モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣。 【アイスボーン】導きの地睡眠装備のおすすめ武器と使い道【モンハンワールド(MHW)】

【アイスボーン】導きの地睡眠装備のおすすめ武器と使い道【モンハンワールド(MHW)】

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

飛竜刀【双紅蓮】 部位 物理 属性 合計ダメージ 頭部 31. 6 10. 6 42. 2 首 24. 3 6. 4 30. 7 胴 12. 2 4. 3 16. 5 翼脚 9. 7 12. 8 22. 5 前脚 19. 5 4. 3 23. 8 後脚 17. 5 4. 3 21. 8 翼 12. 7 6. 4 19. 1 尻尾 17. 5 4. 3 21. 8 炎斬【灼】 部位 物理 属性 合計ダメージ 頭部 36. 8 4 40. 8 首 28. 3 2. 4 30. 7 胴 14. 2 1. 6 15. 8 翼脚 11. 3 4. 8 16. 1 前脚 22. 6 1. 6 24. 2 後脚 20. 4 1. 6 22 翼 14. 7 2. 4 17. 1 尻尾 20. 4 1. 6 22 13 comments to this article• Pingback:• 初心者 on 2016年8月5日 at 9:09 AM - 太刀の気刃斬りを含めない主なコンボのモーション値は20前後ですし、気刃斬りも含めて平均考えてもモーション値は30前後になるように思います。 それを気刃大回転斬りのような太刀の中でもダメージが大きく、連続で発動できない動きのモーション値を使っては実用性の無い結果であるような気がします。 属性ダメージはモーション値に依存しないダメージであることが利点であるため、そこを考慮していないのはどうかと思います。 モーション値に依存しないという点で、手数の多い武器種と相性がいいため、ひとつの武器種 もしくはモーション値 でしか計算をしないのは実用的な結果を得られないように思います。 大剣のような手数の少ない武器はモーション値が大きく物理ダメージが勝るため恩恵を受けにくいが、双剣のような手数が多くモーションが高くない武器は恩恵を受けやすい、という結果が得られるように思います。 例えば突きだけで計算を行なっても結果は同じです。 その為、今回は真技とモーション値が大きい数字を使ったに過ぎません。 大剣のような手数の少ない武器はモーション値が大きく物理ダメージが勝るため恩恵を受けにくいが、双剣のような手数が多くモーションが高くない武器は恩恵を受けやすい、という結果が得られるように思います。 これに関してはごもっともですが今回の記事はあくまで【肉質に対する物理・属性】なので記事の趣旨とは異なってしまいます。 仮にそれを記事にする場合には全てのモンスターに対しての全ての武器で出さなければなりません。 例えば、肉質が柔らかいけど属性も通り易いモンスターの場合に手数の多い武器だとどっちの方が効果的なのかといった具合になります。 とは貴重な意見には変わりありませんので今後の参考にはさせていただきます。 初心者 on 2016年8月9日 at 9:46 AM - モーション値の低い攻撃 突きなど で検証した場合、属性攻撃はモーション値に依存しないため、属性攻撃によるダメージが、物理攻撃によるダメージより割合的に増えるため違う結果が出るような気がするのですが…… 自分の計算が間違っていなければ、突き モーション値14 で計算すると、頭部を攻撃したときのダメージはそれぞれ、 飛竜刀【双紅蓮】108 炎斬【灼】96 となり飛竜刀【双紅蓮】のほうが大きくなるような気がします。 このようにモーション値ごとに結果が変わってきてしまうので、結論で「基本的に攻撃力優先」としてしまっては「じゃあ属性って物理が効きにくいほんの一部のモンスターのためだけにあるの? 」となってしまうような気がしてしまうため、このようなコメントをさせていただきました。 」となってしまうような気がしてしまうため、このようなコメントをさせていただきました。 通りすがり on 2017年4月13日 at 3:44 PM - 太刀の武器係数3. 3が計算に含まれているのはなぜですか? クロス、ダブルクロスでは、既に武器係数で割られた数字なので必要ないはずなのですが…。 この為、実際のダメージ計算とかなり異なるので検証の意味があまりないように思います。 on 2017年4月13日 at 5:37 PM - 通りすがりさんこんにちは^^ ご指摘ありがとうございます。 少し記事が分かりにくい部分があったので修正させて頂きました。 クロス(ダブル含む)の武器係数は武器に含まれていますが武器種が違う場合に比べる場合には必要になります(手数の関係も含め) しかし今回の計算には不要でしたので削除しました。 属性の計算式はこちらの記述ミスです。 会心補正=スキルによるものと追記 一通り見やすく修正してみました。 匿名 on 2017年4月26日 at 7:44 PM - 上で既に書かれていますが、この記事では計算がモーション値100で行われているせいで、物理ダメージが過大に評価されてしまっています。 大剣のように単発強攻撃が主力となる武器ならばともかく、 太刀を含む多くの武器種においてモーション値100は現実的ではないはずです。 mhx ダメージ計算 属性 などのキーワードでググるとこの記事が1ページ目に出てきてしまい、 MHXやMHXXから入った新規さんに誤った情報を拡散してしまっています。 早めに削除もしくは全面的な修正が必要かと。 on 2017年4月26日 at 9:03 PM - 匿名さんこんにちは^^ あれ?記事修正しましたが、まだどこかおかしいですか?• あ on 2017年6月24日 at 1:52 PM - 属性攻撃はモーション値が計算にかからないのが最大のメリット。 遅くて重い攻撃でも早くて軽い攻撃でも基本的に同じダメージ。 物理のモーション値の倍率がかかってない。 故に属性攻撃より物理の方が相対的に過大に優れているように見えるので誤解を招く。 属性攻撃の切れ味補正がない。 on 2017年6月25日 at 2:51 PM - あさん こんにちは^^ ああー確かにこれだと誤解を招きますね・・・。 物理攻撃に一般的な攻撃モーションを加えて修正しました。

