ストレージ その他 削除。 iPhoneストレージ『その他』を削除!50GBを圧縮した方法

androidでその他が消えない時の原因と解決方法【画像解説】

ストレージ その他 削除

写真や動画などそんなに沢山入れていないのに、なぜかiPhoneストレージが一杯になっていることってありますよね? その原因は 「その他」という謎の項目が原因であることが多いのですが、 そもそも「その他」って何やねん?とイライラしますよね。 Appleの公式サイトでは「その他」についてこのように記載があります。 その他:システムファイル、ソフトウェアアップデート、Siri の音声、キャッシュ済みのファイル、ログなど、その他すべてのデータ つまり、いらないデータが蓄積したのが「その他」になるようです。 というわけで今回は、iPhoneストレージ内の「その他」を削除する方法についてご紹介していきます。 システムファイル• ソフトウェアアップデート• Siri の音声• キャッシュ済みのファイル• ログなど• その他すべてのデータ 「その他」は人間でいう垢と同じものです。 普段使用しているデータのカスが溜まり、圧迫すると下記の画像のような状態になります。 この画像はつい最近までの私のiPhoneストレージですが、「その他」だけで30GB以上も溜まってしまい、データ容量が多すぎてiCloudストレージプランを超えていました。 そのせいで、iCloudストレージプランを50GBにアップデートしていたにも関わらずバックアップが作成できない状態でした。 「その他」に含まれるデータは設定から手動で消すことができず、消し方も Appleの公式サイトには記載がありません。 唯一記載があったのは下記の一文です。 バックアップの作成が終わりましたら、次は実際にパソコンのiTunesを使って復元を実施します。 iTunesを起動後、iPhoneを純正のUSBで接続し下記の画像にある 【iPhoneを復元】を押します。 画像出典: 復元を押した後、下記画像のようなポップアップが表示されますので、【復元】を押します。 画像出典: この方法で復元を実施し、エラーが表示される場合は、リカバリーモードで復元を実施します。 リカバリーモードの方法は各iPhoneシリーズによって若干の違いがあります。 まずはiTunesを起動し、iPhoneを純正のUSBで接続します。 次に、下記の方法でiPhoneをリカバリーモードにします。 画像出典: リカバリーモードが成功すると、iTunesの画面に下記のようなポップアップが表示されます。 このポップアップが表示されましたら、【復元】を押します。 画像出典: 復元が終わりましたら、初期設定からデータの復元をし、元の状態に戻します。 私の場合、元々「その他」項目だけで30GBは溜まっていたのですが、今回の「電源再起動」と「復元」を実施し、下記の画像くらいまで削除することができました。 iPhoneストレージの一番下に【システム】という項目があるのですが、ここに私の場合30GB溜まっていたのですが、6GBまでに減らすことができました。 今回のまとめ 今回は、iPhoneストレージ内の「その他」を削除する方法についてご紹介しました。 iPhoneストレージ内の「その他」は人間でう垢です。 人間と同じく、溜まった垢はスッキリ消してあげましょう! ストレージ内がスッキリすると端末の負担も減りますので、バッテリーの持ちが長くなったり、動きがサクサクになるなど、メリットだらけです。 ただし、iTunesで復元(初期化)をする場合は必ずデータのバックアップを作成することを忘れないようにしましょう。

