人形 の 家 イプセン。 ヘンリック・イプセン

イプセン『人形の家』あらすじと考察 自然主義劇作家の代表作

人形 の 家 イプセン

コメント: 【通常配送送料無料】【30日間返品保証有り】書き込みありません。 古本のため多少の使用感やスレ・キズ・傷みなどあることもございますが全体的に概ね良好な状態です。 水濡れ防止梱包の上、迅速丁寧に発送させていただきます。 【30日間返品保証:商品状態に当商品コメントと相違する点があった場合は到着後30日間、返品・返金を承ります。 】《マケプレお急ぎ便対応可:東北地方・沖縄県以外はマケプレお急ぎ便の追加送料275円、東北地方・沖縄県は追加送料385円でお急ぎ便対応可能です。 同時注文なら2点目以降はマケプレお急ぎ便の追加送料は150円ずつでお急ぎ便対応可能です。 》【東北地方をお届け先とするお急ぎ便は現在ご利用頂けません。 通常配送は全国でご利用可能です。 】 "そしてわたしは、ここではあなたの人形妻だったのです。 ちょうど実家ではパパの人形っ子だったように。 個人的には、とは言え。 あとがきで補足される様に無駄な表現の重複が避けられる「身振り言語」に関しては読みやすく注目すべきだと思ったものの、そもそもが実際に自分の所に持ち込まれた女性からの相談事から着想を得て(!)書かれた本書からは著者のあくまで男性目線での「女性賛美と蔑視」といった矛盾も同居している様に作中から感じられて、いささか落ち着かない気分でもあった。 (そういった意味では、少し後のヴァージニア・ウルフの方の著作の方がやはり自然に感じられる) 演劇関係の方はもちろん、1800年〜1900年のヴィクトリア朝において不道徳的で非常識「スキャンダラス」とされた約100年前の時代の空気を感じたい誰かにオススメ。 主人公ノーラに対して悪役であるクロクスタが過去の借金を使って脅しをかけるというプロットを中心に話が進み、クロクスタの追及をいかにかわすかというスリリングな展開になる。 ところが、最後にノーラの夫ヘルメルがクロクスタの追及を知ってノーラを罵倒するにあたり、ノーラはヘルメルと自分のこれまでの人生に絶望し、家を出てしまう。 非常に衝撃的なラストであり、このラストゆえにこの作品は現在に至るまで読者を集めて来た。 しかしながら、他方で注目したいのが、これまで幸福に包まれていたかのように見えたヘルメル夫妻が最後に破局を迎えるのに対し、悪役クロクスタが未亡人のリンデ夫人と再会し、ともに生きて行こうとし、ヘルメル夫妻を恐喝するのをやめたという点だ。 いかなる悪者であっても、生き方次第では救われうるというイプセンの考え方が表現されており、興味深い。 本書は救いの書としての顔も持っているのではないか。 話は、主人公の女性を中心に、ほとんど一人称のようにして進んでゆく。 登場人物も少なく、場面展開といったものもなく、分かりやすいがそれだけに、筋が単純で物足りないと言うこともできる。 しかし登場人物はみな個性的に描かれ、なかなか読む者を退屈させない。 特に主人公の女性はみずみずしく、これを男が書いたのかと思うと、ちょっと気持ち悪いほどである。 ただこの作品の妙味は、やはり最後のどんでん返しだろう。 主人公が打って出た賭け(内面的なもの)が、作品の最大の面白さとなっている。 逆にもしこれがなければ、よく出来ているが他愛もない、ある災難に巻き込まれた明るく無邪気で幸せな主人公のお話、というだけに終ったろう。 クライマックスでの盛上りは、たとえばミステリーなどが好きな人にも受け入れられるだろう。 つまり十分、エンターテイメントとしても楽しめる。 惜しむらくは、もう少し場面展開と、さらに主筋以外の副筋が充実すればよかった。 たとえば主人公を愛するドクトルをもっと話にからめただけで、作品はいっそう面白く、価値を増したろう。 読みやすい良作である。 夫婦の対立が決定的な状況になったときに、お互いの人間性が浮き彫りになる。 この時、別れる決断ができたノーラは当時としてはすごい決断だと思う。 「人形の家」から脱出 これの持つ意味は当時としては重い意味があると思う することを決めた決定的なセリフ。 ノーラ 「仮装を脱ぐのよ」 方や亭主は権威や世間体が大事な男。 ヘルメル 「愛するもののためにだって、自分の名誉を犠牲にする者なんかいやしないんだ」 「 お前には義務があるだろ それは妻と母親だ。 その義務がある 」 ノーラ 「わたしは何よりもまず人間よ」 夫婦崩壊劇を描きつつ、底の部分には人間の解放 という表現が適切かどうかわからないが を描いた作品。 何読目かわからないが、プロットの妙に改めて感嘆させられた。 セリフが緊密にからみあい、 どの人物も個性と背景を持って現れる凝縮された人間ドラマである。 わずかな時間にこんなにも劇的なことが起こるわけないと考えると笑えるが、お客の意識を 集めるためには有効だろう。 ただ、一度観た舞台は、壁のないリング形式になっていたため、 ノーラの束縛からの叫びが感じられなくて残念だった。 解説にある「書き出すまでの半年間に、例のごとく底の底までテーマや登場人物を掘り下げ たことは言うまでもない」という指摘はこの作の面白さの秘密を教えてくれる。 」というイプセンの言葉は、己れの抱える主題にまっすぐ向き合 ったことを証している。

