかと一瞥の不安も抱きながら。 桜良の死因についてはいまさらなんでネタバレしちゃいますが、余生を全うせずに通り魔に刺されて死んでしまうところがこの作品の一番のびっくりポイントだと思うんです。 はたしてそれを知っているのに楽しめるのやら……。 1ページ目 プロローグ ペラッ…… えっ、ここから始まるの!? 【第1章】 ペラッ…… あっ、こう進んでいくんだ。 ふーん……。 【中盤】 映画では、 「地味なクラスメイトくん」って呼んでたけど、原作は違うんだ。 ほんとは名前を呼んでいて、 【地味なクラスメイト】で伏字にしてあるのね……。 絶対なんか意味あるな……。 この 「君」って呼ぶ理由、全然意味違うくないっ!? 解釈の違い!? 脚本家のミスリード!? てな訳で、正直びっくりして終わりました。 大筋は同じでも、微妙に違うところがあって、特に 結末は映画とかなり違う印象で終わります! ぼくは、映画よりも原作の方が好きでした。 住野よる先生、今まで読んでいなくてごめんなさい。 通り魔は誰かの考察 ネット検索をすると、通り魔の犯人は桜良の元彼タカヒロではないかとの考察もあります。 ぼくはこれは違うと思いますし、他の登場人物の誰でもなく、通り魔は単に通り魔だと思います。 通り魔犯人が誰かというエピソードは、 ストーリーの本筋と関係ない要素になってしまいますからね。 映画と原作の違うところ 今回、この 「君の膵臓をたべたい」を あなたにオススメしたい一番の理由がココなんです! 名前についての仕掛け• 映画ではカットされたエピソード• 映画にあって、原作にないシーン• 結末の違いはどうか? など、いくつかありますので、あなたも探してみてください! こんな読み方も、ちょっとゲームみたいで面白いですよ! 心に響いた名言 「君の膵臓をたべたい」の名言を一つ。 確か映画にもあったセリフだったと思います。 桜良「生きるってのはね」 僕 「…………」 桜良「きっと誰かと心を通わせること。 そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ」 引用 : 君の膵臓をたべたい 作中の会話 まとめ 映画が大ヒットした作品なので、今からあえて読もうとすることってあまりないと思います。 でも、 「君の膵臓をたべたい」は 文章だからこそできる仕掛けがされていたり、文学作品としての完成度が高い作品だと思うので、まだ原作を読んだことがないあなたにぜひ読んでほしい作品です! 執筆者 前田ヒロシ 大阪府出身。 追手門学院大学文学部卒。 webライター。 自身の悩みを解決するために哲学、心理学の本を読むうちに、得た知識を使って、夢や希望を持って働く人に貢献したい! と思うようになり、副業としてブログサイト 「を開設。 飲食店のブログページ運営のサポート業も手掛ける。 趣味は、読書、映画、アニメ、ぬか漬け。

次の

住野よるの大ベストセラー『君の膵臓をたべたい』の感想やあらすじを紹介!

