あさ イチ 親子 丼。 NHKきょうの料理【ジューシー焼き鳥丼】レシピ : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

親子丼のレシピ/作り方:白ごはん.com

あさ イチ 親子 丼

ガッテン流!鶏ひき肉で作るふわふわ親子丼 ひき肉をしっとりジューシーにさせるポイントは、下味をつけるということ。 水に砂糖と塩を混ぜたものをかけるだけでぐっとワンランク上の味にすることができます。 まずはガッテン流の作り方からご説明しますね。 5g) 玉ねぎ 20g 卵 1個 三つ葉 適量 温かいごはん 1膳分 ガッテンで話題になったレシピでご紹介しますね。 普通の鶏ひき肉だけでジューシーにできますよ。 作り方 1、水にしょうゆ、砂糖を加えて混ぜ合わせる。 2、ひき肉に1をかけて全体になじませ、10分間置く。 3、玉ねぎは薄くスライスする。 卵は溶きほぐす。 4、2に玉ねぎを加えて混ぜる。 フライパンを熱し、薄く広げる、 強火で1分半加熱し、1分経過したら全体を混ぜ合わせるように30秒間炒める。 お肉の色が変わったら溶き卵を回しいれ蓋をして火を消す。 5、1分間放置して、余熱を火を通す。 6、ごはんを器に盛り付け、上に5をかける。 三つ葉を乗せて完成です。 老舗鶏料理専門店のそぼろ親子丼 あさイチで話題になった名店の味ではひき肉100gに対して50gの手羽先の肉を加えて作っていました。 250年続く、鶏料理専門店の味が家庭でも楽しめるレシピです。 手羽先からお肉を外し、たたいてミンチ状にして使います。 材料 4人分 鶏ひき肉 150g 手羽先 50g 卵 8個 ごはん 茶わん4膳分 割り下 みりん 180ml しょうゆ 90ml 水 180ml 作り方 1、鍋に割り下の材料のみりん、水、しょうゆを加えて火にかける。 沸騰したら火を止めて、湯気が消える程度まで冷ましておく。 2、手羽先の身を骨から外し、包丁で好みの大きさにたたく。 鍋に鶏ひき肉、たたいた手羽先を加えて水100mlを加えて箸でほぐす。 お肉がふやけたら、鍋に割下を少量加える。 3、強火にかけ、沸騰したら弱火にして1分加熱する。 火をとめ、ざるで肉と煮汁を分ける。 煮汁はペーパータオルで濾して余分な脂とアクを取り除く。 煮つめた煮汁は肉に戻します。 4、ここからは1人分ずつ作っていきます。 器にご飯を盛り付けておく。 器は蓋つきのものがベストです。 卵は2個分ずつ混ぜ合わせて溶き卵にする。 割り下を火にかけ、沸騰したらそぼろ50g加える。 卵にムラが出来ない様に玉じゃくしでならす。 5、縁が浮いてきたら残りの卵をすき間を隠す様に回しかける。 ごはんにのせ、すぐに蓋をすれば完成です。 以上『 鶏ひき肉で作る親子丼の作り方』のご紹介でした。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもひき肉を使ったレシピをご紹介しています。 是非ご覧ください。