次の

人形の家そしてフェミニスト フェミニズム

人形 の 家 イプセン

概説 [ ] 1879年、王立劇場で上演された。 弁護士ヘルメルの妻ノラ(ノーラ )を主人公とし、新たな時代の女性の姿を世に示した作品。 全3幕。 世界的にイプセンの代表作とされている。 この作品(あるいは前作の『社会の柱』)をもってイプセンの 社会劇あるいは中期問題劇の始まりと見なすのが一般的であり、彼はこの後ほぼ2年に1作のペースで作品を書き上げることになる。 あるいはの代表作品であり、同時にしばしば運動の勃興とともに語られる作品である。 この作品の成功がイプセンを一躍世界的な劇作家とした。 西欧内部だけでなく、アジア諸国の女性解放運動や(日本)、(中国)など伝統演劇とは異なる新演劇の形成に直接の影響を与えた。 登場人物 [ ]• トルヴァル・ヘルメル:弁護士• ノラ(ノーラ):主人公。 その妻• ドクトル・ランク• リンデ夫人• ニルス・クロクスタ• ヘルメル家の三人の子供たち• アンネ・マリーエ:乳母• ポーター あらすじ [ ] 弁護士ヘルメルと妻ノラ(ノーラ)は公私ともに充実した生活を送っていたが、クリスマスイブに事件が訪れる。 ヘルメルは年明けから信託銀行の頭取に就任することとなり、その部下となる予定のクロクスタが、ノラを訪ねた。 クロクスタはヘルメルと旧知の仲であったが疎まれており、ヘルメルの頭取就任後に解雇される予定であった。 ノラはクロクスタの解雇撤回の頼みを断ろうとするが、クロクスタはノラが過去に犯した違法行為の証拠を握っていることを明かす。 それはかつてヘルメルが重病に陥り金銭が必要になったとき、ノラはクロクスタから借金をし、その際に借用証書の父のサインを偽造したのであった。 当時、父は死の床にあったため、これは苦肉の策でもあった。 もし解雇されるなら、この秘密を暴露するとクロクスタに宣言されたノラは悩む。 ノラはヘルメルにクロクスタの解雇を取り消すよう頼むが、事情を知らないヘルメルは取り合わず、クロクスタは解雇を通告される。 宣言どおりクロクスタは秘密を暴露する手紙をヘルメルに送りつけた。 事情を知ったヘルメルは激怒し、ノラをさんざんに罵倒するが、その最中に改心したクロクスタから借用証書が返送されてくる。 先ほどまでの態度を豹変させ、微笑んで甘い言葉を発するようになるヘルメルに対し、ノラはヘルメルから受けていた愛情だと思っていたものは、実は自分を人形のように可愛がっていただけであり、一人の人間として対等に見られていないことに気づき、ヘルメルの制止を振り切ってノラは家を出る。 日本語訳 [ ] 現行版での刊行• 人形の家(、訳、改版2016年)• 人形の家(、訳、1996年)- 旧訳版は• 人形の家(、訳、改版1990年)• 人形の家(・近代古典劇翻訳<注釈付>シリーズ、訳、2020年) 公演 [ ].