君の膵臓をたべたい あらすじ

『君の膵臓をたべたい』は2015年に発行された住野よるによる 青春小説。 『キミスイ』の略称で親しまれ、 累計260万部を突破した大ベストセラー! 本屋大賞第2位、ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2位になるなど、高く評価され、2017年には北村匠海、小栗旬、浜辺美波、北川景子らのキャストで映画化、さらには、2018年にアニメ映画化もされました。 インパクトのあるタイトル、そしてライトな文体でありながらも、内容は 「生きる」というテーマについて問うた奥深い小説となっています。 小説投稿サイトから生まれたシンデレラ小説『君の膵臓を食べたい』について、あらすじと感想、作品の魅力をネタバレを交えて紹介していきます! 目次• 『君の膵臓をたべたい』 住野よる の情報 作品情報 著書:住野よる 出版社:双葉社 初版発行:2015年 ジャンル:青春 冒頭を試し読み クラスメイトであった山内桜良の葬儀は、生前の彼女にはまるで似つかわしくない曇天の日にとり行われた。 彼女の命の価値の証として、たくさんの人の涙に包まれているのであろうお葬式にも、昨日の夜の通夜にも僕は行かなかった。 ずっと、家にいた。 幸い、僕に出席を強いるような唯一のクラスメイトはもうこの世からいなくなっていたし、教師やあちらの親御さんに僕を呼ぶ権利も義務もあるはずなく、自分自身の選択を尊重できた。 『君の膵臓をたべたい』本文より 『君の膵臓をたべたい』 住野よる のあらすじ 「僕」はある日、学校を休み病院へ行っていた。 些細な気持ちでロビーの隅、端っこにぽつんと置かれたソファの上に、一冊の本が置かれている。 拾ってみた本は「共病文庫」という手書きで書かれたタイトルの文庫本。 それは「僕」のクラスメイトである山内桜良が綴っていた秘密の日記帳であり、彼女の膵臓の病気や、余命いくばくもないことが記されていた。 この一冊の文庫本が原因で身内以外、唯一桜良の病気を知る人物となり、僕は山内桜良との焼肉やお泊り旅行などのデートに付き合っていくことに。 初めは渋々であった僕も次第に桜良と心を通わせていき、成長していく。 【ネタバレあり】『君の膵臓をたべたい』 住野よる の感想と考察 ライトに思えて実は深い 『君の膵臓をたべたい』は会話文などからライトな小説に思えるかもしれませんが、 よく読んでみると深い小説だなと分かります。 「生きる」というテーマに対して深く書かれているから。 ヒロインである山内桜良は膵臓の病気を抱えており、余命わずかで、病気で死ぬのだろうと思っていたらそうはならなかった。 彼女は通り魔に刺されて死んでしまうのです。 ここから分かるのは 「人間いつ死ぬか分からない」ということ。 例え病気を抱えていたとしても、誰でも死というものは突然やってきて、命を奪っていく。 幸せであるとか、不幸であるとか、お金があるとか、ないとか、良い人間か、悪い人間かも関係なしに。 本文の中に山内桜良が言った言葉があります。 私も君も、もしかしたら明日死ぬかもしれないのにさ。 そういう意味では私も君も変わんないよ、きっと。 一日の価値は全部一緒なんだから、何をしたかの差なんかで私の今日の価値は変わらない。 もしかしたら明日死ぬかもしれない私たち。 一日の価値は変わらないのだから、一日一日を大切にして生きていきたいですね。 なぜこれほど人気なのか? 『君の膵臓をたべたい』はなぜ人気なのか。 考えられる理由をあげてみます。 死が絡んでいる• 読みやすく、会話がライトであり普段読書をしない層にも受け入れられた• 「生きる」という誰もが共感できるテーマ• タイトルにインパクトがある• キャラクターが魅力的• 主人公が心を通わせ成長していく という6つの理由があるのではないかと。 その中でも特に 「死が絡んでいる」というのが一番大きいと思います。 死があると感動がつきものですが、下手に扱うとしらけてしまい、難しいものではありますが、本作は 山内桜良の遺書が明かされる場面などのシーンを使ってうまく感動を誘えていました。 また、病気で死んでしまう作品は腐るほどありますが、本作は通り魔に殺されるという他作品との相違点をつけたことで、オリジナリティが増した点も一つの理由ではないでしょうか。 いずれにしろ、 大きな魅力のある小説には間違いないですね。 『君の膵臓をたべたい』 住野よる の好きな言葉 ここでは『君の膵臓をたべたい』の好きな言葉 名言 を紹介していきます! ・私も君も、もしかしたら明日死ぬかもしれないのにさ。 そういう意味では私も君も変わんないよ、きっと。 一日の価値は全部一緒なんだから、何をしたかの差なんかで私の今日の価値は変わらない。 ・普通に生きていて、生きるとか死ぬとか、そういうことを意識して生きている人なんて少ない。 ・生きてるんだから恋をしないとね ・気づく。 全ての人間が、いつか死ぬようになんて見えないってことに。 僕も、犯人に殺された人も、彼女も、昨日生きていた。 死ぬ素振りなんて見せずに生きていた。 ・人間は相手が自分にとって何者か分からないから、友情も恋愛も面白いんだよ。 ・偶然じゃない。 私達は、皆、自分で選んでここに来たの。 運命なんかでもない。 君が今までしてきた選択と、私が今までしてきた選択が、私達を会わせたの。 私達は、自分の意思で出会ったんだよ ・生きるってのはね。 きっと誰かと心を通わせること。 そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ ・誰かを認める、誰かを好きになる、誰かを嫌いになる、誰かと一緒にいて楽しい、誰かと一緒にいたら鬱陶しい、誰かと手を繋ぐ、誰かとハグをする、誰かとすれ違う。 それが、生きる。 以上、『君の膵臓をたべたい』の好きな言葉 名言 でした。 本作のテーマでもある 「生きる」ことについての名言が多いですね。 特に最後に紹介した言葉が好きです。 ありきたりな言葉ではありますが、 「人は一人では生きられない」のだと言う意味がよく分かる言葉。 やはり人間は自分以外の誰かがいて成り立つ動物であって、人と関わっていくことで「生きる」実感を得られるのだなと思います。 「人と関わりたくない」なんて言ってられないですね。 『君の膵臓をたべたい』 住野よる の評価・レビュー 『君の膵臓をたべたい』の評価・レビューを紹介していきます。 レビューサイトでのレビューをいくつかまとめると、 「生きること、人との関係、心の温もり、命の大切さについて、たくさん教えて頂きました。 」 「主人公達の心情のすれ違い、移り変わり、そして一致していく様を表現する描写に心を奪われました。 読み終えて余韻の残る素晴らしい小説です。 」 「人を好きになるという事はどういう事か教えてくれる小説。 それこそ、学校では教えてくれない、大人からのメッセージだと思う。 」 と、高評価の声が続出! その一方、「人に勧められて仕方なく読んだ。 半分でリタイア。 文章もストーリーも何もかも下手すぎて話にならない。 小学生向けというレビューを見て納得した。 」という低評価も一定数あります。 ライトな文体や会話、病気のリアリティのなさ、ありきたりというのが低評価の理由ですね。 さらっと読んでしまうとありきたりではありますが、よくかみ砕いて読んでいけば、いろいろな発見があったりして面白い小説だと思います。 ちなみに アマゾンのレビュー点数は3. 個人的にも3. 7をあげていい作品だと思います。 『君の膵臓をたべたい』 住野よる のまとめ 「生きる」ことについて考えさせてくれた『君の膵臓をたべたい』。 評価について賛否両論はありますが、これだけ売れたのだから決して駄作ではないはず。 本当につまらなかったら売れませんからね。 1回読んでつまらなかったら、時間をあけて再読してみるのもいいかもしれません。 僕自身、1回目はあまり面白いとは思わなかったけど、2回目読んだらなぜか面白いなと思えたので。 本作は映画化されているのでぜひ観てください! 映画版の記事 『君の膵臓をたべたい』はおすすめの青春小説にセレクトしています!.

次の