次の

iPhoneストレージ内の「その他」を削除する方法

ストレージ その他 削除

Androidを使っていると、「空き容量が不足しています。 」とAndroidの警告が出たり、内部ストレージ不足でAndoroidアプリや最新AndroidOSのアップデートがインストールできなくて困ったことはありませんか? それは、Androidの内部ストレージの「その他」に分別された不要なファイルが原因かもしれません。 Androidは、SDカードで記憶容量を増やすことができるため、Androidの内部ストレージ容量は少なめのものが多く、32GBや16GB、それ以下のものさえ販売されています。 内部ストレージの容量がただでさえ少ないにもかかわらず、Android OS関連の重要なプログラムが5GB前後を占めているため、自由に使える内部ストレージの容量は当初からごくわずかです。 そんな現実の中で、勝手に不要なファイルをAndroidスマートフォンの内部ストレージにため込んでいるというのでは、対応に困ってしまいますね。 そもそも、Androidの内部ストレージにある 「その他」とは何なのでしょうか。 Androidの内部ストレージには、「その他」という分類項目があります。 ここには、「アプリ」「画像」「動画」「音声・音楽」などの 主要な項目のどれにも分類できないと判断されたデータがまとめられています。 「その他」データの一例として、アプリが保存した一時・共有ファイル、インターネット等でダウンロードしたファイル、Androidファイルなどが含まれます。 メールの添付ファイルやネット閲覧中に自動でダウンロードされた. txt. zip. pdfなどの拡張子のついたファイルもAndroidでは「その他」の中に保存され、蓄積されています。 Android内部ストレージの各分類が、「計算中…」としばらく表示され、少し待つ必要がある場合がありますが、しばらくすると使用容量が表示されます。 計算が終わると、Android内部ストレージの各分類ごとの使用容量を知ることができます。 時々確認すると、「その他」が結構なデータ容量になっている場合があります。 それに気づいたなら、Android内部ストレージの空き容量を増やすため、消していいデータを削除していきましょう。 「その他」に含まれる各データ内容を確認するには、Android機種によっては「その他」をタップするだけのものもあります。 お持ちのAndroid機種で、「その他」内のデータが確認できない場合は以下の方法を参考になさってください。 Android内部ストレージには、Androidアプリのシステムファイルも保存されています。 また、AndroidOSも格納されています。 もしAndroid内部ストレージに空きがないなら、AndroidアプリやAndroidOSのアップデートが自動で行われなくなります。 アップデートが頻繁に行われているのはセキュリティー対策のためですので、 ずっとアップデートできない状態でいるのは危険です。 また、新たなAndroidアプリを追加しようと思っても、空き容量が不足している場合、Androidアプリのダウンロードができず、エラー表示が起きます。 自分のAndroidスマートフォンに、上記のようなエラーや動作の不具合が生じているなら、早めにAndroid内部ストレージ容量を増やすための作業を行いましょう。 「その他のファイル」の6つの項目をそれぞれタップし、その後の画面で「本体」のみのファイルを表示させると、すでに使わないのに削除し忘れていた容量の大きいファイルを見つけることができます。 そのうちの「大容量ファイル」などの項目には、大容量の動画や音楽が検索されて集められています。 一つ一つ容量も大きいため、もし消していいならAndroid内部ストレージの空き容量を増やすのに効果的です。 この方法で、かなりのAndroid内部ストレージの整理がされ、大切なファイルは消えないようにしつつ空き容量をかなり増やすことができたのではないでしょうか。 このような自動でAndroid内を検索し、消していいファイルの候補を表示してくれる方法は、とても便利ですね。 Android内部ストレージの「その他」の中にも消してはいけないAndroidファイルが存在している場合があります。 こうしたファイルは、こちらの操作で消えないようになっていると思っていると危険です。 以下の場合、消してはいけないAndroidファイルである可能性が高いといえます。 )からはじまっているもの。 ( システムファイルなので、削除すると最悪の場合Androidスマートフォンが起動しなくなる可能性があります。 ) 今回、「Yahoo! ファイルマネージャー」などのファイルマネージャー系Androidアプリの便利さもよく理解できました。 自動ファイルクリーニング機能を利用するなら、消えないか心配になるAndroidファイルは保護しつつ、消していいファイルだけ自動検索してくれます。 この機能を定期的に起動させるなら、Androidスマートフォンのなかのゴミはいつも少なく、スマートフォンの動作も軽快な状態を保ちやすいでしょう。 「Yahoo! ファイルマネージャー」アプリを起動させると、赤・黄色・青などの色で現在のゴミの量を警告してくれますので、赤の状態になる前にアプリを起動させるような頻度を保つのはよいことでしょう。 これで、ダウンロードするほとんどのものはSDカードに保存され、Androidスマートフォン内部ストレージを圧迫することは減ります。 それでも、Android内部ストレージの「その他」には、様々なファイルが蓄積されていきますので、その中の必要と思われるものは、整理の際に SDカードに移動させるなら、大切なファイルは消えないようしっかり守りつつ、Android内部ストレージの空き容量を増やすことが負担なくできます。 Andoroidスマートフォンの場合、機種代は割安ですので、SDカードは少し容量の多めのものを買うようになさってみてください。 その後の、Andoroidスマートフォンライフがかなり便利になりますよ。