次の

人形の家(新潮文庫)

人形 の 家 イプセン

概説 [ ] 1879年、王立劇場で上演された。 弁護士ヘルメルの妻ノラ(ノーラ )を主人公とし、新たな時代の女性の姿を世に示した作品。 全3幕。 世界的にイプセンの代表作とされている。 この作品(あるいは前作の『社会の柱』)をもってイプセンの 社会劇あるいは中期問題劇の始まりと見なすのが一般的であり、彼はこの後ほぼ2年に1作のペースで作品を書き上げることになる。 あるいはの代表作品であり、同時にしばしば運動の勃興とともに語られる作品である。 この作品の成功がイプセンを一躍世界的な劇作家とした。 西欧内部だけでなく、アジア諸国の女性解放運動や(日本)、(中国)など伝統演劇とは異なる新演劇の形成に直接の影響を与えた。 登場人物 [ ]• トルヴァル・ヘルメル:弁護士• ノラ(ノーラ):主人公。 その妻• ドクトル・ランク• リンデ夫人• ニルス・クロクスタ• ヘルメル家の三人の子供たち• アンネ・マリーエ:乳母• ポーター あらすじ [ ] 弁護士ヘルメルと妻ノラ(ノーラ)は公私ともに充実した生活を送っていたが、クリスマスイブに事件が訪れる。 ヘルメルは年明けから信託銀行の頭取に就任することとなり、その部下となる予定のクロクスタが、ノラを訪ねた。 クロクスタはヘルメルと旧知の仲であったが疎まれており、ヘルメルの頭取就任後に解雇される予定であった。 ノラはクロクスタの解雇撤回の頼みを断ろうとするが、クロクスタはノラが過去に犯した違法行為の証拠を握っていることを明かす。 それはかつてヘルメルが重病に陥り金銭が必要になったとき、ノラはクロクスタから借金をし、その際に借用証書の父のサインを偽造したのであった。 当時、父は死の床にあったため、これは苦肉の策でもあった。 もし解雇されるなら、この秘密を暴露するとクロクスタに宣言されたノラは悩む。 ノラはヘルメルにクロクスタの解雇を取り消すよう頼むが、事情を知らないヘルメルは取り合わず、クロクスタは解雇を通告される。 宣言どおりクロクスタは秘密を暴露する手紙をヘルメルに送りつけた。 事情を知ったヘルメルは激怒し、ノラをさんざんに罵倒するが、その最中に改心したクロクスタから借用証書が返送されてくる。 先ほどまでの態度を豹変させ、微笑んで甘い言葉を発するようになるヘルメルに対し、ノラはヘルメルから受けていた愛情だと思っていたものは、実は自分を人形のように可愛がっていただけであり、一人の人間として対等に見られていないことに気づき、ヘルメルの制止を振り切ってノラは家を出る。 日本語訳 [ ] 現行版での刊行• 人形の家(、訳、改版2016年)• 人形の家(、訳、1996年)- 旧訳版は• 人形の家(、訳、改版1990年)• 人形の家(・近代古典劇翻訳<注釈付>シリーズ、訳、2020年) 公演 [ ].

次の