次の

モンスターハンター:ワールドとは (モンスターハンターワールドとは) [単語記事]

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

導きの地で簡単にモンスターを狩猟可能 導きの地では睡眠武器の運用がソロとマルチ共に強力です。 睡眠状態を付与できれば確定でぶっ飛ばしの高固定ダメージを与えられるので、睡眠属性の需要が高くPS不足でも比較的容易にモンスターを狩猟できます。 地質学は必ずどの装備も採用 導きの地で運用する睡眠装備は「地質学」を必ず採用しましょう。 レベル1発動させるだけでモンスターの1個の落とし物から2回収集できるようになるため、素材集めが捗ります。 導きの地睡眠装備 簡易版睡眠装備 部位 防具名 スロット 頭• 必須スキルは別途で組み込む必要があるものの、全ての武器種に対応でき、比較的簡単に運用が可能な装備構成になっています。 エンプレス採用整備装備 部位 防具名 スロット 頭• 整備で化合の装衣を回す他、スラアクの零距離属性解放突きの機会を作れるなど高い汎用性を誇る装備構成です。 ゴールドルナ採用装備 部位 防具名 スロット 頭• 真・会心撃【特殊】で睡眠値を底上げする他、精霊の加護の極意で安定性を高めています。 耐久面が心配の方には特におすすめの装備構成です。 初手にぶっ飛ばしを狙う• 睡眠攻撃を行う• 睡眠ぶっ飛ばしを行う• 1~3を繰り返す 1. 初手にぶっ飛ばしを狙う 初手は他の武器同様にぶっ飛ばしを行います。 怒り値が溜まっていなければ、初回の怒りまでにぶっ飛ばしを2回行えるので、ぶっ飛ばしダウンの際に睡眠値を与えすぎないように注意しましょう。 睡眠攻撃を行う ぶっ飛ばしを使用したら、攻撃を行いひたすら睡眠の蓄積値を溜めましょう。 1回目は攻撃し始めすぐに付与できるので、任意のタイミングで付加してしまわないように注意が必要です。 睡眠ぶっ飛ばしを行う モンスターに睡眠が付与できたら、クラッチクローで張り付いてぶっ飛ばしを行います。 ぶっ飛ばす際には、壁とモンスターの向きを把握しておくのが重要です。

次の

双剣の特徴と操作

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

大剣は手数が少ない為基本的には切れ味関係のスキルは不要です、特に覚醒武器やネギ大剣では尚更です。 しかし臨界は紫が短いにで必要でしょう。 本題に入ります。 火力面は他の武器とあまり違いはありません。 見切り挑戦攻撃…思う存分火力をつぎ込みましょう。 もちろん弱特超心は必須です。 このへんは質問者さんの装飾品事情がわからないのであとはスキルシミュレータを使うことをお勧めします。 そして忘れがちなのは集中です。 言わずもがな、これがないと話になりません。 真溜めが当たるか当たらないかを大きく左右するので、多少火力が落ちても最優先で入れましょう。 装具に関してですが、大剣はなるべくのけぞらないことが大切なので不動と相性がとても良いです。 転身は回避モーションがあるので少し使いづらいかと。 あとは回避も良いでしょう。 最初の咆哮を回避からの三溜め…ときれいに決まります。 では、同じ大剣使いとして健闘を祈ります.

次の