次の

3つの方法でiPhoneストレージの「その他」を削除する

ストレージ その他 削除

Androidを使っていると、「空き容量が不足しています。 」とAndroidの警告が出たり、内部ストレージ不足でAndoroidアプリや最新AndroidOSのアップデートがインストールできなくて困ったことはありませんか? それは、Androidの内部ストレージの「その他」に分別された不要なファイルが原因かもしれません。 Androidは、SDカードで記憶容量を増やすことができるため、Androidの内部ストレージ容量は少なめのものが多く、32GBや16GB、それ以下のものさえ販売されています。 内部ストレージの容量がただでさえ少ないにもかかわらず、Android OS関連の重要なプログラムが5GB前後を占めているため、自由に使える内部ストレージの容量は当初からごくわずかです。 そんな現実の中で、勝手に不要なファイルをAndroidスマートフォンの内部ストレージにため込んでいるというのでは、対応に困ってしまいますね。 そもそも、Androidの内部ストレージにある 「その他」とは何なのでしょうか。 Androidの内部ストレージには、「その他」という分類項目があります。 ここには、「アプリ」「画像」「動画」「音声・音楽」などの 主要な項目のどれにも分類できないと判断されたデータがまとめられています。 「その他」データの一例として、アプリが保存した一時・共有ファイル、インターネット等でダウンロードしたファイル、Androidファイルなどが含まれます。 メールの添付ファイルやネット閲覧中に自動でダウンロードされた. txt. zip. pdfなどの拡張子のついたファイルもAndroidでは「その他」の中に保存され、蓄積されています。 Android内部ストレージの各分類が、「計算中…」としばらく表示され、少し待つ必要がある場合がありますが、しばらくすると使用容量が表示されます。 計算が終わると、Android内部ストレージの各分類ごとの使用容量を知ることができます。 時々確認すると、「その他」が結構なデータ容量になっている場合があります。 それに気づいたなら、Android内部ストレージの空き容量を増やすため、消していいデータを削除していきましょう。 「その他」に含まれる各データ内容を確認するには、Android機種によっては「その他」をタップするだけのものもあります。 お持ちのAndroid機種で、「その他」内のデータが確認できない場合は以下の方法を参考になさってください。 Android内部ストレージには、Androidアプリのシステムファイルも保存されています。 また、AndroidOSも格納されています。 もしAndroid内部ストレージに空きがないなら、AndroidアプリやAndroidOSのアップデートが自動で行われなくなります。 アップデートが頻繁に行われているのはセキュリティー対策のためですので、 ずっとアップデートできない状態でいるのは危険です。 また、新たなAndroidアプリを追加しようと思っても、空き容量が不足している場合、Androidアプリのダウンロードができず、エラー表示が起きます。 自分のAndroidスマートフォンに、上記のようなエラーや動作の不具合が生じているなら、早めにAndroid内部ストレージ容量を増やすための作業を行いましょう。 「その他のファイル」の6つの項目をそれぞれタップし、その後の画面で「本体」のみのファイルを表示させると、すでに使わないのに削除し忘れていた容量の大きいファイルを見つけることができます。 そのうちの「大容量ファイル」などの項目には、大容量の動画や音楽が検索されて集められています。 一つ一つ容量も大きいため、もし消していいならAndroid内部ストレージの空き容量を増やすのに効果的です。 この方法で、かなりのAndroid内部ストレージの整理がされ、大切なファイルは消えないようにしつつ空き容量をかなり増やすことができたのではないでしょうか。 このような自動でAndroid内を検索し、消していいファイルの候補を表示してくれる方法は、とても便利ですね。 Android内部ストレージの「その他」の中にも消してはいけないAndroidファイルが存在している場合があります。 こうしたファイルは、こちらの操作で消えないようになっていると思っていると危険です。 以下の場合、消してはいけないAndroidファイルである可能性が高いといえます。 )からはじまっているもの。 ( システムファイルなので、削除すると最悪の場合Androidスマートフォンが起動しなくなる可能性があります。 ) 今回、「Yahoo! ファイルマネージャー」などのファイルマネージャー系Androidアプリの便利さもよく理解できました。 自動ファイルクリーニング機能を利用するなら、消えないか心配になるAndroidファイルは保護しつつ、消していいファイルだけ自動検索してくれます。 この機能を定期的に起動させるなら、Androidスマートフォンのなかのゴミはいつも少なく、スマートフォンの動作も軽快な状態を保ちやすいでしょう。 「Yahoo! ファイルマネージャー」アプリを起動させると、赤・黄色・青などの色で現在のゴミの量を警告してくれますので、赤の状態になる前にアプリを起動させるような頻度を保つのはよいことでしょう。 これで、ダウンロードするほとんどのものはSDカードに保存され、Androidスマートフォン内部ストレージを圧迫することは減ります。 それでも、Android内部ストレージの「その他」には、様々なファイルが蓄積されていきますので、その中の必要と思われるものは、整理の際に SDカードに移動させるなら、大切なファイルは消えないようしっかり守りつつ、Android内部ストレージの空き容量を増やすことが負担なくできます。 Andoroidスマートフォンの場合、機種代は割安ですので、SDカードは少し容量の多めのものを買うようになさってみてください。 その後の、Andoroidスマートフォンライフがかなり便利になりますよ。

次の