次の

鶏そぼろ親子丼|NHKあさイチ

あさ イチ 親子 丼

1〜2㎝角か、1㎝幅ほどのそぎ切りなど、食べやすく火の通りやすい大きさに切ります。 切った鶏肉は 『前もってまとめて煮ておくこと』がポイントです。 まとめて煮ておけば人数が増えたときでも味がぶれず、スピーディーに作ることができます。 また、鶏肉に火が通っているので 「卵の火入れ具合にだけ集中できる」作り方でもあります。 まず、Aを鍋に合わせて沸かし、鶏肉を入れて火を通します(このレシピでは2人分をまとめて作っています)。 少しかつお節を濃いめにすると美味しいと思います。 親子丼の卵の溶き方 親子丼は2人前なら4個の卵を使います。 卵の溶き加減に関しては、生っぽい白身が好きかどうかで決めるとよいです。 *卵をあまり溶かなければ、表面つややか、生っぽい白身も少しだけ残るとろとろの仕上がりに。 *卵をしっかり溶けば、表面のつややかさは多少なくなりますが、ふわっと卵の食感も感じられる親子丼に。 白ごはん. comでは前者の作り方です。 卵をボウルに入れたら、箸で黄身を潰したあとに10〜15回くらい溶きます。 白身の塊も少し残して仕上げています。 また、卵と三つ葉は入れるタイミングは同じなので、溶いた卵に1〜2㎝幅に切った三つ葉も混ぜ合わせておきます。 1分ほどそのまま火にかけるのですが、ふつふつと鍋肌の煮汁が沸いて、まわりから卵が固まってくるので、 固まりかけた卵をやさしく中央によせてあげます。 余熱で卵に火を通すため、 蓋をして1分待ちます。 これで完成。 お玉で半熟に近い卵と煮汁を半量ずつ、あつあつのご飯にのせていただきます。 卵の大きさや調理器具で変わってくるので、それでも濃い場合は大さじ2まで減らして作ってみてください。 事前に鶏肉に火を入れるのは、仕上げの卵の火の入れ加減に集中できる!というメリット以外にも、鶏肉(玉ねぎを入れるときは玉ねぎ)にも味がしっかりついてくれます。 鶏肉とAを合わせて火を通したものは、冷凍可能です。 1人前ずつ親子丼専用の鍋で作る場合は、火加減と時間をそれぞれ少し加減してやってみてください(1人前の煮汁は75mlが目安です)。

次の

親子丼のレシピ/作り方:白ごはん.com

あさ イチ 親子 丼

根強い人気を誇るどんぶりといえば、親子丼。 ふわふわ卵と柔らかな鶏肉のコラボが最高ですよね。 今回は、これさえ覚えておけば絶対に美味しい親子丼が作れるという、とっておきのテクニックをご紹介しますよ。 親子丼作りに悩んでいたあなたは、さっそくチェックしましょう。 親子丼がうまく作れないという悩みにフィーチャー! 10月28日放映の「あさイチ」(NHK をご覧になった人はいらっしゃいますか?人気の料理コーナー「解決!ゴハン」に今回寄せられたのは、「親子丼が上手に作れない」という悩みでした。 スタッフの賄いによく親子丼を作るという、料理研究家の山本麗子さんが、とっておきの技を披露してくれました。 片栗粉をまぶすのがお肉をやわらかくする裏ワザ 今回山本さんが作ってくれたのは、「えび入りやわらか親子丼」。 えびやかまぼこを加えた食べ応えたっぷりのどんぶりですよ。 鶏もも肉は筋を断つように切り、2㎝の一口大に切り、塩を軽くふって片栗粉をまぶします。 むきえも片栗粉をふってから水洗いし、鶏肉と同じように塩をふり、片栗粉をまぶしましょう。 片栗粉をまぶすことで、柔らかく、しかもべチャッとなるのを防ぐことができるそうですよ。 茶こしに削り節を入れ、湯を注いでとっただしをフライパンに注ぎ、砂糖、お酒、2倍濃縮のめんつゆを加えて火にかけます。 薄切りにしたたまねぎを入れ、フタをして中火で2分間煮てしんなりしたら、片栗粉をまぶした鶏肉とえび、さらに上からフタをするようにえのきたけ、かまぼこをプラス。 中火にかけて沸騰したら弱火にして、3分間煮込みましょう。 溶いた卵をフライパンに流し入れ、みつばを加えたら、フタをして強火で1分間煮ます。 器に盛ったごはんの上に汁ごとのせれば出来上がり。 溶き卵の卵は、溶きすぎないのがトロリとさせるコツです。 ふわふわでやわらかいのにべチャッとしていない親子丼は、まさに絶品!舌がとろけそうな感動的な味わいです。 せっかくなので似たレシピがないか?クックパッドで探してみましたよ。

次の